お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
バスク地方 美食バル巡り旅行 その1

JUGEMテーマ:旅行


番外編で、バスク食べ歩き記録です。

バスク地方にひさしぶりに食べに出かけて気づきました。
日本人が多い、、。

ほとんどすべてのバルで日本人に会いました。
一人で食べ歩きしてるような人たちも多かったです。

バスク情報はみなさんもうご存知のようなので、お店情報はいくらでも探せるようですよ。
ということで、ざっと写真だけ一気公開します。



ビトリアのバル。
今回のバスク旅行で気に入った3軒の1つ。

P2010862.JPG
P2010863.JPG

P2010864 - コピー.JPG
メニューのどれを見ても、「食べたい」と思わせる、私に個人的にドンピシャ料理ばかり。
しかしノンストップであいていると思っていたら、お店はあいているけれど、お料理したものはやはり夜にならないと無理。

P2010866.JPG
仕方なく、カウンターにあるものにしてみたが、それでも美味。

P2010870.JPG

P2010868.JPG
大変疲れていたので、キッチンがあく時間まで待てなかったのだけれど。
ウェイターさんが常連さんに?、料理を頼んであげてるのを聞いてしまい、、こちらも聞いてみたら。

「うちは料理人がとっても親切だから、聞いてきてあげるよ。たぶん大丈夫だよ」とニコニコ聞きに行ってくれました。ウェイターさんも最初から最後までとても親切でした。

P2010867.JPG

そしてフライングして出してくれた、フォアグラのソテー。美味しかったです!!

友人とサンセバスチアンで待ち合わせしたので、この日は一人でバル食べました。写真がないですが、2軒。

あとアンテナの張る私はビトリア市内で美味しそうな雰囲気のお店を他にも見つけました。混んでいて、一人で入りにくそうな高級バルっぽかったので、別の機会に誰かと行きます。しかしメモ、メモ、、。

・・・・
ビルバオちょっと郊外の海岸沿い。
市内はいくつか知っているので、世界遺産の橋を見に行ったついでに、その界隈で探してみました。

いまいち失敗でした。
P2020954.JPG

P2020956.JPG
2月だったのだけど、閑散期な上に時間帯も遅いランチだったので、ほとんど閉まっている。
ピンとくるお店がなかったです。

P2020962.JPG
P2020962.JPG
それでも2軒。
このお店が一番外からの感じはよかったけれど、入ると「あ、食べるものない」って感じでした。

P2020965.JPG

P2020964.JPG

後でグルメの達人の友人のメモを見ると、、。
行くべきゾーンが違ってました。
しかし閑散期で遅い時間だったから、海岸沿いは同じかもしれません。寒い時期の北部の海岸沿いでしかも郊外だと、人が行きませんからね。

もうちょっと良い季節にリベンジします。

・・
サンセバスチアン。
宿の人のお勧めや、ネット情報で、あちこち梯子します。
バル巡りらしく、たくさん回れて満足!
お店は気に入ったところ、そうでもないところがあります。

P2020990.JPG
P2020992.JPG

P2020992.JPG

P2020993.JPG

P2020994.JPG


P2020998.JPG

P2021000.JPG

P2021000.JPG


P2020997.JPG
バスク地方も床に捨てなくなったんだなあと思うほど、ごみ箱がたくさん置いてありました(笑)。スペインも成長しました。

P2021002.JPG
P2021003.JPG

P2021004.JPG
P2021005.JPG
P2021006.JPG
P2021007.JPG

P2021008.JPG
P2021009.JPG

P2021010.JPG
P2021011.JPG

・・
地元の人お勧めのバルの1つ。
P2031073.JPG
P2031074.JPG
P2031075.JPG
確かに美味しそうなピンチョスが山ほど並びます。
種類としては一番だったかもしれません!しかもどれも工夫を凝らしています。

しかし実は、見た目ほど美味しくもなかったです。

P2031076.JPG
P2031077.JPG
P2031079.JPG
P2031081.JPG
P2031082.JPG

P2031078.JPG

P2031083.JPG
P2031086.JPG

P2031084.JPG

旅の達人である友人と一緒に食べ、私はいつでも来れるからと、チョイスを最初は任せていたのですが、、。
任せるとチョイスに失敗するので、やはり私も介入することにしました。上記のあたりも、どう見ても、注文しちゃダメなタパスです。

長年ガイドをやっていると、お客さんがなんだろう?と見た目にひかれて注文するが、失敗する食べ物をよく知っています。(笑) チョイスは実は 大事なんです。(もちろん私も失敗することはあります)

それにカルメンはスペイン中を旅していてバルで食べているので、パッとメニューを見て「ここで頼むべし料理」が分かります。

「他の店にはめったにない料理」「珍しい素材」があれば、それが売りであるか、郷土料理であることも多いので、それはどこでも食べれるよ、というものをわざわざ頼まなくて よもよいのです。

P2031080.JPG
例えば黒板に別メニューが書いてあって、温かいピンチョス=出来立ての注文ピンチョスが頼めるお店では、そっちの方が美味しいです。その意味ではスペイン語ができる人の方が楽しめるでしょうね。

このお店も置いてあるピンチョスはいまいちでしたが、注文ピンチョスは美味しかったです。

P2031087.JPG
昨日のフォアグラは一人で食べたのですが、今度は友人も一緒なので再び。注文ピンチョス。
フォアグラ大好きなので、毎日食べても良いですが。

P2031088.JPG
お魚を注文したら、バルセロナの高級レストランTorre de Alta Marと同じ演出で、出てきました。
スモークで蒸しながら出てきて、あけた瞬間に香りが広がります。

P2031090.JPG
P2031091.JPG

黒板ピンチョス、もっと食べたかったけれど、すでに何皿も食べちゃったので我慢して、次のお店へ。


バスク地方食べ歩き記録、まだまだ続きます。

2017.04.17 Monday | バルセロナ(バル) | comments(0)
グラシア地区のバル Can Codina
JUGEMテーマ:グルメ


グラシア地区在住のスペイン人達と時々行くお店です。

一番に目指していくお店ではないんですが、目指すお店に入れず、ほかにどこに行く?となった時に、二番手候補でいくつか挙がるバルのひとつ。

IMG_0035.JPG


IMG_0038.JPG

IMG_0039.JPG

IMG_0037.JPG

IMG_0036.JPG

<店名> Can Codina
<住所> Carrer del Torrent de l'Olla, 20
2017.03.25 Saturday | バルセロナ(バル) | comments(0)
Pobre Sec近くのバル

JUGEMテーマ:グルメ


最近おしゃれなグルメバルが増えているPobre Sec.

近くにたくさん並ぶのでこのあたりでバル巡りをしようかな?と思うけど、火を通していないツマミのバルが多く、もしくは、いまいち日本人が好むお料理がでるバルが少ないのですよね。

在住者か、何度もスペインに来ている人か、料理は乾きものや缶詰程度で良い人向けですね。
しかもどこも19時半からオープン。

19時頃にさっと食べたかった私達はあいてるところ&すいているところに入りましたが、お店の人の感じが大変良くて、雰囲気もかわいかったです。

DSC_1125.JPG
ビール。

DSC_1127.JPG
カタルーニャではクラシックなタパス、パタタス・ブラバス。

DSC_1128.JPG
ブラバスの向こうにあるのはサーモン。はちみつなどと和えてありました。

DSC_1129.JPG
ボケてごめんなさい。ナチョスとグアカモーレ。

DSC_1123.JPG


DSC_1124.JPG
手作り感のあるお店。アイデアがいっぱいあって、改装したい人の参考になるかも?


・観光客に紹介するほどの店でもないので、店名載せてません。(覚えてないとこも多い)
・半分ただの自分の食べのみ記録です。
2017.03.25 Saturday | バルセロナ(バル) | comments(0)
ビールとタパス祭り で、バル巡り

JUGEMテーマ:海外生活



写真の整理中。いっきに20記事ほど予約投稿してます。
食べ物ネタがたまっていますが、何か月も前の話です。季節外れでごめんなさい。

・・・・・

ビールとタパス祭り。年間に何度もあります。
狭い地区ごとの開催が多いですが、ある時、バルセロナ中で一斉に、100軒参加のバル巡りをやっていました。地区はバラバラです。

ビールとタパスで、2.5ユーロの、お得なイベントなんです。

この時は広すぎたので場所を決め、酒飲み仲間と、滅多に行かない(治安の悪い)ラバル地区へ行きました。
注・治安が悪い地区なので、観光客には勧めません


別の機会に来てみたい。ここは勧めても良いと思うお店だけ、住所と店名探して書いてあります。(バル巡りイベントでは、お勧めに値しないお店も多いです)
住所書いてないお店は、行かなくて良いお店です。

・・・・

この日友達が遊びに来ていたので、モンジュイックの丘まで散策へ。
番外編で写真もどうぞ。

P5290122.JPG
丘の上から町を撮影。

P5290124.JPG

P5290123.JPG


P5290125.JPG
友達がピンチョス屋へ最後に行きたいというのでお付きい。
友達はたくさん食べてましたが、バル巡り予定の私はピンチョス1本とビールを1杯で我慢しておきます。

ちょっと変わったものにしてみました。お客様からピンチョス屋でよく聞かれるんです。これはなんですか?と。だから時々、何かわからないものだと食べてみます。こちらはエスカリバーダでした。日本人はいまいちの一品です。


友達を空港バスに乗せてから、いざ、別の友人とバル巡りです。

<つまりこの日私にとっては2軒目>
まだここはラバル地区ではありません。サンアントニオ市場近くで、碁盤の目のエシャンプラ地区です。

2016-05-29 13.11.34.jpg
雰囲気もよくて、地元の人も来ているので、外観を見ただけで、すでに合格バル。
2016-05-29 13.20.38.jpg
すごいボケ写真ですみません。
2016-05-29 13.54.26.jpg

たしかここはビールじゃなくてもよかったので、Vermutかワインか違う飲み物にしました。
ビール祭りはビールが中心なのですが、たまに他の飲み物が選べる場合もあります。

店名から想像するに、バレアレス諸島のバルのようです。マヨルカ島やイビサ島などのことですね。そこのワインも置いているようです。

<店名> Idò DO balear  
<住所> Villadomat 43


続きを読む >>
2017.03.05 Sunday | バルセロナ(バル) | comments(0)
生ハム博物館のカフェレストラン Mirador de Jamon Experience

JUGEMテーマ:旅行



ランブラス通りの生ハム博物館の2階にあるカフェ風レストランです。
生ハム博物館に入場しなくても、カフェだけ利用できます。タパスメニューになったので、バルのカテゴリに入れました。

場所がちょっとわかりづらいです。
2016-12-26 08.44.07.jpg
ボケリア(サンジョセップ市場)の正面から斜め向かい。向かって右手です。
1階が生ハム博物館と、生ハムショップ。
2階は奥が生ハム博物館のツアー参加者の試食テーブル。手前のランブラス通り側がカフェです。

2016-12-26 08.44.47.jpg
隣に案内所の看板もあります。


2016-12-26 08.44.33.jpg
2階。よーく見ると、生ハムがぶらさがっていて、Jamon(ハモン)と書いてあるところがここで紹介するカフェです。

PC130469.JPG
カフェ入口にはもちろん生ハム。いろんな種類がありそうです。


PC130470.JPG
店内は広々。


PC130472.JPG
ちょうどサンジュセップ市場の斜め前。
ランブラス通りを歩く人々を見ながらの窓際のお席もお勧め。


PC130471.JPG

PC130473.JPG
生ハム博物館の受付の方にいる、かわいいお姉さん!

PC130466.JPG
以前はサンドイッチなどでしたが、スペインらしいタパス屋になりました。
平日はランチメニューもあり。

PC130468.JPG
ランチメニューはそそられませんでしたが、ア・ラ・カルトは悪くなさそうです。
イベリコ豚を焼いたものや、生ハムメニューもあり。

まだ試してないので、食べ物は美味しいかはわかりません。今度行ってみます。カフェタイプなので、「それなり」かな、と思いますが、、。

PC130467.JPG
コロッケ、ししとう、イカリングなどスペインタパスの定番あり。フォアグラなども。


飲み物も良心的なお値段なので(ランブラス通りは、ぼったくり店が多い)、ちょっとした休憩にも良いです。
2階にあって目立たないせいか、今のところ、人が少なくて、意外な穴場。

Wifiも無料で、ずーっと昼間もあいています。

密かなお勧めは、生ハム博物館の方です。
お客様も口コミで勧められたといって、行きたがるお客様も多いです。

博物館を見学した後、うんちくを聞きながら?生ハムの試食(飲み物つき)があって、飲み好き・食べ好きには楽しいです。

【店名】Mirador 
【住所】Rambla de les Flors 88 - 94
サンジュセップ市場の斜め前。生ハム博物館(Jamon Experience)2階。

2017.01.12 Thursday | バルセロナ(バル) | comments(0)
Patatas Bravas(パタタス・ブラバス)有名店の、Bar Tomas(サリア地区)

JUGEMテーマ:海外生活



バルセロナっ子は、パタタス・ブラバスが大好き!
なんちゅうことないジャガイモの1皿なんですが、バルの定番です。
値段も安いので、これでおなかをいっぱいにする、という手にも使えます。

シンプルな料理なので、お店の腕?がそのまま出ることもあり、
「どこのパタタス・ブラバスがおいしいか?」という話は、よく出るテーマの1つです。
地元雑誌やネットでもよく議論されています。

その定番として昔からの老舗が、ここBar Tomas(バル・トマス)。
サリア通りにあるのですが、高級地でありながら村のような雰囲気で、とーっても素敵な地域です。
サリア通りは有名なお店もたくさんあります。

場所が遠いこともあり、わざわざパタタス・ブラバスのために行くことは滅多にありません。

DSC_2255.JPG

DSC_2254.JPG

DSC_2256.JPG

DSC_2257.JPG
これがそのパタタス・ブラバス。
別に普通じゃ!と、連れの一人は言っていました。。。(この日は在住者ご夫妻といってきました)

私は、まあ、その辺のパタタス・ブラバスよりは良いと思いますが、、。
わざわざ行くか?というと、やっぱり行かないですね。

店内の写真を撮り忘れました、、。
昔からある、老舗の、親父バル風です。
お料理したものは少ないですね。


<バル名> Bar Tomas
<住所> Carrer Major de Sarria 49

・・・

続いて、別のバル。
同じ通りをもっと山へ進むと、教会のある広場があるのですが、
そこに到着する手前の、左手にあるバルです。
(2度行きましたが、いつもふらっと入るので名前がわからない)

Bar Tomasでは食べ足りないので、ハシゴしました。
お写真だけ、どうぞ。

DSC_2258.JPG

DSC_2259.JPG

DSC_2260.JPG

DSC_2263.JPG
生ハムが食べたいと言うご主人。在住者だし、いつでも食べれるから違うものじゃダメなの?と愚痴る奥様。(笑)
いや、食べたいものをどうぞ、という職業病の私。

このお店のほぼ並びに、パエリャで勧められたことのあるレストランもあります。
まだ行ったことはありません。

試したい店がいっぱいあるのですが、観光客にとって遠いお店は、後回しになっちゃいます。(これも職業病)
家が近い方やこのあたりに行った方はどうぞ。

【バル名】Bar Tomas
【住所】 Carrer Major de Sarrià, 49

2016.12.01 Thursday | バルセロナ(バル) | comments(0)
大人気バルを発見!

JUGEMテーマ:海外生活


友人とのウォーキング途中で、見つけた大人気バル。
ひさしぶりの地区に行ってみたら、お店がたくさんできていて、週末なので大混雑。

ちょっと観光地っぽくなってきたかな?、この辺に住む友達にどこが美味しいか聞いてみる?と言いながらお店を吟味していたところ。
店外に黒板の掲げてある、小さなお店を発見しました。

あそこどう?と、ほぼ同時に二人とも気になったお店。

入口近くのミニテーブルがちょうどあいてたので座ったのですが、実はバーカウンター後ろにWaiting Listがあり、みんなの名前が書かれていて、待っている人がたくさんいる地元の人気バルでした。


2016-05-27 21.04.57.jpg
入口の天井はこんな感じ。

続きを読む >>
2016.06.28 Tuesday | バルセロナ(バル) | comments(0)
スペイン広場の近くのバルレストラン、Casa de Tapes Cañota
JUGEMテーマ:グルメ


スペイン広場の近くの、昔のHotel Fira Palace、今のCrown Plaza近くのバルレストランです。

この辺は以前はあまり良いお店がなかったのですが、最近どんどん新しいバルやレストランが増えてきています。

2015-08-18 23.43.12.jpg2015-08-18 23.43.08.jpg2015-08-18 20.53.36.jpg2015-08-18 20.53.41.jpg2015-08-18 20.57.13.jpg2015-08-18 20.59.28.jpg2015-08-18 21.08.13.jpg

魚介のフリッターなどはカラっと揚がっていますが、ちょい高いかな。

しかしリーズナブルに、ひとり17ユーロぐらいでおさめたこともあります。
注文の仕方によりけり。


2012aa 422.JPG2012aa 423.JPG

<店名> Casa de Tapes Cañota
<住所> Lleida、7

2016.05.15 Sunday | バルセロナ(バル) | comments(0)
バルセロナのバル La Pepita
JUGEMテーマ:グルメ

よく雑誌や地元紙で紹介される、創作料理系バルです。

グラシア通りのカサミラからも近いし、良いバルだったらお客様に紹介できると思って、一度行きたいと思っていました。

行ったことのある友人に聞いたところ、
・一度行ったら、もういいかな、という感じ。
・小さなお皿をいろいろ食べたい女子にはいいかも?

とあまり好ましい反応が帰ってきませんでした。
自分が行ってみての感想ですが、「一度行ったら、もういいかな」というのに納得しました。いや、一度も行かなくて良かったかもしれません。しかしそれを知るのも試さないと分かりませんからね!

つまりまったく気に入りませんでした。
しかしお店はとても混んでましたよ!ただの宣伝効果なんでしょうか?行った人は本当に美味しいと思っているのかな?

IMG_0433.JPG
手前がバーカウンターです。ここも混んでいます。混んでいてスリも多いそうです。このお店で、スリが電話をかけるフリをしてお客さんたちの間をウロウロしているビデオをニュースで見たことがあります。通路が狭いですからね。


IMG_0434.JPG
賑やかなところは良いし、内装もオリジナル性ありです。
客層もお店のスタッフも若めが多いです。落ち着いて食べたい人には向きません。


続きを読む >>
2016.03.08 Tuesday | バルセロナ(バル) | comments(0)
タコレストラン Pulpería A Gudiña
JUGEMテーマ:旅行


有名なタコ屋さん。
タコのことをプルポといいます。PULPO。響きが可愛い言葉ですよね。

タコ専門店?をPULPERIAと言います。

といってもタコだけではなく、魚介全般が食べられるバル・レストランです。
店内もスペイン北部の建物をイメージした内装です。入口は背の高いスツールタイプのバル。
隣の部屋や中2階みたいなところにはテーブルもあります。

昔は中年カップルや夫婦が多く、週末は本当に賑わっていました。
ここ数年は美味しいレストランが増えたせいか、時間帯によってはガランとしていることもあります。
私も何年も行ってません。魚介は他の店に食べに行っちゃいます。

でも古くから続いているので、味はそんなに落ちてないのでは?
しかしあまりガランが続くと味が落ちそうで心配です。

それに人が少ないと流行っていないバルという感じがしちゃうんですよね。
混んでいると美味しいレストランな気がしちゃう。

写真が出てきたので紹介します。

bcn 018.jpg
こういう器がガリシア地方っぽいですね。
店名のア・グディーニャもガリシアのある町の名前です。


bcn 020.jpg

bcn 021.jpg

bcn 022.jpg

bcn 023.jpg
肝心のタコの味は、普通です。

・・というか、私はバルセロナのどのレストランでも、ガリシア風タコはおいしいと思ったことがありません。
(ガリシア風じゃなく、別のタコ料理はバルセロナでも美味しいお店あります、、)

ところがガリシアでガリシア風タコを食べたら、「バルセロナのタコはなんだったのか??」と思うほど、美味しかったです!!

その経験から、バルセロナで特にガリシア風タコを食べて欲しいとは思いませんね、、。
ガイドブックに出ているので食べたがる人、多いですが、、。

しかしこのPulpería A Gudiñaのガリシア風タコは、下に敷いているジャガイモがとても美味しかったです。鮮明に覚えてるぐらいなので、よっぽどだったんでしょうね!

何度か行っててますが、すごくジャガイモにはまったのは一度だけです。あまりガリシア風タコを注文しないので他の時は食べなかったか、この時だけ美味しかったか、、ですね。

<レストラン名> Pulpería A Gudiña
<住所> Entença, 2

*ちなみにすぐ近くに、日本人がよく行く中華レストラン、鶴城飯店(だったかな?名前)があります。

2016.02.28 Sunday | バルセロナ(バル) | comments(0)