コロナウィルス関連のバルセロナの観光地やイベントの閉鎖/ストップ情報

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

新型コロナウィルスの関連の最新情報です。

 

スペインは大丈夫?と心配の声が日本から届いていますが、持ち前のユーモアですごい勢いでジョークの画像や動画が回っています。

 

例えばこちらの動画をどうぞ。本当に笑えます。みなさんも笑って心配もウィルスも吹き飛ばしてください。

こちらの笑える画像もどうぞ。

 

・・・・

日本が欧州などからの丸邦人含む入国者全員、14日間待機要請と発表しました。21日から4月末までの措置。(3月18日)

入国前に14日間の滞在先を確保していること。滞在先への移動手段を公共交通機関以外で確保していくること(自家用車、レンタカーなど)(3月19日外務省海外安全ホームページより)

 

EUが外国人の入域を30日間禁止と発表しました。

 

スペインが陸路を通じたスペインへの入国制限を3月17日から実施しますスペイン人と、スペイン在住外国人、国境を超えた通勤者は免除されます。つまりポルトガルとフランスから陸路で観光客は入国できません。

 

イベリア航空のマドリードと日本間の直行便を3月19日をもって運休しました最後を予定していた3月21日の便は欠航しました。(3月19日)

 

スペインのうちマドリード州、バスク州、ラ・リオハ州、ナバラ州は日本の危険情報レベル3に、それ以外のスペイン全土がレベル2に引き上げられました。日本の外務省の連絡で、レベル3は渡航禁止。レベル2は不要不急の渡航禁止です。

 

 

(2020年3月17日夜情報)

・・・

 

スペインでは非常事態を宣言し、全国で外出禁止令が出ました。

 

●外出許可されるのは

・食料・薬など最低限に必要な物を買いに行く時。

必要な外出時やガソリンを入れる時。

自宅に帰るため移動が必要な時。(旅行者が空港へ移動するのはここに含まれます)

・働きに行く時。

・ペットの散歩。

 

ただし外出時は一人で、他人と1m以上離れること。

買い物も可能であれば高齢者や持病持ちではない家族が行くこと。

 

 

●すべての商店は閉鎖。

例外は

食料品やトイレットぺーパーなど生活必需品の販売店

・薬局

・新聞販売のキオスク

・タバコ屋

・眼鏡屋

・ガスリンスタンドなど燃料の販売店

・通信テクノロジー、電話、ネットなどの関連店 (携帯電話のショップもあけてると宣伝しています)

・クリーニング店(感染者やその濃厚接触者はシーツなど60度以上で洗うことを推奨されており、自宅に洗濯機がない人もいるため)

・美容院・理髪店(髪を自分では洗えず、店で洗ってもらう習慣の人がいるという衛生的理由)

・ペットの食料を販売している店

 

 

●バルやレストランも閉店。

次のようなお店も含まれます。

タベルナ(居酒屋)、ボデガ(酒屋)、カフェ、カフェバーやその類似店。チョコレート屋、アイス屋、ティーサロン、クロワッサン屋や類似店。レストラン。セルフサービスのお店や類似店、バー・レストラン、ホテルのバルやレストラン、テラス席、宴会場

 

↑ただし、テイクアウトとしての商売はOKです。

 

●すべての娯楽・スポーツ施設は閉鎖。観劇・映画館、スキー場も閉鎖。

 

(これらは最低でも3月末まで続く予定です)

 

・・・

●鉄道や長距離バスや飛行機は減便し、定員数も減ります。

Renfe(国鉄)は長距離・中距離は85%減らし、定員1/3のみ販売。近郊鉄道は通常通りの運行。

 

バルセロナの空港バスAerobusは本数も少ないうえ、1度に乗れるのが15人まで空港へ行く方は十分な時間の余裕を持ちましょう。

 

 

外出禁止令を守らない人は、100〜600ユーロの罰金。

最初あまりにも呑気に町を散歩している人もいたため、警察が注意に回っています。

(もう1日で4回も両親が外に出た!!無理だ!と言ってる話も耳にしました)

 

ひとりで歩いてる人はあまり問題とされないようですが、次のような人は警察に注意されてると聞きました。

・複数で一緒に歩いてる人

・ベンチに座っている人(用事があるとみなされていないから?)

・ジョギングしている人

 

注意されて素直に従えば忠告だけ。文句言ったり、注意2度めの人は罰金を科せられてそうです。

 

スーパーや薬局では距離を置いて買い物!

入場制限をしており、少ない人数しか入れません外にいる人は1mの距離をあけて待つため、1mの印が道路に記されており、外に置いてある手袋をつけて入るようになっています。素早く買い物することが推奨されているせいか、さほど待ち時間は長くないそう。

 

市営バスは後ろのドアから入り、運転手のそばには立ち寄れないようロープで囲ってあります。切符は運転手からは買えないので、オンラインで購入するか、地下鉄駅で購入しておきましょう。

 

(この外出禁止令は少なくとも3月末まで続きます。長引く可能性もあり)

・・・・


 

バルセロナの空港は航空便が40%キャンセル状態です。

バルセロナのホテル一時閉鎖の動きがあります。新規予約は受けず。

保健当局職員を語った窃盗事件が発生しています。家を訪れるようですが、旅行者へも偽警官や偽保険職員が現れるかもしれませんので、注意しましょう。

●ポルトガルがスペインとの国境移動を旅行者に対して禁止。

(2020年3月17日夜現在の情報 ー情報は刻々と変りますので、最新情報を自分でチェックしましょう!!)

・・・・

 

・スペインでは3月5日で新型コロナウィルス感染者が237人(死亡者3人)だったのに、3月14日現在スペイン全土で5700人超え(死亡者136人)となりました。うちマドリッド州が2940人、カタルーニャ州が509人、バスク州が417人です。ここ数日で1万人を超えるのでは・・と予想されています。

 

・カタルーニャ地方は封鎖を宣言しました。旅行者も含め、町を出歩いてはならない、とされています。違反者には最高で3000ユーロ(約39万円)の罰金となります。

OKなのは

・食料や医薬品を買いに、外に出ること。

・食料品店、薬局、医療関係者が働くこと。それ以外は在宅で働くよう推奨されています。

 

・バルセロナの観光地はほとんど閉まりました。モンセラの修道院もCremallera(ケーブルカー)もStopです。

 

 

・バルセロナの空港が閉鎖される噂があり、3月14日(土)現在空港はカオスだそうです。2時間待ちとも聞いています。搭乗予定がある方は十分すぎる余裕を持って空港へ行きましょう。オンラインチェックインは済ませておいた方が無難です。

 

 

・マドリッドに続き、バルセロナでも、3月14日(土)からバルセロナ(カタルーニャ)では食料品店と薬局以外のすべての商店・バル・レストランも閉鎖となりました。娯楽施設、スキー場クラブなども含みます。これを受けて、バルセロナの観光地はほとんど閉鎖となりました。

 

・デパートEl Corte Inglesは食料品部門だけあいている、と聞いています。

 

・マドリッドを含むパッケージツアーはマドリッドと避けてトレドなど他の都市で観光と宿泊をする方向に動いています。

・バルセロナ県のイグアラダ(Igualada),オデナ(Odena),ビジャノバデカミ(Villanova de Cami)及びサンタマルガリーダデモンブイ(Santa Margarida de Montbui)が封鎖。閉じ込められた法人はバルセロナの領事館へ連絡を。

 

・3月14日午前現在、グエル公園はあいてます。

 

(2020年3月13日昼現在の情報 ー情報は刻々と変りますので、最新情報を自分でチェックしましょう!!)

・・・

 

●閉鎖が発表された観光地、モニュメント、博物館、美術館

 

3月13日より閉鎖

・サグラダファミリア

・グエル公園内のガウディ博物館

・カサビセンス

・ティビダボ

・バルセロナ動物園

・カンプノウ

・バルセロナ(6カタルーニャ)のすべての博物館・美術館

 

3月14日より閉鎖

・カサミラ

・サンパウ病院

・スペイン村

・アントニオタピエス美術館

 

3月16日より閉鎖

・カサバトリョ

 

**旅行会社を通じて停止の連絡が来たのがカンプノウの見学ツアーです。公式webには情報が出ていませんが、確かに入場チケットが購入できません。

 

・グエル公園も噂がたえませんが、まだwebでは確認できず。まだ入場チケットは購入可能。野外だから?

 

・カサミラは3月13日現在あいてます。がら空き。エレベーターは1度に乗れるのが4人まで、でした!

 

(2020年3月13日昼現在の情報 ー情報は刻々と変りますので、最新情報を自分でチェックしましょう!!)

 

 

 

延期や停止が発表されたイベント、スポーツ、お祭り

 

・チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの試合 3月12日より2週間

・バレンシアの火祭り  (早くも7月に延期と日付が出てきています)

・スペインのサッカー 3月12日より2週間 一部リーグと、2部のAの試合中止(それ以前に2部B以下も中止)

・レアル・ソシエダとアスレティックの国王杯決勝は延期

・自転車のカタルーニャ・ボルタ 延期

・カタルーニャ音楽堂、オーディトリ、Razzmataz, Barts, Apolo, Luz de Gas, Salamandraでのコンサート中止

・Festival de Jazz de Terrassa , El Blues &Ritmes de Badalona 中止

 

 

・・・

航空会社や鉄道会社などが無料でチケットの変更を受け付けてるところが多いです。

該当するか問い合わせてみましょう。

 

路線停止が発表された乗り物

・スペインとイタリア間の航空便の乗り入れを禁止。3月11日より3月25日午前0時まで。

・アメリカ合衆国とヨーロッパ間の飛行機

・スペインとモロッコ間の飛行機とフェリ-

・スペインと中国・韓国間の飛行機(チャイナエアーは運行)

 

 

・・・

バルセロナではありませんが、耳にした、他都市情報も。

他都市情報は3月12日時点ですが、その後、いつ再開したかはご自分で調べるようにお願いします。

 

近隣の他国情報

・スペインのマドリッドープラド美術館、レイナ・ソフィア美術センター、ティッセン・ボルミネッサ美術館など美術館は閉鎖

マドリッドは3月14日からすべてのレストランとバルも閉鎖。

 

・ポルトガルのリスボン − ジェロニモス宮殿など宮殿すべて。発見のモニュメントも閉鎖

・フランスのルーブル美術館 − ネットで予約した人だけ入場できると聞いています。

 

イタリアやドイツでは駅や空港で、体温を測るらしきゲートが導入されていると聞いています(添乗員情報)

バルセロナではまだありません。

 

 

 

バルセロナ県のイグアラダ周辺が封鎖されました(領事館からの連絡)

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

カタルーニャ州政府は,3月12日,バルセロナ県イグアラダ及びその周辺3地区に対する封鎖措置を実施する旨発表しました。
●現在,救急等の理由を除き,これらの地区から出ることが禁止されていますので,ご注意ください。
●観光等で当該地区に渡航し,今回の措置のため当該地区から出られなくなっている方がおられましたら,当館までご連絡ください。

1 カタルーニャ州政府の発表内容
(1)カタルーニャ州政府は,3月12日午後9時,バルセロナ県のイグアラダ(Igualada),オデナ(Odena),ビジャノバデカミ(Villanova de Cami)及びサンタマルガリーダデモンブイ(Santa Margarida de Montbui)に対する封鎖措置を実施する旨発表しました。
(2)これは,イグアラダ地区に所在する病院において,58人の新型コロナウイルス感染者が確認されたことに伴う措置です。

2 お願い
(1)現在,救急等の理由を除き,これらの地域から出ることが禁止されていますので,ご注意ください。
(2)また,観光等で当該地区に渡航し,今回の措置のため当該地区から出られなくなっている方がおられましたら,当館までご連絡ください。

(お問い合わせ先)
○在バルセロナ日本国総領事館
電話:+(34)-93-280-3433
ホームページ:
http://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
 

グエル公園の無料入場は本当にお得なのか? 節約になってないかも?

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

グエル公園の無料時間帯の情報を別ページで紹介しています。(グエル公園の無料時間はお勧めか?暗くて危ないかも?

 

しかしグエル公園の無料時間は本当にお得なんでしょうか?

 

・グエル公園は入場料が、たったの10ユーロ!

カサミラやカサバトリョのように20ユーロを軽く超えてしまうなら、節約したい気持ちも分かります。でもたった10ユーロ。

 

・グエル公園入場料には、往復バス代が含まれる!

10ユーロの入場料代に、最寄り地下鉄駅の4号線Alfonso X駅からのグエル公園バスが往復付くようになりました。

暗い中、急こう配の坂をのぼったり、長い時間かけて市営バスに乗ったり、タクシーに乗ったりしなくて良いんです。


無料の時間に行くために、ホテルの朝食を食べずに朝の7時にホテルを出るお客様もいらっしゃいますが、ホテルの朝食の方がずっと値段が高いです。
 

学生さんやバックパッカーの若者など、節約したい方。

もともとタクシーを使う予定がない人。もともと朝食がホテル代に含まれてない人。

予約完売で入場券が予約できなかった方。

 

上記の方は無料の時間帯へ訪問してよいと思いますが、自分のケースをよく考えてみて、無駄な出費や損ををしてないか考えましょう。

 

往復タクシーを使っていると、10ユーロなんてすぐ超えます。節約したつもりで節約になってないかもしれませんよ!?
 

 

グエル公園無料の時間帯、 お勧めか?? →暗くて危ないかも?

JUGEMテーマ:旅行

 


ガイドの立場からすると、盗難が心配なので、正直、無料の時間にグエル公園に行ってほしくありません。
しかしご質問が多いので、正しい無料情報を書くことにしました。

今のところですが、グエル公園の開園時間以外の時間帯は、誰でも無料で入場できます。係員もいないし、柵もないし、門も閉まっていません。

お勧めか?というと。。

・・・


グエル公園は季節によって入園時間が変わります。日の出・日の入り時間が変わるからです。

当たり前ことですが、暗い時間に行くと、写真もきれいに撮れませんし 目でもよく見えない部分がありますし、危険です

終了後の日暮れはまったくお勧めしません。
だんだん暗くなり、時間との勝負です。(暗闇ツアーのリポートでどのぐらい暗いか写真を見てください

有料オープン時間内でも、季節によっては、お金を取ってるくせに詐欺と思うほど薄暗い日があるんですよ

とくに、柱の天井のモザイクタイルは、暗い時間にいくと、あまり見えませんそれに、明るくてキラキラした青空の下で見るグエル公園は、やっぱり綺麗です。

無料時間の話は旅行者のブログに、いろいろ出てきます。
日の出や日の入りを勧めている話。
22時半過ぎて頂上で夜景を見た話。
朝5時半に起きてグエル公園に行った話。誰もいない公園を、独り占めできるとうたっています。

確かにバルセロナは日中、観光客が多くてげんなりです。

しかし、暗い時間帯、誰もいないところで、ひったくりやスリや強盗に遭う可能性。
公園へ行くまでの、朝早い地下鉄やバス内での盗難。
滅多にないですが、まったくないわけではありません。


海外で、人がいない場所を、人が少ない時間帯に訪れるのは安全面でガイドとしては勧めません

・・・
どうしても行くなら朝がお勧めです
無料の時間だったらぎりぎりに入ってもOKです。例えば8時からオープンだったら、その15分前到着でも大丈夫。

 

要注意はグエル公園は到着してもしばらく無料ゾーンなこと。そこを通りすぎ、早く有料ゾーンに5分前でも1歩踏み入れて入ってしまえばOKです。(係員はロープの準備をしてますし、並んでる人もいますが、入れます) だんだん明るくなってくるので写真の問題も安全面の問題もなし。

 

有料の時間になっても追い出されません(注・今のところ)。時間帯はグエル公園のwebで調べましょう。出る時にチケットを求められますが、持ってない、無料の時間に入場したと伝えれば、問題もありません。(今のところ)
・・・

グエル公園のチケットが残っておらず、完売だった場合などは無料の時間帯に朝から行ってみればよいでしょう。

・バックパッカーの人、
・学生さん、
・節約旅行の人

も、少しでも旅行の費用を安くあげたいでしょうから、上記の状況を納得のうえ、しっかり盗難対策をして、自分の責任でグエル公園へ行きましょう。


しかし、無料の時間に行くのは本当にお得なのか?

次のページも見て、よく考えましょう。節約したつもりで、節約になってないかもしれませんよ!?



 

今週はカサミラ、グエル邸、カサビセンスは一週間クローズです!

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

Facebookのページにも投稿しましたが、

観光地のバルセロナが一番の閑散期である今の時期。世界遺産のガウディ建築3つが1週間クローズします!
カサミラとカサビセンスは1月13-19日まで、

グエル邸は1月12-20日まで休館です。

 

ガウディファンは違う時期を選んで旅行しましょう。

 

これらはほとんどここ数年毎年の休みになってきましたが、変わることもあるので毎年チェックしましょう。

 

またサグラダファミリアのエレベーターが点検のために中止になるのもこの時期が多いです。

利用客が少ない季節に点検をすると思われます。点検クローズは事前に連絡が来るときもあれば当日知ることもあります。

 

閑散期は観光地で混んでないので、ゆっくり見れる、

並ばなくていい、

要予約の観光地も予約なしで入れる、

などの利点がありますが、さすがに今週の1週間は、見れないところばかりでショックを受けるお客様が多いです。

 

 

Facebook 現地ガイドとっておき旅情報はこちらから。

 

 

 

 

グエル公園 広場の工事終わりそうと思ったのに、エンドレス!

JUGEMテーマ:旅行

 

【2019年7月中旬現在】

有名なベンチは半分ほど座れません。

下の柱の空間は2/3ほど工事中。

 


正面玄関はちょっとずれればお菓子の家風の写真がちゃんと撮れます。

 

 

ベンチの外側を半分工事しているため、正面玄関から写真を撮るのもいまいちです。

 

 

トカゲさんと、正面玄関のお菓子の家風の2軒は無事です。

しかし行くのも大変な場所だし、いつかまたサグラダファミリアのためにバルセロナ再訪したい人は次回で良いのでは? バルセロナは見るところがたくさんありますよ。

 

 

【2019年6月】

 

再び工事が拡大しています。有名な広場のベンチも拡大し、1/3ほど工事中。

下の柱の空間も一部だけで気にならないぐりだったのに、今度は違うところもスタートし、半分ぐらい工事中の印象。

ベンチを外観からスタートしているようで、外にも足かせがあります。

 

正面玄関近くのトイレも長らく工事中でしたが、トイレはようやくオープンしました。しかしトイレの前の地面も掘り返されてて、柵でおおわれています。

 

いつになったら工事が終わるんでしょうか。

 

 

2019年3月、ようやく有名な広場の工事が終わりそうです。一部を除いて、ほぼ入れるようになりました。

 

グエル公園バスも4月から始まります。先日、試運転やってました。

 


【2018年8月末の投稿です】

今現在、工事現場は再び2か所です。
・ベンチのある広場の半分以上
・たくさんの柱のある空間の半分以上

 

 

広場の半分ずつ6か月半、全部を1年ちょっとで終える予定が、半分に1年かかってようやく反対側に入りました。

広場の地下の柱のところは(たぶん工事の振動で)かなり崩れが見られ、心配です。日によって柵の広さが違います。

 

先日は本当に、上も下もほとんど柵がしてあって入れませんでした。

 

前よりもコースが悪くあり、団体ツアーも個人ツアーも、時間がかかるか、上り下りが増えました。

「いつかサグラダファミリアができたときにまたバルセロナに来たいな」と考えてる人は、本当に今は行くのをやめた方が・・と思うほどです。(そういってもみなさんやっぱり行きたい・・・と行く人が多いんですけどね)

 

 


【2018年2月末の投稿です】

今現在、工事現場は再び3か所です。
・ベンチのある広場の半分
・たくさんの柱のある空間の半分
・正面玄関階段の横の壁のタイル



最近天気も悪いことが多く、
有料部分は半分が工事。しかもだんだん広がってる気がします。。。

ツアーで「有料部分は入らず、無料部分のみ」というツアーがあるんですが。
ふつうは、「えー、知らなかった、有料部分に入りたい!」とみなさん残念がります。
(あとからまた来るという人のチケット購入を手伝ってあげることもあり)

ところが、現在は、見える有料部分があまりにも工事中なので、誰も残念がりません。
あとからもう一度来る人も皆無。
みなさん、すっきりした顔をしていきます。

あんなに遠いところにわざわざ行って、無料部分だけ見るツアーもどうよ、と思っていましたが、今現在は、有料部分が工事中のため、むしろ無料部分のみでOKです。

グエル公園はたぶんガイドブックが楽しそうに見えるせいか、みなさんとても行きたがります。でも半分工事中でも行きたいか、しかも場所が不便で時間がかかることも考えて、よく考えて判断しましょう。半日しかないなら、もっと違う場所を見た方がよいかもしれません。それほど残念きわまりない状態です。

Facebookに、最新の写真を出してみました。
 ← 今の工事の様子がわかります。写真は先月や先々月のものですが、今も悪いです。


【12月27日の投稿です】
お菓子の家の外観の修復は終わりました。(下の写真の部分)
階段の下の修復も今はやっていません。(クリスマス休暇でなければ・・・)

今現在の工事現場は4か所から2か所へ減りました。
・ベンチのある広場の半分
・たくさんの柱のある空間の一番良いところの天井あたり

です。


余談ですが、観光地ではクリスマスの飾り付けがあったりします。サグラダファミリア、カサ・バトリョ、カサミラなども。グエル公園の飾りは・・・?


爆笑!これです!
複数ありますが、一応これがクリスマスの飾りらしいです。

ダサイ!
初めてこれが目の端にうつった時は、何か大道芸人がいるのか?と思いました。
よく見たら、飾り付け。しかし手作り感満載で、小学生が授業で作ったのかな?とも思いました。
しかしちゃんと市庁舎のカードもついているんですよね。それがなかったらオフィシャルの飾りとは思えないでしょう。

・・

【12月1日の投稿です】
グエル公園でベンチのある有名な広場の半分が,何か月も前から工事中でしたが、、。
なんと、突然、そのほか3か所で修復を始めました。


1つは、たくさん柱が並ぶ空間。

ここは長らく天井のモザイク工事で幕がかかっていて、去年ようやく修復が済んだのに、また!!!一番有名なモザイクがあるあたりは足枷が置かれて、立ち入り禁止です。
天井を横から見ることはできますが、真下に行くことはできず、組んである足場が邪魔です。

写真を撮るにも、印象的にも良くありません。


さらに!
正面玄関の階段横のタイルを修復中です。

ここは面積もほんのちょっぴりで、中で修復士が作業をしていて、それほど目立ちはしませんが、、。
他のところも工事なので、ここもか・・と印象が悪いです。


さらに正面玄関を出たところのお菓子の家みたいな建物。このように修復中。


つまり2017年11月現在、グエル公園は、4か所が工事現場みたいになっています。
・ベンチのある広場の半分
・たくさんの柱のある空間の一番良いところの天井あたり。
・正面の階段近くの壁タイルの、ほんの一部
・正面玄関の外の建物。



お金をとってるのに4か所も工事しているとは!
昔の海洋博物館みたいに、割引するべきだと思うのは私だけでしょうか。

一生スペインに来ないつもりの人はグエル公園にはぜひ行きたいでしょうが、
いつかまたバルセロナだけ来るつもり。完成したら来たいな、など
再訪の予感がする人は、グエル公園は今じゃなくても、良いかもしれません

どうせ行くなら良い状況で見たいものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2017年7月の記事】
グエル公園で再び工事がスタートしました。
うねうねベンチのある広場は半分以上、入れません。座る場所が限られています。

有名な部分は全部いけますが、ある場所は閉鎖して遠回りになります。今までは必ず案内していた写真ポイントでしたが、団体ツアーで案内するか、時間的に微妙な感じになってきました。


途中で広場の反対側にうつるため、そちらは人の多い入場口なので影響があるかもしれません。
今のところ来年6月まで広場の工事は続く予定です。

 

グエル公園の案内所が誕生!入場チケットも購入できます

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

グエル公園行きの観光バスのバス停の斜め向かい(大通りを挟んだ反対側)に、グエル公園の観光案内所ができました。
見逃しそうなほど小さいオフィス。隣のバルを目印にしましょう。


中に1台、外に一台、入場チケットが購入できる機械がありました。


当日はもちろんのこと、数日先の分まで入場チケットを購入できます。
料金はネットで購入するのと同じで、10ユーロ(グエル公園行きバスの往復も込み)。 利用はクレジットカードのみ。
住所はRonda de Guinardo 38

グエル公園行きの往復バス運行がスタートしました!(現地の人が情報知らず、嘘を教えています)

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

4月1日からグエル公園は、往復バス付の10ユーロという入場券に変わりました。

 

グエル公園バスは、地下鉄4号線(黄色ライン)Alfonso X駅から出ています。

駅には3つ出口があるのですが、一番わかりやすいのは改札を出てすぐ右のエレベーターで地上へ上がることです。

 

 

ただエレベーターは老人や乳母車の人で混んでることもあるので彼らを優先し(バルセロナは観光客が多すぎて地元との共存が社会問題となっていますので)、若者&元気な旅行者は、出て右側のAlfonso el Savi出口を出ましょう。

 

もう1つの出口もたいして変わらない距離かもしれませんが、そちらは2つにさらに出口が分かれるので間違えてしまうかも。また別のバス停があるのでそれに乗っちゃうかも。

 

まとめると、

Alfonso X駅に到着し、Alfonxo el savi出口から出る、ですね。

地下鉄の駅名と似た感じ、と覚えておきましょう。昔の王様の名前です。

 

ちなみにその出口を出ると、チュロスの屋台(Churreria)があります。

バルセロナはカフェでチュロスを食べれるところが少ないのですが(マドリッドほど一般的な朝ごはんではない)、屋台はわりとあるんですよ。揚げたてが何よりも一番おいしいので、ここで食べるのもお勧めです。

チョコレートにつけるのではなく、そのまま砂糖掛けしてもらって食べるのが日本人にはあうと思います。

 

 

話がずれましたが、上記出口から出て、後ろに振り向くと、バス停はちょうど大通り沿いの、よく目立つところにあります。

バス邸の天井も青。バス車体も青。スタッフがわらわら4−5人いるのですが、彼らも青い服を着ています。

 

こういう感じの大通り沿い。

これは道の反対側から見たところですが、山側に青いバスが停まってたらグエル公園バスです。

 

 

 

 

 

こちらが地下鉄出口を出たあたりの、大通り沿いの光景。

バス停の天井も青いのが分かるでしょうか?

バスがいないと分かりづらいのですが、スタッフが今のところはワラワラいるので、とにかく青色を探しましょう。

 

 

 

このバス停の後方に、市営バスがあります。

そこに間違って座ってる旅行者がたくさん来ています。バスが来たら乗り込んでグエル公園バスについて質問している人も。

 

びっくりするのですが、地元の人も、市営バスの運転手さんも、新しいグエル公園バスについて知らないんです!!!

聞かれたら、これに乗って、次で降りて、歩いていくと教えています。

いや歩かないはずだと、主張する旅行者ともめにもめまくり。

 

グエル公園バスはすぐそこだよ、と私がしゃしゃり出ても、旅行者ばかりか、教えてるスペイン人もハテナ状態。

スタートしたばかりなので、あまり知らない住民も多いんですね。

 

・・ということで、地元の人に聞くと、かえって嘘を教えられますので、自力で青バスを探した方が良いですよ!

 

ちなみにこのバスはぐるーっと回って、帰りも同じバス停にも戻ります。

つまり、この大通り沿いを往復してから同じ場所に停まるので、分からなけばとにかく、大通り沿いをよく見てたら、青のバスがやってきます。

 

市営バスは車体が赤色。

またバス停にバス番号が書いてます。

それは間違えです。

 

グエル公園バスはそれだけのバス停で、市営バスではないので、ほかのバス番号と同じバス停ではありません。

 

 

 

カサバトリョ、激しく工事中

ガウディのカサバトリョ、激しく修復中です。

 

外観はほぼ覆われ、内部もメインのフロアがひどい状態。閉館すべきレベルといわれてるのに、割引もないそうです。

 

入場料は高いので、よく考えて入場しましょう。

 

インスタ映えもばっちり! 知られざる観光地 Museu de Il・lusions

JUGEMテーマ:旅行

 

 

知られざる観光地です。

 

足元のカメラ印から撮影すると、あなたも登場人物の一部のようにかべの絵に溶け込みます。

 

以前はたいしたことなかったんですが、数も増えて、けっこう楽しめます。

角を曲がると、まだある!!!と驚く感じで。

 

 

どう撮影してわからないみなさんのために、見本の画像も貼ってあります。

たとえばこの右奥の絵では・・・。

 

 

見本はこんな感じ。

 

 

見本のもう1つはこちら。

 

 

私がいた時は、電車の線路の絵の前で、

「ひかれる直前で恐怖におののくところ」をテーマに決めたようで、ムンクの叫び顔&オーバーリアクションの五人組のご家族がいて、笑えました。子供さんも演技派でしたよ!

 

撮影してる人が多い方が、人のを見て、笑えて楽しいです。あなたたちの方を撮りたいよ!と思いました。

 

 

役者になり切って溶け込みすぎていて、本当に絵の一部かと思いました。

 

子供さんは無料。

大人はAtrapaloで事前予約しておくと、半額ですよ!

 

 

先日ご家族連れに勧めてみましたが、みなさんどんなものか想像がつかなくてぴんと来ないよう。

ですので、宣伝しておくことにしました。

おもしろそう!とぴんと来た人は、きっと楽しめると思います。

 

玄関入って最初の部屋はショボイので、これ??と思うかもしれませんが、奥にはもっとたくさんありますよ。

 

<観光地> Museo de las Ilusiones

<住所> Pintor Fortuny, 17-19

 

ランブラス通りからちょっと路地に入ったところです。

もっと写真を見たい方はFacebookページもどうぞ。

 

 

 

クリスマス付近や年末年始のオープンクローズ&1月に閉まってしまう観光地(注意!)

JUGEMテーマ:旅行



毎日開いてるのはカサ・バトリョとグエル公園です。

<2017年>
●12月24日に早めに閉まる観光地(バルセロナはほとんど通常通り。早めに閉まるところだけ紹介)
ピカソ美術館 14時まで。



●12月25日にあく観光地(25日はほとんど全滅.あいているところだけ紹介)
・サグラダファミリア 14時まで
・グエル公園
・カサ・バトリョ

(カサ・ミラも、カンプノウツアーも、閉まります。2017年)

●12月26日 (あくところも、閉まるところもあるので、どちらも調べたところだけ紹介)
・サグラダファミリアは14時までオープン。
・グエル公園オープン。
・カサミラは12月26日から1月3日まで 9時〜20時30分オープン。
・美術館は通常通り祝日スケジュールでオープン

閉まるのは
・グエル邸、


●12月31日に早めに閉まる観光地 (ほとんど通常通り。早めに閉まるところを紹介)

・ピカソ美術館 14時まで。
(Camp Nouは例年早く閉まってましたが、2017年は通常通り)


●1月1日にあく観光地 (クリスマスとともに、ほとんど全滅。あくところだけ紹介)
・サグラダファミリア 14時までオープン。
・カサミラ  11時〜20時半まで。遅くスタートです。
・カサ・バトリョ  最終入場20時まで。通常通り9−21時
・グエル公園 最終入場17時30分

(カンプノウツアーも、閉まります。2017年)


●1月5日に早めに閉まる観光地 (ほとんど通常通り。早めに閉まるところを紹介)

・ピカソ美術館 17時まで。




●1月6日閉まる観光地 
・サグラダファミリア、14時までオープン。
・グエル邸
(美術館は通常通り祝日スケジュールでオープン)



● 例年1月の閑散期に閉まる観光地
・グエル邸 1週間 2017年1月16-23日 休館
・カサミラ 1週間  2018年1月8−14日 休館(2017年1月9-15日休館)


郊外では、ダリ関連の観光地がこの時期、休みます。

・Portlligaのダリの家 2017年1月9日-2月11日 お休み
・Pubolのガラの家 2017年1月9日ー3月14日 お休み




・・

カサ・ビセンス 一般公開へ

JUGEMテーマ:旅行




ガウディの一番最初の建築カサ・ビセンスが11月16日からオープンします。
すでにチケット販売もスタート済み。料金は16ユーロ。

ユネスコ世界遺産です。
https://casavicens.org/

ネタの尽きてきた日本の旅行社がどっとツアーに含んできそう。
ガイドとしてはバスの駐車問題が出てこないか心配です。

(今まではちらっとそばに停まれてましたが、バスが混み始めると、駐車が禁止になり、遠くから歩かされるのが普通なので)

もうすぐ見学に行ってきますが、内部がとても楽しみです。


バルセロナのテロ後の様子

JUGEMテーマ:旅行



バルセロナ旅行を計画しているので現地の状況を知りたい方がいらっしゃるので、気づいたことを書いていきます。

Facebookではテロの話は終わりと書きましたが、このブログではそのうち?スペイン人のたくましい精神のこと、テロの歴史のこと、私の個人的な経験などを書きたいと思っています。
(しばらくは予約投稿した、のんきな記事がアップされていきますが・・)

あまり個人的体験や意見は書かないブログなのですが、それだけはいつか書きたいです。

・・・
【8月24日】
逃亡犯が死亡し、一味12人の全員が死亡もしくは逮捕されて、(まだ協力者がいなかったのか捜査は続いているものの)一応の終結を見せてから3日たった今日。

警察は町中にまだ多く、空港へ入るのにも検問が行われています。
早朝の車が少ない時間はほとんど混まないようですが、4-5車線を1車線にして、1台ずつ車を見張りながら通しているので、今日の昼頃は25分かかりました。銃を持ちながらの厳重体制です。

(事件終結の翌日で、同僚ガイドは45分かかったそうです)

今は本当に警戒していますが、この状況がずっと続くとは思えません。
「きっと3か月ぐらい警戒し、警戒を緩めた後に、またテロが起きるんだよ」と今日のドライバーが言いましたが、まさにその通りです。

ここ数か月の旅行を控える方が一番多いでしょうが、逆に警戒が一番続いている今が一番安全です。
警戒が過ぎたら? 

イスラム国は昨日、昔のAl andalusを引き合いにだし、再びスペインを標的にすることをビデオで発表しました。
イスラム国は以前も同様の発表をしたことがあり、日本やスペインのニュースで流れたことがあります。あの時はさほど大きなニュースで取り上げられていませんでしたが、、。

旅行業界やガイド仲間も安全アピールをしたい人が多いですが、私は正直に書いてしまいます。
テロはいつ再び起きてもおかしくありません。バルセロナでもどの町でも。どの国でも。

自分で判断するしかありませんが、安全を重視するなら、いつか平和な日に戻らない限り、可能性はいつでも高いままです。その中では、スペインが緊張し、政府や警察がいろんな反省をし、真剣に警備にあたっている今がもっとも「危険度が低い」時期かもしれません。

・・・
余談ですが、気づいたことなので1点。

平和な日本人がよくやらかしてしまうのですが、
警備にあたっている警官の写真を撮る
空港や駅のセキュリティーコントロールの前で写真撮影をする
などは世界の常識として、禁止されています。


スペインは以前ETAがテロ活動をしていた頃から、厳しかったです。
誰も人がいないような、のどかな昔のフィゲラスの駅のホームでも、写真を撮って警官に厳しく怒られたお客さんのもいました。

どんな警備がされているか、周りの状況がどうなのか、自分が何気に撮った記念写真がどこかに流出し、下見代わりに、現地の状況を調べるのに利用されるかもしれません。

また警官の顔がネットに流れると、標的になってしまうかもしれません。
ですから顔を隠す警官もいるし、写真に撮られたのを知ると、観光客の日本人が悪用しないと思っても、心証を悪くして調べられることがあるかもしれません。

重々しい警戒の様子をバチバチ写真を撮るのはやめましょう。注意されるまで気づかない人が本当に多いです。

駅、空港、検問や安全検査場をバックにした記念撮影も含め、警備や警官の様子などを撮ったりするのはやめましょう。


・・・
空港の検問で長蛇の列の時、ドライバーが言いました。「得なのはタクシードライバーだけだ」。
鋭い指摘です。

普段は市内から空港まで(バルセロナ市内の場所にもよりますが)タクシーで30分ぐらい、料金も25-35ユーロぐらいですが。今それよりさらに15-30分、料金も念のため50ユーロを準備していた方が良いかもしれません。


・・・

8月26日18時からテロ反対の大規模なデモ行進がグラシア通りからカタルーニャ広場にかけて予定しています。


・・・

現在旅行業界のキャンセル状況ですが、おそらくキャンセル料がかかることもあり、すでに間近に控えている方は聞いてる限り、旅行決行です。

もっと先の団体ツアーはキャンセルする人も出ているが、ツアーが無くなるほどではない、と聞いています。そのもっと先はわかりません。

個人的なことを書けば、私自身はいつバルセロナで起きてもおかしくないと思っていました。(日本でもオリンピックに向けてあってもおかしくないと思っています)

観光地や人が集まるところでは類似事件が起きており、バルセロナに限らず、どこでもあり得ます。
それほど興味がない旅行だったら、ヨーロッパでのテロがおさまるまで(収まる時は来るのでしょうか?来ると信じたいですが)旅行を控えるのも良いと思います。

ヨーロッパで違う行先にしたら安全かというと、今度は違う町であるかもしれません。逆の意味で言うと、バルセロナでは今、最大の警戒に当たっているので、今来る人達は逆に安全かもしれません。しかし100%の安全は存在しません。自分の判断で決めましょう。

・・

こちらから先はテロ後の、観光地の変化などをご案内していきます。

・8月21日現在、観光地のオープンなどは通常通りです。

・サグラダファミリアではテロ翌日の午前中、荷物検査の長蛇の列を見ました。午後はすいていました。
荷物検査は普段からありますが、今は大変厳しくなっています。
危険物に間違えられそうなものは持っていかないようによく荷物をチェックしましょう。
必要最低限にして、大きな荷物の持ち込みも避け、荷物検査に時間がかからないよう協力しましょう。

サグラダファミリアに限らず、他の観光地でも同様です。

・グエル公園の、車が入りやすい出入り口や、ランブラス通りの入口はパトカーが1-2台常駐し、出入り口をふさいでいます。サンツ駅にも大きな植木鉢などが設置されました。写真を見たい方はこちら
警察署やいろんなところもあっという間に鉄柱などが設置されました。

・警察の数が明らかに増えました。(前から主要な場所にはいました)
逃亡者死亡の翌日も、まだ厳重警戒のところもあります。

・バルセロナ空港の荷物検査のストライキは一時停止し、さほど時間がかかっていません。
空港へ入る検問は続いており、時間がかかることがあります。
検問は21日朝8時はすいていたものの、9時の時点では検問を通るのに45分かかったそうです。(ガイド仲間談)

・ランブラス通りは時々小さなデモ行進もあり、道路閉鎖がちょこちょこ続いているらしいです。




街角いろいろ

JUGEMテーマ:海外生活


たまにはなんでもない街並みをどうぞ。

IMG_0066.JPG
浅田真央ちゃんがバルセロナのイメージを聞かれ、「バル」と言ったそうですが。
おっしゃる通り、町中にバルがあります。


IMG_0073.JPG
最近増えている貸自転車。
古い倉庫みたいなところも、明るい色の自転車があると映えます!

IMG_0060.JPG
旧市街は路地もフォトジェニックです。

IMG_0059.JPG
落書きアート。


P5280106.JPG
Joan BrossaのBarcinoのアルファベット前。
写真を逃しちゃったのですが、すべてのアルファベット前に一人ずつ立って、写真を撮ってる人がかっこよかったです!今度人数の多いお客様にマネを勧めてみよう。
この人たちも、それを見て、マネしてる人たち。

P5280107.JPG
しかし3人しかいないので、もっと人数いる方がかっこよいです!



・・・
お洒落な観光用アパートメントと聞きました。


DSC_1340.JPG
片側から見ると普通のアパートに見えますが、角を曲がると・・。

DSC_1342.JPG
おしゃれだよ、っと友達に連れていかれたら、入口閉まっていました。
自転車貸しも兼ねているかもしれません?

DSC_1343.JPG


・・・
落書きアートまだまだ続きます。
バルセロナでは写真集が何冊も出るほど多いです。

落書きアート (1).jpg
落書きアート (2).jpg
落書きアート (3).jpg

服装チェックにひっかかったら?

JUGEMテーマ:旅行




最近はサグラダファミリアでも服装チェックが始まりました。
教会なる神聖なところには、ふさわしい恰好で来てください、というわけです。


帽子を取る、
肌を露出しすぎない。
本当は常識です。

暑いスペインでは、ノースリーブ、半ズボン、ミニスカートが普通に多いですが、その格好では入場できませんので注意しましょう。

サグラダファミリアに限らず、バルセロナではカテドラルも同様です。
バチカンなど世界中の教会などで他にもあります。

観光地ではなく、信者さんが祈っている宗教組織なのです。

・・
うっかり肌を露出する恰好をしてしまったら?
スカーフや上着などを持っているなら、その場でその部分を覆えばOKです。

ノースリーブの肩にショールを羽織ったり。
ショートパンツの周辺を巻きスカーフ風に覆ったり。

何も持ってなければ、周辺のショップに行って、Tシャツを買ったり、ショールを買ったりしてみましょう。

バルセロナのカテドラルの前ではジプシーのおばさんたちがこの通り。
catedral.JPG

安いのでその場で買うのも気になりません。
サグラダファミリアではスタートしたばかりですが、知られてくるとあそこにも誰かが売りに来るでしょう。

(雨の日は傘売りが、暑い日には水売りが、バルセロナでは観光地をウロウロしています)

ピカソ美術館の夏場の休館日と、今後の無料日の変更

JUGEMテーマ:旅行



ピカソ美術館のお知らせです。

・無料公開は毎月第一日曜日の終日と、それ以外の日曜は毎週15時以降でしたが、次のように変更になりました。


毎月第一日曜日の終日(こちらは変わらず)と、毎週木曜日の18時ー21時半までに変更になりました。


・月曜日は祝日以外は休館日でしたが、夏の期間7月24日ー9月25日まで毎日オープンすることになりました。

地下鉄駅やバスセンターで充電 (バルセロナでスマフォの充電ができるところ)

JUGEMテーマ:旅行

 

 


バルセロナはホテルやカフェ、バスなど無料WIFIがあちこちにあり、困りません。

 

充電場所も、毎年どんどん増加中です。

 

中心部のカフェにはコンセントつきのカフェがたくさん増えてきました。

 

その他、地下鉄の構内にも無料で充電できます。


2016-12-27 19.07.06.jpg


バルセロナでは地下鉄構内に、充電場所が何か所かあります。

一度も誰か使っているのを見たこともないんですが、カフェ代を節約したい人や緊急時には良いですね。

3・5号線のサグラダファミリア駅は地下鉄構内のホーム、
1・2号線のUniversitat駅は、構内通路の途中、
2・3・5号線のPasseig de Gracia駅は地下鉄のホーム、
などに充電場所があり、派手に宣伝しています。



2016-12-27 19.07.10.jpg
地下鉄構内の、通路の途中。

一時期、地下鉄の電車の中でも矢印を見かけました。
こっちだよ!!とわざわざ矢印が書いてあります。(場所が少ないので)
まだ見かける頻度は少ないです。

DSC_2252.JPG
矢印をたどっていくと、こちら!?

DSC_2253.JPG
こんな感じ。

・・

モンセラへ行くカタルーニャ州営鉄道の電車内にもあります。
カタルーニャの州営鉄道が一番先に無料チャージ場所を導入しました。

 

 

・・・

 

その他、有料ですが、バルセロナのバスセンター(北駅)Estaioon de Norteにもチャージ場所がたくさんありました。

無料が多いのでせこい!と思いましたが、充電する人が多いんでしょうね。

 

写真は2016年の時です。

 



・・・

その他、裏情報として、タクシーも充電できるものを持っています。
コンセントなどの問題で使えるかどうかは違いますが。

もちろんそれはサービスではなく、本当はタクシーの運転手さんが自分で使う用です。

短い距離で頼むことはまずなく、ビジネスマンが貸し切りで長時間使うときなどに、ビジネスマンが頼んでいる姿を見ることがあります。

別料金をタクシー運転手に請求された話も聞きますが、
そうでなくても、もちろんチップを払ってる方が多いです。

・・
その他、カタルーニャ広場のアップルストアも充電できるとのお客様情報です。もちろんWIFIもあります。

・・
充電情報でした。

 

今週末から夏時間がスタートします!

JUGEMテーマ:旅行



ヨーロッパでは3月最終週の日曜日から夏時間がスタートします。
2017年は3月26日にあたります。

深夜2時が、突然3時に変わるわけですが、だいたい寝る前に時計を合わせるのが普通です。

今回は1時間進めるわけなので、忘れてしまうと、1時間遅刻します!!!


カルメンは実はおっちょこちょいなので、いつかヤッてしまう気がして、ドキドキしています。

飛行機、バス、電車などの移動がある人。
朝から観光がある人は、間違えないようにしましょう!!!


飛行機に乗り遅れるところだった!!という話を、時々聞きます。

バルセロナお勧めのロープウェイはどれ??

JUGEMテーマ:旅行

 


乗り物好きの方向けに、現地ガイドお勧めの乗り物をご紹介します。

みなさんが乗りたがるのは、バルセロネータというビーチ近くから、モンジュイックの丘へ上るロープウェイです。もちろんその逆もできます。

よく見かけるので、乗りたい!という人が多いです。
以前は個人客に頼まれて、たびたび同行していました。

しかし、難点は、まず、場所がちょっと遠いことです
ちょうどビーチにいればいいですが、日本人はあまりビーチには行かないのでわざわざ海岸沿いまで行かねばなりません。(市営バスがありますが、地下鉄までは歩きます)

モンジュイックの丘も不便な場所に到着します。ホテルがあるのでタクシーを呼んでもらうか、市営バスに乗るか、ケーブルカー乗り場まで歩くか。歩くか。行きも帰りもちょっと不便な場所なんです。

しかし大きな欠点だと思うのは、人気すぎて並ぶことです!!特に夏場にビーチ側から乗ろうとすると大行列。

私は40分ー1時間近くお客様と並んだ経験もあるので、混んでる時期の夏場にビーチから乗るのは本当にお勧めしません。本数も少ないし、外まで並んでいることがあるのですが、エレベーターで上にあがってからも、中でもまだまだ並びます。

もちろん、バルセロナ港を横切って、クルーズ船が来ていたら上からの面白い様子も見れて、すごく喜ぶ方もあるので、絶対に行きたい方や、混んでない時期であれば、いってみても良いと思います。

モンジュイックから乗るほうが混んでいないので、片道だけで利用するならば、モンジュイックスタートにしましょう。(その分行くのが不便ですが)

往復券買っちゃうと、2度並ぶので、帰りは捨てたくなっちゃうかもしれません。片道だけにしておきましょう。

・・・・

何か乗り物に乗りたいなー?程度だったら、もう1つのロープウェイの方がお勧めです。モンジュイック城に行くやつです。

場所はミロ美術館から歩いてすぐの場所にあります。地下鉄券で乗れるケーブルカー駅の隣で、移動も便利です。

ケーブルカーも乗ってみたい人が多いので、ケーブルカー&ロープウェイ(ゴンドラ)の2つを楽しめます。乗り物好きには良いルートです。

|浪偲乾僖薀譽覬悗泙巴浪偲瓦嚢圓、
△修海らケーブルカーに乗り(地下鉄と内部でつながっているので、外にでなければフリーで乗り継ぎができます)、
9澆蠅燭蕁⇔抉悗ロープウェイ駅です。(ロープウェイは別料金です)


このロープウェイはV字型にカーブして、頂上のモンジュイック城まで行きます。
お勧めはドアと反対側に座ること。

DSC_2103.JPG
バルセロナ市内も海の景色も、大パノラミックが見れますよ。

次々に来るので、たくさん並んでいても、たいして待ちません。ぱっとすぐ乗らなくてはいけないのですが、乗るときにちょっとスリルもあります?

もう1つの長所は値段も安いこと! 2019年ひさしぶりにいったらだいぶ値上げしててびっくりしました。
ビーチから来るロープウェイよりは安いですが、前よりだいぶ高くなっちゃいましたね。。。

帰りはモンジュイック城からバスがあるので市営バスで降りてくるか、
近くに、ツアーバスがやってくる展望台があるのでそこで写真を撮ってから、市営バスに乗っても良いです。(展望台にもバス停あり)

歩きたくない、市営バスを待ちたくないという人は、往復ロープウェイにしても良いでしょう。安いので。


DSC_2092.JPG

 

すごく天気の良い日。青空と青い海と、シーンとしてる上空の中、なかなか良いですよ。

DSC_2104.JPG

DSC_2102.JPG
途中、V字型にカーブします。

DSC_2099.JPG
ある日はモンジュイックの野外で、マクロイベントが開催中。

 

ガンガンに音楽が鳴っていて、若者が踊っている様子が上から見れました。
しーんとした中、景色は見れませんが、それはそれでスペインらしい光景かも!?

DSC_2100.JPG


 

 

最近 の街角写真

JUGEMテーマ:海外生活



ガイドは町を歩いてることが多いので、いろんな場面に遭遇します。
カルメンは取材をやることもあるので、特に他のガイドよりも街を歩いて店探ししています。


そんな中から紹介。
急いでいるときに、撮った写真も多いので、写真の出来栄えには目をつぶってお願いします。

DSC_1059.JPG
旧市街。立派な落書きはよく見かけますが、これは昔の教会らしき建物なんです。教会のドアにも落書きを!?に見えちゃいます。


・・・

カタルーニャ広場のところに、目の見えない方が手で触れるバルセロナ地図があります。

DSC_1021.JPG

DSC_1022.JPG
上から、
・現在地
・ユネスコ世界遺産
・クルーズターミナル

DSC_1023.JPG
モンジュイックの丘はこんな感じ。
オリンピック施設があります。
モンジュイック城って、上空から見ると、こんな形なんだ!とも分かるかも。


DSC_1024.JPG
エシャンプラ地区やグラシア地区。

DSC_1025.JPG
ティビダボの丘! 教会や遊園地があります。

DSC_1026.JPG
QRコードがあるけど、音声で紹介されるのかもしれませんね。

ひっそり目立たないんだけど、教えてあげたい♪
カタルーニャ広場の、観光案内所に降りる階段の近くです。

・・
DSC_1052.JPG

ピ教会の素敵な雑貨屋さんの入口。


・・
バルセロナの地下鉄。ある時電車がレトロ風に!?

DSC_0973.JPG

バルセロナのダリ美術館(とガイドブックに書かれている展示場所)、閉鎖しました

JUGEMテーマ:旅行



バルセロナのダリ美術館、とガイドブックで紹介されていた展示場所があります。
カルメンのページでも紹介していた、ダリワールドにひたれる場所です。
http://dodonde.com/dali2.htm

ここは、閉鎖しました。
最近、倉庫みたいになっていて、人もいないし、どう見ても閉まっている、、。

DSC_1027.JPG
入口近く。矢印の先は・・
DSC_1028.JPG
こんな感じ。あちゃー。


DSC_1029.JPG
突き当りのお部屋を窓越しにちらり。
まだダリの世界が少し残ってはいるけれど、、。

つい2週間ぐらい前に「行ってきた。楽しかった」と言っていたお客様がいたのに、すっかり閉まった状態。
別の日に、半開きで中に人がいたので聞いてみたら、、。
「完全に閉鎖」だそうです。

どこか違う場所にオープンする予定はあるのか?と聞いてみたら、可能性はあるが、まったく今の段階ではその予定もない、何も言えない、と言っていました。

広い場所だったので、あの空間を確保できるかは問題かもしれませんね。
ですので、今のところ、バルセロナで、ダリの展示は見ることはできません。




ところで、この展示。正式には、REAL CIRCULO ARTISTICO DE BARCELONA(バルセロナ王立芸術サークル)内の、一部の展示会場を借りて展示されていました。

DSC_1030.JPG
今はこの王立芸術サークルが建物を改装中なんです。



DSC_1031.JPG
2階にいくと、エレベーターにつながっていって。まだちょっと上はいけるところがあるようです。
DSC_1033.JPG
この2階は素敵な野外テラスのレストランバーがあります。
Barra Japonesaって書いてありますね。寿司バーでもあるのかな?
ここはまだ看板が出てるので、いけるようですよ。


話は戻ります。
どこにも「ダリ美術館」と書いていないのに、ダリ美術館と紹介する日本のガイドブックもどんなもんかと思っていましたが、この展示会が曲者だったかもしれません。

ダリ展示は、もともとは版画を中心に無料展示をしていたのですが、日米のガイドブックなどで紹介されて味をしめたのか?、「バルセロナのダリ美術館」または「バルセロナ王立芸術サークル」などのwebを作り、そこで紹介しはじめて、10ユーロもの入場料を取るようになっていたのです。

ダリとピカソは本当に人気なんですよね。
夏場にたまたま近くにいたら、ひっきりなしに人が入っていくのを見かけてました。

お客さんも結構、「バルセロナのダリ美術館に行きたい」」という人多かったです。ガイドブックも本物のダリ美術館よりも、大きく紙面を割いて紹介していました。(バルセロナのダリ美術館がトラブルってたようなので、それもどうかと・・と思ってました、、、)
ダリ美術館までいくのは面倒だし、市内でちょっと行くには便利なんでしょうね。

この「バルセロナ王立芸術サークル」のwebですが、、、。
あるとき、webがまったく別物になってしまったんです。

それまでは「バルセロナ王立芸術サークル」のwebをひらくと、まるで、それイコール=ダリ美術館のような内容になっていました。画面を開くと、ダリの顔が現れていたぐらいです。

それがある時、まったくダリのダの字もないwebに代わり、内容も、オープン時間もまったく違います。

聞きに行ったところ、王立芸術サークル側は、そんなwebがあったことも知りませんでした。

もしかしたら、一番最初にガイドブックに出た頃、ダリ美術館という名前で勝手に?宣伝したのかもしれませんね。
それでたぶんダリ美術館からクレームが出て、今度は王立芸術サークルという名前でwebを作る。
それももしかしたら誰かが気づいて、本物の王立芸術サークルのwebを作らなくては!となったのかもしれません。

王立芸術アカデミーが改装中なのがきっかけで閉鎖に至ったのか、いろんな方面とトラブったのか、賃貸の契約切れで更新に至らなかったのかもしれませんね。

閉鎖のお知らせでした。

これを機会に思い切って、フィゲラスのダリ美術館へもっと行くようになるかも?
新幹線でいけば、1時間です。

グエル公園の代わりに、お勧めの建築物(ガウディその他)

JUGEMテーマ:旅行



グエル公園は要予約で、場所がちょっと不便です。

絶対にグエル公園へ行きたい!という人は別として、、。
グエル公園の代わりに行きたいならば、どの建築物がお勧めかの情報です。


ガウディに限らなくてもいいのなら、ドメネク建築のサンパウ病院
世界遺産。華やかですごい建築です。場所もサグラダファミリアから地下鉄1駅の距離で効率も良いです。人数制限もやってないし、予約も必要なし。

値段重視だったら、いやそうでなくても、勧めのモデルニスム建築です。
以前はガイドツアーでしか見れなかった一番の見どころが今は自由見学でも見れるようになりました!
(ただしイベントをやる時はその部分がクローズすることもあるので、入場前に聞いてみましょう)

(音楽堂と似ている点はあるので、どっちかでも良いかも)

ガウディ建築であれば、グエル邸だって負けてません。

初期の建物であり、ガウディっぽい曲線の感じがしないかもしれませんが、非常によく考えられた建築です。こちらも世界遺産。入場制限もありますが、無料公開日以外はほとんど行列しません。

ランブラス通りやサンジュセップ市場の近くなので、あのついでならば、交通費も、時間の無駄もありせん。


お金が出せるなら、カサバトリョ、ラ・ペドレラも、もちろんすごいガウディ建築です。カタルーニャ音楽堂のガイドツアーも。もちろん全部世界遺産。どれを見てもきっと満足します。どれも町の中心部です。

そもそも、
・タクシーでお金をかけてグエル公園に行く、
・市営バスで時間をかけてグエル公園に行く、
よりも、本当にそんなに高くつく観光地でしょうか? 20ユーロ前後という目先の入場料の高さで敬遠しがちですが、中心部という立地は時間やお金の両方の面で、お得です。


グエル公園は私も大好きで、とても楽しいところです。時間に余裕のある人は本当に全部見てゆっくり過ごしても良いです。

ただし、半日のフリータイムで事前予約もしていない人は、他にもいろんな観光地がありますよー、と大声で言いたくなってページを作りました。

プッチ・イ・カダファルク建築のCasa de les Punxes 一般見学がスタート

JUGEMテーマ:旅行



一般公開の準備中だったCasa de les Punxesが見学をスタートさせました。
モデルニスム建築家のプッチ・イ・カダファルク代表作です。


予約はClorianから。

祝! グエル公園の柱の天井のモザイク修復がようやく終わりました!

JUGEMテーマ:旅行



2013年から一部が有料化したグエル公園。

その当時から、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、
幕がかかったままの、天井モザイクの修復が終わりました!!

しかもずーっと幕がかかっていて、一切見れない状態になりつつ、
長いこと、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、
誰も働いてるのを見なかったです。

この3年で誰かいるのを見たのは3度ほど

2年ぐらい前に、グエル公園にいた警備員に「ほとんど見かけないけれど、工事をしているのか?」と聞いたことがあります。来てるのを見たことがあると言っていたので、私が見たよりは?回数は来てたのかもしれませんが、確かにほとんどいないよねとも同意していました。

一時期は階段のところの、一番美しい陸橋のところも工事をしていて、見れないことも。
これはすぐ終わりましたが、当時、私は不満だらけでした。

有料にしたくせに、工事ばかりとは何事だ!
2か所も見どころが見れないから、安くするべきだ!(海洋博物館は改装中は値段を下げてました)
などと。

あと何が納得いかないって、4つ天井のモザイクがあるんですが、4つとも幕がかかってるんです。
作業をしているのを見かけたとしても1か所だけ。4か所いっぺんにやるわけではない。
もしかして状態が悪くなりすぎてるのかもしれないけれど、修復前にはそうも見えなかった。
どうせ幕をかけて見えないようにするなら、1つずつにしてくれ!!って思ってました。
他の3つは見れるのに、と。

そしてこの1週間ぐらいの間に2度、ひさしぶりに!!(たぶん1年以上ぶり!!!)、修復士がいるのを見たのです。
おお!!ようやくやり始めたか、、と思ったら。。

突然、昨日完成してました!
しかも4つとも全部修復終わり!!

そんなにすぐに終わるなら、この3年はなんだったのか???と思わないでもないですが、
とにかくおめでとう!です。

今来た方はようやく綺麗な天井が見れますよ!



モンセラの少年合唱団 夏の長期バカンス中(スケジュールはwebで確認できます)

JUGEMテーマ:旅行



モンセラの修道院付属の少年合唱団(La Escolania)は毎年恒例の夏休みに入りました。

6月25日から8月21日までお休みです。

いつ歌うか?は、少年合唱団のweb内のカレンダーで確認できます。
コンサート遠征の前後はスケジュールが突然変わることもありますので、前後も注意しておきましょう。


バルセロナで邸宅見学が大流行!?

JUGEMテーマ:旅行



ここのところどんどんモデルニスム建築を始めとして有名な邸宅が内部観光をオープンさせています。
新聞記事から、どんな建物が出てるか、ちょっと抜粋して紹介します。

ーーーー

アントニオ・ガウディのTorres Bellesguardは2013年から内部公開。
ジュセップ・プッチ・イ・カダファルク建築からは、Casa Amatllerが、そして今年の2月から、Palau Baró de Quadrasの2階と屋上が公開されている。

リュイス・ドメネク・イ・ムンタネール建築では、Casa Lleó i Moreraが2014年から内部公開。
Telm Fernández建築のCasa FelipとEduard María Balcellsla Casa Rocamoraが最近から公開。

ガウディ建築は年内か、来年初めにはCasaVicencが公開予定。
つまりもうちょっとすると、ガウディ建築で通常公開していないのはテレシアナ学院とCasa Calvetのみとなる。
(注・テレシアナ学院は休みの時期やイベント時に見学可能。カルベットは一部がレストラン)

プッチ・イ・カダファルクはCasa de les Punxesに博物館ができる予定で、今年6月が公開予定。

ーーーー

スペイン語の新聞記事はこちら。
上記はほとんどがガイドツアーや予約などのみ公開しています。毎日あいてないところもあります。

モンジュイックのケーブルカー(Funicular) 約4か月間運休

JUGEMテーマ:旅行


また?って感じですが。

地下鉄のパラレル駅直結で運行していたモンジュイック丘へのケーブルカーですが、
2015年11月4日から運休しています。

今回はなんと約4か月になる予定だそうです!!


以前の運休の時と同じであれば、パラレル駅のすぐそばから、代替バスがモンジュイック丘まで動くかもしれません。

11月以降、冬の観光地、オープンクローズ時間にご注意!

JUGEMテーマ:旅行


10月末に夏時間が終わると、11月からは急に暗くなります。
夏は21時半でも明るいのに、11月初旬の日の入りはなんと17時40分。

18時には暗いですので、モンジュイック丘の展望台などへ行くなら、明るいうちにいきましょう。

観光地も同様に、早く閉まります。
10月まで20時でもオープンだったのに、11月から18時なんて場所もありますから、要注意です。


私もうっかりして、18時にサグラダファミリアが閉まることを失念してました。

自分の覚書も兼ねて、主な観光地のオープンクローズをご案内します。
最終入場が早い順に並べています。


(12月24、25日、26日、12月31日、1月1日、1月6日は、以下のスケジュールと違う場合がありますので要確認しましょう)


・グエル邸 10時ー17時半まで (最終入場 16時30分) 3月末まで

・グエル公園 8時半から18時15分まで (最終入場17時30分) 3月28日まで
しかしあまりギリギリにいくと薄暗くて、きれいな写真は撮れません。やっぱり太陽の光の強いうちに行きましょう!

・サグラダファミリア 18時まで。(最終入場17時45分まで)  2月末まで。

最終入場15分前と書いてありますが、早めに追い出されようとしたことがあるので、疑問です、。
しかも15分前には売店も閉まります。
詳細はガイドネタをどうぞ。


・カサミラ(ラ・ペドレラ)  18時30分まで(最終入場 18時まで) 2月26日まで。

ただし12月26日から1月3日までの冬休み期間は 20時30分まで(最終入場20時まで)


・ピカソ美術館 9−19時まで。木曜日は21時半まで。 年間変わらず。
・ミロ美術館 10−19時まで。木曜日は21時まで。日祝日は14時半まで。 夏場3か月以外。


・Casa Batllo 21時まで。 (最終入場20時まで)





2015年メルセ祭≪バルセロナ)、聖テクラ祭(タラゴナ)のプログラムができました!

JUGEMテーマ:旅行


バルセロナのメルセ祭のプログラムはこちらのwebからどうぞ!


9月23日の夜21時と、22時半に、カサバトリョではMappingが行われます。
ユネスコ世界遺産に登録されて10年の記念イベントです。


ちなみに、メルセ祭の頃、サグラダファミリアで毎年Mappingが行われていると思ってるお客様が多いですが、サグラダファミリアでは毎年はやりません。去年はやりませんでしたし、今年もやるというニュースは聞いてません。

毎年やるのは市庁舎のファサードです。レベルはちょっと落ちますが、期間中長くやってます。
今年はバルセロナの顔というタイトルで、市民が自分の顔写真を応募できるようになっていました。
地元の知り合いがいる人の方が楽しいかもしれませんね。



タラゴナの聖テクラ祭のプログラムは、こちらのwebからどうぞ!

モンセラへの乗り物、ストライキ情報!(2015年)

JUGEMテーマ:旅行


今週の土曜日、16時35分より、モンセラの登山電車とロープウェイがストライキに入ります。

降りてこれなくならないように?注意しましょう。


混雑も予想されるので、可能だったら別の日が良いですね!
しかし時間は迷惑になりにくい時間なので、観光客に多少は考慮しているような気もしますが、、。

(こちらは一番混む時に、がっつりと、飛行機がストライキしたりするのも普通ですからね、イースターの時期は多いです)