お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
サンジョルデイ

JUGEMテーマ:地域/ローカル



今年のサンジョルデイ。
Vermut食前酒から始まり、町中をお散歩+お昼ごはん+ アイス屋さん+コンサートとカヴァなど、
ガイド日並みに歩いた一日でした。

スペイン人たちとお散歩していたので、写真が少なくてすみません。

バラの花と、赤と黄色のカタルーニャの旗でいっぱいになる日なんですよ。



町中でバラの花を販売していますが、お得意さんなどに配ってくれるところもあります。
そして、カヴァをふるまってくれるところも。
野外コンサートもあったり、
無料公開日があったりします。



今年はちょうど日曜日にあたったのですが、グラシア地区だけでも、こんなに小さな本屋さんがあるんだ!というぐらい、お店が目立ちました。

写真は古本屋さんです。
中心地は大型本屋が増えて小さな本屋さんが減ってきましたが、地元の住民が多い地区にはまだまだ小さな本屋さん健闘のようです。



右側の表は、サイン会のスケジュール。
この日、人気作家さんたちはお忙しいです!


ちょっと雰囲気をお伝えしただけです。
サンジョルデイの日についてはネットでもずいぶん紹介されているので、そちらで見てくださいね!
2017.04.25 Tuesday | バルセロナ(イベント・祭り) | comments(0)
サンセバスチアンのモンテウルグルへのケーブルカー付近のカフェ

JUGEMテーマ:旅行



サンセバスチアン市内の観光といえば、モンテ・ウルグル(スペイン語: Monte Urgull, バスク語: Urgull)のケーブルカーです。

ケーブルカーの駅へ何も考えず、出かけたところ、まだ駅があいてませんでした。
(他にも日本人が待っていました)

別に早起きじゃなかったのですが、時間帯はシーズンによってバラバラです。
オフシーズンは時間割要チェックしましょう。

ケーブルカー駅に貼ってある時刻表によると、あと30分ほど待てばOK。
しかし強風&小雨で、寒い日でした。
通りかかったケーブルカー駅勤務の人達に、近くのカフェを聞いて、お茶することにしました。


そこが大正解。とっても雰囲気が良かったです。
どうやら由緒あるテニスクラブのカフェのようなところでした。隣にテニスコートがあります。

blog55.JPG

blog56.JPG
blog57.JPG
blog60.JPG
blog61.JPG
blog62.JPG
blog63.JPG
blog65.JPG

blog66.JPG
素敵なお部屋がいっぱいあり、スタッフも感じがよく、暖炉もあり、くつろげました。

おまけの写真。ケーブルカーでウルグル山の山頂へ。

blog67.JPG
blog68.JPG
blog69.JPG
blog70.JPG
2017.04.20 Thursday | レストラン(旅行中) | comments(0)
バスク地方 美食バル巡り旅行 その1

JUGEMテーマ:旅行


番外編で、バスク食べ歩き記録です。

バスク地方にひさしぶりに食べに出かけて気づきました。
日本人が多い、、。

ほとんどすべてのバルで日本人に会いました。
一人で食べ歩きしてるような人たちも多かったです。

バスク情報はみなさんもうご存知のようなので、お店情報はいくらでも探せるようですよ。
ということで、ざっと写真だけ一気公開します。



ビトリアのバル。
今回のバスク旅行で気に入った3軒の1つ。

P2010862.JPG
P2010863.JPG

P2010864 - コピー.JPG
メニューのどれを見ても、「食べたい」と思わせる、私に個人的にドンピシャ料理ばかり。
しかしノンストップであいていると思っていたら、お店はあいているけれど、お料理したものはやはり夜にならないと無理。

P2010866.JPG
仕方なく、カウンターにあるものにしてみたが、それでも美味。

P2010870.JPG

P2010868.JPG
大変疲れていたので、キッチンがあく時間まで待てなかったのだけれど。
ウェイターさんが常連さんに?、料理を頼んであげてるのを聞いてしまい、、こちらも聞いてみたら。

「うちは料理人がとっても親切だから、聞いてきてあげるよ。たぶん大丈夫だよ」とニコニコ聞きに行ってくれました。ウェイターさんも最初から最後までとても親切でした。

P2010867.JPG

そしてフライングして出してくれた、フォアグラのソテー。美味しかったです!!

友人とサンセバスチアンで待ち合わせしたので、この日は一人でバル食べました。写真がないですが、2軒。

あとアンテナの張る私はビトリア市内で美味しそうな雰囲気のお店を他にも見つけました。混んでいて、一人で入りにくそうな高級バルっぽかったので、別の機会に誰かと行きます。しかしメモ、メモ、、。

・・・・
ビルバオちょっと郊外の海岸沿い。
市内はいくつか知っているので、世界遺産の橋を見に行ったついでに、その界隈で探してみました。

いまいち失敗でした。
P2020954.JPG

P2020956.JPG
2月だったのだけど、閑散期な上に時間帯も遅いランチだったので、ほとんど閉まっている。
ピンとくるお店がなかったです。

P2020962.JPG
P2020962.JPG
それでも2軒。
このお店が一番外からの感じはよかったけれど、入ると「あ、食べるものない」って感じでした。

P2020965.JPG

P2020964.JPG

後でグルメの達人の友人のメモを見ると、、。
行くべきゾーンが違ってました。
しかし閑散期で遅い時間だったから、海岸沿いは同じかな・・。寒い時期の北部の海岸沿いでしかも郊外だと、人が行きませんからね。

もうちょっと良い季節にリベンジします。

・・
サンセバスチアン。
宿の人のお勧めや、ネット情報で、あちこち梯子します。
バル巡りらしく、たくさん回れて満足!
お店は気に入ったところ、そうでもないところがあります。

P2020990.JPG
P2020992.JPG

P2020992.JPG

P2020993.JPG

P2020994.JPG


P2020998.JPG

P2021000.JPG

P2021000.JPG


P2020997.JPG
バスク地方も床に捨てなくなったんだなあと思うほど、ごみ箱がたくさん置いてありました(笑)。スペインも成長しました。

P2021002.JPG
P2021003.JPG

P2021004.JPG
P2021005.JPG
P2021006.JPG
P2021007.JPG

P2021008.JPG
P2021009.JPG

P2021010.JPG
P2021011.JPG

・・
地元の人お勧めのバルの1つ。
P2031073.JPG
P2031074.JPG
P2031075.JPG
確かに美味しそうなピンチョスが山ほど並びます。
種類としては一番だったかもしれません!しかもどれも工夫を凝らしています!


P2031076.JPG
P2031077.JPG
P2031079.JPG
P2031081.JPG
P2031082.JPG

P2031078.JPG

P2031083.JPG
P2031086.JPG

P2031084.JPG

旅の達人である友人と一緒に食べ、私はいつでも来れるからと、チョイスを最初は任せていたのですが、、。
任せるとチョイスに失敗するので、やはり私も介入することにしました。

長年ガイドをやっていると、お客さんがなんだろう?と見た目にひかれて注文するが、失敗する食べ物をよく知っています。(笑) チョイスは実は 大事なんです。

それにカルメンはスペイン中を旅していてバルで食べているので、パッとメニューを見て「ここで頼むべし料理」が分かります。

「他の店にはめったにない料理」「珍しい素材」があれば、それが売りであるか、郷土料理であることも多いので、それはどこでも食べれるよ、というものをわざわざ頼まなくて よもよいのです。

P2031080.JPG
例えば黒板に別メニューが書いてあって、温かいピンチョス=出来立ての注文ピンチョスが頼めるお店では、そっちの方が美味しいです。その意味ではスペイン語ができる人の方が楽しめるでしょうね。

P2031087.JPG
昨日のフォアグラは一人で食べたので、今度は友人も一緒なので、注文ピンチョス。
フォアグラ大好きなので、毎日食べても良いですが。

P2031088.JPG
お魚を注文したら、バルセロナの高級レストランTorre de Alta Marと同じ演出で、出てきました。
スモークで蒸しながら出てきて、あけた瞬間に香りが広がります。

P2031090.JPG
P2031091.JPG

黒板ピンチョス、もっと食べたかったけれど、すでに何皿も食べちゃったので我慢して、次のお店へ。

バスク地方食べ歩き記録、まだまだ続きます。

2017.04.17 Monday | バルセロナ(バル) | comments(0)
バルセロナ最大の雑貨ショップ Monfalcon

JUGEMテーマ:旅行



品揃いはバルセロナで一番だと思います。
中心部だし、いつもあいているところも嬉しい。

なのにガイドブックに出ないなんてと思っていたら、最近出始めましたね。


バルセロナ観光局グッズ、カバン、時計、アクセサリー、ポスター、子供のおもちゃ、Kukuxumuxu,。。。
などもあり。

その2階を紹介。中庭もあって、建物も独特です。



DSC_1037.JPG

DSC_1040.JPG

DSC_1041.JPG
写真だけ見ると、とても雑貨ショップ店内とは思えません?


DSC_1036.JPG


DSC_1035.JPG

<店名> Monfalcon
カテドラル近く。
2017.04.14 Friday | バルセロナ(ショップ) | comments(0)
サンタ・マリア・デル・マル教会の前 Restaurante Caputxes

JUGEMテーマ:旅行



団体ツアーがレストランで食べている間、ガイドは急いで外で食べてこなくてはならない場合があります。
この時は外食が続いていて、適当にサンドイッチやタパスなどを食べるのに飽きていて、時間がないにもかかわらず、がっつりランチを食べたくなりました。

サンタマリアデルマル教会向いの、13時にはまだすいているレストランへ向かいます。
ランチメニューは悪くありません。
11.60ユーロ。飲み物もビールやワインが1杯ついています。

2016-12-01 13.32.47.jpg
パンとサラダ。美味しかったです!


DSC_0031.JPG
メインはイベリコポークのソース掛け。付け合わせはお米。
DSC_0033.JPG

DSC_0032.JPG

DSC_0035.JPG
デザート。

この辺で働くスペイン人に連れてきてもらったことがあるお店です。
私達は違うお店によく行ってますが、そちらは混むので、、。
こちらはオープンすぐはすいていて、ゆっくりできます。

【レストラン名】 Caputxes
【住所】  Carrer de les Caputxes, 4
2017.04.10 Monday | バルセロナ(レストラン) | comments(0)
ハビエルじゃなくてもプロポーズがしたくなる?バルセロナの高級ロマンチック・レストラン Torre de Alta Mar

JUGEMテーマ:グルメ



最近のカルメンのお勧め高級レストランです。

芸能人ご用達レストラン。
映画俳優のハビエル・バンデムがペネロペ・クルスにプロポーズしたレストラン、と言われています。

続きを読む >>
2017.04.03 Monday | バルセロナ(レストラン) | comments(0)
子供の遊びコーナーがあるホテル

JUGEMテーマ:旅行



そういえばリゾート地のホテルでは時々見かけますが、
バルセロナではそんなに見かけないですね、子供の遊ぶコーナーがあるホテル。

バルセロナではCatalonia Atenas Hotelで、レセプションの後ろにこんなコーナーがあります。
絵本や、積み木など、いろいろありました。

2017-01-13 08.15.11.jpg

2017-01-13 08.15.27.jpg

2017-01-13 08.15.24.jpg
ぎっしり。

2017-01-13 08.15.19.jpg

2017-01-13 08.15.15.jpg
すぐ隣が、いつも人のいないバル(カフェ)です。
意外と落ち着けるので、宿泊してなくても、カフェのお客さんになれば使えます。
そこで子供を遊ばせて、コーヒー1杯&ビール1杯で、大人はおしゃべりでもしてても良いですね。


ホテルとしてはいまいちですが、値段もチーズナブルだろうと思います。
もってきたおもちゃに、子供が飽きてきた!なんて時に良いかもしれません。


ほかにブランコみたいに子供が遊ぶところがある観光地は・・・。

・サグラダファミリア
写真撮影ポイントのとこにあります。
写真を撮っている大人をよそに、子供は広場に釘づけになることも。

・モンセラ修道院

上のホテルAbat Cisneroの向かいに、子供の遊べる広場があります。
場所が分かりにくいので、聞いてくださいね。


子供が退屈してきちゃったー。
ちょっと遊ばせて、夜寝てもらうために疲れさせるか!という時にどうぞ。

2017.04.03 Monday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)
本屋カフェ + Bernat

JUGEMテーマ:旅行



2016-11-29 13.43.21.jpg

2016-11-29 13.43.23.jpg

本屋の中がカフェです。地元のローカルテレビではこの本屋の中で本の紹介をしています。

内部や料理の写真がありませんが、ランチメニューは2種類で、見本が実物で置いてあるので旅行者も選び安いかもしれません。
量は少な目になるので、がっつり目を選ぶとよいです。





カフェメニューも見てわかりやすいです。


本屋関係のイベントも毎月行われています。


<カフェ名> + Bernat
<住所> Carrer de Buenos Aires, 6,
2017.03.31 Friday | バルセロナ(カフェ) | comments(0)
カタルーニャは独立するのか??

JUGEMテーマ:地域/ローカル



お客様によく聞かれます。
カタルーニャは本当に独立するのかどうか?

まだ動きがあるのか?と聞かれますが、今現在、政治家が活発に運動を広げています。

日本では過去の投票がで「独立賛成派が圧倒的!」のニュースが紹介されていますが、過去の投票は非公式のために、賛成派ばかりが投票に行ったのです。反対派は投票自体に行かずに無視したので、あれはあてになりません。

私の周りの人たちだけで受ける印象からすると、ほぼSi(賛成派)とNo(反対派)は半々。
若干、本当に僅差で、反対派が多いかな??という印象ですが、どちらへどう転んでもおかしくない程度の差という印象です。

そう思っていたら、新聞ニュースに出てました。私の印象とほぼ同じ。

http://www.lavanguardia.com/politica/20170330/421313046627/no-independencia-supera-si-cuatro-puntos.html
スペイン語が分からない方も、グラフが出てるので探してみてください。

ただし去年の6月は独立賛成の方が若干多かったので、本当にどっちに転んでもおかしくありません。

私はこの際、投票を違法とせずに、投票すれば?と思っていました。決着つければ良いじゃない!と。
意外と反対側が若干差で勝って、ほっと落ち着くかもしれないと。

しかしどっちに転んでもおかしくないので(イギリスの問題を考えると)、投票自体が危険。
投票自体を違法とするスペイン政府のやり方は反対派にとっては効果ありとも言えますね。


今は反対派が増えてきていますが、イギリスのEU離脱問題で、現実的に考える人が増えたからでしょうか。



2017.03.31 Friday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)
詰め込みすぎ観光の1例 (バルセロナ)

JUGEMテーマ:旅行



先日のバルセロナ市内観光。
ひさしぶりに詰め込みすぎ観光をやりました。例の1つとして、紹介します。

半日観光は4時間が普通ですが、5時間観光。
4時間ではこなせないからですが、夕べ遅くに到着して、いきなり5時間の観光というのはきついです。

内容は、入場が2か所(サグラダファミリア入場とグエル公園)、
下車観光が3か所(モンジュイックの丘、カサバトリョ、カサミラ)。

5時間で5回バスの乗り降りするのは多すぎ。(駐車の関係から、今回は4回乗り降りにしました)

しかも。
バスの駐車場が遠いので歩かされるのが、サグラダファミリア、カサバトリョ、モンジュイックの丘。3か所も入ってます。つまりそこへ行くのに往復で10分ないし15分歩くんです。これもきつい。
時間がかかるということは、どこかにしわ寄せが来ます。
たくさん入れるなら、せめて「歩かなくてよい観光地」を入れてほしいです。

さらに。
場所的に町の端と端。
グエル公園とモンジュイックの丘は、場所が大変遠いです。
たくさん入れたいなら、せめて回るのに効率がよく無駄のない観光地を入れてほしい。


しかもこの日は日曜日なので、いつもより交通はなかったのですが、2か所で通行止めだったので、回り道をしました(ミニマラソン大会と、ツール・デ・カタルーニャという自転車の競技が行われていました)

しかし平日は平日で、交通量が都会で多いため、時間がかかります。


お客様ぐったり。ガイドもぐったりのツアーでした。

今回も添乗員さんがコメントしてましたね。
「サグラダファミリアもグエル公園も入場が入ってるのだから、下車3か所も、いらない。
モンジュイックはカットすべき。
もしくはカサバトリョ、カサミラは車窓観光にすべき」

まったく同感です。
カサミラの駐車場から、モンジュイックの丘ストップして、レストランに行くまでに1時間以上かかります。
1つの写真ストップだけで、1時間以上を使っているのです。

お客様も最後、疲れたたなー、まだ行くの?って感じでした。
あまり疲れすぎると、感動する心が保てなくなります。

2017.03.30 Thursday | ■スペインツアー | comments(0)