お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
3月にはバルセロナでは全バス路線に無料WIFIとなります!

JUGEMテーマ:旅行



バルセロナは町中に無料WIFIがあり、ホテルやカフェばかりではなく、街角からビーチまで無料Wifiが設置されています。

今までバスでも時々無料WIFIがついているものがありましたが、3月には全バスで無料WIFIがつくようになるそうです。

地下鉄駅でも主要駅にはついているし、最近はサグラダファミリア駅やUniversitat駅では、無料充電もできる駅もあります。


WIFIルーターを日本からもってきたり、現地でSimカードを買おうとする人が多いですが、実は添乗員さんたち情報によると、バルセロナはヨーロッパで一番Wifiが無料でつながる町です。

カタルーニャ広場でも、アップルストア―やデパートEl Corte Inglesなど、どんどんWifiつながります。

あ!観光地でも無料WIFIあります。
カサミラは1階ではつながりにくいですが、上の階(特に屋上)にいくと、バシバシつながるそうです。

Wifi情報でした。
今度もっと詳しい情報を載せます。

2017.02.17 Friday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)
最近おすすめのRenfe(国鉄) でParisまで!

JUGEMテーマ:旅行



バスク地方にバルセロナから15ユーロで電車に乗れると発見してびっくりした私。
(こちらの記事をどうぞ http://dodonde.jugem.jp/?eid=1730)

今度はバルセロナーパリの新幹線で49ユーロというのを発見しました。Ave/TGVです。一等車でも59ユーロです。

6時間半かかりますが、安いです。

日本の友人が格安航空会社で探していたのですが、3月のバレンシアの火祭り前後の時期。混んでいる時期なのか、格安のEasyjetでもVuelingでも 60ユーロ前後かかり、スーツケース20kgを預けるとさらに追加料金がかかります。

ライアンエアーはもっと格安で、22ユーロ。20キロを預けたとして、38ユーロ。
これが一番安いのですが、早朝6時半発で、空港までの移動もあります。タクシーで移動してたら高くついてしまうし、エアポートバスでも5ユーロ越え(しかも早朝は激混みです)。

パリはボーヴェ空港到着で、パリ市内から85キロ。シャトルバスで移動していたら15ユーロの交通費。すべてにおいて、移動費と時間が無駄です。

それでふと、バルセロナーパリの新幹線を見てみました。

そして、49ユーロを見つけたんです。
ちなみに、「新幹線はどう?」「え?安い!」などと友達とチャットしているうちに、49ユーロは消えてしまいました。49ユーロどころか、座席完売して、なんの予約もできなくなりました。その前日も同様。あわてて翌々日で予約しました。


直前で予約すると、169ユーロもするんです。2か月前の予約でしたが、ラッキーなタイミングで予約しました。

10ユーロの差なので、友人は一等車を予約してましたよ。
6時間半は長いですが、空港への移動と、チェックインまでの時間を考えると、1ー2時間増し程度の違いかと・・・。映画や音楽が楽しめ、景色も楽しめ、食堂車でカフェもできるので、悪くないですね。


格安航空会社ばかり乗りがちですが、格安オファーが出るなら、国鉄もチェックしてみましょう。




2017.01.25 Wednesday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)
Renfe(国鉄)もネットで早く予約をすれば、安く旅行できます!

JUGEMテーマ:旅行



Renfe(国鉄)は高いイメージです。実際、バスや格安航空券の方が安いことが多いです。

しかしRenfeもネットで早めに買えば安く買えます。
みなさんがよく行くフィゲラスのダリ美術館へも、朝の時間帯に1つ、よくプロモーションしている電車があり、普通電車と変わらない料金で新幹線に乗れます。

バルセロナーマドリッド間も、Ave(新幹線)なのに、時々ぐっと安いことがあるので要チェックです。


先日、バルセロナからスペイン北部のバスク地方へ行く電車を見ると、安くて驚いてしまいました。
2月で、バルセロナから5−7時間かかるのですが、なんと片道15ユーロ!(新幹線じゃありません)

電車は、バスと比べて、座席が広いし、カフェテリアに行ったり、立ち上がったり、リラックスできます。長距離だと、映画や音楽が楽しめることもあります。

私はいつも、バスク地方へ行くにはVuelingを使っているのですが、今回あまりにも安すぎて、Renfeにしてみました。

日本からの友人と待ち合わせするのですが、ビルバオ待ち合わせか、サン・サバスチアン待ち合わせか決まってないので、どっちにも行きやすいVitoriaまでを早めに予約しました。

Vitoriaまではバルセロナから4時間半。上記の3都市の中で、時間も短いです。料金は迷っているうちに18ユーロに上がりましたが、それでも安いです。

飛行機だと、空港まで行く時間、+チェックインや荷物を取る時間+空港から町まで出る時間がかかります。
格安航空会社は早朝か深夜なので交通費がかかり、不便です。

電車の4時間半はそれほど遠くありません。ぜひRenfeも活用してみましょう。

*日本から旅行に来る人たちは、Spain passというRenfeのフリーパス券があります。たくさん電車を活用する予定の人はチェックしてみましょう。

2016.12.13 Tuesday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)
バルセロナの空港での、免税手続きが自動化!

JUGEMテーマ:旅行



ついちょっと前も、厳しい係員にあい、無効のスタンプを押されてしまった人もいた、、というのに、、。

バルセロナは免税カウンターの場所が変わったのですが、
ついでに手続き方法も変わったようで、一部の書類は自動で機械でかざして認証されればOKという仕組みに変わりました。

ということは、品物も、レシートも、航空券もいらないようです。
これでますます、不正使用が増えそうですが(不正が多いから、チェックが厳しくなったと言われていた)、
とりあえず、ものすごく、簡単になりました。

「あの厳しさは一体、なんだったのか?」と、ガイドたちの間で衝撃が広がっています!

(またすぐ、終わっちゃったりして、、、)

・・・・・
【後日追記】
結局、自動化された免税書類は、ほんの一部のみ。
今まで通りの手続きがほとんどです。
先日たくさん免税書類を持った団体を担当しましたが、一枚も自動でできる書類はありませんでした、、。(がっかり)

自動でできる書類をもっていたとしても、機械にエラーが出れば、やはり税関の係員のところに並ばなくてはいけません。

免税手続きのカウンターには、今まで通り、「荷物は見せるように!」との張り紙があるので、今まで通り、免税の品物は持っていきましょう。
2016.11.28 Monday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)
爆発の続くSamsung Galaxy Note 7は、航空会社から禁止令が出ています!

JUGEMテーマ:旅行



航空会社エミレーツのカウンターに次のような注意書きがありました。
DSC_0136.JPG

爆発が起きる可能性があるとされるSamsung Galaxy Note 7 。
バッテリー交換後も爆発しているらしく、安全が確認されていません。

飛行機へは機内持ち込みも、預け荷物も、どちらであっても、一切持ち込みは禁止です。
持ってると申告すれば置いていけ、、といわれます。
かといって、申告しなければ、上空で爆発の可能性もありますから、注意しましょう。

Samsungには保障してもらうしかないですが、現在は飛行機に乗る際には持ってこず、日本に置いてきましょう。
航空会社によっては厳しくないかもしれませんが、他航空会社でも念のため、置いてきましょう。

.......


ちなみに、パソコン、カメラ、などに入っているリチウム電池はむき出しのまま、預け荷物に入れることは実は禁止です。

日本では荷物預けで禁止といわれる項目に入っていますが、海外では一切言われたことがありません。
いちどお客様に聞かれて、その時はエールフランスで聞いたところ、やはり預け荷物ではダメと言われました。

むき出しのままだとぶつかったり、衝撃が直接にかかる可能性があり、
機内荷物置き場の環境などもあり、よくないからです。
カメラの中に入ったまま、パソコンの中に入ったまま、であれば預け荷物もOKになっています。
替えのリチウム電池などを持っている場合は、通常の会社は機内持ち込み荷物に入ってる分にはOKだそうです。
ハンドバッグの中などであればOKである、といわれました。

あくまでもリチウム電池そのものだけを、スーツケースなどの預け荷物に入れることが禁止されています。
航空会社によっても違いますが、頭に入れておきましょう。


・リチウム電池の預けが2016年4月より禁止に。詳細はこちらのwebからどうぞ。
・その他、手荷物持ち込みでもスカイマークから出火。詳細はこちらのwebからどうぞ。



2016.10.25 Tuesday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)
バルセロナ 10月の一部の日曜日は、お店があきます

JUGEMテーマ:旅行



普段、日曜日はお店が閉まります。

が、今年は10月2日、9日に、観光地など一部の地域に限られますが、日曜日営業が解禁となってます。

デパート、ブランド店、スーパーなど一部のお店がオープンどす。時間帯はいつもより短めです。
2016.10.02 Sunday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)
免税の手続きが受けれないケース

JUGEMテーマ:旅行



免税の手続き(Tax Free)ですが、去年ぐらいからスタンプを教えてもらえないケースが時々発生しています。
(正確には以前にもなかったわけではありません)


過去のケースでは、
・お店側のサインが入ってなかった
・お店が書くべき、金額が抜けていた。
・お客様の名前が違っていると判断された(在日韓国人の場合や、結婚してパスポートが新規だがクレジットカードの旧姓の名前をお店側が書いてしまった)
・寝坊したらしく、誰も出てこなかった
・EU入国のスタンプが確認できなかった


などなど。
といっても20年で、5回とかそんなもんですが。粘ったり、違う係員に再チャレンジしたりしてクリアし、結局本当にもらえなかったのは20年で2度です。(私自身のケース)

今は5人ほどのガイド仲間でLINEのようなものを使って情報を交換しているので、他の人の情報も回ってきます。

去年ですが、日本までは直行便がないので乗り継ぎになるのですが、乗り継ぎ時間が短いのに押してくれなかったケース。これは一時期混乱しましたが、今はおさまっています。(注・本当は最後のEU国での手続きです)

つい最近聞いたケースでは、免税の書類に書いてある商品番号と、お客様のレシートに書いてある商品番号が違っているので受けれない、とされたケース。しかも「無効」のスタンプを押されてしまったので、再度チャレンジなどもできません、、。


ただの意地悪じゃないかという話があったり。
他国民の人たちが不正しているから、厳しくなっているという話しもあります。


一応お知らせしてみました。


2016.09.04 Sunday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)
サンパウ病院も若者料金誕生!!!

JUGEMテーマ:旅行



サグラダファミリアに続き、サンパウ病院も29歳までの割引料金を誕生させました。

急に続いてますが、もしかしてこれからどんどん増えるかもしれません。

20代の方は、これをきっかけに、あちこちの切符売場で、25歳などと、一応言ってみましょう!!

2016.08.11 Thursday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)
観光地のストライキ ミロ美術館、タピエス美術館、MACBAなど
JUGEMテーマ:旅行


最近観光地のストライキが多いです。

地下鉄やバスは市民に影響するので新聞やテレビのニュースになりますが、観光地(市民には影響がない)とあまり大きなニュースにならず、見逃すこともあります。

情報を聞いたらここに出しておきますが、一度出たら、続けて出る可能性もありますので注意しましょう。


6月16日、バルセロナの次の美術館がストライキのため休館しました。
・ミロ美術館
・アントニ・タピエス美術館
・Macba
・ la Virreina
・世界文化博物館 el Museu de les Cultures del Món
・音楽博物館

6月23日と、7月2日にも予定しています。(回避されなければ)
しばらく情報に注意しましょう!

・・

モンセラのCremallera(登山電車)とケーブルカー(Funicular)も最近ストライキしています。Nuriaの登山電車も会社が同じで、同時にやっています。

・6月14-16日(途中から解除されたようです)
・3月25日-27日


地下鉄については別記事(交通情報)をご覧ください。

2016.06.17 Friday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)
グラナダのアルハンブラ宮殿、チケットが今全然取れません!絶対行きたい場所は入場予約をしましょう!
JUGEMテーマ:旅行


絶対に見たい場所なのに、事前予約をしない方がいらっしゃいます。

・あまり時間までぎっちりと予定を決めたくない、
・もしかして旅をするから時間に遅れるかもしれない、
・たぶん予約が取れるだろう、
などの理由で。

ところが、時と場合によっては予約が取れない悲劇が起きます。

取れなくても良いんなら、いいんです。
でも絶対に行きたいならば、予約を取っておいた方が良いに決まっています。
だってどっちにしろ行くのでしょう?

時間が間に合わないからと心配でも、確実に入れる時間があるはずです。

今年はまだ5月なのにグエル公園が例年と比べ物にならないほど混んでいます。
アルハンブラ宮殿も、旅行会社でも予約が取れず、夜22時の夜の部しか取れないってこともあるそうです。

ちょうど今私も友達がアルハンブラ宮殿へ旅行にいったのですが。到着日も翌日終日も、チケットは売り切れ。
当日券というものを狙い、中には入れたそうですが、一番有名なナスル朝宮殿( Palacios Nazaries)へは入れなかったそうです。


詳細は友達が帰り次第、聞いてみますが、
皆さん、チケットは絶対に事前予約しましょう!!!

今のスペインは尋常ないほど混んでいますよ!!!


2016.05.26 Thursday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)