お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
服装チェックにひっかかったら?

JUGEMテーマ:旅行




最近はサグラダファミリアでも服装チェックが始まりました。
教会なる神聖なところには、ふさわしい恰好で来てください、というわけです。


帽子を取る、
肌を露出しすぎない。
本当は常識です。

暑いスペインでは、ノースリーブ、半ズボン、ミニスカートが普通に多いですが、その格好では入場できませんので注意しましょう。

サグラダファミリアに限らず、バルセロナではカテドラルも同様です。
バチカンなど世界中の教会などで他にもあります。

観光地ではなく、信者さんが祈っている宗教組織なのです。

・・
うっかり肌を露出する恰好をしてしまったら?
スカーフや上着などを持っているなら、その場でその部分を覆えばOKです。

ノースリーブの肩にショールを羽織ったり。
ショートパンツの周辺を巻きスカーフ風に覆ったり。

何も持ってなければ、周辺のショップに行って、Tシャツを買ったり、ショールを買ったりしてみましょう。

バルセロナのカテドラルの前ではジプシーのおばさんたちがこの通り。
catedral.JPG

安いのでその場で買うのも気になりません。
サグラダファミリアではスタートしたばかりですが、知られてくるとあそこにも誰かが売りに来るでしょう。

(雨の日は傘売りが、暑い日には水売りが、バルセロナでは観光地をウロウロしています)

2017.07.07 Friday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
ピカソ美術館の夏場の休館日と、今後の無料日の変更

JUGEMテーマ:旅行



ピカソ美術館のお知らせです。

・無料公開は毎月第一日曜日の終日と、それ以外の日曜は毎週15時以降でしたが、次のように変更になりました。


毎月第一日曜日の終日(こちらは変わらず)と、毎週木曜日の18時ー21時半までに変更になりました。


・月曜日は祝日以外は休館日でしたが、夏の期間7月24日ー9月25日まで毎日オープンすることになりました。
2017.07.01 Saturday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
地下鉄駅で充電 (バルセロナでスマフォの充電ができるところ)

JUGEMテーマ:旅行



2016-12-27 19.07.06.jpg

バルセロナでは地下鉄構内に、充電場所が何か所かあります。
WIFIはあちこちで可能ですが、充電は少ないのでありがたいです。

しかし一度も誰か使っているのを見たこともなければ、
あまり派手なので私も使いづらく、ついカフェに充電に行ってしまいますが・・・。
カフェ代を節約したい人や緊急時には良いですね。

3・5号線のサグラダファミリア駅は地下鉄を降りたところのホーム、
1・2号線のUniversitat駅は、構内通路の途中、
などに充電場所があり、派手に宣伝しています。



2016-12-27 19.07.10.jpg



最近は電車の中にも充電場所があります。
こっちだよ!!とわざわざ矢印が書いてあります。





モンセラへ行くカタルーニャ州営鉄度内にもあります。
ただしある場所は限られいてますので探してみましょう。

・・・

その他、裏情報として、タクシーも充電できるものを持っています。
コンセントなどの問題で使えるかどうかは違いますが。

もちろんそれはサービスではなく、車についているもので、タクシーの運転手さんが自分で使う用です。

短い距離で頼むことはまずなく、ビジネスマンが貸し切りで長時間使うときなどに、ビジネスマンが頼んでいる姿を見ることがあります。

別料金をタクシー運転手に請求された話も聞きますが、
そうでなくても、もちろんチップを払ってる方が多いです。

・・
その他、カタルーニャ広場のアップルストアも充電できるとのお客様情報です。

・・
充電情報でした。
2017.03.30 Thursday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
今週末から夏時間がスタートします!

JUGEMテーマ:旅行



ヨーロッパでは3月最終週の日曜日から夏時間がスタートします。
2017年は3月26日にあたります。

深夜2時が、突然3時に変わるわけですが、だいたい寝る前に時計を合わせるのが普通です。

今回は1時間進めるわけなので、忘れてしまうと、1時間遅刻します!!!


カルメンは実はおっちょこちょいなので、いつかヤッてしまう気がして、ドキドキしています。

飛行機、バス、電車などの移動がある人。
朝から観光がある人は、間違えないようにしましょう!!!


飛行機に乗り遅れるところだった!!という話を、時々聞きます。

2017.03.21 Tuesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
バルセロナお勧めのロープウェイはどれ??

JUGEMテーマ:旅行



乗り物好きの方向けに、現地ガイドお勧めの乗り物をご紹介します。

みなさんが乗りたがるのは、バルセロネータというビーチ近くから、モンジュイックの丘へ上るロープウェイです。もちろんその逆もできます。

よく見かけることもあり、乗りたい!という人が多いです。
以前は個人客に頼まれて、たびたび同行していました。

しかし、難点は、まず、場所がちょっと遠いことです
ちょうどビーチにいればいいですが、日本人はあまりビーチは目的としてないのでわざわざ海岸沿いまで行かねばなりません。(市営バスがありますが、地下鉄までは歩きます)

モンジュイックの丘も、Hotel Miramarあたりにつくのですが、そこから移動するのも不便です。
ホテルでタクシーを呼んでもらうか、バス停があるので市営バスに乗るか、ケーブルカー乗り場まで歩くか。
ちょうどミロ美術館、オリンピックスタジアム、カタルーニャ美術館(MNAC)などがあるので、そこまで歩くか。
行きも帰りもちょっと不便な場所なんです。

しかし大きな欠点だと思うのは、人気すぎて並ぶことです!!特に夏場にビーチ側から乗ろうとすると大行列。

私は40分ー1時間近くお客様と並んだ経験もあるので、混んでる時期の夏場にビーチから乗るのは本当にお勧めしません。本数も少ないし、外まで並んでいることがあるのですが、エレベーターで上にあがってからもまだまだ並びます。

もちろん、バルセロナ港を横切って、クルーズ船が来ていたら上からの面白い様子も見れて、すごく喜ぶ方もあるので、絶対に行きたい方や、混んでない時期であれば、いってみても良いと思います。

モンジュイックから乗るほうが混んでいないので、片道だけで利用するならば、モンジュイックスタートにしましょう。(その分行くのが不便ですが)

往復券買っちゃうと、2度並ぶので、帰りは捨てたくなっちゃうかもしれません。片道だけにしておきましょう。

・・・・

何か乗り物に乗りたいなー?程度だったら、もう1つのロープウェイの方がお勧めです。モンジュイック城に行くやつです。

場所はミロ美術館から歩いてすぐの場所にあります。
地下鉄券で乗れるケーブルカー駅と、隣なので、移動も便利です。

ケーブルカーも乗ってみたい人が多いので、ケーブルカー&ロープウェイの2つを乗れちゃいます。
乗り物好きには良いルートです。

地下鉄パラレル駅まで地下鉄で行き、
そこからケーブルカーに乗り(地下鉄と内部でつながっているので、外にでなければフリーで乗り継ぎができます)、
降りたら、隣駅がロープウェイ駅です。(ロープウェイは地下鉄と一緒じゃないので別料金です)


このロープウェイはV字型にカーブして、頂上のモンジュイック城まで行きます。
お勧めは向かって、左側に位置しましょう。

DSC_2103.JPG
バルセロナ市内も海の景色も、大パノラミックが見れますよ。

こちらは次々に来るので、ほとんど並びません。いつでも行けばすぐ乗れます。ぱっとすぐ乗らなくてはいけないのですが、乗るときにちょっとスリルもあります?

もう1つの長所は値段も安いこと!
ビーチから来るロープウェイは値段も高いのです。こっちのロープウェイの方が安いです。

帰りはモンジュイック城からバスがあるので市営バスで降りてくるか、
近くに、ツアーバスがやってくる展望台があるのでそこで写真を撮ってから、市営バスに乗っても良いです。(展望台にもバス停あり)

歩きたくない、市営バスを待ちたくないという人は、往復ロープウェイにしても良いでしょう。安いので。


DSC_2092.JPG

DSC_2104.JPG

DSC_2102.JPG
途中、V字型にカーブします。

DSC_2099.JPG
この日はモンジュイックの野外で、マクロイベントが開催中。ガンガンに音楽が鳴っていて、若者が踊っている様子が上から見れました。


DSC_2100.JPG

DSC_2101.JPG

2017.03.15 Wednesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
最近 の街角写真

JUGEMテーマ:海外生活



ガイドは町を歩いてることが多いので、いろんな場面に遭遇します。
カルメンは取材をやることもあるので、特に他のガイドよりも街を歩いて店探ししています。


そんな中から紹介。
急いでいるときに、撮った写真も多いので、写真の出来栄えには目をつぶってお願いします。

DSC_1059.JPG
旧市街。立派な落書きはよく見かけますが、これは昔の教会らしき建物なんです。教会のドアにも落書きを!?に見えちゃいます。


・・・

カタルーニャ広場のところに、目の見えない方が手で触れるバルセロナ地図があります。

DSC_1021.JPG

DSC_1022.JPG
上から、
・現在地
・ユネスコ世界遺産
・クルーズターミナル

DSC_1023.JPG
モンジュイックの丘はこんな感じ。
オリンピック施設があります。
モンジュイック城って、上空から見ると、こんな形なんだ!とも分かるかも。


DSC_1024.JPG
エシャンプラ地区やグラシア地区。

DSC_1025.JPG
ティビダボの丘! 教会や遊園地があります。

DSC_1026.JPG
QRコードがあるけど、音声で紹介されるのかもしれませんね。

ひっそり目立たないんだけど、教えてあげたい♪
カタルーニャ広場の、観光案内所に降りる階段の近くです。

・・
DSC_1052.JPG

ピ教会の素敵な雑貨屋さんの入口。


・・
バルセロナの地下鉄。ある時電車がレトロ風に!?

DSC_0973.JPG
2017.03.14 Tuesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
バルセロナのダリ美術館(とガイドブックに書かれている展示場所)、閉鎖しました

JUGEMテーマ:旅行



バルセロナのダリ美術館、とガイドブックで紹介されていた展示場所があります。
カルメンのページでも紹介していた、ダリワールドにひたれる場所です。
http://dodonde.com/dali2.htm

ここは、閉鎖しました。
最近、倉庫みたいになっていて、人もいないし、どう見ても閉まっている、、。

DSC_1027.JPG
入口近く。矢印の先は・・
DSC_1028.JPG
こんな感じ。あちゃー。


DSC_1029.JPG
突き当りのお部屋を窓越しにちらり。
まだダリの世界が少し残ってはいるけれど、、。

つい2週間ぐらい前に「行ってきた。楽しかった」と言っていたお客様がいたのに、すっかり閉まった状態。
別の日に、半開きで中に人がいたので聞いてみたら、、。
「完全に閉鎖」だそうです。

どこか違う場所にオープンする予定はあるのか?と聞いてみたら、可能性はあるが、まったく今の段階ではその予定もない、何も言えない、と言っていました。

広い場所だったので、あの空間を確保できるかは問題かもしれませんね。
ですので、今のところ、バルセロナで、ダリの展示は見ることはできません。




ところで、この展示。正式には、REAL CIRCULO ARTISTICO DE BARCELONA(バルセロナ王立芸術サークル)内の、一部の展示会場を借りて展示されていました。

DSC_1030.JPG
今はこの王立芸術サークルが建物を改装中なんです。



DSC_1031.JPG
2階にいくと、エレベーターにつながっていって。まだちょっと上はいけるところがあるようです。
DSC_1033.JPG
この2階は素敵な野外テラスのレストランバーがあります。
Barra Japonesaって書いてありますね。寿司バーでもあるのかな?
ここはまだ看板が出てるので、いけるようですよ。


話は戻ります。
どこにも「ダリ美術館」と書いていないのに、ダリ美術館と紹介する日本のガイドブックもどんなもんかと思っていましたが、この展示会が曲者だったかもしれません。

ダリ展示は、もともとは版画を中心に無料展示をしていたのですが、日米のガイドブックなどで紹介されて味をしめたのか?、「バルセロナのダリ美術館」または「バルセロナ王立芸術サークル」などのwebを作り、そこで紹介しはじめて、10ユーロもの入場料を取るようになっていたのです。

ダリとピカソは本当に人気なんですよね。
夏場にたまたま近くにいたら、ひっきりなしに人が入っていくのを見かけてました。

お客さんも結構、「バルセロナのダリ美術館に行きたい」」という人多かったです。ガイドブックも本物のダリ美術館よりも、大きく紙面を割いて紹介していました。(バルセロナのダリ美術館がトラブルってたようなので、それもどうかと・・と思ってました、、、)
ダリ美術館までいくのは面倒だし、市内でちょっと行くには便利なんでしょうね。

この「バルセロナ王立芸術サークル」のwebですが、、、。
あるとき、webがまったく別物になってしまったんです。

それまでは「バルセロナ王立芸術サークル」のwebをひらくと、まるで、それイコール=ダリ美術館のような内容になっていました。画面を開くと、ダリの顔が現れていたぐらいです。

それがある時、まったくダリのダの字もないwebに代わり、内容も、オープン時間もまったく違います。

聞きに行ったところ、王立芸術サークル側は、そんなwebがあったことも知りませんでした。

もしかしたら、一番最初にガイドブックに出た頃、ダリ美術館という名前で勝手に?宣伝したのかもしれませんね。
それでたぶんダリ美術館からクレームが出て、今度は王立芸術サークルという名前でwebを作る。
それももしかしたら誰かが気づいて、本物の王立芸術サークルのwebを作らなくては!となったのかもしれません。

王立芸術アカデミーが改装中なのがきっかけで閉鎖に至ったのか、いろんな方面とトラブったのか、賃貸の契約切れで更新に至らなかったのかもしれませんね。

閉鎖のお知らせでした。

これを機会に思い切って、フィゲラスのダリ美術館へもっと行くようになるかも?
新幹線でいけば、1時間です。
2017.03.07 Tuesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
年末年始のオープンクローズ&1月に閉まってしまう観光地(注意!)

JUGEMテーマ:旅行






● 例年1月の閑散期に閉まる観光地
・グエル邸 1週間 2017年1月16-23日 お休み
・カサミラ 1週間  2017年1月9-15日 お休み


郊外では、ダリ関連の観光地がこの時期、休みます。

・Portlligaのダリの家 1月9日-2月11日 お休み
・Pubolのガラの家 1月9日ー3月14日 お休み




・・

ちょっと早い(今は8月)ですが、たまたま観光地のオープンクローズを調べることがあり、ついでに年末年始の情報を自分の覚書のために、書いてみます。

ただし情報は急に変わることがありますので、参考程度にし、直前に念のため確認しましょう。

<2016年8月現在の情報>
●12月24日に早めに閉まる観光地(バルセロナはほとんど通常通り。早めに閉まるところだけ紹介)
ピカソ美術館 14時まで。

●12月25日にあく!お店。(25日はほとんど全滅.あいているところだけ紹介)
・サグラダファミリア 14時まで
・グエル公園
・カサ・バトリョ

●12月26日 (あくところも、閉まるところもあるので、どちらも調べたところだけ紹介)
・サグラダファミリアは14時までオープン。
・グエル公園オープン。

・通常通りオープンは
ピカソ、カサミラ(ラ・ペドレラ)、カタルーニャ美術館、アントニ・タピエス美術館

閉まるのは
・ミロ美術館、グエル邸、

●12月31日に早めに閉まる観光地 (ほとんど通常通り。早めに閉まるところを紹介)

・ピカソ美術館 14時まで。
・Camp Nouも例年早く閉まります。


●1月1日にあく観光地 (クリスマスとともに、ほとんど全滅。あくところだけ紹介)
・サグラダファミリア 14時クローズ。
・カサミラ  11時からオープン。最終入場19時まで。
・カサ・バトリョ  最終入場20時まで。
・グエル公園 最終入場17時30分


2017.01.11 Wednesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
グエル公園の代わりに、お勧めの建築物(ガウディその他)

JUGEMテーマ:旅行



グエル公園は要予約で、場所がちょっと不便です。

絶対にグエル公園へ行きたい!という人は別として、、。
グエル公園の代わりに行きたいならば、どの建築物がお勧めかの情報です。


ガウディに限らなくてもいいのなら、ドメネク建築のサンパウ病院
世界遺産。華やかですごい建築です。場所もサグラダファミリアから地下鉄1駅の距離で効率も良いです。人数制限もやってないし、予約も必要なし。

値段重視だったら、いやそうでなくても、勧めのモデルニスム建築です。
以前はガイドツアーでしか見れなかった一番の見どころが今は自由見学でも見れるようになりました!
(ただしイベントをやる時はその部分がクローズすることもあるので、入場前に聞いてみましょう)

(音楽堂と似ている点はあるので、どっちかでも良いかも)

ガウディ建築であれば、グエル邸だって負けてません。

初期の建物であり、ガウディっぽい曲線の感じがしないかもしれませんが、非常によく考えられた建築です。こちらも世界遺産。入場制限もありますが、無料公開日以外はほとんど行列しません。

ランブラス通りやサンジュセップ市場の近くなので、あのついでならば、交通費も、時間の無駄もありせん。


お金が出せるなら、カサバトリョ、ラ・ペドレラも、もちろんすごいガウディ建築です。カタルーニャ音楽堂のガイドツアーも。もちろん全部世界遺産。どれを見てもきっと満足します。どれも町の中心部です。

そもそも、
・タクシーでお金をかけてグエル公園に行く、
・市営バスで時間をかけてグエル公園に行く、
よりも、本当にそんなに高くつく観光地でしょうか? 20ユーロ前後という目先の入場料の高さで敬遠しがちですが、中心部という立地は時間やお金の両方の面で、お得です。


グエル公園は私も大好きで、とても楽しいところです。時間に余裕のある人は本当に全部見てゆっくり過ごしても良いです。

ただし、半日のフリータイムで事前予約もしていない人は、他にもいろんな観光地がありますよー、と大声で言いたくなってページを作りました。

2016.12.01 Thursday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
プッチ・イ・カダファルク建築のCasa de les Punxes 一般見学がスタート

JUGEMテーマ:旅行



一般公開の準備中だったCasa de les Punxesが見学をスタートさせました。
モデルニスム建築家のプッチ・イ・カダファルク代表作です。


予約はClorianから。
2016.08.09 Tuesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)