5月18日 バルセロナ・マドリッドなどを除き、Fase1(1段階目)

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

今日5月18日から、カナリアス諸島のうちラ・ゴメラ島とエル・イエロ島はFase2(2段階目・2フェーズ)へ入りました。

 

(画像新聞El Paisより)

 

バルセロナ市とその周辺都市。

マドリッド。

マドリッド周辺のカスティーリャ・イ・レオン州などは、Fase0のまま。

それ以外はFase1に入りました。

 

 

バルセロナはまだなのでFase1の法令はまだ読んでいません。(笑)

 

最近の状況は

・1日あたりの死者数がようやく100人を切りました。

 

スペイン女性の名前はみんな聖母マリア様!?(1960年代〜2016年までの統計)

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

JUGEMテーマ:海外生活

 

ツアーでバスの運転手さんを紹介すると、

「昨日もその前もホセさんだった」

「3日間ずっとアントニオさんだった」

とお客様に言われることがたびたびあります。

 

 

スペインは聖人の名前が多く、名前にバリエーションがないんです。

しかもお父さんやおじいちゃんの名前を息子につける人もいるので、家族で同じ名前。紛らわしいものです

 

広場でホセー!と呼びかけると、大勢が振り向くという話もあります。

 

さすがに新生児は変わってきまして、古い名前は少ないと思っていましたが、2016年の調査で驚きました。

 

 

 

続きを読む >>

新型コロナウィルス関連ニュース / スペインの免疫数は人口のたったの5%!免疫力には期待できず!?

JUGEMテーマ:新型インフルエンザ

 

 

「一度感染して免疫がついたら、もう2度と感染しない」

この説は不確かだなと思っていました。

 

2度感染した話を時々聞くからです。

そう思っていたら、やはり、免疫は期待したほどできていない、という数字が発表されました。

 

・・・・・

また予備段階の発表だがスペインでの免疫率は良いニュースではないようだ。

 

数字によると、5%のスペイン人ー約200万人以上ーが感染したようだ。5月3日の時点で死者数が2万5400人なので、死亡率は1.1%という計算となる。

 

新型コロナウィルスの死亡率は05%〜1%とされていたので、この死亡率は少し予想より上回る。検査されなかった5900人の死者が感染の疑いがあるとされるので、これを含めると死亡率は1.3%にあがる。死亡率はスペインでも地方によって差が大きい。

 

05%〜1%tという死亡率の計算は、実際にどれだけが感染しているのか不明なので、全員を検査したクルーズの、ダイアモンド・プリンセスの数字をもとに算出されている。スペインの死亡率は他国に比べて高い。

 

【年齢別】

 30年代の死亡率は0.02%。

65歳前後は0.4%。75歳以上は1.5%。90歳以上の5人に1人は死亡している

 

【1/3の無症状者】

33%の陽性者が、検査前の数週間の間、なんの症状も感じなかった

これは世論調査よりは低い。世論調査では約40%近くが無症状。

 

 

この調査では、免疫に期待するのは戦略として失敗であることがわかる。

免疫に頼って、感染の広がりを抑えるためには、人口の50-60%が感染しなくてはならない。しかし、そうすると、1%が亡くなるとして、20万人か30万人が死亡する計算となる

 

 

・・・・

 

(新聞El Pais記事より)

 

スペインの半分が次の段階へ。マドリッド・バルセロナは規制緩和されず

JUGEMテーマ:海外生活

本日5月11日(月)から、人口でいけば半分のスペイン人が次の段階(Fase1)へ入りました。
友達や家族に会え、テラス席で飲食できます。
条件に満たなかったマドリッド、バルセロナなど(色の濃い地区)はお預けです。Fase0のまま
地区ごとにわかれているので、まだら模様の州もあります。
早まることもあるかもしれませんが、次の審査は2週後です。
・・・
 気が緩み始めた話も聞くので、注意が呼びかけられています。
 田舎の友達によると、田舎はもう好き放題しているらしいです。(感染が少なく、カタルーニャでFase1へ進めた地域ですが・・・)
・・・
昨日の数字によると、昨日の死者は123人。
昨日の新しい感染者は373人。
どちらも非常事態が宣言されてから最も少ない数字のうちの一つとなりました。
(カルメン注・「うちの一つ」なので、まだ最も少ない数字に達してはいないんですね)
(数字は新聞20minutos.より / 写真は新聞El Paisより)

 

 

 

ロックダウン中の違反者、実際に罰金を受けた人はどのぐらい? 刑務所行きもあり!

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 

 

非常事態宣言が出た日から、スペインではものすごくパトカーが回り、違反書類を切っています。

 

家を出たらパトカーを見かけた、罰金をとられてる人を見かけた、よく聞きました。

 

実際にどのように罰則を科しているのでしょうか。

 

 

続きを読む >>

パチンコ屋さんが休業に応じない!? スペインでは高額罰金があります

 

パチンコ屋さんが休業に応じないと日本で話題ですが、スペインでは罰金です。

 

日本が罰金も何もないのに自粛するのは、日本人の国民性

スペインは罰金がなければ確実に従いません笑。

 

ロックダウンと同時に罰金額と一緒にが発表された時、「スペイン人はスペイン政府にも信用されていないんだな」と思いました。

初日から警察がものすごくパトロールしていました。

 

・・・

なお、

強制的に営業停止となった職業には援助金が支給されます。

営業停止の職業ではなくても、大幅収入減を証明できた会社・フリーランスには援助金が支給されます。

家賃援助や、社会保険の支払い延長なども可能です。

 

金額は十分じゃありませんが、援助の発表が早かったことも日本とは大きく違いますね。

ある程度の安心材料になりました。

 

 

罰金額ってどのぐらなんでしょう?

Onda Ceroのwebから罰金額リストをご紹介します。

 

続きを読む >>

スペインのロックダウン解除 Fase0 / レストランなど飲食業の義務・対策

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

 

スペインで3月14日に営業を禁止された店が、5月4日から条件付きでオープンできることになりました。約50日ぶりです。

 

しかし条件があります。ショップについては別記事を御覧いただき、ここではレストランなど飲食業について書きます。

 

 

・・・

 

飲食業は、デリバリーか、テイクアウトで、営業が可能。店内での飲食は不可。

 

 

 

オープンできる条件・対策

 

続きを読む >>

スペインのロックダウン解除 Fase0 / 接客業の店舗オープンにあたっての義務・対策

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

スペインで3月14日に営業を禁止されたすべてのお店が5月4日から条件付きでオープンできることになりました。Fase 0(0段階目)です。

 

 

法令を読んでみましたので、詳細をお伝えします。

 

続きを読む >>

スペインのロックダウン解除 Fase0

JUGEMテーマ:海外生活

 

スペインでは段階を踏みながら、少しずつロックダウン解除に動いています。

 

一足先に426日(日)から条件付きで散歩が解禁になった14歳未満の子供達に続き、全国で次のようにスタートしました。

 

条件などは発表後すぐの訂正も多いので、おおまかな情報として御覧ください。

 

 

【0段階】

52日(土)からすべての人が、散歩もしくはスポーツが可能となりました。ロックダウン48日目のことです。

 

条件

11のみ、自宅から1キロの範囲での散歩か、居住地市町村内での個人競技スポーツ

・年齢によって時間帯が決められている(画像参照)

・単独で、もしくは同居人1人と。介助人は別。

・周りの人と2mの距離を保つ

・スポーツは不要な休憩は含めず、続けておこなう。

・スポーツ施設の利用はできない。

・スポーツをする場所へ行くために車や公共交通手段の利用はできない。

・人通りの多い場所の利用を避ける

14歳未満は、1日1度、自宅から1キロの範囲で、1時間までの制限あり。大人は二人の子供まで同行。

・子供の同行をして散歩に出た親は、それとは別に自分のための散歩・スポーツが可能。

 

 

【時間帯】

 

12-19hは14歳未満。

10-12hと19-20hは70歳以上。

 

 

禁止対象者

・新型コロナウィルスの症状がある人、

・陽性もしくは濃厚接触者として自宅隔離中の人

老人ホーム・介護施設の入所者

は上記の行動は禁止

 

・・・

 

 

5月4日から次の行動も可能となります。

・食料品、新聞、たばこの購入

・事前予約で美容院・理髪店のオープン。動きに問題がある人々へ美容師・理髪師の家庭訪問

・バル、レストランはテイクアウトが可能(それまでは配達のみだった)

・自分の町なら、港へ行き、マリンスポーツをする

・同じ町の自分の畑での作業

 

 

 

次は1段階(Fase1)に進む予定です。

フォルメンテーラ島、ラ・ゴメラ島、ラ・グラシオサ島、エル・イエロ島の4島は、Fase0をスキップし、Fase1に入りました。

Fase1については、次回お知らせします。

 

 

(情報はスペイン官報BOEより

 

 

新型コロナウィルス − 肺の状態に敏感になるべし!

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

 

日本でも自宅待機をしていて、急変して間に合わなかった方のニュースが出ていましたね。
スペインでも同様の話はすでに別ページでお知らせした通り。
 
なぜ呼吸の異常に気づいたか? 知り合いの感染者によると。
・マスクをして家事をしていると、息がハアハアと苦しくなった。
・掃除を始めて2分ほどで、ハアハア息切れしはじめた。
・いつも歩いている階段で息切れした。
 
マスクの方は、マスクを取ったらおさまったので「マスクのせい」と思ったそうです。でも、今までマスクして動いてもそんなことはなかったので少し気になっていた。最後はベッドで読書中に呼吸が荒くなって、本当に変だと気づいたそう。
 
小池知事が具合が悪そうな日に、「息が苦しい。マスクしてるからですね」と言ったそうですが、1つの注意信号だと思います。私は(ガイドからお客様に感染させないために)マスク着用で観光するよう会社から指示され、生まれて初めてマスクをつけて観光しましたが、4時間話しても息は苦しくなりません。
 
日本で感染が発覚した男性アナウンサーも、階段で息切れで気づいた、と報道されていましたね。
これらは呼吸器官が弱っている証拠なので要注意なんですが、まだ重症ではないので、動くか、自分が注意してない限り、見落とす可能性もあります。
 
日本成人病予防協会には、一般的に、息切れの気づき方として、次のポイントを紹介しています。
坂や階段を上がるときに息切れがする
●平らな道を歩くと、人よりも歩調が遅れる
●平らな道でも、休みながらでないと歩けない
●会話や衣服の着脱など、簡単な日常動作でも息切れがする
 
そういえば健康体だと思っていた私の父は、健康診断で、よくこれで今まで生活してきましたねとお医者さんが驚く「徐脈」とわかり、急きょペースメーカーをいれました。
 
まったく気づいてなかった父が思い当たるふしとして、遠足に行ったときに、みんなよりもだいぶゆっくりの歩みになったなあ、と思ったそうなんです。これだけでしたが、歩調が遅れるのは重要な目安なんですね。知っておくのは重要です。
 
・・
ところで、今、スペインでは外出禁止令なのでみなさんほとんど家にいます。
 
買い物・家事・掃除も母親・妻にやってもらい、ネット見ながらゴロゴロしている若者や、在宅で仕事をしている男性は動いていないと、異常に気付けません。感染してベッドに寝てる方もそうですよね。
 
自宅にいる時にも、息切れがしてないか、呼吸の状態に敏感になり、少し体を動かしてみたり、気を付けてみましょう。染の疑いがあると、熱を1日2回図るように指導されますが(熱は下がったり・上がったりする人もいる)、新型コロナウィルスは、気づかないうちに急激に進んでいる、特徴があります。感染者は、呼吸も1日2度チェックし、軽く動いたときや、いつもの日常生活で、息切れや、苦しそうな呼吸になっていないか、歩いてる時に休憩したくなってないか。自分で敏感になると急激な変化に気づけるかもしれません。
 
スペイン新聞ニュースの案内をするはずが、みなさん息切れには注意してみて!という呼びかけの個人的な記事になりました。みなさん本当に気を付けてくださいね。

東京のスーパー入店制限? ー スペインでは3月中旬からとっくにやっています!

 

東京でスーパーの入店方法について議論されているので、スペインの事情をお知らせします。
ロックダウンの日から、入店方法は次のように制限されました。

 

 

続きを読む >>

新型コロナウィルス − 一度感染したら、もう安全なのか?

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

日本の方から、「一度感染したらもう抗体ができてるから、今後大丈夫なんですって」と言われました。

確かにスペインでも同様の報道がされていました。
しかし、私は人の命に関しては「絶対安全」は信じないので、個人的には今のところは懐疑的です。
ウィルス自体が途中で変化するかもしれませんし、いつまで有効かもわかりません。
回復し、退院した人が再び感染したとニュースも時々耳にします。
2度感染したのか、実は完治していなかったのかは不明ですが、2度めの方が悪化する、という情報もありました。
・・
今、世界では抗体検査について報道がされています。
NY州住民の7人に1人、抗体を確認した、というニュースも流れました。
反して、スペインでは、抗体検査の結果が思ったより悪い、と報道されています。オランダや上海の検査で思った結果が出てないとか。
もっとも、本格的な抗体検査はこれから各国で始まります。スペインも4月末から大掛かりな検査に着手すると報道されています。まだまだ未知なことはたくさんあるので、感染して治ったから大丈夫と思わないようにしましょう。

 

新型コロナウィルスで、容態が急変。どんな風に急変するのか??

JUGEMテーマ:新型インフルエンザ

 

 

コロナで人が亡くなる原因として、急激に悪化し、間に合わないこと。ありえないスピードで急変すると、スペインでも以前から報道されています。

 

 

ただ、どのような症状から、どう悪化して、どう間に合わないのか、これは今だにあまりニュースになりません。身近に肺・心臓の持病持ちがいるために、どう自分の体の変化に注意すべきなのか、ぜひ知りたい。マスコミもこういう報道をしてほしいです。

 

 

 

お医者さんは忙しすぎて発表する時間もないでしょうが、本人・家族・周りから情報があれば、これが警告となり、少しでも死亡を防ぐことになるかもしれません。

 

 

知りたいと思った原因の1つが、スペインで亡くなった医療関係者のニュースです。
記事が探せませんので記憶に頼って書きますが、たしか医療関係者の2・3人目の死亡者でした。

 

 

亡くなったのは女性ドクターで、50代後半だった気がします。症状が出たので自宅待機をしていたところ、いつのまにか自宅で亡くなった、というもの。

 

 

 

このニュースに驚きました。
急変して、一人暮らしだったから、間に合わなかったのだろうか。
ドクターだから自分の体の状態が危険であるかわかるはず。
その暇もないほど、事前に察知できないほど急変だったのか
大変恐ろしいことですよね。ドクターが判断できないなら、医療に無知な市民はどう判断して病院へ行けばいいのでしょうか

 

 

 

・・・

 

志村けんさんの容態悪化について、主治医さんが詳細を語っています。
・自分が駆け付けたときには救急車を呼ばなければいけない状態で、毎分10リットルの酸素を吸入しながら病院に直行しましたが、それほど体内の酸素が足りていなかった。(文春の記事はこちら)

 

 

主治医を呼ぶより先に救急車でしょ、と思うかもしれませんが、ひどければもちろん救急車を呼んでいるはず。呼んだ時点ではそこまでではなく、主治医さんを待っている間に急変したと思われます。

 

 

・・・

 

どのぐらいで急変するか情報が少ないですが、報道や、一般の人のコメントから集めた、数少ない情報は次の通りです。
・自分の父親は2日前まで無症状で元気だった。2日後に病院に行ったら、レントゲンで父親の肺の状態はかなり悪いところまで進んでいた。
・1時間前まで普通に話していた。それが急に悪化し、救急車で運ばれた。
・急に呼吸が苦しくなり、緊急番号に電話した。電話した時点で、こちらの息があまりにもひどいのが電話越しにも伝わったため、向こうから救急車を手配してくれた。
・(看護婦さんの話で)10分で悪化する。10分で逝かれてしまって、間に合わない。

 

 

・・・

 

 

イギリスのボリス・ジョンソン首相も人口呼吸器をつけるほどではないが、「念のため」入院となり、途中でICUにも入りましたが、24時間看護婦が横で待機している、とスペインで報道されていました。これは急激に悪化して10分で間に合わなくなるようなことを避けるためと思われます。(関連記事・BBCニュース日本語版はこちら)
上では2日で悪化した例を書きましたが、症状が出て1週間後に変化するという報道も多かったです。(4日後かぐらいからの人もいるが)1週間後に悪化するか、治っていくか、変化を見せ始めると

 

 

 

私の周辺の人はまさにその通りの経過です。
症状が出て1週間後に悪化する or 治っていく
・悪化した人は3日間ほど心配な状態になる
・その後、回復の兆しを見せる

 

 

 

治るまでが遅く、回復し始めてからも10日ほどかかります。まだ咳が出る。まだ熱が出る。熱は下がったり上がったりします。
症状が出始めてから3週間から1か月かかる人も多いです

 

 

 

一度回復を見せたのに再び悪化する話も聞くので、治ってきてからも、栄養と睡眠に十分気を付け、しばらく養生した方が良いでしょう。

 

 

・・・
<個人的なつぶやき>
小池都知事が咳と痰で具合が悪そうだったという報道を見ました。
急激に悪化するかもしれないので、周りも本人もよく注意してください!もしもの時はジョンソン首相ぐらいの念のための厳重体制は敷けるんでしょうか。
マスクをしてたら苦しいですね、と言ったそうですが、マスクをしていつもは苦しくないのに苦しくなるのは呼吸が悪くなってないですか?次のページは、どんな風に肺が悪化しているかをチェックするか、の話です。

新型コロナウィルス − 乳児も若者も亡くなっている!

JUGEMテーマ:病気

 

スペインで病気が流行して1か月。身近に感染者がいた事もあり、早くから真剣に病気の情報を収集してきました。
 
日本の方はまだ病状に詳しくないように思います。知って欲しいと思い今日の記事を書いています。
 
まず、
・若い人は大丈夫。
・高齢者だけが危ない。
・持病がなければ大丈夫。
 
これは大間違いです。割合として圧倒的に高齢者が多いのですが、20代の若くて健康体の人も重篤に陥ります
 
死亡ニュースが高齢者が多いだけで、若い人が自分は大丈夫と思い、どこか他人事。遠くで起きていることのようだ。これは大変危険です。
 
例えばイタリアで第一号の感染者は筋肉隆々としたスポーツ好きの健康な38歳の若者でした。18日間も意識不明で、人口呼吸器をを付けた状態から、回復しました。病状は急変し、あらゆる薬を試しながら長い間状態が変わらず、そしてようやく回復の兆しを見せる、という経過だったそうです。(新聞記事を探してきました。スペイン語です
 
日本でも最初の頃、20代の女性が重篤になったとニュースでありましたよね。
 
・・・
 
スペインではグラフ付きの完璧な統計が数日おきに発表されています(スペイン保健省WEBより)。これは4月16日の年齢別情報です。
 
子供は大丈夫と言われてましたが、2歳以下でも、死亡が2人(涙)。
ICUに入っている乳児は15人もいます。入院は103人
ご両親はどんなに心配でしょう。
 
15歳から29歳でも、1000人近くが入院。53人がICUで治療。死亡者が17人。
30代で入院が2340人を超え、ICU入りが150人。死亡者は33人。
わりあいで行くとわずかです。でもこの数字は少ないですか?
 
わたしは命にかかわることは割合で考えてはダメと思っているんです。
数人でも亡くなった例があるなら大変危険に値するんです。子供は大丈夫と言われていたけど、亡くなった子供がいる。それが、あなたの大事な人かもしれないでしょう?
 
20代、30代でも、20人30人と亡くなっているわけですから、本当に全員が気を付けてくださいね。
50代、60代の死亡者だって、合計で1000人を超えてます。
 
亡くなる原因のひとつして、急変するので間に合わない!というのがあります。

新型コロナウィルスースペインでの電話診察と、実際の診察現場の様子

JUGEMテーマ:海外生活

 

スペインでは新型コロナウィルスで病院が飽和状態のため、病院へ行く前に、まず電話をしてください、というシステムです。実際に電話をした友人の例をお話します。

 

 

電話は州によって電話番号が違うんですが、電話すると、5分ぐらい待ってオペレーターに電話がかかります。

ここで名前や年齢や症状を話します。

「救急車を呼びますか」とも聞かれたそうです。

 

本人が救急車を呼ぶほどではなく今は大丈夫と伝えたら、「ドクターに電話をおつなぎします」

「大変混みあっているので、1時間待つこともあります」

「スピーカーをONにして、お待ちください」

「でも必ず待ってください」

「絶対電話を切らないでくださいよ!!」と強く強く言われたそうです。

 

1時間15分近く待ったそうで、症状が改善したこともあり、オペレーターがあんなに強く主張しなかったら、電話を切ってしまったかもしれないと言っていました。

 

でも、また電話をかけることを考えると、そのまま待ったそうです。

ドクターと話をしたあと、病院で複数検査を受けた方が良いと言われ、夜中に病院へ行き、複数の検査をし、その頃には熱もおさまり、肺の状態も大丈夫ということで、自宅へ戻ったそうです。

 

・・・

この電話受付をしてくれる人や電話診断をしてくれるお医者さんはもしかすると、医療関係の学生、インターン、引退ドクターかもしれません。現場で人数が足りないので、もうリタイヤーしたお医者さんや医師免許を取る前の人も駆り出すと報道されました。さすがに免許のない人にさせることは限られているし、年齢が高いとリスクがあるため、電話診断や、感染と無関係の仕事や、ドライブスルーで感染検査をする仕事などについてるとも聞いています。また命の危険性があるので人数は多くないとも言われています。

 

 

・・・

おまけで病院の様子。

 

普段はスペインでは自分の最寄りの公立診療所にいきます。CAP(Centre d'atenció primària

これは夜中はあいてないんですが、CUAP(Centres d'urgències d'atenció primària)という24時間の救急診療所があり、そこに来るように言われたそうです。

 

総合病院は感染の人たちで飽和状態なので、そこではないのは安心です。

 

夜中12時近かったので、その診療所は、受付が一人。看護婦さんが一人。先生が一人だけ。患者は4人しか見なかったそう。

 

受付前には、紐が貼られ、1M以上離れて、さらにガラスの向こうのブースにいる受付と話しをするので大声で話す仕組み。

また診察室へは入り口は分厚いビニール仕切りでおおわれている。

 

 

看護婦さんは宇宙服よりももっとすごい完全防備。顔部分はガラスのヘルメットみたいなもので覆っていたそうですが、

お医者さんはマスクと、軽いビニールプラスチックで顔を覆っていて、しかもずれていたそう。一人の患者が終われば、座っている椅子も全部消毒し、すぐ横にバケツがあり、看護婦さんが掃除していた、と言っていました。

 

 

 

・・次のページはもっと重要な話

新型コロナウィルスで病院に行った方が良いか調べるアプリ

JUGEMテーマ:医療崩壊

 

カタルーニャ州ではコロナかどうかを判断するスマホのアプリがわりと早くからあります。
スペインでは病院に行く前に電話という仕組みですが、この電話も大変混雑しているため、カタルーニャでは電話の前にアプリで試す仕組みです。
 
このアプリで、持病もあるし、症状も少し出ていた友人が、
・心臓と肺の持病がある
・呼吸と心臓に症状が出てる
の項目をクリックして、本人は大変心配していたにも拘わらず、最後のページで、
 
今は日常生活ができる
をOKにし、
今の体の調子が(とても悪い、悪い、ちょっと悪い、大丈夫)のうち、
ちょっと悪いに印をつけたところ、
 
最終診断は
・あなたはコロナウィルスの感染者の疑いがあります。かくかくしかじかのことをしつつ、自宅で2週間待機しましょう。毎日2回このアプリを使いましょう。気になる人はこちらに電話をかけてください。
で終わりだったそうです。
 
心臓と肺の持病があるにもかかわらず、
しかもその症状が少し出ているにもかかわらず、
年齢も中年であるにもかかわらず、
コロナの疑いがあるとの診断にもかかわらず、
今は大丈夫なら、自宅で安静にという方針には驚きだったそうです。
 
まだ電話しなくていいんだ、という安心にもなった、と言っていました。
コロナであるにもかかわらず、家にいていいのは、治る可能性が高いことの証拠でもあります。あまり病院へ来ないでください、という方針も伺えます。
 
ただ実際には持病があるので周囲が心配し、電話をしたところ、呼吸が心配な人はすぐに電話をしなくちゃダメだと怒られたそうなので、呼吸がいつもと違う人はすぐ行動を起こしてくださいね!
 

 

電話診察と実際の診察の状況もお話をします。次のページをどうぞ。

新型コロナウィルスの検査をしてくれない → バルセロナでは検査しません!

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:医療崩壊

 

今のスペインでは、
1.多少の熱や味覚障害程度などで日常生活に問題ないならば、家で2週間隔離待機してください。
2.息切れ、心臓などの問題が少し出たら、すぐに電話をしてください
3.息切れ、心臓などの問題が強くなったら、すぐに緊急病院へ
という仕組みになっているよう。
 
と前ページで書きましたが、
実際には、1=多少の症状が出てる人も、心配になれば、医療機関とコンタクトを取ります。
 
病院に不必要に来ないように、まず電話や、一部の地区ではアプリで、コンタクトを取る仕組みになっています。
 
お医者さんと電話で話をしたあと、時にはバルセロナでも、なんと自宅へ往診してくれるそうです。多忙を極めていると思いますが、びっくりですね!夜の23時に電話が終わり「今晩医者が行きますから」などと言ってくれるそう。本来スペインでは本当に夜間・週末に働かないお国柄なので、緊急ではないのに夜中でも往診してくれうことに驚きます。病院へ来て検査をしてください、と言われることもあります。
 
でもそれらのことがあっても、結果的に軽症と判断されれば、あなたはコロナでしょうけど、あとは家で安静にし、2週間隔離してくださいと指示されるのです。それでここでは1、としました。
 
軽症であるというのは、呼吸や心臓に支障がない人です。
 
コロナウイルスにかかっても
・肺炎に至らずに治る人と、
・肺炎の症状が出る人、
がいるんです。また心臓の持病がある人も要注意です。これらは急にひどくなるので呼吸大丈夫か、階段などでゼエゼエしてないか、自分でよく気を付けておきましょう。
 
あなたは感染しているでしょうと言われた友人たちも、特に検査がなかった、と言っていました。症状で感染しているかを判断しているようです。そのうち、どのぐらいの人たちが、正式に感染者の人数にカウントされているかはわかりません。
そしてその中から、肺の中の酸素量の検査や、レントゲンで肺の状態を調べて、肺に問題のない人は、コロナであってもご自宅へ、肺に問題がある人は入院などへ、となるようです。
次のぺージではアプリを使った人と、その診断についてお知らせします。

新型コロナウィルスの検査をしてくれない → バルセロナでは検査しません!

JUGEMテーマ:医療崩壊

 

日本で新型コロナウィルス感染者が増え、現場で混乱が起きているようなので、スペインではどのような対策が取られているかのお話を書いていきます。
 
ずっと気になっている日本の人々の声はこちら。
 
・・・
「新型コロナウィルスの検査をしてくれない」
「検査の拒否をされた」
(芸能人やスポーツ選手が検査をされたニュースを聞いて)「どうして優先的に検査がやってもらったのか」
 
・・・
 
スペインでは感染が増えすぎた一部の都市で(マドリッド、バルセロナ含む)、早い頃から、「検査はしません」という方針が発表されました
 
検査をするのに有効なのは
1.感染者数が少ない場合(感染源を調べて感染経路を絶つため)
2.おさまってきた頃(日常生活へ戻れるかの判断)
3.感染しやすいと思われる場所で集団感染が発生していないか
4.人と接する公共職業の人の調査(あらたに感染を広げる可能性がないか)
などの場合です。
 
今現在は2・3・4に入ってきたので、検査がスタートし、老人施設で検査する。裁判官たちの検査をする、などと次々に報道されていますが、医療機関にある程度余裕が出てきたからだと思われます。
 
非常事態宣言をして、感染拡大になってきてバタバタしている場合、医療現場は検査よりも他に優先すべきことがあります。
 
なぜなら、新型コロナウィルスの特徴として、
・8割は重症には至らないから。
・2割は重症になりICUに入るほどになるから
(注・割合は途中で報道されていた割合で、最終的には分かりませんし、国によるかもしれません)
 
軽症の人までどんどん病院へ来るようになると、重篤者への治療ができません。他の病気で来ている免疫の弱まっている患者や、不特定多数と毎日会う医療関係者を感染させる原因にもなります。
 
今のスペインでは、
・多少の熱や味覚障害程度などで日常生活に問題ないならば(もうコロナと判断し)、家で2週間隔離待機してください。
息切れ、心臓などの問題が少しでも出たら、すぐに電話で相談してください。
・息切れ、心臓などの問題が強くなったら、すぐに緊急病院へ。
という仕組みになっているように思います。
 
【注意・これは日本の皆さんへ、病院へ行かずに家で待機してと言っている文章ではもちろんありません。スペインではどんな仕組みになっているかの現地情報なので、もちろん日本とは仕組みは違うでしょうし、皆さんも自分の症状に対して自己判断はしないようにお願いします。命がかかっていますからね】

感染疑いで6時間たらい回し → スペインではありえません

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

スペインのコロナウィルス関連の話はあちこちで在住者が発信してますし書かないつもりだったのですが、日本で新型コロナウィルス感染者が増え、現場で混乱が起きているようなので、スペインではどのような対策が取られているか書いていきます。
 
・・・
今日気になった日本のニュースはこちら。

感染疑いで“たらい回し” 搬送に6時間のケースも(テレビ朝日ANNより)

 
・・・
 
スペインでは、最初の1週間であっという間に医療現場で感染が広がりました。医療関係者が次々に倒れてしまうのは最悪です。そのため受け入れ準備ができてない病院が患者を受け入れるのは確かによくありません
 
しかし新型コロナウィルスでは急に呼吸困難に陥り、ICUに入る重篤患者が多いのも特徴なので、6時間もたらまわしになれば命の危険性もあります。
 
スペインでは勝手に病院へ行かないように「まずは電話で問いあわせ」というシステムを取っています。早くから問い合わせ電話番号が州によって設置され、カタルーニャでは感染したのか、病院へ行った方がいいかを判断できるスマホのアプリもあります。
 
もちろん呼吸困難に陥るような場合は救急病院へ自分で行ったり、救急車を呼んだりできます。スペインは普段でも、緊急時は公立の大きな総合病院の救急部門へ行くんです
公立の病院は診察も入院も無料で、すべての人に受ける権利があります。公立病院が診察を拒否するのはあり得ません。そのため、今回も新型コロナウィルスの患者を請け負っているのはこれらの公立病院です。
 
日本でいうと国立病院・市立病院や大学病院にあたるでしょうか。バルセロナでは4病院あります。(間違ってなければ。Hospital Clínic, Hospital del Mar, Hospital de Sant Pau, Hospital Vall d'Hebron)
行く病院が分かっているのは大変ありがたいです。たらいまわしもありません。
(行って、長時間待たされることはよくあります)

 

・・・・ 

バルセロナは面積が101.3km2で、東京23区の中で、一番広い大田区と、2番目の世田谷区の合計よりも若干小さい程度の面積です。その中に4病院。人口は約163万人です(Wikipediaより)。
 
東京は人口密度が高いので面積では全然比べられませんが、バルセロナでは誰の家からも車で10分程度の距離にはこれらの病院があります。
 
ICUが飽和状態で、オーバーする危険性を含むため、スポーツ施設などにICUも含めた仮の病院も4か所設置しました。使わなかった場所もあるそうですが、まだ秋の再流行も予想されるのでそのまま保存される予定です。

スペインの非常事態宣言から3週間 ーいまだに毎日7000人前後増え続けています。

JUGEMテーマ:医療崩壊

JUGEMテーマ:海外生活

 

 

スペインでピークが過ぎたと日本でも報道されているので、安心した、という声を知り合いからもらいましたが、まだ安心状態には届きません。

 

新しく確認された感染者はいまだに、毎日6000-8000人増え続けています。その割合が少なくなっただけです。

 

(注・4月6日現在、ますます増加率は少なくなり、ようやく数日たって実感し始めました!嬉しいです!)

 

 

8000人ー1万人の新感染者だった頃よりも、上昇率が少なくなった、というだけ。減ったといっても、毎日6000人以上が確認されていたら、数日で2万人、3万人は増えているという計算で、まだまだ安心できる数字ではありません。

 

 

 

 

 死者も毎日まだ、千人近く

 

(注・4月6日現在、1日の死者が637人となり、数日前の932人よりだいぶ減りました!毎日の報道で減少を実感しています!)

 

スペインが非常事態宣言をしてからすでに3週間経ちました。

それでもこれだけ増えているのは、結果論として、禁止令の前にこれだけの人が感染したという事でしょう

 

続きを読む >>

スペインでの新型コロナウィルスの流れー最初の感染者発生から、非常警戒宣言まで(1月31日ー3月16日)

JUGEMテーマ:海外生活

 

スペインの新型コロナウィルス状況の記録。
発生から非常事態宣言まで、をまとめてみました。
いつ、どのような割合で、非常事態にまで変わっていったのでしょうか?
続きを読む >>

バルセロナの平均年収は?

JUGEMテーマ:海外生活

 

お客様によく聞かれる話題なので、新聞から抜粋しました。
 
・・・
・2018年のバルセロナ在住者の平均年収(税込み・健康保険込み)は、3万 807ユーロ。これはカタルーニャ州平均より13.5%多く、スペイン平均より23.4%多い。
 
・地区別では、サリア・サンジェルバシ地区は平均4万7396ユーロに対して、シウタ・ベリャ地区やノウ・バリス地区はその半分の2万2400ユーロ。
 
・バルセロナ民の25.9%は月収1000ユーロ程度。30歳以下限定にすると、この数字は53.4%に達する。
 
・性別では男性平均が3万4534ユーロ。女性平均が2万7203ユーロ。この格差はほとんどすべての年齢層、職業、国籍で当てはまる。
・金融・保険部門の平均は5万5700ユーロ。ホテル・サービス業はその1/3。(El Paisより)
 
・・・
バルセロナで平均年収が3万807ユーロということは、現在のレートで約416万円。ネットで調べた日本の平均より少し少ないです。
 
しかし日本よりも給与の格差が激しいと思います。平均収入は本当の平均とはるかに現状とはかけ離れています。
月収1000ユーロがバルセロナでも30歳の半分も占めるデータが、実際に耳にする情報と一致します。
 
税込みや健康保険を差し引く前が月々1000ユーロなので、差し引くと700,800ユーロでしょうか。月々10万円程度ですね。
 
ただスペインでは建築業界や飲食業界では、税務署に申告しない隠れ収入が多いと言います。
また、サービス業でもチップなどが存在します。(本当はチップも収入として申告しなくてはいけません)

 

 

 

バルセロナの人口の 約24.6%が外国生まれ

JUGEMテーマ:海外生活




バルセロナの人口の約24.6%にあたる40万人が外国生まれ。

中南米から来た人たちがスペイン国籍に変更したケース(例えばバルセロナ在住の61.3%のペルー人はスペインのパスポートを持つ)を除いても、人口の18.5%にあたる30万人以上が外国人。

30万人以上の外国人の数は多く、2009年以来の多さ。ただし住民登録をそのままで帰国したケースも考えられ、正しいかは不明。別の統計では20万人強。

外国人で一番多いのは、イタリア人。2位が中国人で、パキスタン人、フランス人、モロッコ人、コロンビア人と続く。

一人暮らしがこの20年で増加し、31.1%。

最終学歴が大学である人口は全体で31.9%。
ただし地域によって大幅に違い、オリンピックポートの住民では53.1%にのぼるのに対し、Zona France近くではたったの6.1%。

(新聞 La Vanguardiaの記事より)
http://www.lavanguardia.com/local/barcelona/20180630/45482156229/mas-de-400000-barceloneses-nacieron-fuera-de-espana.html

カタルーニャ問題 選挙結果 、選挙展望

JUGEMテーマ:海外生活




カタルーニャ問題。Facebookに出した記事を時々、まとめて記事にしています。


選挙結果の続き (12月27日)


カタルーニャ議会の選挙結果の続きです。
一番票を獲得したCiutadans党は反独立派の議席が過半数を超えてないため、すぐ翌日には政権を取ることを今のところ諦め、様子を見ると発表。

同じく反独立派のPP党やPSC党は思ったより票が取れなかったことから、選挙直後からCiutadans党に矛先を向けています。現在も交渉の様子を見せてないと批判。(しかし独立派がCiutadansと提携するとは思えないですが、、)

敗北のPP党のラホイ首相への責任を問う声も出始めています。カタルーニャPP党首は辞任を申し出ましたが、ラホイ首相は受け取らず。

マドリッド側や反独立派は、もっと票が取れると思っていたようで、根強いカタルーニャの独立意思の一部を分かっていないと感じます。

独立派の党も、プチデモン氏がどうなるかが不明のため、話がまとまっておらず、政治的には大きな発表はまだ、ありません。

一方、選挙結果からバルセロナ県とタラゴナ県の一部では反独立が勝ったのだから、カタルーニャから独立をしてスペインに残り、Tabarnia州(タラゴナ+バルセロナ+カタロニアを混ぜた造語)を作る案が市民の間で(半分ジョークで)現れ、ネット上で大騒ぎ。独立派が大多数を占めていないことの証明としてカタルーニャ議会でも取り上げられました。

「Tabarnia州は人口が600万人を超え、カタルーニャ国は140万人に満たない」「独立投票日は来年10月1日だ」「サッカーリーグはどうなるか? バルサもTabarniaに入っちゃうよ」「州の旗はバルセロナ旗とタラゴナ旗の混合?」とTシャツまで登場。最後の最後に、今年の流行語に選ばれそうな勢いです。(半分ジョークですが、実はカタルーニャの現実を表しているとシリアスな受けとめ方もあり)

新聞記事はこちらをどうぞ。


・・・・・・


選挙結果 (12月24日)

党としては女性議員アリマダス氏が擁するCiutadans党が勝利しました。力強い演説が人気の美人女性議員で、人々が「新しい時代」を望んでいる現れかもしれません。11議席も増加し、躍進しました。

ただし議員数は独立派が勝利。135議席のうち、独立派が70席獲得。68席が過半数でした。つまりアリマダス氏の党は政権を握れないとされます。

独立派の中ではプチデモン氏のJunts per Catalunya党が現与党のERCを抜き、2番目に議席を獲得しました。ただし「選挙に勝ったらカタルーニャに戻る作戦」は望めないかもしれません。

実は、投票数では独立反対派の方が勝っていて、過半数の52%です。ただし地方ごとに議員数が決まる選挙なので、人口が少ない田舎で独立派が票を集めたために、独立派が議員数としては再び過半数を占めました。(2015年も同じ状況でした)

独立派全体では2015年より2議席減らしました。感情的になってる人が多く、スペイン政府の対応でいっきに独立へ動いたとされていましたが、やはり独立派の動きをよくないと思ってる人もいるのでしょう。それでも根強く独立派が勝ったことは、スペイン政府側の対応が原因であるという見方も多いです。

過激独立派のCUPは議席数を減らしましたが、4議席獲得。テレビではそれでもCUPが重要なカギになっていると解説してました。CUPの4席がなければ、独立派の総議席は過半数に達しません。たった4議席ですが、重要です。地図を見ると、田舎でCUPが第一党の地区が複数あります。CUPは独立派の政党へ圧力を加えていくので、独立の動きは続くと予想されています。

テレビを見ると、独立派も、第一党になったCiutatans党も「自分たちが勝った」と喜んでいます。わざとではなく、本当に嬉しそうです。会場に来てる人達もそう。しかし市民はどちらも「負けた」と感じてる発言が多いです。本音は大っぴらに喜べない微妙な結果になったとも言え、まさに真っ二つのカタルーニャを表しているような結果でした。

(12月21日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


選挙前



明日は平日ですが選挙日です。独立するかどうかの投票ではないのですが、実質そう捉えられ、投票率は8割超えと予想されています。

投票権はカタルーニャに以前から住んでいるスペイン人や、スペイン各地や外国に住むカタルーニャ人も含まれます。
直前のアンケートでも半々で、どちらに動くのか本当にわかりません。ただ、投票総数で決まるわけではなく、田舎が比重が増す選挙区制です。その意味では田舎の方が独立派が多いので、独立派が若干有利とされます。


選挙の動きに興味ある方への続きです。最後の世論調査によると、独立派は一番政党のERC党と、これを超えるかの勢いでプチデモン氏を擁するJxCat党の勢いが増しています。政党としてはERC党だが、州知事としては亡命中のプチデモン氏を望む声が多いためです。

最も強硬な独立派Cup党はトップ政党とはほど遠い位置にいますが、独立反対派がよく「Cupが与党になったらどうするよ・・」と心配顔で語ります。どちらにしろ独立派3党は揺るぎない支持者がいて、票はよく取れるとされます。

独立反対派は人気のカリスマ女性議員アリマダス氏が率いるCiutatans党が台風の目とされますが、独立派を超えるほど票が取れるかは不明です。

PSC党の温厚な顔つきのイセタ氏は人柄が人気で、急上昇中。反対派の票もこの2党に分散するかもしれません。

中立派でバルセロナ女性市長が属するCec党は若者支持者を中心に期待されていましたが、党内で迷走が続き、支持率は落ちました。外から見ると「どっちもどっち」の気持ちがあるので中立派は多くの人の気持ちを代表してるように思いますが、政治不安のせいか、どっちかに決めない態度は不満に思う声が多いです。

ラホイ首相が属するスペイン政府与党で、カタルーニャでは勝つのは不可能とされるPP党は予想通り急降下です。しかし党としては絶対にありえないが、カタルーニャ党首のアルビオル氏は常に通りに出て人々と話し、態度が一貫しているところは政治家として評価していると言うカタルーニャ人の声を聞いたのは意外でした。

その他、自分が望む党ではないが、今回はここに投票すると言ってる人もいます。もう以前から独立したい政党がない、消去法で選んでいるだけと言ってる人も多いです。(それは日本でも聞きますね)

選挙結果どうなるか見守りたいと思います。

(12月20日)

バルセロナ市民の1/3の給料は1000ユーロ (新聞記事より)

JUGEMテーマ:海外生活



2017年にバルセロナ在住の30歳以下の若者のうち、64.7%のお給料が1000ユーロ以下。
バルセロナ在住のすべての年代の人たちでも、32%が1000ユーロ受給者(=ミル・エウリスタ)

(Mileurista=1000ユーロ受給者という意味の造語で数年前から使われています byカルメン)

1年の平均給与は総支給額で28861ユーロだが、50%以上の人々が22676ユーロしかもらっておらず。
スペインではマドリッドに次いで2番目に多い給与だが、家賃はマドリッドを超えて1位。

バルセロナでは家賃が、部屋貸しの場合平均426ユーロ。
アパート全体の賃貸では、月々800ユーロ以下の物件は5%しかない。


新聞記事 El Periodicoより 抜粋しました)


バルセロナ・テロ事件の詳細ニュース

新聞で見た事件に関するニュースを出していきます。
今現在まだ調査中で、ニュースも混乱しているため、後で違う情報が出たら訂正していきます。

たった今の速報で、逃亡犯がSant Sadurní Subiratsで逮捕だそうです。(16時34分)
公式発表はまだ。 撃たれたのは逃亡犯と発表されました。(18時21分)
死亡ニュースが正式発表されました。



・・
日本の新聞やこちらのネット新聞で、サグラダファミリアが標的だったと記事が続々と出ていますが、その正式発表はまだされていません。スペインの大型新聞各社もまったくその記事は載せていません。(私が探せないだけかもしれませんが、El Pais, el Perióico, la Vanguardiaで記事を見つけられませんでした)

正式発表されているのは、もっと大規模なテロを計画していたことと、複数の場所で計画されていたことです。

その後、複数の教会やモニュメントがテロの対象であった、その中にサグラダファミリアも含まれたと裁判で証言したと報道されました。

しかしその後も、カタルーニャ警察のトップが、「違うタイプのテロを計画していたことは知っているが、サグラダファミリアが狙われたとは誰も確認していない」と発言しています。新聞記事


・・
日本の新聞で、
>AP通信によると、バルセロナでのテロで観光客らに突入したバンを運転していた17歳の実行犯が、2件目のバルセロナ近郊カンブリスのテロ事件で警察が射殺した5人に含まれていたことを当局が認めた。

と書いた記事を見ましたが、実行犯はまだ逃走中です。
現在唯一探している実行犯は22歳で、唯一のバンの運転手と考えられています。国境を超えてフランスへ入ったとみられていますが、その証拠はまだです。
21日(月曜日)昼の記者会見より。


バンを運転した犯人がカンブリスで死亡のニュースも一瞬、流れましたが、私の知る限り、当局が肯定したことはありません。どちらかというと確信するまでは当局は正式発表に慎重です。ネットで流れる情報に振り回されないようにしましょう。私は大手新聞社3社(カタルーニャの主要2紙と、スペインの主要1紙)を見ています。

・・

事件詳細について知りたい方のために、こちらで現在発表されていることを書いておきます。新聞記事からの引用ですので、違っていることもあるかもしれません。

8月21日15時での発表によると、
バルセロナとカンブリルスの両事件で、
・死亡者15名(13名バルセロナ、1名カンブリリス、1名逃走途中)
・負傷者120名以上 うち約50名がまだ入院中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

事件詳細です。8月19日、テロの1日半後に出た新聞記事より紹介しています。詳細が出るのが早かったです。今は変わったかもしれません。

 。厳遑隠尭 23時17分。カタルーニャ地方の最南端に近いAlcanarで、大爆発
建物が吹っ飛び、近所の12軒にも影響を及ぼすほどの爆発。
105個のブタンガスやプロパンガスが発見され、ガスを集めている最中に爆発した模様。

この事故で2名が死亡。その1名は今回の事件を先導した指導者と考えられているが、確認中。確認されました。
この事故で、テロを急ぎ、方法を変更したとされる。
1人が逮捕。


◆。厳遑隠憩 16時50分。ランブラスでバンを使ったテロ事件

大型バンがカタルーニャ広場からランブラス通りの遊歩道を550m暴走。
負傷者が120人。死亡者が13人。

ドライバーは逃亡。地下鉄で逃げたと思われていたが、ボケリア市場を通りながら徒歩で逃げ、途中で車を奪い、バルセロナ北部まで逃げたと仮定されている。

車を奪った際に、白いフォードの運転手を刺殺。証拠がなく、仮定。
死者1名。関連性の証拠がないため、今回のテロ事件の死亡者数には現在含まれず。
→15人目の死者と発表されました。


 8月17日 18時ー19時30分。カタルーニャ北部のVicで第2のバンを発見。
2台のバンをレンタカーで借りた人物を逮捕。
カタルーニャ北部のRipollでテロ容疑で2名を逮捕。
逮捕者はすべて21-34歳のモロッコ人か、モロッコスペイン領のメリリャ出身。


8月17日 19時24分。バルセロナ郊外で警察の検問を車で突破。警官を1人轢き、銃を受けるも逃亡
△納屬鮹イ辰真擁と思われている。


8月18日 夜中1時10分。カンブリルス事件
港で検問にかかった車が、警察をはねて突破。通行人を数人轢いたあと、横転。刃物を持ち、爆弾を体に巻き付けた5人組が出てくる。4人を一人の警官が10発で射殺。
一人は徒歩で逃げ、途中で数人の通行人の顔を刺す。最後は警官により射殺。

犯人は5人全員が死亡。顔を刺された通行人が1人死亡。負傷者5人。
腰に巻いた爆弾は偽物だったと後に判明。

新聞La Vanguardiaの記事より。スペイン語ですが、図式になっていて分かりやすいです。


現地の観光地の状況や現地の人の様子などは別記事で紹介していきます。

カタルーニャでは、買い物袋有料が義務!

JUGEMテーマ:海外生活



サグラダファミリアのレジで、「袋が有料と言われた」「袋がもらえなかった」とのコメントをよく聞くようになりました。


実はご存じない方が多いですが、カタルーニャでは今年4月より、買い物袋の有料化が義務付けされました。

数年前から有料にしているお店がちょっとずつ増えてきましたが、現在は義務。逆の言い方をすると、「無料で袋をあげてはいけない」ということらしいです。

例外は、スーパーの八百屋コーナーなどに置いてある、透明ビニール袋や、白いペーパーのとじ袋など、取っ手=握るところがついていないタイプのみ。

サグラダファミリアの袋はかわいいから欲しい人も多いです。5セントです。


スペイン語ですが、ニュースの1つをリンク貼っておきます。新聞記事
スペイン全土でも、2018年1月から袋は有料になります。新聞記事リンク)

袋の値段は5セントから、大きいサイズだと30セントだそうです。

・・・

買い物をすると、必ずレジで、スペイン語で「Una bolsa(ウナ ボルサ)?」、もしくは英語で「Bag?(バッグ)?と聞いてくるはずです。よーく聞いてみましょう。

スーパーでたくさん買ったら、「Uno ウノ?(1枚?)」と聞いてきたり、「Grande グランデ(大きい袋?)」、さらに質問が続くこともあります。

小さい袋でよければ、ペケーニャ!と言いましょう。

カタルーニャは独立するのか??

JUGEMテーマ:地域/ローカル



お客様によく聞かれます。
カタルーニャは本当に独立するのかどうか?

まだ動きがあるのか?と聞かれますが、今現在、政治家が活発に運動を広げています。

日本では過去の投票がで「独立賛成派が圧倒的!」のニュースが紹介されていますが、過去の投票は非公式のために、賛成派ばかりが投票に行ったのです。反対派は投票自体に行かずに無視したので、あれはあてになりません。

私の周りの人たちだけで受ける印象からすると、ほぼSi(賛成派)とNo(反対派)は半々。
若干、本当に僅差で、反対派が多いかな??という印象ですが、どちらへどう転んでもおかしくない程度の差という印象です。

そう思っていたら、新聞ニュースに出てました。私の印象とほぼ同じ。

http://www.lavanguardia.com/politica/20170330/421313046627/no-independencia-supera-si-cuatro-puntos.html
スペイン語が分からない方も、グラフが出てるので探してみてください。

ただし去年の6月は独立賛成の方が若干多かったので、本当にどっちに転んでもおかしくありません。

私はこの際、投票を違法とせずに、投票すれば?と思っていました。決着つければ良いじゃない!と。
意外と反対側が若干差で勝って、ほっと落ち着くかもしれないと。

しかしどっちに転んでもおかしくないので(イギリスの問題を考えると)、投票自体が危険。
投票自体を違法とするスペイン政府のやり方は反対派にとっては効果ありとも言えますね。


今は反対派が増えてきていますが、イギリスのEU離脱問題で、現実的に考える人が増えたからでしょうか。



スペインは、2015年に最も「100万長者が増えた国」?

JUGEMテーマ:海外生活




スペインでは経済危機の最中にありながら、2015年、長者の数が1万5000人増加し、前年度より8.4%増加し、トータルで19万3000人となった。全ヨーロッパで増加率はトップ。

2008年から2015年の8年間でスペインで一財産築いた人たちは50%の増加を見せている。

2015年の調査では、28.6%のスペイン人が貧しさの危機にあり、8年の経済危機の厳しさを表している。
しかしこの8年で6万5900人がスペインで長者の仲間入りをしている。この人数はRCDエスパニョール(サッカーチーム)の観客席に入りきれない数である。

スペインは世界の長者リストの中では14番目に位置する。
アメリカ、日本、ドイツ、中国などがトップ。
ヨーロッパではドイツ、イギリス、フランス、スイス、イタリアと続き、6番目がスペイン。

.
2015年スペインでの長者の増加は8.4%で、ヨーロッパ平均(4.8%)を大きく上回る。
スペインの次はオランダ(7.9%),フランス(5.9%)、ドイツ(5.6%)。

(El Periodicoの記事の一部より抜粋しました)


・・・・

人数を表すのに、サッカースタジアムを例に挙げているのがスペイン的ですね!
一番わかりやすいかも!?
日本でも東京ドームの何倍、、とか言ったりしますもんね。

この記事に関しての市民の声がネット上にあがるのですが、印象的だった意見をご紹介します。

・経済危機の時に、財産をうまく活用する人がいるのは当たり前。
株だって家だって安く買える。

・お金持ちがどう増えようが、関係ない。自分が嫌なのは、汚職している政治家たちだ。


ガウディ没90年 −バルセロナのエネルギー源

JUGEMテーマ:旅行


ヨーロッパ基準をだいぶ超える入場料ながら、ガウディ建築群へ入場する人々は合計で年間820万人。
類を見ないビジネスとなっている。


6月10日は、ガウディが路面電車の事故で亡くなってから90年。

システィーナ礼拝堂を含むバチカンの入場料は16ユーロ。
エッフェル塔へのぼるのは17ユーロ。
プラド美術館は16ユーロ。
アルハンブラ宮殿が14ユーロ。

ガウディ建築では、ラ・ペドレラ(カサミラ)の一般入場が20.50ユーロ。夜間入場では39ユーロ。カサ・バトリョは22・50ユーロから36ユーロ。

入場者数は、サグラダファミリアが約326万人。
グエル公園が約259万人。
ラ・ペドレラ(カサミラ)が約115万人。
カサバトリョが約99万人。
グエル邸が約25万人。
グエル別邸が約1万7800人。
Bellesguard邸が約8700人。

(サグラダファミリアは2014年のデータ。残りは2015年)


「まだ工事途中の建物に、年間300万人以上が入場するのはすごいこと」。
建築教授のXavier Monteys氏は語る。

「カサ・バトリョがどれだけ年間稼いでいて知りたいものだ。どれだけを奨学金、シンポジウム、出版などに回しているか」

「自分が答えるが、ゼロだ」
素晴らしい建築遺産を持つ都市であるのに、この分野の公立学校の予算は「バカげた」ものである、と説明する。

「アメリカのグラハム財団のように、私的なお金で毎年奨学金を出す制度もない。正直に言って、ガウディにふさわしい街とは言えない」

El Periodicoより一部を抜粋・意訳しました。