バッテリーは飛行機の預け荷物に入れてはいけません

JUGEMテーマ:旅行

 

 

飛行機の中でバッテリーが爆発したのニュースを受けて、みなさんに注意点を。

 

航空会社によって規定が違うかもしれませんが、一部の航空会社で私が知っている状況は次の通りです。

 

・予備のバッテリーは手荷物にしなくてはならない。預け荷物はダメ。

・リチウム電池は内臓されてる品物中に入った状態なら預け荷物でも大丈夫(むき出しはだめ)

・燃料電池のパソコンやスマホは手荷物のみ。預け荷物はダメ。

・ライターは手荷物で1つのみ。

 

なぜ予備のバッテリーは手荷物なら大丈夫で、預け荷物がダメなのか。航空会社で聞いたことがあるのですが、予備の場合はむき出しになっていて、貨物倉庫の中は冷暖房もなく過酷な環境になっている、投げたり扱いも悪いなどから、摩擦や衝撃や気温の上昇などで発火しやすいそうです。

 

 

今回はもう滑走路にいる状態で出発寸前に爆発し、煙が発生。

何事もなかったが、パイロットがパニックになったとの乗客の話も伝わっていますね。


日本では国内線で荷物を預ける時にも、「これらのものは入っていませんか?」と図を見せられます

その中にバッテリーやライターがあるのです。

 

スペインでも同様の規制があるにもかかわらず、確認もされません。(ライターも航空会社によって規制があります)

そのうち、本当に何か爆発が起きそうで怖いですよね。知らずに入れてしまって、たまたま今まで何もなかったというケースも多いと思います。

 

みなさんで拡散して欲しい情報です。

 

 

回の爆発事件は、預け荷物の中にあり、さらに充電中だったそうです(新聞記事はスペイン語)

スマホやパソコンも種類によっては発火すると警告されているメーカーがあります。

 

うっかりみなさんがスーツケースに入れてしまうもの中に、

マッチ。ライター。電子タバコ。リチウム電池。医療器具。水銀温度計。などなど。

例えばエールフランス航空のページを探すと、預け荷物や手荷物の規制が一目でわかるようになっています

 

 

 

 

 

 

 

入場料を窓口で買うと、手数料を取られて、さらに高くなります!

JUGEMテーマ:旅行

バルセロナではネットで買えば割引に。

窓口で買えば料金が高い。

そんな仕組みの観光地が増えてきました。

 

一番高いのはカサ・バトリョ。当日券は4ユーロも高いです。

 

DSC_0030.JPG

 

先日も、日本人の年配男性二人組が、パスポートも出してシニア料金で割引してもらってましたが、どうして21.50ユーロのはずが、25.50ユーロなの?と混乱してらっしゃいました。

 

しかも公式webにはネット料金しか載せない観光地もあり、窓口でびっくり仰天します。

 

事前に購入すると、時間が指定されたり、あとでキャンセルもできません。

そのリスクがあっても、割引料金で買いたい方は事前に買いましょう。

予約時間には余裕を持つことをおすすめします。

 

ほかにネット割引があるのは サグラダファミリア、カサミラ、カンプノウツアー、グエル公園、カサビセンスなどです。

スペインで一番素敵な、お勧めの田舎ホテル Casa Rural

JUGEMテーマ:旅行


スペインで一番素敵な田舎ホテルCasa Ruralが紹介されていたのので、みなさんにもお知らせを。
人気Casa Ruralはバカンスシーズンは数日滞在が原則も多いし、庶民には手の届かないホテルもあります。

しかし意外と、お手頃価格の簡素タイプもあるし、内装インテリア好きな人には見ても楽しいです!
場所はレンタカーや、タクシー利用が必要かもしれません!?

【アンダルシア地方】

ホテルLa Seguiriya

ホテル La Seguiriya
Alhama de Granada村にある、素敵な田舎ペンション。すごい場所に建っているようです。

簡素ですが、その分お値段もお手頃!
朝食と対応には100点満点をつけてる人が多いです。



■ホテル La Seguiriyaの詳細&予約 --------BOOKING





【エストレマドゥーラ地方】


ホテル

Hotel Llano Tineo

カセレスに近い田舎にあります。



■ホテルHotel Llano Tineoの詳細&予約 --------BOOKING


【カタルーニャ地方】

ホテル Can Bassa

ホテルCan Bassa
ジローナ県のMadremanyaという村。
陶器の村 La Bisbal d'Empordà、ジローナ、コスタブラバにも車ですぐ。

雑誌に出てきそうな、素敵な内装です。
プールや自転車貸しもやっているよう。


■ホテルCan Bassaの詳細&予約 --------BOOKING


【バスク地方】

ホテルEl Abuelo De La Cachava

ホテル El Abuelo De La Cachava
Santander湾にあるGajanoの村。

サンタンデールやサンセバスチアンへも車で近い場所。
スパもあります。


■ホテル El Abuelo De La Cachavaの詳細&予約 --------BOOKING



【アストゥリアス地方】

ホテル

Santu Colás
Colau村。すぐ隣に典型的な貯蔵所オレオもあります。


■ホテルSantu Colásの詳細&予約 --------BOOKING



【ナバラ地方】

ホテル Casa Rural Aldekoa

Casa Rural Aldekoa
ナバラ地方Gizaの村。美しい風景が楽しめる村です。

お部屋にはジャグジーもあり!?


■ホテルCasa Rural Aldekoaの詳細&予約 --------BOOKING



【カスティーリャ・イ・レオン地方】

ホテルLa Querencia de Valsaín

La Querencia de Valsaín
ラ・グランハから車で5分。セゴビアも近い村にあります。

内装はモダンでポップ。


■ホテルLa Querencia de Valsaínの詳細&予約 --------BOOKING



ホテルHotel Nabia

Hotel Nabia
素敵♪


■ホテルHotel Nabiaの詳細&予約 --------BOOKING




【ウエスカ地方】

ホテルHotel Selba d'Ansils

Hotel Selba d'Ansils



■ホテルHotel Selba d'Ansilsの詳細&予約 --------BOOKING

カサ・バトリョに続き、カサ・ミラも当日券を値上げしました!!!

JUGEMテーマ:旅行



数年前からスタートしましたが、最近、窓口購入の入場料の値上げが続いています。
特にびっくりがカサ・バトリョ。ネット購入も23.5ユーロなのですが、窓口ではなんと28ユーロもします!
とうとうカサ・ミラ(ラ・ペドレラ)も同様のシステムになりました。

カンプノウ見学、サグラダファミリア、グエル公園もインターネット購入の方が安いです。

これからも増えていくかもしれません。

覚書にすると、

・サグラダファミリア 当日入場券18ユーロ、インターネット購入15ユーロ
・グエル公園 当日入場券 8ユーロ、インターネット購入7ユーロ
・カサ・ミラ(ラ・ペドレラ) 当日入場券 25ユーロ インターネット購入22ユーロ
・カンプノウツアー 当日入場券 27.50ユーロ インターネット購入25ユーロ
・カサ・バトリョ 当日入場券 28ユーロ インターネット購入 23.5ユーロ


当日でも余っていれば購入できるところも多いです。
あまりにも高いので、できればネット予約してしまいましょう!!!

11月26日 カタルーニャ音楽堂 無料公開 10-15時

JUGEMテーマ:旅行



観光地では時々、無料公開日があります。
カタルーニャ音楽堂の無料日は以前は知られておらず、人もいなくて、するりと入れてました。
外から観光予定だったのに、中に無料で入れたラッキーなお客様たちもいらっしゃいました。


ところが!最近は無料公開日の前に、新聞やテレビで報道されるようになりました。
すると大行列。見たこともない行列です。
写真は去年の様子です。

palaucola (3).jpg
(すでにカタルーニャ音楽堂が見えない場所にいるが)角を曲がっても、

palaucola (2).jpg
曲がっても、まだ行列。

palaucola (1).jpg
並んでいる人は地元民が多いです。

カサミラやサグラダファミリアなどもそうです。
普段めったに無料日の存在しない観光地が無料公開すると、ものすごーーーーーく並びます。
サグラダファミリアは抽選に当たらないといけません。

ですから、最近はwebでも紹介せず、お客様にも伝えず。
普通の日に行った方が並ばずにすみます。
旅行者は時間も貴重です。

在住者には良いかもしれませんね。並ぶのが苦にならなければ。
2017年11月26日の無料公開へ行く方は、お早めにお並びください!!

イベリア航空直行便が週5増便に! 直行便を使う団体旅行ツアーもありますよ!

JUGEMテーマ:海外生活



ビジネスマンが少ないスペインではビジネスクラスに乗る人が少ないので1年で消えるんじゃないかと噂された(?)イベリア航空の直行便。予想を裏切り、大変順調だそうで、週3便→週5便になりました

ビジネスクラスは完全フラットタイプの2メートルのベッド!
ヨーロッパ南端で日本からは一番長時間なので、お金が出せる方にはビジネスクラスの直行便はお勧めです!

次はバルセロナからも直行便をと期待していましたが、今の独立問題で遠のいた気がします(涙)。せめてマドリッド直行便は頑張ってほしい。マドリッド直行便を定期的に使ってくれている一部の団体旅行ツアーにも感謝です。

イベリア航空就航の新聞ニュースはこちら。


・・・・

JTBのルック定番ツアー、オーレ・エスパーニャはイベリア航空直行便を使ってくれています。

行きはイベリア航空の成田ーマドリッド直行便。
帰りはイベリア航空で、バルセロナ―マドリッドー成田とつなぎます。

乗り換えは簡単。あまり難しくなく国際線へ移動し、成田便に乗り換えできます。


以前このオーレ・エスパーニャはBA(英国航空)を使っていました。
帰りはロンドン発の日本便に乗り換えるために、バルセロナのホテルを出るのが早朝4時半ー5時半時でした。(飛行機は7時-8時発)

これはオーレ専属の添乗員さんたちが口を揃えて「オーレの唯一の欠点」とおっしゃってました。
(プロの添乗員さんたちに、欠点が一つといわれるツアーって、すごいな、と私は思っていました)

このオーレの一部のツアーですが、イベリアの直行便ができたおかげで、イベリア航空の利用になりました。
バルセロナからは直行便がないので、マドリッド経由ですが、早朝5時前後にホテルを出発していたロンドン経由の時代と比べると、雲泥の差です。

バルセロナのホテル出発も朝7時出発と、一般的な時間です。
乗り換えも、時差もあって、荷物検査も厳しいロンドンに比べると、ずっとラクだとか。

最近は忙しいツアーや安いツアーが増えてしまいましたが、直行便を利用したり、スペイン国内も飛行機で移動する、身体に優しいツアーもお勧めです。

バルセロナの空港での、免税手続きが自動化!

JUGEMテーマ:旅行



検索してくる人が多いので、最新情報に書き換えてます。↓

・・・

2016年秋から免税手続きの一部が自動化されました。

Global Blueの書類のうち、上の方にDIVAと書いてある書類(ロエベなど発行)です。
その書類があれば、税関に並ぶ必要がなく、機械で手続きをして、おしまいです。

自動手続きの機械には日本語もあります。
緑が出たら、手続きOK!

本当にできたのかなと不安でもありますが、緑が出たら、税関にスタンプをもらったのと同じです。
そのあとの返金の手続きはいつもの通り。(ガイドがついている方はガイドに聞きましょう)

赤が出たら、手続きは自動的にはできてません。エラーが出た状態。
何か不備があるが、お店によるか、金額が高い人はエラーの出る可能性が高いそうです。
その場合は、結局は、税関のスタッフに直接スタンプをもらいにいかねばなりません。


・・・

自動でできる人は、品物を見せる必要はありません。

しかし、上記のようにエラーが出れば、やはり税関の係員のところに並ばなくてはいけません。
その際に品物を見せろといわれる可能性はあるので、やはり今まで通り、品物は手荷物でもっていきましょう。

品物を要求される回数は少ないですが、免税手続きのカウンターには、「荷物は見せるように!」との張り紙が大きくしてあります。手荷物は原則の義務です。

もってない時に見せろといわれてもってないと、スタンプは押してくれません。

・・
機械手続きができるなんてと喜んでいましたが(ガイドもお客様の免税のために1時間並ぶハメになることもあるので、、。涙)、実際には、自動にできるDIVAの書類はかなり少なく、ほとんどのお客様は今まで通りの書類をお持ちです。

自動化は夢のまた夢、、。

G7サミット安全対策で、イタリアの出入国管理が強化されます(シェンゲン一時期停止)

JUGEMテーマ:旅行




領事館からお知らせの一斉メールが来ましたので、下の転載します。

シェンゲン協定国との出入国管理を一時期的に再開、とは?

つまり、今まではシェンゲン協定国との協定で、あまりパスポートコントロールのチェックがなかったものを、
その期間は以前通りのパスポートチェックが行われるということです。

旅行者がパスポートをもっていないことはありえないでしょうが、
特に在住者や、スペイン国籍をお持ちの方(普段はDNIでOK)も、この期間必ずパスポートや滞在許可証を提携しましょう。


イタリア:G7サミット安全対策に伴うイタリア側国境におけるシェンゲン協定国との出入国管理に関する注意喚起

【ポイント】
●イタリア国家警察は,G7タオルミーナ・サミットの安全対策の一環として,5月10日から,5月30日24時まで,イタリア側国境におけるシェンゲン協定国との出入国管理を一時的に再開する旨公表しました。
●同期間において,空路のみならず,車,列車,船等でイタリアに出入国する場合には,必ず旅券を携行してください。

(内容)
1 4日,イタリア国家警察は,G7タオルミーナ・サミットの安全対策の一環として,イタリア側国境におけるシェンゲン協定国との出入国管理を一時的に再開する旨公表しました。
(注):シェンゲン協定とは,シェンゲン協定加盟国の域外から同加盟国域内に入る場合,最初に入域する国において入国審査が行われ,その後のシェンゲン協定域内の移動においては原則として入国審査が行われないといった協定です。
○シェンゲン協定域内国(2016年10月現在):26か国
アイスランド,イタリア,エストニア,オーストリア,オランダ,ギリシャ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ベルギー,ポーランド,ポルトガル,マルタ,ラトビア,リトアニア,ルクセンブルク,リヒテンシュタイン

2 イタリア側国境におけるシェンゲン協定国との間の出入国管理の再開は,5月10日から,5月30日24時まで継続されます。この措置は,5月26日及び27日の両日に開催されるG7タオルミーナ・サミットに必要な安全対策処置としています。

3 つきましては,現在イタリアとシェンゲン協定国との間でのイタリア側国境における出入国管理については,シェンゲン協定により簡易措置が講じられていますが,今回のイタリア側国境における出入国管理の一時再開の措置によって,シェンゲン協定国との出入国については身分事項や滞在許可の確認が行われることが予想されることから,空路のみならず,車,列車,船等で国境を越える際には,滞在許可証等に加え,必ず旅券を携行してください。

4 海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,大使館又は総領事館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください。( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )
3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903
○外務省海外安全ホームページ:
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

子供の遊びコーナーがあるホテル

JUGEMテーマ:旅行



そういえばリゾート地のホテルでは時々見かけますが、
バルセロナではそんなに見かけないですね、子供の遊ぶコーナーがあるホテル。

バルセロナではCatalonia Atenas Hotelで、レセプションの後ろにこんなコーナーがあります。
絵本や、積み木など、いろいろありました。

2017-01-13 08.15.11.jpg

2017-01-13 08.15.27.jpg

2017-01-13 08.15.24.jpg
ぎっしり。

2017-01-13 08.15.19.jpg

2017-01-13 08.15.15.jpg
すぐ隣が、いつも人のいないバル(カフェ)です。
意外と落ち着けるので、宿泊してなくても、カフェのお客さんになれば使えます。
そこで子供を遊ばせて、コーヒー1杯&ビール1杯で、大人はおしゃべりでもしてても良いですね。


ホテルとしてはいまいちですが、値段もチーズナブルだろうと思います。
もってきたおもちゃに、子供が飽きてきた!なんて時に良いかもしれません。


ほかにブランコみたいに子供が遊ぶところがある観光地は・・・。

・サグラダファミリア
写真撮影ポイントのとこにあります。
写真を撮っている大人をよそに、子供は広場に釘づけになることも。

・モンセラ修道院

上のホテルAbat Cisneroの向かいに、子供の遊べる広場があります。
場所が分かりにくいので、聞いてくださいね。


子供が退屈してきちゃったー。
ちょっと遊ばせて、夜寝てもらうために疲れさせるか!という時にどうぞ。

てるみくらぶ破産決定です

JUGEMテーマ:旅行




たくさんのニュースになっていますが、1つだけ抜粋して紹介します。
下にカルメンのコメントもあります。


・・
てるみくらぶ、破産手続き開始決定 負債151億円




 旅行会社の「てるみくらぶ」(東京)主催のツアーであった航空券の発券トラブルを巡り、同社は27日、東京地裁に自己破産を申請し破産手続き開始の決定を受けたと発表した。負債額は約151億円。

代金を支払い済みの顧客は8万〜9万人で、旅行が中止に追い込まれる可能性がある。

 同社は日本旅行業協会(同)と返金手続きを協議するが、大半が返還されない見通しという。

 同社の山田千賀子社長によると、一昨年春から新聞などへの広告費がかさみ経営が悪化。各国の航空会社などで構成される国際航空運送協会への航空券購入代金の支払いが期日の3月23日にできなかったという。

 既に旅行代金を支払った顧客数は8万〜9万人とみられ、旅行代金の債務は約99億円。同社の代理人弁護士は「ホテルや交通機関などへの債務を支払えず、サービスを提供できない可能性が極めて高いので渡航を控えてほしい」と呼びかけた。

 海外渡航中の顧客数は23日時点でハワイや韓国を中心に約3千人に上る。現地の手配業者を通じて、自己負担でホテルなどに再度代金を支払えば予約が成立し、利用できることを連絡するという。

 東京都内で記者会見した山田社長は「お客様、債権者の皆様に迷惑をかけ本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。破綻直前まで新聞に旅行広告を出したのは資金集めのためではないかと指摘されると、山田社長は「このような結果を招くことは全く考えていなかった」と否定した。

 てるみくらぶを巡っては24日以降、同社から予約客に対し「発券済みの航空券は利用いただけるか確認できておりません」などと記載されたメールが届き、観光庁に相談が寄せられていた。同庁は26日に旅行業法に基づき、同社に立ち入り検査を実施。海外渡航客の一覧表の提供を受けるほか、経営状況や航空券の販売方法に問題がなかったか調べている。

 てるみくらぶは「格安」をうたってインターネットによる予約を中心に海外ツアーを展開。東京商工リサーチによると、1998年に設立。2016年9月期の売上高は約195億円だった。
(日本経済新聞より)

・・・

てるみくらぶの話を添乗員さんたちから私が聞かされるようになったのはこの半年ぐらいです。
ここ1年ぐらいの新しい会社なのかと思っていましたが、98年に設立なんですね。

大々的な新聞広告の話は聞いていましたが、戦略を変えたのが最近なんでしょうか?
それとも激安値段になってきたのが最近?

2016年はてるみくらぶの「一人勝ち」と噂されてたほど、料金面でも集客面でも、業界を突然かき回していました。

もともと旅行会社の安いツアーは「儲けがほとんどない」とされます。
薄利多売なので、人数が集まってようやく、、なんです。
オプションのツアーを買ってもらったり、契約店のお土産屋さんで買い物をしてもらうのも、微々たる利益に含まれていました。

それをさらに上回る大幅に激安な、てるみくらぶ。
どんなテクニックがあったとしても絶対に無理という料金設定でした。
どう考えても赤字しかありえないツアーなので、いつか突然潰れるんじゃないかと噂されていました。

激安地中海クルーズ船の話を聞きましたが、ネットで今検索してみると、6万9000円でツアーで行った人の話も出ていますね。クルーズ代はいくらで?、日本からの飛行機代はいくら? どう考えてもおかしいと、皆さんも思いませんか?

徹底して南回りの格安航空会社を使っていましたが、最近になってその会社と料金の折り合いがつかなくなったらしいと言っていた添乗員さんがいました。「100円で仕入れていたらしいよ」と。

いくらなんでも100円で航空券を売るとは思えないので、それはにわかには信じられなかったし、100円で売ってたら航空会社が潰れます。しかし100円で航空券を買ってるとしか思えないような値段設定だったんでしょうか?

また料金で折り合いがつかなくなってきたという話はこうなってみると合ってたのかもしれませんね。噂を聞いて、すぐにこの倒産のニュースでした。

もしかすると最初の1年は激安で航空券を売ってくれていた航空会社も、それそろ普通の値段で売りたい、、いつまでも続けられない、、となったのかもしれません。


ところで、旅行者のみなさん。
それそろ、旅行には質を求めませんか?

値段競争や価格破壊って、質を求めない旅行者にとっては美味しい話ですが、
業界にとってはよくありません。

旅行業界の質がどんどん悪くなっていきます。
今回はてるみくらぶが最初に倒産しましたが、このまま、てるみくらぶが一人勝ちだと、他の旅行会社が潰れていくと噂されていました。

値段を下げるには限界がありますが、ツアーの質がどんどん悪くなります。
内容を悪くするしかないんです。

観光、ガイドさん、バスなどはあまり変わりませんが、一番大きく差が出るのはホテルと食べ物。
ホテルは「寝れればよい」「そこまで高くなくてもよい」という人もいます。
でも食べ物は・・・。

もうちょっと美味しいものを食べてほしいなあ、と思ってしまうこともあります。
しかし、今の格安ツアー主流の時代には、それなりのお料理しか提供できないのは、当然だし、仕方ないですね。

てるみくらぶに対抗するため、という名目で、添乗員さんたちの4月からの料金が大幅値下げされた話も聞きました。
「士気が下がる」「添乗員をやめることを考える」とそんな話も耳にしました。それほどの値下げだったようです。

今回てるみくらぶは破産申請しましたが、一度下がった料金は上がりません。
ツアー料金もさることながら、添乗員のお給料もです。

てるみくらぶ倒産を切っ掛けに、旅行者の意識が変わってくれればよいのですが、、。

(上記のてるみくらぶに関する話は、知り合いの添乗員さんたちのコメントです。本当の話かどうかは私にはわかりません。こんな噂が出ていた、程度にお読みください)



「てるみくらぶ」 海外旅行予約でトラブルか

JUGEMテーマ:旅行



来る添乗員さん、来る添乗員さんから、話を聞かされていた、てるみくらぶ。
こんなニュースが飛び込んできました。

今から予約しようと思っている人、今、振り込みをする人は、しばらく見合わせましょう。


・・・
(読売新聞ニュースより)

「てるみくらぶ」海外旅行予約でトラブルか


 旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)が販売した海外旅行ツアーを予約した客から「航空券が発券できない」などの問い合わせが相次いでいることが、日本旅行業協会への取材でわかった。


 24日だけで、同協会に約50件の相談があったという。同社には25日、複数の予約客が問い合わせに訪れたが、ドアには「臨時休業」と書いた紙が貼られ、誰も応対しなかった。

 予約客らによると、同社から24日、「発券済みの航空券は利用頂けるか確認できておりません。代金の返金は日本旅行業協会などと協議します」という趣旨のメールが届いたという。7月の地中海旅行の代金約20万円を振り込み済みという世田谷区の男性(65)は「代金を返してほしい」と困惑していた。

(読売新聞ニュースより)

・・・
業界内の話をこんなところでしていいのかわからないのですし、
不確かなネガティブ話をネット上でするのは主義ではないのですが、。

「安すぎる」「どう考えてもあんな値段では料金が出せない」と業界では噂されていた会社。
ちょっと安いわけではなく、ありえない値段だったようです(添乗員さんたち談)

賢いところは「予約と同時にすぐ振り込んでもらう」という点。
新しい会社ですが、とりあえずの資金繰りに困ることはありません。

しかしどう考えてもその後が続かないだろうから、ある日突然、倒産するんじゃないか?と噂されていました。

今後の状況に注目したいですが、みなさんも今のご予約や振り込みは控えておきましょう。
周りのおじいちゃん、おばあちゃんたちで「てるみくらぶ予約したでー」と言っている人がいたら、今は振り込まないように急いで伝えましょう。



3月にはバルセロナでは全バス路線に無料WIFIとなります!

JUGEMテーマ:旅行



バルセロナは町中に無料WIFIがあり、ホテルやカフェばかりではなく、街角からビーチまで無料Wifiが設置されています。

今までバスでも時々無料WIFIがついているものがありましたが、3月には全バスで無料WIFIがつくようになるそうです。

地下鉄駅でも主要駅にはついているし、最近はサグラダファミリア駅やUniversitat駅では、無料充電もできる駅もあります。


WIFIルーターを日本からもってきたり、現地でSimカードを買おうとする人が多いですが、実は添乗員さんたち情報によると、バルセロナはヨーロッパで一番Wifiが無料でつながる町です。

カタルーニャ広場でも、アップルストア―やデパートEl Corte Inglesなど、どんどんWifiつながります。

あ!観光地でも無料WIFIあります。
カサミラは1階ではつながりにくいですが、上の階(特に屋上)にいくと、バシバシつながるそうです。

Wifi情報でした。
今度もっと詳しい情報を載せます。

最近おすすめのRenfe(国鉄) でParisまで!

JUGEMテーマ:旅行



バスク地方にバルセロナから15ユーロで電車に乗れると発見してびっくりした私。
(こちらの記事をどうぞ http://dodonde.jugem.jp/?eid=1730)

今度はバルセロナーパリの新幹線で49ユーロというのを発見しました。Ave/TGVです。一等車でも59ユーロです。

6時間半かかりますが、安いです。

日本の友人が格安航空会社で探していたのですが、3月のバレンシアの火祭り前後の時期。混んでいる時期なのか、格安のEasyjetでもVuelingでも 60ユーロ前後かかり、スーツケース20kgを預けるとさらに追加料金がかかります。

ライアンエアーはもっと格安で、22ユーロ。20キロを預けたとして、38ユーロ。
これが一番安いのですが、早朝6時半発で、空港までの移動もあります。タクシーで移動してたら高くついてしまうし、エアポートバスでも5ユーロ越え(しかも早朝は激混みです)。

パリはボーヴェ空港到着で、パリ市内から85キロ。シャトルバスで移動していたら15ユーロの交通費。すべてにおいて、移動費と時間が無駄です。

それでふと、バルセロナーパリの新幹線を見てみました。

そして、49ユーロを見つけたんです。
ちなみに、「新幹線はどう?」「え?安い!」などと友達とチャットしているうちに、49ユーロは消えてしまいました。49ユーロどころか、座席完売して、なんの予約もできなくなりました。その前日も同様。あわてて翌々日で予約しました。


直前で予約すると、169ユーロもするんです。2か月前の予約でしたが、ラッキーなタイミングで予約しました。

10ユーロの差なので、友人は一等車を予約してましたよ。
6時間半は長いですが、空港への移動と、チェックインまでの時間を考えると、1ー2時間増し程度の違いかと・・・。映画や音楽が楽しめ、景色も楽しめ、食堂車でカフェもできるので、悪くないですね。


格安航空会社ばかり乗りがちですが、格安オファーが出るなら、国鉄もチェックしてみましょう。




Renfe(国鉄)もネットで早く予約をすれば、安く旅行できます!

JUGEMテーマ:旅行



Renfe(国鉄)は高いイメージです。実際、バスや格安航空券の方が安いことが多いです。

しかしRenfeもネットで早めに買えば安く買えます。
みなさんがよく行くフィゲラスのダリ美術館へも、朝の時間帯に1つ、よくプロモーションしている電車があり、普通電車と変わらない料金で新幹線に乗れます。

バルセロナーマドリッド間も、Ave(新幹線)なのに、時々ぐっと安いことがあるので要チェックです。


先日、バルセロナからスペイン北部のバスク地方へ行く電車を見ると、安くて驚いてしまいました。
2月で、バルセロナから5−7時間かかるのですが、なんと片道15ユーロ!(新幹線じゃありません)

電車は、バスと比べて、座席が広いし、カフェテリアに行ったり、立ち上がったり、リラックスできます。長距離だと、映画や音楽が楽しめることもあります。

私はいつも、バスク地方へ行くにはVuelingを使っているのですが、今回あまりにも安すぎて、Renfeにしてみました。

日本からの友人と待ち合わせするのですが、ビルバオ待ち合わせか、サン・サバスチアン待ち合わせか決まってないので、どっちにも行きやすいVitoriaまでを早めに予約しました。

Vitoriaまではバルセロナから4時間半。上記の3都市の中で、時間も短いです。料金は迷っているうちに18ユーロに上がりましたが、それでも安いです。

飛行機だと、空港まで行く時間、+チェックインや荷物を取る時間+空港から町まで出る時間がかかります。
格安航空会社は早朝か深夜なので交通費がかかり、不便です。

電車の4時間半はそれほど遠くありません。ぜひRenfeも活用してみましょう。

*日本から旅行に来る人たちは、Spain passというRenfeのフリーパス券があります。たくさん電車を活用する予定の人はチェックしてみましょう。

DSC_0483.JPG
バルセロナからヴィトリアまでの電車。新幹線じゃないですが、これで17ユーロ、悪くありません。

DSC_0484.JPG
今この辺を移動中ですよ♪という地図付きの画面が分かりやすいです。

爆発の続くSamsung Galaxy Note 7は、航空会社から禁止令が出ています!

JUGEMテーマ:旅行



航空会社エミレーツのカウンターに次のような注意書きがありました。
DSC_0136.JPG

爆発が起きる可能性があるとされるSamsung Galaxy Note 7 。
バッテリー交換後も爆発しているらしく、安全が確認されていません。

飛行機へは機内持ち込みも、預け荷物も、どちらであっても、一切持ち込みは禁止です。
持ってると申告すれば置いていけ、、といわれます。
かといって、申告しなければ、上空で爆発の可能性もありますから、注意しましょう。

Samsungには保障してもらうしかないですが、現在は飛行機に乗る際には持ってこず、日本に置いてきましょう。
航空会社によっては厳しくないかもしれませんが、他航空会社でも念のため、置いてきましょう。

.......


ちなみに、パソコン、カメラ、などに入っているリチウム電池はむき出しのまま、預け荷物に入れることは実は禁止です。

日本では荷物預けで禁止といわれる項目に入っていますが、海外では一切言われたことがありません。
いちどお客様に聞かれて、その時はエールフランスで聞いたところ、やはり預け荷物ではダメと言われました。

むき出しのままだとぶつかったり、衝撃が直接にかかる可能性があり、
機内荷物置き場の環境などもあり、よくないからです。
カメラの中に入ったまま、パソコンの中に入ったまま、であれば預け荷物もOKになっています。
替えのリチウム電池などを持っている場合は、通常の会社は機内持ち込み荷物に入ってる分にはOKだそうです。
ハンドバッグの中などであればOKである、といわれました。

あくまでもリチウム電池そのものだけを、スーツケースなどの預け荷物に入れることが禁止されています。
航空会社によっても違いますが、頭に入れておきましょう。


・リチウム電池の預けが2016年4月より禁止に。詳細はこちらのwebからどうぞ。
・その他、手荷物持ち込みでもスカイマークから出火。詳細はこちらのwebからどうぞ。



バルセロナ 10月の一部の日曜日は、お店があきます

JUGEMテーマ:旅行



普段、日曜日はお店が閉まります。

が、今年は10月2日、9日に、観光地など一部の地域に限られますが、日曜日営業が解禁となってます。

デパート、ブランド店、スーパーなど一部のお店がオープンどす。時間帯はいつもより短めです。

免税の手続きが受けれないケース

JUGEMテーマ:旅行



免税の手続き(Tax Free)ですが、去年ぐらいからスタンプを教えてもらえないケースが時々発生しています。
(正確には以前にもなかったわけではありません)


過去のケースでは、
・お店側のサインが入ってなかった
・お店が書くべき、金額が抜けていた。
・お客様の名前が違っていると判断された(在日韓国人の場合や、結婚してパスポートが新規だがクレジットカードの旧姓の名前をお店側が書いてしまった)
・寝坊したらしく、誰も出てこなかった
・EU入国のスタンプが確認できなかった


などなど。
といっても20年で、5回とかそんなもんですが。粘ったり、違う係員に再チャレンジしたりしてクリアし、結局本当にもらえなかったのは20年で2度です。(私自身のケース)

今は5人ほどのガイド仲間でLINEのようなものを使って情報を交換しているので、他の人の情報も回ってきます。

去年ですが、日本までは直行便がないので乗り継ぎになるのですが、乗り継ぎ時間が短いのに押してくれなかったケース。これは一時期混乱しましたが、今はおさまっています。(注・本当は最後のEU国での手続きです)

つい最近聞いたケースでは、免税の書類に書いてある商品番号と、お客様のレシートに書いてある商品番号が違っているので受けれない、とされたケース。しかも「無効」のスタンプを押されてしまったので、再度チャレンジなどもできません、、。


ただの意地悪じゃないかという話があったり。
他国民の人たちが不正しているから、厳しくなっているという話しもあります。


一応お知らせしてみました。


サンパウ病院も若者料金誕生!!!

JUGEMテーマ:旅行



サグラダファミリアに続き、サンパウ病院も29歳までの割引料金を誕生させました。

急に続いてますが、もしかしてこれからどんどん増えるかもしれません。

20代の方は、これをきっかけに、あちこちの切符売場で、25歳などと、一応言ってみましょう!!

観光地のストライキ ミロ美術館、タピエス美術館、MACBAなど

JUGEMテーマ:旅行


最近観光地のストライキが多いです。

地下鉄やバスは市民に影響するので新聞やテレビのニュースになりますが、観光地(市民には影響がない)とあまり大きなニュースにならず、見逃すこともあります。

情報を聞いたらここに出しておきますが、一度出たら、続けて出る可能性もありますので注意しましょう。


6月16日、バルセロナの次の美術館がストライキのため休館しました。
・ミロ美術館
・アントニ・タピエス美術館
・Macba
・ la Virreina
・世界文化博物館 el Museu de les Cultures del Món
・音楽博物館

6月23日と、7月2日にも予定しています。(回避されなければ)
しばらく情報に注意しましょう!

・・

モンセラのCremallera(登山電車)とケーブルカー(Funicular)も最近ストライキしています。Nuriaの登山電車も会社が同じで、同時にやっています。

・6月14-16日(途中から解除されたようです)
・3月25日-27日


地下鉄については別記事(交通情報)をご覧ください。

グラナダのアルハンブラ宮殿、チケットが今全然取れません!絶対行きたい場所は入場予約をしましょう!

JUGEMテーマ:旅行


絶対に見たい場所なのに、事前予約をしない方がいらっしゃいます。

・あまり時間までぎっちりと予定を決めたくない、
・もしかして旅をするから時間に遅れるかもしれない、
・たぶん予約が取れるだろう、
などの理由で。

ところが、時と場合によっては予約が取れない悲劇が起きます。

取れなくても良いんなら、いいんです。
でも絶対に行きたいならば、予約を取っておいた方が良いに決まっています。
だってどっちにしろ行くのでしょう?

時間が間に合わないからと心配でも、確実に入れる時間があるはずです。

今年はまだ5月なのにグエル公園が例年と比べ物にならないほど混んでいます。
アルハンブラ宮殿も、旅行会社でも予約が取れず、夜22時の夜の部しか取れないってこともあるそうです。

ちょうど今私も友達がアルハンブラ宮殿へ旅行にいったのですが。到着日も翌日終日も、チケットは売り切れ。
当日券というものを狙い、中には入れたそうですが、一番有名なナスル朝宮殿( Palacios Nazaries)へは入れなかったそうです。


詳細は友達が帰り次第、聞いてみますが、
皆さん、チケットは絶対に事前予約しましょう!!!

今のスペインは尋常ないほど混んでいますよ!!!