東京中心部でお勧めホテル ヴィアイン東京大井町

JUGEMテーマ:旅行

いつも駅から近くにある便利なホテルチェーンがヴィアイン・ホテルです。

友人の家が近くて選んでくれましたが、羽田からも近いし便利です。

■ホテルの詳細&予約 --------web
■ホテルの滞在時期  -------- 2013年2月。滞在レポートはCarmenより。

・・・・

連休にかかったせいか、喫煙のプレミアムフロアーしか取れませんでした。
他は満室だったので、部屋を選びたい方はお早目に!!

プレミアムフロアーのシングルルームです。



プレミアムフロアーでも部屋はさほど広くありません。
シックな雰囲気。
 

続きを読む >>

観光内容の少ないツアーは本当に損なのか?その4 / どんな自由な観光が組めるのか?

JUGEMテーマ:旅行

 

パンフレットに書いてある観光地が少なすぎる!と思う方。

 

たくさん書いてあろうが、少なく書いてあろうが、観光のガイド拘束時間は(だいたい)決まっています。

入場観光はまったくゼロか、1か所か2か所かでもちろん内容はまったく変わります。入場が含まれないのに、当日急に入場を含めることはできません。

 

でも車窓や下車は別です。たくさん書いてあるのはお得感を出しているだけ。

実際にはパンフレットに書いてなくても、観光時間は同じなので、時間内で車窓や下車を組み込んでるんです。

 

,燭さん書いてある=会社が決めた観光地を必ず回る。

△燭さん書いていない=会社が決めた観光地以外に、ガイドや添乗員が状況や客層を考えた観光地を回る。

 

どちらがいいと思いますか?

 

この日は具体的にどんな観光にしたのでしょうか?

例をお話します。

【パンフレットに記載された観光】
・サグラダファミリア入場
・カサミラ車窓
・カサバトリョ車窓
1入場と2車窓でした。
少なそうですね。
 
・・
余裕があったので、3時間半で次のような観光をしました。
サグラダファミリアもすぐ入場でき、夏なので交通もガラガラですいてました。
 
【実際に行った観光】
・スペイン広場車窓
・サンパウ病院車窓
・サグラダファミリア入場
・カサミラ下車
・カサバトリョ車窓
・旧市街車窓(カテドラル、サンタカテリナ市場、王宮を車窓から)
(おまけで地中海のビーチ。レストランがここだったから)
 
1入場+1下車+4車窓
(モデルニスム建築などもっと見ていますが省略して4車窓としました)
 
このうちサグラダファミリアでは外観の写真撮影もしていただき(忙しいツアーでは取れないこともある)、
ゆっくり内部も案内し、地下の博物館も一部案内し(数か月ぶりにそこまで案内。ガウディのお墓や逆さづり模型も案内)、フリータイムも30分強取りました。
 
・・
これだけ御覧いただきましたが、もしもこれが全部パンフレットに入っていたら?
旧市街はよくお祭りやデモ行進などで通行止めになります。もし通行止めの日にあたってしまうと、車で通るだけのはずだったのに、遠くで車を降りて、そこまで往復歩かなくてはなりません。
 
状況によって自由に選択できるように、パンフレットに書きすぎるのはよくないんです。
 
・・
またこのツアーはいくつか突然の出来事に見舞われ、急きょ変更しました。これもゆったりツアーおかげでうまくいきました。
 
次のページではガイドがどんな心境で、どんな状況で、選んだか、を説明します。

観光内容の少ないツアーは本当に損なのか?その3 / その日の最適な観光ができる 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

観光内容が少ない観光地。
本当にその場にあった観光を、お客様や状況に応じて自由にガイドが組み込めまるので、ある意味、まったく無駄のない独自のコースが作れるとお話しました。
 
もちろんそこはガイドの力量とサービス精神が発揮されるところなので、もしかしたらガイドさんによるかもしれません。
また添乗員さんが希望を出してくることもあります。私は基本的には添乗員のリクエストに従います。(お任せに誘導するときもあります)
お客様にもよります。一人でも歩くのが困難な方がいれば、その方に無理のない観光を選びます。
 
でも時間が余ったから、何もしない、というツアーは存在しません!
観光じゃなくても、サグラダファミリアでゆっくりフリータイムがあったり、もしくはどこか町の中心部でフリータイムを取ることもあります。
 
「このツアーはフリータイムがゼロで、みなさんが買い物をしたがっている、若いみなさんも女性も多いから、スーパーにいったりブランド店にいったり、買い物の時間を取ってくれ」と添乗員さんからリクエストがあることもありますが、それだって観光に余裕があるから叶えられるのです。
 
内容が少ない観光でも、
違う車窓・下車観光が組み込まれたり、
希望をかなえるフリータイムが取れたり、
ちゃんと無駄のない観光ができるものなのです。
詰め込みすぎツアーよりも、お客様のためになっていると感じることもあります。

観光内容の少ないツアーは本当に損なのか?その2 / お客様のためにならない観光地を避けることができる

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

ゆったりツアーの時は少し時間が余ります。
せっかくのバルセロナもっと見たいのに少なすぎる!だからたくさん観光が書いてあるツアーを選んでしまうのは皆さんの大きな勘違いです。
 
なぜなら、余った時間は、その時間、その時の場所、お客様の好みや体力などの状況にあわせて、臨機応変に、別の観光を組み込めるからです。
 
つまりどこかで説明したような、パンフレットに書いてあるので行かなくてはならないが、全然、お客様のためにならない観光地
・雨や霧で見えないのに下車しなきゃいけない展望台
・車窓から見えにくいのに車窓になっている観光地
・体力がないのに、時間がないのに、バスが停めれないのに、写真を1枚撮るだけのために往復15分歩く下車観光
・その車窓が入ってるために道順が悪く、大回りをしなくてはいけない観光地
・お客様はサグラダファミリアでゆっくりしたいのに詰め込みすぎて絵葉書一枚買えない
などを避けることができます。
 
本当にその場にあった観光を自由にガイドが組み込めまるので、ある意味、まったく無駄のない独自のコースが作れるんです。
 
(注・パンフレットに書かれている観光が少なくても多くても、ガイド達の観光時間は3時間半ー4時間と決まっています。だから余った時間は他のことをして楽しませることができるのです。
 
もしこれが3時間という観光になってるなら、体力のない人の多いクルーズのツアーか、その後の予約や移動先などの関係で、時間を短くする理由のあるツアーですのでお客様の最適の時間になっているはずです。
 
ちなみにパンフレットに3時間半と書いてあるが、詰め込みすぎでこなせず、実際は5時間でやるツアーもあります)

観光内容の少ないツアーは本当に損なのか?その1 / ゆったり観光できる幸せ

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

ツアーの内情を知ってもらい、旅行者に選び上手になってほしいと思い、発信しています。

今回は、ゆったりツアーは本当に旅行者の損なのか?というお話です。 
 
・・・
久しぶりに、ゆったりツアーをやりました。観光内容が一見、少ないツアーです。
 
【今回の内容】
スペイン広場で待ち合わせて、海側のレストランに行くまでの3時間半で、1入場+2車窓。
 
・サグラダファミリア入場
・カサミラとカサバトリョ車窓
です。
 
今は忙しいツアーが多いので、このコースは本当にありがたいです。
ひさしぶりに、お客様を急がせなくてよいコースです。
 
いつもお客様に早く歩いていただき、せかしてます。
ガイドの私も目が吊り上がってることでしょうが、お客様もせっかく休暇に来ているのにせかされて嫌だろうなと思います。
 
ただせかされるだけだと、急いでいただけないこともあります。(意外と若いお客様)
ですので、私は事情を伝えます。
 
・みなさんのこのスピードでいくとこなせない。
・予約時間は何時
・せっかくのサグラダファミリアで時間がないかも
 
 
事情を伝えると、100%みなさんよく協力してくださいます。
 
でも本当は足が悪い方、ご年配の方、新婚旅行で来た方などを見てると、こんなに急がせなくても良いツアーだといいのに、と正直思います。そう思うぐらい急がせるツアーが主流です。
 
ゆったりツアーだと、ガイドもゆったりとお仕事をしています。
お客様をせかさなくていいって幸せです!
(もっと本題は次のページをご覧ください。観光の少ないツアーは実はお客様にとって理想的なツアーなんです)

個人でサグラダファミリアの入場チケットを購入する場合。公式サイトから事前購入しましょう

 

サグラダファミリア入場券のチケット予約仕組みについて説明します。

 

・個人の方は公式webから購入します。
上記クリックすると公式webに入ります。

 

 

違うwebで買ってしまい、どこに取りに行くかわからない or チケットが送られてこない、チケットを紛失したなどと当日窓口で外国人がもめてるのを見かけます。

 

 

 

違うサイトで購入したものについて、サグラダファミリアに問い合わせても分かりません。

 

公式webで購入していたら、チケットをなくしてもメールアドレスで当日窓口で引き出してもらえます。

 

 

 

アルハンブラ宮殿やグエル公園もそうですが、何かトラブルがあったときに、現場で対応しやすいところが良いです。

 

 

 

 

一度お客様がスマホで購入するのを手伝ってたところ、すぐに公式サイトが探せてませんでした。

お客様も日本語で探してらっしゃいました。日本語ではあまり見つからない可能性が高いですね。仲介webが広告料を支払って一番上に出てくることもあります。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

注意点は

 

 

時期によっては2日前ー1週間に売り切れる
基本はキャンセルが不可なので、完売後はチケットが二度と出ない。
です。

 

すぐには売り切れないので、何か月も前に予約しなくても大丈夫です。

 

意外とお客様のご旅行が急にキャンセルになることがあります。
特に、
急な仕事が入る可能性がある
・お体の悪いご家族が日本に残られる
・ご年配の方とご旅行する予定
であれば1か月ぐらい前の予約で良いかもしれません。

 

 

 

 

もちろん早めに予約してしまい、安心したい方。
キャンセルになってもあきらめるつもりの方は良いでしょう。
・・


そして2週間ー1か月前には予約をしてしまいましょう。

エレベーターの塔付きをご希望であれば早く予約した方が良いです。
最近は予約が取れない観光地になってきてます。
また毎年9-10月に3日間ほど半日しかあかない日があります。この前後は大変混みあい、予約が取れません。

サグラダファミリア付きのガイドツアーが確約されてなければ突然キャンセルの可能性あり!?

JUGEMテーマ:旅行

 

友人のご家族から突然、お盆の時期にSOSの連絡が来ました。
サグラダファミリアの予約が取れないと。
話を聞いてみると次の通りです。
・ネットでサグラダファミリア入場付きの現地ツアーに申し込んでいた。
・2日前に「ツアーが催行しません」と連絡が来た。
・それから個人で予約を試みるも、もう完売だった。
・予約が取れないなら、もっと早くから、取れないと教えてほしかった。
 
・・・・・・
お客様としては「どうして2日前にキャンセルの連絡をしてくるのか!」と思いがちですが、現在、一般のお客様がwebで購入されるチケットとは別枠のチケットが、旅行会社や公認ガイドに向けて販売されます。
この旅行会社のチケットは発売と同時にほぼ完売しますが、2日前までキャンセルがOKなので、2日前にポンと入場券が取れる可能性があるのです。
2日前にツアーがキャンセルになったということは、その可能性に旅行会社がかけた、ということですね。
しかしもしそこで取れなかったら!?

 

一般の方が購入するチケットはすぐには売り切れず、1週間前でもまだまだ予約できる可能性が大きいです。

しかし最近は2日前ー1週間前には取れないことも増えてきました。

 

つまり、2日目にツアーがキャンセルされたときには、もうサグラダファミリアの個人チケットは完売の可能性があるため、大変危険です。

♪一般ツアーで申し込む方へのカルメンの提案♪
・申し込んでみて1−2週間前までにツアー確約の返事が来たかどうか確かめる。
・未確定の場合で混雑期(4-10月、12月ー1月1週目、イースターの時期)であれば、
.張◆爾魯ャンセルしてし、別で自分でチケットを取る。
(or ▲張◆爾皸飮しつつ、2回楽しむつもりで別で自分でチケットを取る)
・・・
このSOSのお客様は、8月15,16日の滞在でした。日本人も一番混む時期&スペインも祝日&ヨーロッパ人のバカンス時期。
冬の閑散期は可能性もありますが、これほどの混雑期では難しいでしょう。さっさと見切りをつけた方が良いかもしれません。
ところで今回は急きょその日にチケットを取ることができました。これはまた別の方法なのですがそのうちお知らせします。
 

バルセロナの空港での、免税手続きが自動化!

JUGEMテーマ:旅行

 


検索してくる人が多いので、最新情報に書き換えてます。↓

・・・

2016年秋から免税手続きの一部が自動化されました。

Global Blueの書類のうち、書類の一番上に小さくDIVAと書いてある書類です。

 

その書類があれば、税関に並ぶ必要がなく、機械で手続きをして、おしまいです。
機械には日本語もあり。緑が出たら、手続きOK!です。

本当にできたのかなと不安でもありますが、緑が出た =税関にスタンプをもらったのと同じです。
そのあとの返金の手続きはいつもの通り。(ガイドがついている方はガイドに聞きましょう)

赤が出たら、手続きは自動的にはできてません。エラーが出た状態です。何か不備があるが、お店によるか。税関係員によると、金額が高い人はエラーの出る可能性が高いそうです。
その場合は、税関のスタッフに直接スタンプをもらいにいかねばなりません。


・・・

機械で自動でできる人は、品物を見せる必要はありません。

しかし、上記のようにエラーが出れば、税関の係員へ並ばなくてはいけません。その際に品物を見せろといわれる可能性はあるので、やはり今まで通り、品物は手荷物でもっていきましょう。

品物を要求される回数は少ないですが、免税手続きのカウンターには、「荷物は見せるように!」との張り紙が大きくしてあります。手荷物は義務というのが原則です。もってない時に見せろといわれてもってないと、スタンプは押してくれません。

・・
機械手続きができるなんてと喜んでいましたが(ガイドもお客様の免税のために1時間並ぶハメになることもあるので、、。涙)、実際には、自動にできるDIVAの書類はかなり少なく、ほとんどのお客様は今まで通りの書類をお持ちです。(2017年春の記事)

時代も変わり、今はほとんどの会社が逆にDIVAの書類を持つようになりました。お客様もほとんどみなさんDIVAの書類をお持ちです。

 

今度は税関の係員が列がほとんどないのに、機械の前に並ぶ人の方が長蛇の列、、。機械でも40分並ぶことがあります。

やっぱりお金をもらうのは楽ではありませんね。

 

 

 

 

 

パッケージツアーの詰め込みすぎ観光の例(バルセロナ)

バルセロナ市内観光の詰め込みすぎ観光の例を1つ、紹介します。

半日観光は4時間が普通ですが、5時間観光。これは4時間ではこなせないからです。

内容は、入場が2か所(サグラダファミリア入場とグエル公園)、
下車観光が3か所(モンジュイックの丘、カサバトリョ、カサミラ)。

 

何度も書いてますが、事情が分からなくても、単純に、半日観光で5回バスを乗り降りするのは多すぎると考えましょう。(駐車の関係から、今回は4回乗り降りにしました) 多すぎるとしわ寄せはサグラダファミリアに行き、ゆっくり見れません。

 

しかも。
3つの下車観光のうち、2か所はバスを降りてから歩きます。ただの下車なのに往復で10分ないし15分歩くんです。これもきつい。


たくさん下車を入れるなら、せめて「歩かなくてよい観光地」を入れてほしいです。

さらに(まだあります)。
グエル公園とモンジュイックの丘は、場所が大変遠いです。バルセロナの端と端。移動に時間がかかります。

たくさん入れたいなら、せめて回るのに効率がよく無駄のない観光地を入れてほしい。

 

そこまでしても見たい観光地かというと、モンジュイックの丘なんて雨の日は最悪です。
しかもこの日は日曜日でミニマラソン大会と、ツール・デ・カタルーニャという自転車競技があったため、2か所で通行止めだったので、回り道をしました。かといって平日は平日で、都会は交通量が多いため、時間がかかります。


お客様ぐったり。ガイドもぐったりのツアーでした。

今回も添乗員さんがコメントしてましたね。
「サグラダファミリアもグエル公園も2つも入場が入ってるのだから、下車3か所も、いらない。
モンジュイックはカットすべき。
もしくはカサバトリョ、カサミラは車窓観光にすべき」

まったく同感です。
カサミラの駐車場から、モンジュイックの丘の下車ストップして、レストランに行くまでに1時間以上かかります。
1つの写真ストップだけで、1時間以上を使っているのです。

お客様も最後、疲れたたなー、まだ行くんですか?と疲れたお顔でした。最後がたぶんお客様にとってはどうでも良い、しかも炎天下の中のモンジュイックの丘で、5時間も観光して最後の最後で疲れてらっしゃったので余計に。


あまり疲れすぎると、感動する心が保てなくなります。

現場ではお客様は全然喜んでないという一例でした。

 

例をお伝えしているのは特に体力のないお客様に、ツアーの選び方をお知らせするためです。

自分の希望や体力にあったツアーを選びましょう。

2019 年 盗難情報 時々アップします (最近の手口)

JUGEMテーマ:旅行


まったく楽しくない?記事で、ごめんなさい。でも、盗難防止のために、見聞きした泥棒手口を書き留めておきます。すべて自分が実際に聞いた話です。(例外は領事館からの注意喚起のみ)
今年は泥棒が本当に多いです!!!しかもプロ中のプロのタイプが多いです

●聞いてすぐの情報を出しています。自分の盗難状況がこんなすぐにネットで紹介されている!と思われた方、すみません。他の被害者が出ないように、最近の傾向のお知らせと、注意喚起を目的にしていますどうぞご理解をお願い致します。

●怖がらせるために書いているのではありません。手口を知っていればある程度盗難は防げるからです。
盗難は手口を知り、しっかりと(これ以上無理なレベルまで!!)対策をしていれば、盗難には遭いません。そのための情報として活用ください!

 


2019年情報です。

 

現在スマホの盗難が多いです! 無防備に持ってる人が多く盗りやすいうえに、高額で売れるので、財布狙いよりも得なことに泥棒たちが気づいたらしいです。カルメンも1か月で2度もひったくられかけました!頑丈なひも付きにしてるので防げましたよ!

野外ではあまり出さないことです!!!

 

現在バイクのひったくりが多いです!サグラダファミリア周辺でも気を付けましょう!

 

・最近あまりにも多すぎて、警察や警備も強化され、がんばって働いている感じがします。捕まるのも見かけますが、それでも泥棒を見るので引き続き、みなさんも注意しましょう。手口も多様化しています!

 

<7月>

・話しかけられて盗難?

ネットで撮影した動画が回ってます。朝8時半頃のサグラダファミリア近く。日本人のカップルが話しかけられたあと、盗難されたらしく、けっこう長い距離を被害にあったカップルが犯人らしき人を追いかけてるものです。スマホかカバンでしょうか。

話かけらたら持ち物を抱きかかえ&握りしめてから応じましょう。

 

朝9時前は人が少ないので(特に週末)被害が多いです。

 

 

バルセロナの空港で偽タクシーによるぼったくり被害

領事館から連絡が来ました。詳細はこちら。

タクシーは黒と黄色で、空港にはタクシー乗り場があり、何台も停まっています。タクシーマークもあります。

夜遅い時間の方が多いようなので、遅い時間は十分に気を付けましょう。

カルメンは車の送迎サービスもやっています(ドライバーさんだけのサービスもあり)。詳細はこちら

 

バルセロナの空港でクレジットカード取り換え事件!

領事館から連絡が来ました。詳細はこちら

 

話しかけられ、言葉ができる人の方が意外と盗難に遭います。偽警官もしかり。

話しかけられたら泥棒だと思うのも寂しいですが、注意しましょう。カードは取り出してはいけません。(持ってないと言いましょう)

 

ボルン地区で、6人組に、地面に倒されスマホを強盗される

新聞に出て、誰か撮影していた人がいて、動画つきで記事になっています。若い男たち(自転車を含む)に囲まれ、地面に倒されてる人から盗んで逃げていく様子。

場所を見ると、サンタマリアデルマル教会の近く。ブボの近くですね。

ここ自体は旧市街では治安は良い方なのですが、最近ブボに行く日本人が多いせいか、被害を聞きます。

 

領事館からも連絡が来ました。詳細はこちら。

 

 

<6月>

 

地下鉄で私服警察に捕まっているのを見かける

ものすごく混んでる地下鉄電車内で、離れたドアの前だったので、犯人や被害者は見えませんでしたが、私服警官が二人ではっていて、現行犯逮捕となったようでした。盗られた被害者は気づいてもいませんでした。

 

地下鉄で(下に書いたのと違う)4人組の泥棒を見かける。

珍しいタイプの組み合わせの泥棒を地下鉄4号線(黄色)で見かけました。夏の時期は4号線の地下鉄内が多いです。

女性3人(中南米風。他人のカバンを見てる時は目つきが悪い)+普通のおじさん風の男性

 

この男性が一番わかりにくく、そのうちの一人と会話をするのを見るまで、わかりませんでした。

4号線に乗り、Olimpic Port駅で降りたら、4人で、また、反対側のホームに行き、そちらからまた乗り込んでました。

見つからなければ同じあたりを行ったり来たりしてるんでしょうね。

 

 

地下鉄に4人組の泥棒を見かける。

連れなのに連れじゃないふりをしたことから気づきましたが、巧妙なメンバーのプロ泥棒でした。

メンバーは、人相の悪そうな中南米の二人組+白人のような好青年風の若者+よぼよぼのおじいちゃんで松葉づえで怪我をしている(ふり)。全員男性で年齢さまざま。

 

おじいちゃんがよろよろしながら車両を動き、そこでモタモタしているときに他の人が盗むという手口のよう。

一部だけ残り、一部だけ違う車両へ行き、ホームに出たと思ったら、私のいる車両に外から入ってくるを繰り返していましたが、地下鉄の警備員が来たのに気づいて、すごい勢いで逃げていきました。

 

最近盗難が多いせいか、警察の姿も増えました。

 

 

<5月>

 

バッグのひったくりで、骨折!

 

領事館からの連絡です。ポブレノウ地区の路上を歩いていた女性に対し、バッグをひったくり転倒させ、骨折の被害があったそう。

 

→ 対策は

・道を歩くときは道路側を避ける。

・荷物は建物側に持つか、たすき掛けにして体の前で持つ。手も抑える。

・プラプラしたカバンを下げない。

・万が一被害に遭った場合は引きずれると危険のため、抵抗せず、荷物から手を放す。

(放したくても離れない場合もあるので、狙われないようにが一番)

 

ホテルの近くでバイクのひったくりで、救急車を呼ぶ。

上記領事館からの被害の1週間前、サンマルティ地区(ポブレノウ含む)のホテルで同僚ガイドからの報告がありました。怪我は分かりませんが、救急車を呼ぶほどだった、と聞いてます。

 

バルセロナで一番バイクのひったくりと、スーツケースの盗難(車でもっていくと思われる)の話を聞くのがサンマルティ地区(ポブレノウ地区)です。Diagonal大通りの海とのつきあたりの、高層ホテルがたくさん並ぶ地区。

人気(ひとけ)が少ない。住宅街で夜は暗い。大通り沿いでバイクや車が停めておきやすい。逃げやすい。

が理由と思われます。

ちょっと遠いなと思ってもタクシーでホテルまで帰りましょう。

 

 

・ホテルの前に泥棒

 

日曜日の朝7時前頃。空港へ向けてホテルを出発するところでしたが、不自然な行動の男がバス前に。

ちょうど写真を撮ろうとしたお客様を狙いましたが、ガイドが阻止。

 

人気のない時間や曜日。ホテルの前で置き引きがよく発生します。海岸沿いのホテル群(フォーラム会場あたり)は人通りが少なく車停めやすく逃げやすいので、この手口の被害が多いのですが、この日は中心部の高級ホテル前でした。朝なのでいつもいるドアマンがおらず、日曜日なので人気もない時間帯でした。また流行ってる手口かもしれないので要注意です。

 

→ ホテルの前で写真を撮る時、近づいてくる人には要注意。

写真を撮るのにカバンを足元に置くのもダメですよ

 

 

 

・グエル公園の有料部分に二人組の女性の泥棒

黒髪のスペイン・中南米風の若い女性二人組です。

私たちガイドが気づいてお客様に注意を促していたら、きづかれたと知って、私たちに手を振って逃げていきました。

しかし信用ならん・・と思っていた見張っていたら、また現れた。有料部分に入ってるので簡単には逃げません。

他ガイドたちにも知らせましたが、写真を撮りましょうかと添乗員も話しかけられたらしいです。

 

スリですので、財布・貴重品はカバンの奥に入れておきましょう。

 

 

・バルサの試合日の地下鉄 二人組のルーマニア系の若い女性泥棒二人組

バルサの試合日は地下鉄がラッシュアワー並みに混雑し、泥棒もよく見かけます。

 

入口にいる日本人カップルの女性の方に、鞄の近くで、もそもそ・・・やられてる!と思ったので、カルメンがお知らせしました。

そのあと、同じ泥棒は反対側のアジア人にもモソモソ・・やり始め、地元の人が教えてあげてました。

みなさん注意されると、あ、そうかもという目で見て、カバンを握って注意してますが、それまでは鞄に手もかかってないんですよね。

 

混雑してる場所ではかばんは両手で抱えて抑えましょう!試合日の地下鉄は泥棒がやってくると覚えておきましょう!

 

 

 

 

 

<4月>

 

・4月末現在、警察や警備の数がものすごく多い!!と思ってたら、頻繁に見かけた泥棒をぱたっと見かけなくなりました。

少し落ち着いた感じもありますが、引き続き、注意しましょう。

 

 

【4月の盗難】

 

 

・バルセロナじゃありませんが、ツアー客で聞いた話なので。

南でパスポートもスマホも現金もすべて入ったカバンを盗まれた。バルセロナの領事館へ手続きに来てらっしゃいました。

 

パスポートなど大事なものが入ったカバンは床にも背中にも横にも置いちゃいけません!

絶対に身につけましょう。食事中も同様です!

 

空港でスーツケースやカバンをカートに載せてい中からから、パスポート入りの鞄を盗まれた

周りにツアー客もたくさんいたのに、誰も、怪しい人も見ず、だそうです。

 

パスポートなど大事なものが入ったカバンは床にも背中にも横にも置いちゃいけません!

絶対に身につけましょう。食事中も同様です!手から離れるから盗られるのです。

 

 

最近ものすごく地下鉄内に泥棒が多い、、と思っていましたが、ここ1週間ほどよく警備員を見かけます。朝から晩まで、車両の中も何度も往復して警備員が回っています。おそらく警備を強化してるようで、それだけ被害が多いということですね。

 

・州営鉄道FGC カタルーニャ広場駅の電車内で、二人の女性泥棒

目撃情報。警備員に見つけられ、未遂なのか盗難後なのか知りませんが、お前たち降りろと言われ、電車の中から連行されていました。

 

・地下鉄2号線 電車内で、若い男性二人の泥棒 

私を見つけて近寄ってきたものの、警戒してるので盗れないと悟や、電車を降りて(私も降りたので注意できず)、また他の乗り込もうとする乗客のカバンに吸い寄せられながら、再び次の車両から同じ電車に乗ってるのを目撃。グラシア通り駅。
 

 

 

 

【3月の盗難】

 

・盗難の話をよく聞きます!!!! 数日置きには起きてることがわかるように日付を書いてみます。タビレジに登録してると届く領事館からのメールには書いてなかったけど?という方。大使館・領事館が把握する例は氷山の一角です。パスポートの被害がなければ大使館・領事館へはいきません。

 

・3月xx日 聞いた情報

ボルン地区でスマホを持って歩いていた日本人女性が布を頭から被せられてスマホを盗まれた

突然頭が布を被せられるなんてトラウマになりそうです。真後ろを歩いていて目撃した人から聞きました。ふわっと頭上から大きな布のようなものを被せられて、あれよあれよというまに、スマホを奪われたそうです。スマホじゃなくてもバッグもあり得ますね。しかもボルン地区は比較的治安の良い地区なのに、そうではなくなってるということ。

 

今一番多いのがスマホのひったくりです。(どのぐらい多いのかはこちらの記事もどうぞ

スマホのスリは以前から多かったですが、スリは気づかれないうちになくなるのでショック度合いが少ないです。ひったくりは衝撃で、怖くなり、皆さん旅行が楽しめなくなります。(バイクからのカバンのひったくりも最近多いです)

 

スマホだけなら領事館へ盗難届も出さないので、実際にどのぐらいの日本人が被害にあっているかわかりません。

日本人はiPhoneに限らず、高額できれいなスマホを持っているので転売がしやすいです。

 

手に持っているスマホは何万円もする札束だと考え、不用意に人前で出さないようにしましょう!

最近地図使いをする人も多いですが、地図は紙で持っていく!

一人が見てるならひとりが周りに気を使う!

スマホは首から下げておく!など対策を練りましょう。

 

 

 

 

 

・3月26日

地下鉄の電車内でスマホを持っていたところ、ドアが閉まる直前に、ホームからスマホを掴まれた。

・頑丈なひも付きのスマホカバーにしてるため、未遂でした。カバンや首や手首に固定できるタイプにしましょう。

・ドアの近くにたってると盗難の確立が増します!(スリも同様) 混んでる場所も同様です。

・不要ならスマホを人前で出すのをできるだけ避けましょう。スマホで連れが情報を探していたら一人が見張り番になるつもりで。

 

 

・3月21日

ランブラス通りでスリ

団体ツアーの中に入ってきた男女二人組のスリ。ガイドが気づいたので未遂。

気づかれたあとも顔を背けつつ、そばで待機し、再び団体ツアーに混じってきて、油断もすきもなしでした。

スリは十分すぎるぐらいに自分が注意すればたいてい防げます。貴重品はカバンの奥に!多額の現金は持たない!カバンは両手で抱えて歩く!

 

 

・3月19日

サグラダファミリア付近で、バイクでバッグのひったくり被害

バイクのひったくりはめったにないので、今月聞いたのは衝撃でした。しばらく起きないだろうと下に書いたのに、こんなに続けてあるなんて!しかも場所も同じ近く。バイクに限らず、自転車もあるんですが、ひったくりは今いちばん要注意です!!!!(2か月前にもあったと聞きました。2か月で3回ですね!)

 

過去&今月の例を見ると、仕事で来てる方、観光業界人(実は集金などある)、派手な目立つ格好の方、が狙われてます。どのケースもお金を持っているように見える人たちだと思います。女性が特に注意。

・道路側を歩かない!(歩道に乗り上げてくるケースもありますが)

・プラプラしたショルダーバッグなど盗られやすい鞄、ブランドの鞄、色など目立つ鞄は持ってこない!

・団体ツアーで歩いてるときは固まって歩く!一人だけフラフラ離れない。

 

 

・3月18日

グエル公園のトカゲのところで写真を撮ってくださいと言ってくるヨーロッパ女性二人の泥棒。未遂

 

日本語で話しかけて、何枚も撮ってくれと言ってきて、あなたも撮ってあげると言ってくるそう。

何組も同じ目に遭い、同じことを言われ、全員が「撮ってあげる」は断ったらしいが、怪しいよね、という話。

違う場所でやるかもしれないので、覚えておきましょう!

写真撮ってくださいの時はいつもカバンにも気を付けておきましょう。

グエル公園の中ならスリと思われるので、貴重品がカバンの奥に入ってさえいれば防げます。

野外ならカメラやスマホを持ってかれる話もあるので、写真を頼む相手はよく見ましょう。

 

・3月17日

市営バス内でカバンに手が入ってくる!気づいたので未遂。女性たちにサンドイッチされていた。

 

・3月15日頃

地下鉄の電車内でスリ未遂

地下鉄5号線 サンパウ病院からサンツ駅へ向かっている途中の電車内

 

隣の車両からサングラスをかけた小柄で細身の女性と、若干ふくかな女性の二人組が話しながら近づいてきて、一人がドア付近のポールに捕まり、一人がドアを背にして、すぐ横で会話。ズボンの右後ろのポケットでもぞっとしたのに気づき、手を後ろに回すと、一人の手があったので捕まえ、「何してるんだっ!」というと、逆切れして、騒ぎ立てて違う車両へ立ち去り。もう一人は2駅先で、頭おかしいんじゃないと捨て台詞をはいて出ていく。(お客様から詳しい情報が来たのでお知らせしています)

 

車内など狭い場所で見つかった場合、逆切れして騒ぎ、こっちが悪いかのような言い方をするのは、100%泥棒です。

それでごまかそうとする手口。

 

地下鉄に乗ったら周りは全員スリだと思って、周辺の人をよく観察した方が良い、油断大敵!と、報告いただいたお客様からの忠告です!

 

 

 

 

・3月10日

クルーズの到着するターミナルで、カバンの盗難

カバンは何があっても身から離してはいけません!

 

・3月8日 

サグラダファミリア付近の道路で、バイクによる、かばん のひったくり被害。

観光地では道路側を歩かないようにしましょう! カバンもプラプラ・ゆらゆらしてるタイプは盗られやすいです。

バイクの盗難は数年に一度聞くかどうかです。一度あるとしばらく聞きませんが、盗難の例として覚えておきましょう。

 

・3月4日

カタルーニャ広場近くを夜歩いていたところ、男性 3人がふざけた感じで近寄ってくる。かなりつきまとわれ、腕時計を狙われそうになって離れる。未遂。

お客様は怪しいと思ったものの、手ぶらだったため、盗られるものがないと悠長に構えていたそう。

腕時計以外にスマホもお持ちでしたが、どちらもよく狙われる物品です!

警戒心を見せないと余計に付きまとわれるので、近づいてくる怪しい人からはさっさと離れましょう!

 

 

・・・・・・・・・・・・・

【2月の盗難】

 

・2月27日

地下鉄2,3,4号線のパセッジデグラシア駅で女の子たちの泥棒目撃

 

・2月26日

地下鉄4号線の電車内で、スペイン人カップルの泥棒目撃

 

・2月25日

町で写真を撮っていたら、スマホの盗難未遂

背後から手が伸びてきたが、スマホの盗難被害経験者だったので、手首でチェーンに巻いてるタイプだったので未遂

スマホの盗難ものすごく多いです。「ポケットに入れていてなくなった。鞄に入れていてなくなった」が多いのですが、最近ひったくりも聞きます。スマホは太いチェーンで首から下げる。太い紐で手首にひっかける。太いチェーンでカバンとくっつけるタイプを持参しましょう。

ただしバイクでひったくられた場合引きずられると怖いので、狙われないことが一番。

 

・2月25日

カバンのひったくり

上記のスマホひったくり未遂の5分後。鞄のひったくりの成功し、逃げていたが、市民の協力で警察に御用となったそうです。

同じ犯人だったと言ってました。

 

・2月21日

グエル公園で入場に並んでいるときにカバンを切られる!

びっくりです。

ぐいぐい押してくると思ったら切られてたそう。革のカバンだったので幸い被害はなかったそうですが、カバンが悔しいですね。

若いカップルで、ニコニコしてたそう!!

 

鞄を切られる話を聞いたのは3度目です。

・一度目は20年ほど前。モンジュイックの丘の噴水ショーで、ぐいぐい来る人がいる・・・と思ったらカバンを切られた。

・2度目はこの1-2年以内でしょうか。たしかメルセ祭のお祭りで。まったく気づかなうちに切られていて大きな被害。

 

人の多いところは特に気をつけましょう!

不自然に押してくる、くっついてくる人にも注意です!!

 

・2月20日

地下鉄4号線 グラシア通りからJaume I駅へ行く途中の電車内で若い女性4人組に囲まれる

ガイドが気づいてふさいだら、すぐに4人で降りていきました。未遂。

 

・2月19日

サグラダファミリアの近くで、若い女性二人組が狙ってくる

添乗員が気づいて声をあげ、ガイドがマイクで案内し、みんなで振り向いたら、逃げていきました。未遂。

 

 

【番外編・イタリア】

スペインだってあり得るかもしれないのでお知らせしてみます。新たな手口。

若い女性が片手で腕をつかんできて、ニコニコしながら、片手でカバンをあけて盗む

 

怖すぎです。被害者は学生旅行の女の子だったそう。突然腕を掴まれて、手を万歳のように高くあげさせたまま、相手はニコニコしてるので余計に怖くて、カバンをあけられたのがわかったが、もうされるがままにしかできなかったそう。

添乗員さんに報告に来た学生さんは泣いていたそうで、本当にかわいそうだったと言ってましたが、それは泣くでしょう。怒りさえ湧いてきます。

 

こういう相手は抵抗すると怖いかもしれないので、どう防御したらいいか私もアドバイスできません。

(鞄には貴重品は入れずに、お金を分散したり、服の中に入れておくのが一番ですね)

 

もし、あれ?手を掴まれて向かい合ってる人がいるが?なんだろう?いう光景を男性の方見かけたら、気を付けてみてください。

他国の話ですが、あまりにも強烈な話なので、書いてみました。

 

わたしは若い頃イタリアで、ものすごい怪力のジプジーの子供たちにカバンを盗られそうになったことがあるんです。

みんなでワラワラやってきて、体を障ったかと思うと、ものすごい勢いでカバンを掴まれ、抵抗したのですが、すごい力!鞄ごと自分も引きずられてましたが、綱引き状態で、向こうが圧倒的に強い。ところが背の高い外国人男性がすごい勢いで怒鳴りつけて助けてくれました。

 

たぶんこんな手口にあったら、かわいい学生さんだったら自分じゃ抵抗できないと思います。


 

続きを読む >>

ショップ 夏休み情報

JUGEMテーマ:旅行

 

 

スペインではショップやレストランに関しては夏休みに閉まるかどうかはあまり前もってわかりません。

半年や1年前に決めているところは少なく、割と急に「来週休む」と知らされたりします。

 

 

今年はひょんなことから、夏休み情報が次々に手に入ったので、お知らせを。

ここ数年は休まなかったお店も、今年は休むようですね。

 

●カフェ&お菓子屋のPetrixol 

8月5-8日 お休み。

 

 

●乾物屋 Cas Gisper

7月21日から8月21日 改装のためお休み。

 

 

 

 

旅のトラブル集 / パスポートの取り違え事件

JUGEMテーマ:旅行

 

 

旅のトラブルの話をお知らせすることにしました。

めったにないですが、そんなことが起きないように、心に留めておきましょう。

 

今日はパスポート取り違え事件の話。

 

まず旅行者はお祖母様と10歳のお孫さん。福岡空港から当時就航していたKLM(福岡ーオランダ)便を使い、福岡-アムステルダムーバルセロナという飛行機の旅でした。

 

お祖母様はビジネスクラスで予約済み。後で孫が一緒に来ると言いだしたが、さすがに幼くしてビジネスクラスは贅沢すぎるという親の方針で、子供はエコノミーとなりました。同じ飛行機でもクラスが違うと一人旅とみなされるため、子供の一人旅サービスを依頼しなくてはなりませんでした。(有料)

 

偶然、同じ日まったく同じ飛行機で、バルセロナまで来る9歳の男の子がいました。しかも下の名前が同じ!

チェックインまで同じタイミングとなり、席も隣にしてもらい、良かったねと盛り上がり、小学生二人+祖母が一緒にチェックインをするような形になったそうです。

 

チェックイン後、お祖母様はお孫さんのリュックにパスポートを入れさせ、「なくさないように」と念を押したそうですが(9歳の子が堂々と一人旅をしているので10歳の孫も全部自分でやりたがったそうです)、なんとアムステルダムで入国審査を受ける時にそれを取りだしたところパスポートは本人じゃなく、同じ名前の9歳の男の子のものだったんです!

 

そしてその子に聞いてみたところ、その子は「僕、パスポート持ってないよ」と言います!捜させても本当に出てきません。

まさか、アムステルダムで孫だけ入国できないんじゃないかと真っ青になったそうです。

 

結末としてはお孫さんのカバンを探したところ、別の場所から本人のパスポートが出てきたそうです。(まさか出してないことはないと思うのですが。。)

 

どうしてそんなことになったのか、さっぱりわかりませんが、違う人のものを持っていたのは福岡空港で間違って受け取ったとしかありえません。

 

9歳の男の子は行き先が同じで3人で一緒に行動してたからいいものの、もしかして別行動していたら、異国でたった一人旅でパスポートのない状態で取り残されたかもしれませんね。

 

本当に恐ろしいと思った事件でした。

 

そういえば空港でもチェックインの途中、同じツアーですが違う人の席を交換してもらったりのあと、違うパスポートが戻ってきそうになることがあります。これは以前は多かったです。そうならないように私達ガイドはチェックをしているわけですが、何がどうなるかわかりません。

皆さん空港でチェックインしたあと、必ず「自分の」パスポートが戻ってきたか、しっかり確認をしましょう!

 

未成年をお見送りするご家族の方、子供たちと一緒に旅行するご家族の方。

子供がちゃんとパスポートを持っているか、どこに入れたか、ちゃんと本人のものか、しっかり確認してあげましょう!

 

 

空港ぼったくり偽タクシー!

JUGEMテーマ:旅行

 

 

領事館からびっくりの連絡が来ました。

 

バルセロナのタクシーは黄色と黒のツートンカラーです。

それ以外のタクシーは偽タクです!

 

 

・・・

●エルプラット空港において,タクシーを装って邦人旅行者を乗車させ,高額な運賃を請求する事案が発生しました。
●バルセロナ市の正規のタクシーは黄色と黒色の塗装が施され,メーターや運転手の身分証が備え付けられています。

1 事件概要
(1)邦人旅行者の方が,エルプラット空港内にいた男性にタクシー乗り場を尋ねたところ,同男性から「私はタクシーの運転手をしているので,私のタクシーに乗りなさい。」と言われ,案内された黒色のワゴン車に乗りました。
(2)目的地は,同空港から距離にして約9キロ,時間にして約15分の場所でしたが,同ワゴン車にはメーターはなく,降車時に運転手から口頭で290ユーロの運賃を請求されました。旅行者の方は不審に思ったものの,断ると何らかの危害を加えられるかもしれないと思い,支払ったものです。

2 お願い
(1)正規のタクシーを利用してください。バルセロナ市の正規のタクシーの塗装は黄色と黒色で,メーターや運転手の身分証等が備え付けられています。
(2)タクシーのぼったくり被害に遭った際は,代金を支払う前に112番に通報することが理想です。しかしながら,車内で通報すると運転手から危害を加えられる可能性もあるため,降車後に車のナンバー等を確認するなどして通報することも検討してください。
(3)この種事案は,監禁や性犯罪等の被害に遭う危険性をはらんでいますので,十分に注意して下さい。

このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在バルセロナ日本国総領事館

 

・・・

 

そういえば、私は過去に2度(この半年以内)、夜の空港で「Taxi?」と声をかけられたことがあるんです。

 

本当のタクシーは空港のタクシー乗り場にずらっと並んでいます。遅めの時間で人も少なかったんですが、タクシー乗り場じゃなく、みんなが出てくるところにタクシーの人が迎えに来ること自体がありえない。。

偽タクシーかな?と思いましたが、私も急いでいたため、あまり顔も見ずに通りすぎました。

 

同僚ガイドに聞いたところ、最近何度も声をかけられ、いつも同じ人だと言ってました!!日本人狙いかもしれません!?

 

イタリアや東の国では空港で偽タクシー多いんですが、スペインで空港に偽タクシーは過去に一度も聞いたことなかったので、びっくりです!!!特にバルセロナはタクシー業界が強いので、少なくとも空港では聞いたことがありませんでした(別の場所で出たことがありましたが、消えました)

 

皆さん、空港には乗り場がありますのでタクシー乗り場から乗りましょう。

黄色と黒以外のタクシーに乗ってはいけません。

 

黄色と黒の正規タクシーでも多少ぼられる話も聞きますが、せいぜい10-20€程度。290ユーロなんてぼったくることはさすがにありません。タクシーに乗ったら、4ケタのタクシー番号(車体の書いてある)+ナンバープレートを確認。念のためレシートをもらうのもよいでしょう。

 

今は自動的に出てくる印刷したレシートをくれます。(タクシー番号や本人の名前が自動的に記載されます)

ぼったくるタクシーの運転手は手書きのレシートを渡してきますがそこには何の情報も出ていません(本当はタクシー番号やナンバープレートを書く義務がある)。

 

だから必ず印刷のレシートを主張するか、自分で、車体に書いてある4ケタのタクシー番号を確認しましょう。

 

 

 

バルセロナの空港でカードすり替え事件

 

領事館からきた最近の盗難のケースです。

 

 

エルプラット空港において,クレジットカードをすり替えられ,その後,当該カードを不正利用される詐欺事件が発生しました。
●見ず知らずの人に支援を求められても安易に信用せず,無視する,支援を断るなどの対応を取ることをお勧めします。

 


1 事件概要
(1)邦人旅行者の方が,エルプラット空港において,見知らぬ男性から「日本人の友人と飛行機に乗る予定だったが,その友人は来なかった。友人に公衆電話から電話をかけたいのでクレジットカードを貸してほしい。」などと英語で話しかけられ,同男性の求めに応じてクレジットカードを貸し与えました。
(2)その後,カードの返却を受けたものの,帰国後,別のクレジットカードにすり替えられていることに気づき,さらに邦人旅行者名義のクレジットカードを利用限度額まで不正利用されていたことが判明したものです。

2 お願い
(1)見ず知らずの人に支援を求められても安易に信用せず,無視する,支援を断る,又は,警察等に相談するように返答してください。
(2)クレジットカードを相手に渡してしまった場合,すり替えられている可能性を考え,カード名義をすぐに確認してください。
(3)不正利用の疑いがある場合は,クレジットカード会社に通報し,カードの利用停止手続等を行ってください。

このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在バルセロナ日本国総領事館
住所:Avda. Diagonal, 640, 2a Planta D, 08017, Barcelona
電話番号:+(34)93-280-3433
FAX番号:+(34)93-280-4496/93-204-5439(領事班直通)
ホームページ:
http://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

★当館ホームページでは,当地における安全対策としての注意事項をまとめた資料を公開しています。
<バルセロナへようこそ〜安全快適に滞在するために〜>
https://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/files/000462174.pdf
<カタルーニャ州警察作成防犯動画>
http://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/itpr_ja/bouhandouga.html
<カタルーニャ州警察作成安全対策パンフレット>
http://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/download/2013/diptico-seguridad-mossos.pdf
★外務省海外安全ホームページに掲載された安全対策マニュアル等
「海外安全虎の巻」
https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/tora_2018.pdf
「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」
https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

 

 

・・・・

 

クレジットカードすり替え事件は、過去にも、偽警官の手口で聞いたことがあります。

しかも暗証番号も教えてしまったそう。

ATMで、カードの不正があるからチェックをするなどと言って、カードを預かり、暗証番号まで教えてしまい(!!)

カードを返却してくれた時にも、すれ違ってることに気づかないそうなんです。

 

気づいたら全然違うカードであるか、

もしくは返してもらったつもりなのに、カードがなくなってるそうです。

 

 

新しい手口でした!

 

 

 

スペイン周遊ツアーは大変ハードです!!

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

スペインだけに限りません。日本でも外国人旅行者が増えてきたそうですが、いまや世界中の人々が旅行する時代。

 

ヨーロッパの主要観光地(特にイタリア、スペイン)は大変です。

・観光地の予約が取れない。(変な時間になってしまう)

・バスが近くで停まれず、遠くから歩く。

・人が多すぎて、歩くのさえ大変。(かきわけて歩く。迷子が出る)

 

昔と比べて同じことをしても、ずいぶん時間がかかるようになりました。

 

ローマではバスが入れなくなり、車で移動。

ニースもクルーズで降りたあとバスまで20分歩く。

他都市も大変なようで、添乗員さん達からよく苦労話を聞きます。

 

サグラダファミリアも20年前は45分もあれば観光できてました。

今は1時間半あっても足りません。バスから降りて歩くし、荷物検査もあります。

 

グエル公園も無料だったのに、予約制になり、予約時間にあわせなくてはいけません。バス駐車場でも待たされ、入場時にも待たされます。

 

それなのに昔からスペイン周遊型ツアーが主流なのが問題です。もうバルセロナは1−2都市滞在型の、パリやロンドンみたいな観光地だと思うのですが

 

変わらないどころか、ツアー内容はハードになっています。毎年その傾向は増していくばかりです。

 

スペインは面積がヨーロッパでも広い国。実は大変な山国なので平地を走る国と違い、山が邪魔して道路がない場所も多いです。

2時間ぐらいで次の町へ行けるイタリアと違い、町と町の間の移動が4-5時間走る町もあり、それから観光するので周遊ツアーはとにかくハードです。

 

周遊ツアーを選ぶなら、パッケージツアーの内容を調べ、忙しすぎないツアーにしておくのがお勧めです。

体力のない方(特に夏の暑い時期)や歩みが遅い方がスペインで忙しいツアーに申し込んでしまうと、ツアーについていくのに必死で、旅行が楽しめないでしょう。冬も日暮れとの闘いで、真っ暗闇ツアーとなることもあります。(詳細はこちらをどうぞ!)

 

サグラダファミリアでゆっくりしたい、買い物したいと思う方も、詰め込みすぎツアーに申し込んではいけません。忙しいツアーだとそんな時間はゼロです。

 

もちろんハードなツアーでも大丈夫!というみなさんは周遊ツアーでどんどん楽しみましょう!

2019年夏のストライキや運休情報などの交通情報

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

毎年夏のバカンスの時期になると、ストライキが始まります。去年は本当に大変でした。

地下鉄なども工事でストップします。

 

見つけたものを知らせていきます。

 

国鉄Renfe(レンフェ)ストライキ 

7月15日(月)、7月31日(水),8月14日(水)、8月30日(金)9月1日(日)

1日のうち4回ほどストップします。

 

 

エルプラット空港の警備員が,7月12日(金)から,無期限のストライキを実施する可能性があります。
・ストライキが実施された場合,保安検査場の通過に相当な時間を要し,出発便の搭乗時刻に間に合わなくなる可能性があるため,早めに空港に向かうことをお勧めします。

回避されました。(領事館からのメールより)

 

 

 

地下鉄 一部運休情報 代わりにその区間はバスが代替運行します。もしくは違う乗り換えで行きましょう。

特に日本の旅行者がひっかかりそうなところだけ青色で表示しています。

 

・1号線(赤ライン)6月29日ー8月30日 Clot駅からFondo駅まで 運休。

2号線(紫ライン) 7月27日ー8月30日 Parallel駅からSagrada Familia駅まで運休!

パラレル駅からは緑ラインを利用しましょう。サグラダファミリアへは青ラインで行きましょう。

・5号線(青ライン) 7月29日ー9月1日 Can Vidalet駅からCollblanc駅まで運休

 

 

 

 

 

グエル公園 広場の工事終わりそうと思ったのに、エンドレス!

JUGEMテーマ:旅行

 

【2019年7月中旬現在】

有名なベンチは半分ほど座れません。

下の柱の空間は2/3ほど工事中。

 


正面玄関はちょっとずれればお菓子の家風の写真がちゃんと撮れます。

 

 

ベンチの外側を半分工事しているため、正面玄関から写真を撮るのもいまいちです。

 

 

トカゲさんと、正面玄関のお菓子の家風の2軒は無事です。

しかし行くのも大変な場所だし、いつかまたサグラダファミリアのためにバルセロナ再訪したい人は次回で良いのでは? バルセロナは見るところがたくさんありますよ。

 

 

【2019年6月】

 

再び工事が拡大しています。有名な広場のベンチも拡大し、1/3ほど工事中。

下の柱の空間も一部だけで気にならないぐりだったのに、今度は違うところもスタートし、半分ぐらい工事中の印象。

ベンチを外観からスタートしているようで、外にも足かせがあります。

 

正面玄関近くのトイレも長らく工事中でしたが、トイレはようやくオープンしました。しかしトイレの前の地面も掘り返されてて、柵でおおわれています。

 

いつになったら工事が終わるんでしょうか。

 

 

2019年3月、ようやく有名な広場の工事が終わりそうです。一部を除いて、ほぼ入れるようになりました。

 

グエル公園バスも4月から始まります。先日、試運転やってました。

 


【2018年8月末の投稿です】

今現在、工事現場は再び2か所です。
・ベンチのある広場の半分以上
・たくさんの柱のある空間の半分以上

 

 

広場の半分ずつ6か月半、全部を1年ちょっとで終える予定が、半分に1年かかってようやく反対側に入りました。

広場の地下の柱のところは(たぶん工事の振動で)かなり崩れが見られ、心配です。日によって柵の広さが違います。

 

先日は本当に、上も下もほとんど柵がしてあって入れませんでした。

 

前よりもコースが悪くあり、団体ツアーも個人ツアーも、時間がかかるか、上り下りが増えました。

「いつかサグラダファミリアができたときにまたバルセロナに来たいな」と考えてる人は、本当に今は行くのをやめた方が・・と思うほどです。(そういってもみなさんやっぱり行きたい・・・と行く人が多いんですけどね)

 

 


【2018年2月末の投稿です】

今現在、工事現場は再び3か所です。
・ベンチのある広場の半分
・たくさんの柱のある空間の半分
・正面玄関階段の横の壁のタイル



最近天気も悪いことが多く、
有料部分は半分が工事。しかもだんだん広がってる気がします。。。

ツアーで「有料部分は入らず、無料部分のみ」というツアーがあるんですが。
ふつうは、「えー、知らなかった、有料部分に入りたい!」とみなさん残念がります。
(あとからまた来るという人のチケット購入を手伝ってあげることもあり)

ところが、現在は、見える有料部分があまりにも工事中なので、誰も残念がりません。
あとからもう一度来る人も皆無。
みなさん、すっきりした顔をしていきます。

あんなに遠いところにわざわざ行って、無料部分だけ見るツアーもどうよ、と思っていましたが、今現在は、有料部分が工事中のため、むしろ無料部分のみでOKです。

グエル公園はたぶんガイドブックが楽しそうに見えるせいか、みなさんとても行きたがります。でも半分工事中でも行きたいか、しかも場所が不便で時間がかかることも考えて、よく考えて判断しましょう。半日しかないなら、もっと違う場所を見た方がよいかもしれません。それほど残念きわまりない状態です。

Facebookに、最新の写真を出してみました。
 ← 今の工事の様子がわかります。写真は先月や先々月のものですが、今も悪いです。


【12月27日の投稿です】
お菓子の家の外観の修復は終わりました。(下の写真の部分)
階段の下の修復も今はやっていません。(クリスマス休暇でなければ・・・)

今現在の工事現場は4か所から2か所へ減りました。
・ベンチのある広場の半分
・たくさんの柱のある空間の一番良いところの天井あたり

です。


余談ですが、観光地ではクリスマスの飾り付けがあったりします。サグラダファミリア、カサ・バトリョ、カサミラなども。グエル公園の飾りは・・・?


爆笑!これです!
複数ありますが、一応これがクリスマスの飾りらしいです。

ダサイ!
初めてこれが目の端にうつった時は、何か大道芸人がいるのか?と思いました。
よく見たら、飾り付け。しかし手作り感満載で、小学生が授業で作ったのかな?とも思いました。
しかしちゃんと市庁舎のカードもついているんですよね。それがなかったらオフィシャルの飾りとは思えないでしょう。

・・

【12月1日の投稿です】
グエル公園でベンチのある有名な広場の半分が,何か月も前から工事中でしたが、、。
なんと、突然、そのほか3か所で修復を始めました。


1つは、たくさん柱が並ぶ空間。

ここは長らく天井のモザイク工事で幕がかかっていて、去年ようやく修復が済んだのに、また!!!一番有名なモザイクがあるあたりは足枷が置かれて、立ち入り禁止です。
天井を横から見ることはできますが、真下に行くことはできず、組んである足場が邪魔です。

写真を撮るにも、印象的にも良くありません。


さらに!
正面玄関の階段横のタイルを修復中です。

ここは面積もほんのちょっぴりで、中で修復士が作業をしていて、それほど目立ちはしませんが、、。
他のところも工事なので、ここもか・・と印象が悪いです。


さらに正面玄関を出たところのお菓子の家みたいな建物。このように修復中。


つまり2017年11月現在、グエル公園は、4か所が工事現場みたいになっています。
・ベンチのある広場の半分
・たくさんの柱のある空間の一番良いところの天井あたり。
・正面の階段近くの壁タイルの、ほんの一部
・正面玄関の外の建物。



お金をとってるのに4か所も工事しているとは!
昔の海洋博物館みたいに、割引するべきだと思うのは私だけでしょうか。

一生スペインに来ないつもりの人はグエル公園にはぜひ行きたいでしょうが、
いつかまたバルセロナだけ来るつもり。完成したら来たいな、など
再訪の予感がする人は、グエル公園は今じゃなくても、良いかもしれません

どうせ行くなら良い状況で見たいものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2017年7月の記事】
グエル公園で再び工事がスタートしました。
うねうねベンチのある広場は半分以上、入れません。座る場所が限られています。

有名な部分は全部いけますが、ある場所は閉鎖して遠回りになります。今までは必ず案内していた写真ポイントでしたが、団体ツアーで案内するか、時間的に微妙な感じになってきました。


途中で広場の反対側にうつるため、そちらは人の多い入場口なので影響があるかもしれません。
今のところ来年6月まで広場の工事は続く予定です。

 

バルセロナの地下鉄で毎日80-100人の泥棒

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

泥棒情報ばかりですみません。

最近ようやく現地のマスコミで取り上げられるようになりました。記事が出てるのでお知らせします。

 

本当に現在多いです。みなさんしっかり注意しましょう。

注意すればみなさん盗難にあわずに楽しく滞在できます!注意しないとあってしまうのです。

 

記事の重要なところだけ訳します。
El Periodicoより(リンクはこちら)。
・・・
毎日 80-100人の泥棒たちが地下鉄に!
泥棒にとって地下鉄で盗むのは簡単なようだ。
カタルーニャ警察発表の驚くべき数字によると、毎日バルセロナの地下鉄では80-100人のスリが活動。
2018年に私服警官の働きなどで警察がかかわったケースは4303件。(カルメン注・1日平均100件以上)
そのうち400ユーロ以上の被害で逮捕されたのは833人。
400ユーロ以下のスリの軽犯罪で告訴されたのが3470件。
現在新しい法ができ、常習犯は地下鉄に”近寄ってはいけない命令”が裁判所から出ると、半年間は地下鉄に入れなくなった。今のところ、同じ泥棒が何度もあうのが避けられてる。
・・・・
ここ数年の数字は記事リンク内の図で見れますが、
・現行犯逮捕(400ユーロ以上)
2017年 616件
2018年 833件
2019年5月までで 321件
逮捕の数が多いトップ20人だけで、18か月で95逮捕。
・400ユーロ以下で告訴
2017年 2634件
2018年 3470件
2019年5月までで 1564件
起訴の数が多いトップ20人だけで、18か月で1318件。
・警察が把握した泥棒たち
2017年 16236件
2018年 21928件
2019年5月までで 9691件
El Periodicoより(リンクはこちら)。
どうりでよく見るわけですね。
先日は1回の地下鉄移動で3組泥棒を見ました。

海外パッケージツアーの特殊性2 −手配が違うので中身がごろっと変わるツアー事情

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

みなさんは旅行会社にツアーを申し込みますが、実際に海外で旅行を手配するのは日本の旅行会社ではありません。

 

日本の旅行会社➡現地のツアーオペレーター会社へ依頼され、実質の予約手配は現地の会社がすべておこないます

 

例えばJTBぐらいの大手になると、現地にもオフィスがあり、手配部門を持ってます。しかしJTBの全ツアーをJTB現地が手配しているわけではありません。いろんな会社に見積もりを取り、もっと安くて良い手配の会社があれば、JTBも一部は別会社に依頼するわけです。


パッケージツアーのパンフレットは4月-10月、11月ー3月と、年に2度作成されますが、この半年ごとに、担当する手配会社が変わります。

 

手配会社も上半期こそはわが社へ!などと競争するため、手配は半年ごとに、A社へ行き、次はB社へ行き、またA社に戻り、今度はC社へと目まぐるしく動いています。商品を作っている工場がまったく違うようなものです。

 

現地の会社が違うと何が違うのでしょうか?

だいたい会社によって、契約しているホテル、レストラン、担当ガイド、バス会社が大きく変わります。複数社担当する場合もありますが、ある程度そこでカラーが分かれます。

 

観光の内容はまったく同じで日程も同じ。なのに、この4点&添乗員が違うだけで、別物のように違うツアーに変わります。

 

もしもブログで同じツアー情報を調べるなら、上記のパンフレットの区分けの半年(4月-10月、11月ー3月)について書いたブログを探して参考にしましょう。例えば11月のツアーに申し込むのに、10月のブログを見ても、もう手配会社が違うと、利用ホテルやレストランが全然違うかもしれません。

 

同じラーメン屋にいったのに、使ってる麺が違う、味が違う、店員も違うし、店の場所さえ違う、そのぐらいの違いがツアーでは出てしまうのです。
 

 

海外パッケージツアーの特殊性1 −同じツアーでも同じ旅行じゃありません?

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

レストラン、ホテル、現地ツアー(JTBのマイバスや、みゅうなど)については口コミで情報が得られる時代になりました。しかしパッケージ・ツアーの口コミ情報は、個人のブログ以外に、情報収集できるサイトはなかなかありません。購入前に、お客様のナマの声が調べられないんです。


一方で、旅行というものはさまざま条件や状況で変わるため、同じツアー=同じ旅行には絶対になりません


天候、季節、観光の予約時間、担当の添乗員、ガイド、ツアー客のメンバーや人数、使うホテル,使うレストランなどなど、毎回ツアーは変わります。

 

そのため、誰か一人の1体験をブログで読んだとしても、それをそのパッケージツアーの総評価とするのは大変危険です。

 

そもそも、ツアーは手配会社がまったく違うんです。次をどうぞ。

バルセロナで強盗事件の発生(領事館からの連絡)

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 
お客様が怖がってしまうので、強盗事件は伝えたくないというガイドさん、添乗員さん、バルセロナ当局etc、多いのですが、私は、知ることで防げるかもしれないので、事前に伝えたい派です。
 
最近、ピカソ美術館付近でも中国人のカップルが引きずり倒された話を聞きました。
 
スリはあっても、強盗、ひったくりなどはめったになかったのに、バルセロナどうしちゃったの?です。しかもボルン地区は安全な地区だったのに。
 
旅行者以外は被害が少ないようで、
 
「凶暴な盗難が増えた! ひったくりが増えた!」などと伝えても、
 
地元民も、オフィス勤めの日本人も「そう?」という反応なんです。
 
地元の人に聞いても大丈夫と言われるかもしれないので、
 
・良いスマホは持ってこない。(カメラが別で、情報を知りたいだけなら)
 
・ピカソ美術館はタクシーで行く。
 
・スマートフォンのIMEI番号がないと、盗難被害届が出せない(というケースを聞きました。届がないと海外旅行保険がききません)
 
実際には被害に遭わず、「うるさく注意されたけれど、なにもなかった。楽しかったわー」と言って帰るお客様がほとんどです。
しかし念入りにしっかり注意しましょう!!
・・・・・・・・・
●先週中頃,バルセロナ市シウターベジャ区ボルン地区で,路上強 盗事件が発生しました。
●旧市街の小さな路地を通行,観光する際は,できるだけ人通りの 多い時間帯,場所を選ぶようにして下さい。
●路上強盗やひったくりが発生するなど,犯行態様が悪質化,粗暴 化傾向があるため注意が必要です。

1 路上強盗事件概要
報道によると,6人組の被疑者が,先週中頃,バルセロナ市シウタ ーベジャ区ボルン地区において,2人組の日本人観光客を地面に引 きずり倒し,所持していた携帯電話を奪って逃走したとのことです

2 お願い
(1)旧市街の小さな路地を通行,観光する際は,できるだけ人通 りの多い時間帯,場所を選ぶようにして下さい。
(2)相手が大人数の場合,抵抗,追跡をすると,相手から暴行を 加えられる危険性があるため,生命や身体を守る行動を優先して下 さい。
(3)海外旅行保険等に加入しておきましょう。
(4)カタルーニャ警察では,スムーズな被害の届出や,迅速な返 還のため,スマートフォンのIMEI番号を事前に確認しておくよ うに呼びかけています。
【IMEI番号確認方法】
●電話をかける際のキーパッド画面を表示させる。
●キーパッド画面で,「*#06#」と入力する。
●IMEI番号が表示される(メモしておく)。


3 その他
(1)既に領事メールにてお知らせしておりますが,本年5月には ,バルセロナ市サンマルティ区において,日本人観光客の方がひっ たくり被害に遭った際に転倒し,大けがをされた強盗致傷事件が発 生しました。
(2)同区においては,その後も,外国人の方がひったくり被害に 遭い,その際に転倒,頭部を強打し, 死亡された事案が発生しています。
(3)バルセロナ市における犯罪は,窃盗事件だけではなく,被害 者が負傷,死亡する強盗致傷・強盗致死事件が発生するなど,犯行 態様の悪質化,粗暴化の傾向があるため,外出時間,場所,貴重品 の所持方法等について,十分に注意して下さい。

このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレ ジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。 なお,本アドレスは送信専用です。

【問い合わせ先】
在バルセロナ日本国総領事館
住所:Avda. Diagonal, 640, 2a Planta D, 08017, Barcelona
電話番号:+(34)93-280-3433
FAX番号:+(34)93-280-4496/93-204- 5439(領事班直通)
ホームページ:
http://www.barcelona.es.emb-ja pan.go.jp/itprtop_ja/index.htm l

★当館ホームページでは,当地における安全対策としての注意事項 をまとめた資料を公開しています。
<バルセロナへようこそ〜安全快適に滞在するために〜>
https://www.barcelona.es.emb-j apan.go.jp/files/000462174.pdf
<カタルーニャ州警察作成防犯動画>
http://www.barcelona.es.emb-ja pan.go.jp/itpr_ja/bouhandouga. html
<カタルーニャ州警察作成安全対策パンフレット>
http://www.barcelona.es.emb-ja pan.go.jp/download/2013/diptic o-seguridad-mossos.pdf

★外務省海外安全ホームページに掲載された安全対策マニュアル等
「海外安全虎の巻」
https://www.anzen.mofa.go.jp/p amph/pdf/tora_2018.pdf
「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」
https://www.anzen.mofa.go.jp/a nzen_info/golgo13xgaimusho.htm l

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方 は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp /tabireg/simple/delete
...

バルセロナお勧め5つ星ホテル / Hotel Palace 改装後レポート

JUGEMテーマ:旅行

 

 

ホテル・パラセ、ホテル・パレス

 


バルセロナのホテル・エル・パラセ(パレス)Hotel El Palaceは昔のリッツです。数年前に改装し、本当によくなりました!

詳細レポートをどうぞ!

■ホテル・パレスの詳細&予約 ---- BOOKINGS /

 

続きを読む >>

バルセロナのお勧め5つ星ホテル Hotel Mandarin Oriental(ホテル・マンダリン・オリエンタル)

JUGEMテーマ:旅行

 

 


370.JPG

町のど真ん中=グラシア通りにある5つ星ホテル、マンダリンオリエンタル。
立地も良いし、高級感もあります。


■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING

■ホテル撮影時期  -------- 2011年。レポートはCarmenより。
 

 

続きを読む >>

グエル公園の案内所が誕生!入場チケットも購入できます

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

グエル公園行きの観光バスのバス停の斜め向かい(大通りを挟んだ反対側)に、グエル公園の観光案内所ができました。
見逃しそうなほど小さいオフィス。隣のバルを目印にしましょう。


中に1台、外に一台、入場チケットが購入できる機械がありました。


当日はもちろんのこと、数日先の分まで入場チケットを購入できます。
料金はネットで購入するのと同じで、10ユーロ(グエル公園行きバスの往復も込み)。 利用はクレジットカードのみ。
住所はRonda de Guinardo 38

サンセバスティアンのお勧めホテル Hotel Zenit San Sebastian(ホテル・セニット・サンサバステイアン)

JUGEMテーマ:旅行




中心部からは離れていますが、モダンで快適なホテルです。

スタッフも大変親切。 閑散期だったせいか、部屋も良い部屋に変えてくれました。


■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING 
■ホテルの滞在時期  -------- 2018年 9月。滞在レポートはCarmenより。

 

 

続きを読む >>

バルセロナお勧めお手頃ホテル Hotel Alimara (ホテル・アリマラ)

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

ホテル・アリマラ
【ホテル・アリマラの外観】 
斜め下の通りからの撮影なので変に見えますが、立派な建物です。 
外観の印象は格安ホテルにしては良いほうでしょう。 

泊まったことはないですが、たまたま添乗員さんのお部屋をのぞいたついでに写真を撮ってきました。

■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING
■ホテルの滞在時期  -------- 2017年頃? 写真レポートはCarmenより。
続きを読む >>

詳細な滞在レポートありホテルはこちら!

たくさんの写真つきの、どうでもいいことまで書いた(?)詳細レポート&滞在レポートです。100軒までは数えてましたが、その後、面倒くさくなり、数はわかりません。

私(Carmen)だけでなく投稿者のものも若干、含まれてます。(ありがとうございました)

** 詳細ホテル情報には時期が掲載されています。数年前のレポートを見ていったら何もかも変わっていた!ということもありますから、最新情報をチェックしましょう。私はいつもBookingの評価を見て、評価の低いところには泊まりません。

** また、別のところにも書いていますが、これはあくまでもカルメン・もしくは投稿者が投稿した時の個人的な印象レポートです。応対の人、時期、環境によって印象は変わりますし、個人の基準でも印象は変わります。あくまでも参考程度に使ってくださいね。

■バルセロナのホテル
 

Hotel Alimara New!/ Hotel Arts Clubラウンジ / Hotel Artsスタンダードルーム/ Hotel Arts 上層階/Hotel ArtsのExcecutive suites / Hotel Astoria /  Aparthotel Atenea Calabria / Hotel Barceló Atenea Mar / Hotel Avenida Palace / Hotel Casa Fuster / Hotel Catalonia Catedral  /   Circa 1905 / Dailyflats Sagrada Familia / Hotel Eurostars Desigh BCN /  Fira Palace/ Hotel Front Maritim / Gran Hotel la Florida / Gran Hotel Central / Grupohotel Gravina   New! / Hotel Hesperia Tower / Hotel Hilton Barcelona / Hotel Majestic / Hotel Melia /  Hotel NH Constanza  /  Hotel Palace 改装後 /  Hotel Palace / Hotel Porta Fira / Hotel Princesa Sofia / Hotel Renaissance Fira Barcelona / Hotel Rey Juan Carlos I / Hotel Via Augusta / Riders Palace

■その他のスペインのホテル
・マドリッド・・・Apartamento Dana Sol / Hostal La Selecta / Hostal Los Alpes / Hostal Santo Domingo  / Hotel Ganivet / Hotel Puerta Castilla / Hotel Ritz / Hotel Villamagna/ Hotel Westin Palace

・マドリッド周辺(マドリッド県)
Hotel Condesa de Chinchon (Chinchon)

・アンダルシア地方・・・Parador de Carmona(Carmona) /  Hotel Rincon de las Descalzas(Carmona) / Hotel Kempinki Bahia(Estepona) / Hesperia(Granada)/ パラドール(Granada) / Hotel Novotel(Malaga) / Hostal el Gallo(Marbella)  / Hotel Mijas(Mijas)/ Hotel Aranda II (Ronda) / Hotel Alcora(Sevilla) / Hotel Sevilla(Sevilla) / Hotel Melia Colon(Sevilla)

・バスク地方・・・Hotel Nervion(Bilbao) / Hotel Bilbao Plaza (Bilbao) New! / Hotel Avanzada(Bilbao郊外)  / 

Hotel Zenit San Sabasitan(San Sebastian)New!/ 

Hotel Silken Ciudad de Vitoria(Vitoria)  / 


・ガリシア地方・・・Hotel Rosa Rosae(Santiago de Compostela) / Hotel San Francisco(Santiago de Compostela)/ ペンション PR Mafer B&B (Santiago de Compostela)

・レオン・・・パラドール

・アラゴン地方・・・Castillo de Ayud (Calatayud) / Hospederia de Loarre(Loarre) / Monasterio de Piedra (Parque Nacional de Piedra) / Monasterio de Rueda

・カタルーニャ地方・・・ Hotel Comte Tallaferro (Besalu) / Hotel Castell d'Emporda / Hotel Colon(Caldes d'Estrac)  / Parador de Cardona(Cardona) / Hotel Historic(Girona) / Hotel Melia(Girona) / Casa Rural les Muntades(Jorba) / Hotel Catalonia Transit(Lleida)  / Casa Rual Els Canterers (Mirave) / Hotel Viaurelia(Montblanc) / Hotel Abat Cisneros (Montserrat)/ Hotel Monestir(Poblet)/ Curhotel Hipocrates(Sant Feliu de Guixols)/ Hotel Món (Sant Fruitós de Bages)/ Hotel Andria (Seu de Urgell) / Hotel Dolce Sitges(Sitges) / Hotel Sant Roc(Solsona) / Hotel Imperial Tarraco(Tarragona)/ Hotel Estació Del Nord (Vic) New!


・マヨルカ島・・・Hotel Abelux / Hotel Mirador /Hotel Tryp Palma



・ナバラ地方・・・Hotel Xabier(Javier) / Hotel Monasterio de Leyre(Leyre) / Hostal Rural JP(Sangueza)

・リオハ地方・・・Hosteria del Monasterio de San Millan

・バレンシア・・・Hotel Expo Valencia / Hotel Husa Serrano / Hotel Las Artes / Hotel Primus (旧ホテル Opera)

・バレンシア州・・・Hotel Borgia(Gandia)

■フランスのホテル
・パリ・・・Hotel Westminster
・Autun・・・ Logis Hôtel Du Commerce Et Touring
・Avignon・・・Hotel Cloitre Saint Louis
・Dijon・・・Hotel Montchapet 
・Nice・・・Hotel Ibis / le Meridien / Hotel the Windsor / 
・Touluse・・・Hotel Riquet  /


■その他ヨーロッパのホテル
・伊・・・Hotel Bologna(ピサ) / Hotel Principe Napolit'amo(ナポリ) / Ulisse Deluxe Hostel(ソレント)
・オーストリア ・・・Hotel Europa(ウィーン) / Hotel Sacher(ウィーン) / Hotel Europa(ザルツブルグ)/ Hotel Sheraton(ザルツブルグ) / Hotel Schloss Monchstein(ザルツブルグ)
・スイス・・・Hotel Manotel Kipling (ジュネーブ)/ AirportHotel Basel (バーゼル)

・ハンガリー・・・ Holiday Budapest Superior Apartments
(ブダペスト)/ Hotel K&K Opera (ブダペスト) / Hotel Regency Suites (ブダペスト) 



・ポルトガル・・・Hotel America Diamond's(リスボン) / Palace Hotel do Bussaco (ブサコ)


■アメリカのホテル
・ハワイ・・・Hotel Hilton Hawaian Village(Ali Tower) / Hotel Hilton Hawaian Village(Kalia Tower) / Hilton Grand Vacation

グエル公園行きの往復バス運行がスタートしました!(現地の人が情報知らず、嘘を教えています)

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

4月1日からグエル公園は、往復バス付の10ユーロという入場券に変わりました。

 

グエル公園バスは、地下鉄4号線(黄色ライン)Alfonso X駅から出ています。

駅には3つ出口があるのですが、一番わかりやすいのは改札を出てすぐ右のエレベーターで地上へ上がることです。

 

 

ただエレベーターは老人や乳母車の人で混んでることもあるので彼らを優先し(バルセロナは観光客が多すぎて地元との共存が社会問題となっていますので)、若者&元気な旅行者は、出て右側のAlfonso el Savi出口を出ましょう。

 

もう1つの出口もたいして変わらない距離かもしれませんが、そちらは2つにさらに出口が分かれるので間違えてしまうかも。また別のバス停があるのでそれに乗っちゃうかも。

 

まとめると、

Alfonso X駅に到着し、Alfonxo el savi出口から出る、ですね。

地下鉄の駅名と似た感じ、と覚えておきましょう。昔の王様の名前です。

 

ちなみにその出口を出ると、チュロスの屋台(Churreria)があります。

バルセロナはカフェでチュロスを食べれるところが少ないのですが(マドリッドほど一般的な朝ごはんではない)、屋台はわりとあるんですよ。揚げたてが何よりも一番おいしいので、ここで食べるのもお勧めです。

チョコレートにつけるのではなく、そのまま砂糖掛けしてもらって食べるのが日本人にはあうと思います。

 

 

話がずれましたが、上記出口から出て、後ろに振り向くと、バス停はちょうど大通り沿いの、よく目立つところにあります。

バス邸の天井も青。バス車体も青。スタッフがわらわら4−5人いるのですが、彼らも青い服を着ています。

 

こういう感じの大通り沿い。

これは道の反対側から見たところですが、山側に青いバスが停まってたらグエル公園バスです。

 

 

 

 

 

こちらが地下鉄出口を出たあたりの、大通り沿いの光景。

バス停の天井も青いのが分かるでしょうか?

バスがいないと分かりづらいのですが、スタッフが今のところはワラワラいるので、とにかく青色を探しましょう。

 

 

 

このバス停の後方に、市営バスがあります。

そこに間違って座ってる旅行者がたくさん来ています。バスが来たら乗り込んでグエル公園バスについて質問している人も。

 

びっくりするのですが、地元の人も、市営バスの運転手さんも、新しいグエル公園バスについて知らないんです!!!

聞かれたら、これに乗って、次で降りて、歩いていくと教えています。

いや歩かないはずだと、主張する旅行者ともめにもめまくり。

 

グエル公園バスはすぐそこだよ、と私がしゃしゃり出ても、旅行者ばかりか、教えてるスペイン人もハテナ状態。

スタートしたばかりなので、あまり知らない住民も多いんですね。

 

・・ということで、地元の人に聞くと、かえって嘘を教えられますので、自力で青バスを探した方が良いですよ!

 

ちなみにこのバスはぐるーっと回って、帰りも同じバス停にも戻ります。

つまり、この大通り沿いを往復してから同じ場所に停まるので、分からなけばとにかく、大通り沿いをよく見てたら、青のバスがやってきます。

 

市営バスは車体が赤色。

またバス停にバス番号が書いてます。

それは間違えです。

 

グエル公園バスはそれだけのバス停で、市営バスではないので、ほかのバス番号と同じバス停ではありません。

 

 

 

今一番多いのが、携帯電話・スマホのひったくりです!!!!

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

スマホの盗難が本当に多いです!

3週間で2度もひったくられそうになりました。一度は地下鉄の中で、ホームからドアが閉まる瞬間。

幸いに、首や手首やカバンに巻けるひも付きのスマホカバーをわざわざ日本で探して使ってるのですが、そのおかげで2度とも助かりました
みなさんも注意してくださいね。

スマホは絶対にカバンや体にくっつける! すぐ切れるタイプの細い紐はダメ。不要ならスマホは人前で出さない。

ついでにどれだけ盗難が多いか、新聞記事の一部を訳しておきます。


・・
タイトル ーバルセロナで毎日、携帯電話の盗難の被害届が330件!


バルセロナ市内だけで、1日の盗難届数は450件。うち75%が携帯電話の盗難。


財布を盗むより携帯電話の方がお金になり、かつ、簡単だと、泥棒たちは気づいたよう。

ツーリストはカメラ代わりになど使用頻度も増し、場合によっては1000ユーロ近い価値があり、そのわりには注意を払っていない。


主にモロッコで転売され、アップストアのオフィシャルショップがないにもかかわらず、新品の電話を販売するお店がたくさんある。
主な犯人像は未成年かそれを過ぎたばかりの若物で、モロッコ人。


人々は携帯電話を持って歩くときは無防備なので、ひったくりはものすごく簡単に成功する。

ビルバオお勧めホテル Hotel Zenit Bilbao (ホテル ゼニット ビルバオ)

 

 

ホテル目の前がトラム駅。便利な立地です。

地下鉄やサンセバスティアンへのバスターミナルも徒歩範囲。


■ホテルの詳細&予約 ---- BOOKINGS