ツアーの上手な選び方 − サグラダファミリアのエレベーターに乗れなかった時、代替案は必要か?

JUGEMテーマ:旅行

 

ガイドや添乗員が何年言い続けても変わらないので、ツアーを選ぶお客様に賢くなっていただこうと、良い内容のツアーについて書いていきます。

 

なぜかというと、会社も良かれと思い、お客様の目にも良く見えることが、実際には良くないからです。

 

まず第一弾。

サグラダファミリアの塔にのぼるエレベーターが故障もしくは天候で乗れなかった時。

 

これは結構多いケースです。(特に天候)

ずばり、塔にのぼれなかったときに、皆さんにとって一番良いのは、代わりに内部をじっくり観光することできること。

これにつきます。

 

なぜならエレベーター付きのツアーは、季節、人数、混雑の状況によりますが、エレベーターに乗るだけで観光が終了する欠点があるからです。せっかく来たのに、内部が急ぎ足観光か、売店に行く時間もないツアーもあります。最近のツアーは詰め込み過ぎ。

 

塔がないなら、その分、楽しめるんですよ。

つまり一番良いのは、エレベーター代を返金。もしくは返金も何もないツアー。

 

返金もないって不本意かもしれませんが、代わりにサグラダファミリアで過ごす時間をもらえ、無駄なやりとりの時間も省けるというものです。もともと旅行会社のせいでもありません。

 

・・・

 

最悪なのは、代わりに、モンジュイックの写真ストップに行くツアー。

サグラダファミリアからあんな遠い場所へ行くのに、道路の往復と写真の時間を含めて、最低40分(場合によってはもっと)必要です。

 

モンジュイックを急に含めることになるなら、急行しなくてはツアーの時間内に収まりません。フリータイムもなく、これからすぐ移動しますとツアーの皆さんに無情にも宣言しなくてはなりません。

 

塔にのぼれず、がっかりしているお客様の傷口に塩を塗るような代替案です。

 

ガイドをやっていて、お客様が一番喜ぶと感じるのは、サグラダファミリアでゆっくり見れること。「こんなにゆっくり見れると思わなかったー♪」とおっしゃるときの、満足感いっぱいの顔。ツアー企画者はこれを念頭に作ってほしいものですが。

詰め込みすぎ観光のいろんな例(バルセロナ)

先日のバルセロナ市内観光。
ひさしぶりに詰め込みすぎ観光をやりました。例の1つとして、紹介します。

半日観光は4時間が普通ですが、5時間観光。
4時間ではこなせないからですが、夕べ遅くに到着して、いきなり5時間の観光というのはきついです。

内容は、入場が2か所(サグラダファミリア入場とグエル公園)、
下車観光が3か所(モンジュイックの丘、カサバトリョ、カサミラ)。

5時間で5回バスの乗り降りするのは多すぎ。(駐車の関係から、今回は4回乗り降りにしました)

しかも。
バスの駐車場が遠いので歩かされるのが、サグラダファミリア、カサバトリョ、モンジュイックの丘。3か所も入ってます。つまりそこへ行くのに往復で10分ないし15分歩くんです。これもきつい。
時間がかかるということは、どこかにしわ寄せが来ます。
たくさん入れるなら、せめて「歩かなくてよい観光地」を入れてほしいです。

さらに。
場所的に町の端と端。
グエル公園とモンジュイックの丘は、場所が大変遠いです。
たくさん入れたいなら、せめて回るのに効率がよく無駄のない観光地を入れてほしい。


しかもこの日は日曜日なので、いつもより交通はなかったのですが、2か所で通行止めだったので、回り道をしました(ミニマラソン大会と、ツール・デ・カタルーニャという自転車の競技が行われていました)

しかし平日は平日で、交通量が都会で多いため、時間がかかります。


お客様ぐったり。ガイドもぐったりのツアーでした。

今回も添乗員さんがコメントしてましたね。
「サグラダファミリアもグエル公園も入場が入ってるのだから、下車3か所も、いらない。
モンジュイックはカットすべき。
もしくはカサバトリョ、カサミラは車窓観光にすべき」

まったく同感です。
カサミラの駐車場から、モンジュイックの丘ストップして、レストランに行くまでに1時間以上かかります。
1つの写真ストップだけで、1時間以上を使っているのです。

お客様も最後、疲れたたなー、まだ行くの?って感じでした。
あまり疲れすぎると、感動する心が保てなくなります。

団体でサグラダファミリアのエレベーターが入っているツアーは、本当に満足か?

JUGEMテーマ:旅行



自分にあったツアーを選びましょう。
ツアー内容についての裏事情をお話します。

サグラダファミリアのエレベーターが含まれているツアーは、本当に自分にとって満足なのか?

サグラダファミリアで、若い添乗員さんがぽつり、と言いました。

「先日初めてエレベーターが含まれてないツアーに参加して、じっくりガイドさんが説明するのを聞いて、とても感動した。エレベーターなんかやめて、じっくり見学すればよいのに、、」と。

そうなんです。
最近団体ツアーでエレベーターが入るツアーが増えています。

実際に、お客様から「塔にのぼりたかった」という声が多いんです。だからエレベーターが含まれたツアーをウリにする旅行会社の気持ちはわかります。


ところが、エレベーターが含まれると、団体ツアー全員の上り下りに時間がかかります。10−20名だったらまだしも、40名いると最後の人がのぼるまで、ずーっと待ってなくてはならないんです。

降りてくるスピードも違います。
個人の方なら、降りてらっしゃったら観光の続きをスタートすればよいですが、団体だと全員が降りてきて揃うまでも時間がかかります。

また、エレベーターは最初に行った時点ですでに行列していることもあります。順番が回ってくるまで長く待つこともあります。

つまり、団体ツアーでエレベーターが入っているだけで、すべて想定して時間を組んでおくので、ものすごおおい時間を保存しておかなくてななりません


サグラダファミリアはフリータイムがもっと欲しい、
サグラダファミリアの売店で買い物したい、
ゆっくり見学したい、
という方も多いのですが、これもツアーでエレベーターがあると全部は無理です


ガイドの説明を短く観光するか、
売店に行く時間が取れないか、フリータイムがないか。
どこかで、時間を削るので、普段よりも何かが短くなる可能性があります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上にも書いたように、どうしてものぼりたい人は多いので、結局は皆さんのお好みです。

添乗員さんはどっちのケースも比較するので、もっとじっくり見学すればいいのに、無駄な時間(待っている時間)が多いと思ってしまいます。

しかし、初めて来るお客様はこんなもんかと思っているので、ガイドの説明が短いとか、あまり思わないかもしれません。

それにやはりエレベーターに上りたいお客様は後を絶ちません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある格安旅行会社で、エレベーターが含まれているツアーがあります。

過去にも説明してきましたが、
・格安ツアー = 人数が多い
・高額ツアー =人数が少ない
です。
集客人数は完全に値段に反比例します。

格安ツアーで、エレベーターが入っていると、40人のツアーなのでものすごく時間がかかります。

しかし!!この格安ツアーのお客様はそれで良いのです。

お客様の客層にもいろいろあり、
・ガイドの説明はいらない。写真を撮ったり、フリータイムでいい
・ガイドの説明をじっくり聞きたい
に分かれます。

上記、格安ツアーのお客様は、ガイドの説明をゆっくり聞くタイプでもないので、
エレベーターに時間がかかり、観光時間がなくなっても、それで気にするお客様ではありません。
もしもあなたもそのタイプだったら、あまり気にする必要はありません。

ただし、あなたがガイドの説明もしっかり聞きたいし、エレベーターにも上りたいと思っているなら、
格安旅行会社は避けるべきです。格安ツアーで40人集客する旅行会社ではなく、普通〜高額ツアーを選びましょう。

自分にあったツアーを選びましょうで、裏事情をお話しました。





ガウディファン&建築学生にぜひお勧めの最強ツアー(一部ハード?)

JUGEMテーマ:旅行


あるタイプにはぜひお勧めしたい、
しかしあるタイプには向かない、というツアーなので、
特徴をご紹介します。


クラブツーリズムという旅行会社があります。

・山歩きツアー、
・おひとり様ツアー(一人参加の人ばかりが参加する)
などユニークなツアーが多いのですが、この会社がバルセロナ5連泊のツアーをだしています。


バルセロナは「もっとゆっくりしたかった」と言われる町。
カタルーニャ州内の観光地も魅力的なところです。

スペインは全土周遊が定番ですが、今はパリやロンドンのように1都市滞在をしても良い都市になりました。そこにいち早く目を付けたところは、えらい!です。

私が来た頃は、サンパウ病院、カサバトリョ、カタルーニャ音楽堂、は、外観から見るだけで、内部観光できませんでした。カンプノウツアーもありませんでした。今は見どころが増えたので、せめて3泊はするツアーが増えても良いです。半日や1日ではバルセロナは足りません!

このツアーは本数は少なく、月に1本ぐらい?
しかも毎月、ちょっぴり内容が違うのですが、主に次のような内容です。

・バルセロナ市内観光が全部で1日半ほどある。
・フリータイムも半日もしくは終日ある。
・フィゲラスのダリ美術館+ジローナの町へ終日観光。
・有名ワイナリー試飲とモンセラ修道院へ終日観光。

ワイナリーや、ダリ美術館や、モンセラは、普段でもお客様が行きたがる場所。
これがぜんぶツアーで入っていて、なかなか多彩な観光ができて、楽しめます。


バルセロナ市内観光も内容がすごいです。
含まれているのは次の通り。

【入場】一部は個人見学ですが、入場が含まれています。
・サグラダファミリア+エレベーター付き
・カタルーニャ音楽堂
・ピカソ美術館
・グエル公園
・ガウディの知られざる個人住宅フィゲラス邸(ベリェースグラルド邸)
・郊外のガウディ最高傑作コロニアル・グエル

全部で6か所も入場!!!この全部の入場料だけで1万円ぐらいします。

【写真ストップ】
・修復中ですが、ガウディ初期の建築ビセンス邸
・サンパウ病院
・カサ・バトリョ
・カサ・ミラ

【その他】
市場でランチタイム。もしくはクリスマス市の見学。


バルセロナ市内は1日半ほど観光がありますが、これほどまでに入場観光が入っているのは珍しいです。
建築学生のツアーでも、こんなに見学しないってぐらい、入場観光します。

普通は8時間の観光でも、車窓や写真ストップや散策が多く、内部にちゃんと入って入場するのは2か所、多くて3か所程度なんです。それが1日半で6か所入場!!本当にすごいです。

ただその分、ハードでもあり、時間との戦いです。


このツアーに参加したご年配のお客様。「スペイン周遊ツアーはハードだと聞いたので、滞在型を選んだんですが、滞在型はハードなんですね」と言ったお客様がいらっしゃいました。

いや、違います(と、ガイドは心の中で思いました)。
本当は、滞在型はラクなんです。このツアーがハードなんです。盛りだくさんすぎて、お客さんが(ガイドも)ヘロヘロになります。

とある日なんて、9時間市内観光で、入場や写真ストップ含めて7か所行き、9時間のうち、郊外への観光と、市場の自由食も含みます。本当にハード。

体力がない人や、全然ガウディに興味がない人が「周遊よりラク」と思っていると、最初の2日は体力的にきつい内容です。

あまりにも充実ツアーなので、てっきりすごいマニアな建築ファンが参加するかとおもいきや、初スペインで、何も考えずに、バルセロナ観光で選んだという方もいらっしゃいます。

もちろんそれでも良いですが、滞在型でゆっくりしたい人や、体力がない人には向きません。

滅多にない充実ツアーなので、
建築をやってる人、建築学生さんに見てほしいツアー。
体力があって、もりもりたくさん見たい方。
ガウディの大ファン。
マニアチックなツアー、大好き。


そんな人たちにぜひぜひお勧めしたいです。
こんなに入場観光が入って、効率よく1日半で観れるツアーは他にありません。


・・・
《注意・追記》このツアー、2017年に入って、さほどハードではなくなりました。

去年まではエミレーツ航空で到着。長距離飛行機で到着した日(昼到着)そのまま観光+夕食+夜景までありハード。
つまりとても長い1日。
そして翌日は9時間市内観光だったんです。この2日間がハードでした。バルセロナ5連泊。


・・
今年は今のところ、欧州の航空会社になりました。
到着日は夜なので、そのままホテルへ。1泊増えて、バルセロナ6連泊になりました。
翌日は午前中はフリータイムでゆっくり。午後に半日観光。
翌々日に9時間市内観光。

これは到着日と翌日にゆっくり休めるので、9時間観光の日もまったくハードに感じません。
よくなりました!!

・・

エミレーツにすると旅行代金はぐっと安くなります。充実のツアーなのですが、さほど旅行代金が高くないのは航空会社のおかげでした。お客様も安い方が人が集まります。

ただし南回りは時間がかかります。上のようにほぼ半日の違いが出てきます。

バルセロナ5連泊でも魅力のツアーでお客様も集客できるので、欧州経由の6連泊になったのかもしれませんね。
その分、もしかしたら旅行代金はあがったかもしれませんが、みなさんにとってハードなツアーではなくなりました。これは大きいです!!





忙しいツアーが好きな人は、忙しいツアーにもちろん参加して楽しみましょう!

JUGEMテーマ:旅行



今のツアーはどんなに変わってしまったか?時間との闘い

・ツアーにたくさん含まれているのは本当にお客様によって良いのか?

などのページを作っていますが、、、。

忙しいツアーがダメだ、そんなツアーに申し込むな!と言っているわけではありません。
自分にあったツアーを選びましょうという話をしているんです。忙しいツアーが好きなら楽しみましょう。

実際、最も忙しいツアーと言われるツアーは、スペインで3泊のハードツアーです。
マドリッド1泊、グラナダ1泊、バルセロナ1泊だったでしょうか。
たしか「週末をスペインで」のような名前のツアーです。

ところがこのツアーのお客様、とてもお元気なのです。
これほどタイトな日程だと、ハードなことを理解している人が参加するのでしょう。

添乗員もガイドもびっくり!という内容なのですが(うろ覚えのため詳しく書けない)、バルセロナは遠くからバスでやってきて、午後観光。夕方ホテルに到着した後、フラメンコのオプションがあるのですが、ほぼ100%が参加します。フラメンコの前に1時間ぐらいしかフリータイムがないのに、もちろんお買い物や観光にも出かけ、フラメンコの後、できれば夜景も見たいと出かける方もいらっしゃいます。

共通ですが、皆さんとっても元気。
そしてとーっても楽しんでらっしゃいます。

中にはご高齢の人ももちろんいらっしゃいますが、このぐらい全然平気!というぐらい元気に活動してらっしゃいます。年齢じゃなくて、気質と体力?なんですね。

日程が短いので高いテンションが続くんでしょうか?
仕事で休めなくてもヨーロッパへ行くぞというやる気みなさん。
来るからには目いっぱい楽しみたく、お金もケチりません。

本当に毎回毎回、忙しい内容をめいっぱい楽しんでらっしゃるので、この皆さんのために、こういうツアーがあって良かったなと思うぐらいです。

つまり、お客様の好みやニーズにどんぴしゃりのツアーなんです。
(しかしこのツアーに、ハードなのが嫌な人が参加してしまうと、悲劇です)

あまり本数はないので、限られた方向けツアーかもしれません。
自分にあったツアーはきっとあります。ぜひいろいろがんばって探しましょう!


団体ツアーのバルセロナ観光、今は時間との戦い

JUGEMテーマ:旅行


たくさん入っているツアーは本当にお客様にとって良いのか?というページも作りましたが。

バルセロナでうん10年もガイドをやっていると、観光内容が変わりました。
私がガイドになった頃は内容があまり入っていないので、ガイドの好きなとこにお客さんを案内したりしたものです。(例を見たい人はこちらをどうぞ)

当時は観光もあれこれ入っていないし、車も混まないし、予約もうるさくないし、おまわりさんもうるさくないし、ゆっくり観光できていました。

観光の時間は半日で4時間と変わっていないのに、ものすごく昔と違って、同じことをするのにも時間がかかります。なのにツアーの傾向として、たくさん入れちゃえ!という傾向にあるんです。
例えば、、。


<サグラダファミリア>
ずいぶん、できました。(笑)
昔は内部がなかったので(笑)、生誕の門と受難の門の2か所を案内するだけ。真ん中は青空で、工事現場で、ほぼ通り過ぎてました。
売店も混まないし、塔もその場で登れます。よく皆さんのぼってもらってました。
短い時間でも、十分に、観光も売店も塔もこなせたのです。

外尾さんの彫刻も今より数が少なかったので説明もぐっと少なかったです。


今はどうなったか?
一番大きな変化は、観光バスが近くで停まれなくなったこと。遠くから歩きます
往復で最低15分は時間ロスします。バスを降りてからサグラダファミリアにつくまで、信号も2度か3度ひっかかります。

外観の写真ポイントも混みます。
入場も混む日は団体の順番待ちで、時間ロスすることもあります。
内部も説明する場所が増えたし、内部での時間もたっぷり取らなくてはなりません。
塔は当日では無理になりました。階段は登れなくなりました。
売店も混みます。
バスまでまた歩きますが、バスが混んでいて、私たちが遅く到着すると、おまわりさんに追い出されます。1周してくるので乗り込むのに時間をロスすることもあります。


サグラダファミリアでは、「もっとゆっくりしたかったわー」とよく言われます。


<グエル公園>
今は有料になり、予約制になってしまいました。予約の時間にあわせていかなくてはならないのが欠点です。ちょうど良い時間に予約が入るわけでもないので、グエル公園が何時、サグラダファミリアが何時、と2か所の観光が入っていると、うっ!時間がきつい、、という時があります。

ただ有料化のおかげで混まなくなりました。バスが入れなくて大変だった時代がありましたが、その混みようはなくなったので、ここだけがましになった観光地です。ただ入場予約がしづらくなったのも事実です。

以前は無料だったので全ツアーで入っていましたが、現在はグエル公園が入ってるツアーと入っていないツアーに分かれます。

ちなみに、ここは長いこと、入場料が無料だったので、下車観光,,とパンフレットに書いてありました。
下車して、ぱぱっと見れる場所ではないで、実質は入場観光で、今も昔もかかる時間は変わってません。

あ。1か所、通り抜けができない場所ができたので、帰り道が昔よりもきつくなりました。


<旧市街での駐車が禁止>
カテドラル、カタルーニャ音楽堂、ピカソ美術館、ゴシック地区、ピカソの壁画、などが観光に含まれている場合。以前はよくバスを停めていた場所が何か所かありましたが全部乗り降りが禁止になりました。2014年秋から。旧市街全域が駐車禁止です。


今は旧市街に行くには、カタルーニャ広場か、凱旋門か、郵便局か、コロンブスの塔の向こうから、歩かなくてはなりません。つまり旧市街の地図のぐちゃぐちゃとして道沿いのどこも、ダメなんです。

バスを降りて10分は歩くことが多いので、時間がかかります。

<罰金>
写真ストップのために、バスをささっと降りたりしていましたが、今はこれが禁止となり、罰金を多く取られます。

旧市街全体で停めれなくなったと書きましたが、それ以外の場所でも同様で、多くの場所で罰金を取られています。バスを停めて罰金を取られない場所は、上記以外に4ー5カ所しかありません。

ささっと停めて、すぐに乗ればOKだったのは2012年ぐらいまで、でしょうか。
明らかにスペインは罰金稼ぎに乗り出しているのです。

ドライバーさんたちはしょっちゅう罰金を取られ、会社は支払わず。自腹なんですよー。停めれなくなってるので写写真ストップができない場所で写真ストップという観光を含めるのをやめてくれと訴えても、もちろんガイドの意見なんて聞いてくれません。(さすがに2014年-2015年はひどすぎたので、2016年は改善されました)


ちなみにドライバーさんは罰金を払えばいいというものではなく、現在はポイント制です。
あまり罰金が取られるなら、ポイントがなくなっていき、免停になっちゃいますので、死活問題です。


いかに今は時間がかかるか?ガイドの愚痴を語ってみました。
だからあれこら入れすぎのツアーに参加すると、忙しくて大変なんですよ。

昔は団体ツアーは楽ちんで、個人のお客様が大変だったんけど(あちこち行きたがるから)、今は団体ツアーの方が歩く距離が多くて大変だなあ、とベテランガイドのおじさんが愚痴ってました。本当にそうです。個人のお客様の方がタクシーで近くまで移動できるので、楽ちんです。




自分にあったツアーを選ぶ

JUGEMテーマ:旅行


個人旅行であれば好きなタイプが選べますが、団体ツアーではプログラムが決められています。

その内容はさまざま。
お値段や内容で、だいたいタイプがわかりますので、見分け方のお知らせです。


<安いツアー or 忙しいツアー>
安いツアーの方が忙しいツアーが多いです。
じっくり見るというより、短い時間でたくさん見学します。

お土産屋さんに入店することにもなっていることが多いですから、その分も時間を取られます。

お客様も忙しくても大丈夫なタイプが多く、忙しいツアーでもしっかりついてくる人達も多いです。集客もするので人数の多いツアーが多いです。


●向かない人
・ご年配者、歩くのが遅い方、お身体の不自由な方で忙しいのについていくのが大変そうな方は向きません。(ご年配者でも元気な方は大丈夫です)

・1時間ごとにトイレに行かなくてはならない人なども向きません。(長距離で2−3時間ぐらいトイレ休憩なく、スペイン全都市をバス移動も多いです)

・急がされるのがダメな方は向きません。

ーーーーーーー

<高級ツアー or ゆったりツアー>
お値段が高いのに比例して、ツアー内容がゆったりしています。

お客様もゆったり旅をしたい方が多く、ご年配者も多いです。
人数は少なめです。

●向かない人
・高級ツアーが良いが、ゆったりではなく、たくさん見たい人には向きません。
お金があって、いろいろ見たい方は個人手配旅行にされても良いかもしれません。

もしくは日程には余裕があるのでフリータイムで自分でさらに回るのもよいでしょう。

ーーーーーーー
<新婚旅行向けツアー 、ハネムーンプランのツアー>


ハネムーン用のツアーがあります。
ハネムーン用とうたってなくても、バルセロナ・パリ、バルセロナ・ローマ、バルセロナ・ローマ・パリなどの2都市・3都市訪問のツアーは新婚夫婦の参加が多いです。ほぼハネムーンツアー化してます。


ハネムーン用のツアーの特徴として、現地ガイドとして疑問に思うのは、内容が詰め込みすぎなこと。


上記の高いツアー・ゆったりツアーは、ほぼ100%、それを好む人たちが来ます。
安いツアー・いそがしいツアーには、だいたいそれを好む人たちが来ます。(若干、あまり歩けない人が混じることがあります)

ところが。
ハネムーンさんたちって、詰め込みツアーは嫌なのだと思うのですよね。
なぜそう思うかというと、ハネムーンさんたちは歩くのが遅いからです

観光していると、このぐらいという、人間の歩くスピードがあります。
足の悪い方は別として、年配者の方よりも、全体に若い人のほうがのんびりしてて、遅いです。

ところがその若い方たちの中でも、特に新婚ツアーの皆さんはゆっくりなんですよね、歩くスピードが。

「ガイドさん、歩くの早い」とお客様に言われようが、やや急いでもらわないといけません。
このスピードで歩かれちゃうとプログラムがこなせないなと感じた場合は、くスピードについて言及して、急いでいただくこともあります。

でもハネムーンツアーのみなさんは伝えても伝えても、まだゆっくり、、、。(涙)


これは急ぎたくないってことだと思うのですよね。
結婚式の前後って忙しいもので、疲れているんだと思うのです。


だからこれに関してだけは、お客様の希望やニーズと、ツアーの傾向があっていないと思います。

とあるハネムーンツアーでは、通常4時間の半日観光が、6時間観光だったぐらいです。
(パンフレットミスもあったようですが、詰め込みすぎで6時間じゃないと、こなせないスケジュールでした)

ツアー企画者に言いたいぐらいです。ハネムーナーはゆったりしたいんですよ!

ちなみにハネムーナーは、フリータイムがあるのも好みます。
おみやげをたくさん買う必要のある人も多いので、買い物の時間も必要です。

●w向かなをい人
ハネムーナーでも、急がせながら観光したくない人


ハネムーン向きツアーではなく、Lookのオーレなどちょっと良いツアーにも新婚さんが混じって参加されることもあります。そちらの方がまだゆったりして、良いです。新婚ツアー特有の特典などはないですが、ハネムーナーも少なく、熟年カップルが多いので、みなさんにかわいがられてらっしゃいます。




たくさん観光地が入っているのは、本当にお客様にとって良いのか?→実はゆっくり見れません

JUGEMテーマ:旅行


いろいろツアーに観光が入っていると得な気がします。
実際、いろいろ入っているツアーの方がよく売れるのだそうです。

だから旅行会社がいろいろ含めたツアーを作るのはしょうがありません。旅行会社も売れる商品を作らなくてはなりませんからね。

しかしそれにも限度があります。

バルセロナでは観光地で、バスが停まれないところが増えました。
ただの写真ストップなのに、遠くから歩いて、写真を撮って、戻ります。ものすごく時間がかかります。


バスが長く停まれないので、警察に追い出されてしまったら、バスが一周するまで待たなくてはなりません。バスが追い出された時のことも考えて、時間配分は余裕を持たなくてはなりません。(余裕ないのに)


ということは?
サグラダファミリアなどのゆっくりしたいところにしわ寄せが来ます。
もしくは私達現地ガイドが、お客様を急がせて歩く、ことになります。
(だって4時間では終えれませんから)


例を挙げます。
バルセロナの観光に、
・サグラダファミリア(入場)
・グエル公園(入場)
・カサ・バトリョ(車窓)
・カサ・ミラ(車窓)

というツアーと、

・サグラダファミリア(入場)
・サンパウ病院(車窓)
・カサ・バトリョ(下車)
・カサ・ミラ(下車)
・カタルーニャ音楽堂(下車)


前者は入場が2か所。
後者は入場が1か所。その分、下車や車窓があります。

どっちが忙しいか?

前者は理想的なツアーです。
サグラダファミリアでもグエル公園でも急がせることなく普通に観光ができます。
入場が2か所ですが、下車がないので、バスを降りるのも合計が2回です。

後者は入場が一か所ですが、下車が3か所あるので、4回バスを乗り降りします。
団体ツアー40人が4時間の間に4回バスを乗り降りするのはそれだけで時間がかかるもの。乗っては降り、乗っては降りで、4回も!!


さらに!前述のように、観光地の目の前で、バスが停まれません。
バスを降りて、遠く遠くまでせかせか歩いて写真を撮り、また遠く遠くまで歩いてバスへ戻ります。
次の場所も降りて、歩いて歩いて写真を撮り、また歩いて歩いてバスへ戻ります。


ツアー企画者は写真ストップはすぐに撮ってバスに戻れると思っています。
バルセロナは写真ストップができなくなった、遠くの決まった場所から歩かなくてはいけなくなったと、数年前から声を大にしてるガイドたちの意見は聞いてもらえません。


結論。
写真ストップ3か所は、グエル公園1か所よりも、ずーっと時間がかかります。


忙しくても良いなら、それでいいんです!
たくさんいろいろ入ってるツアーを否定しているわけではありません!!!

ところが、「ツアーが忙しい」「疲れた」「そんなに早く歩けない」「サグラダファミリアでゆっくりしたかった」はよく聞くセリフです。

せかされたくない人、サグラダファミリアでゆっくりしたい人は、バルセロナの観光内容をよくよく吟味してから、申し込みましょう。


下車観光がたくさん入ったツアーは要注意です。

必ず自分の名前、ツアー名、ホテル名などを確認しましょう!(送迎サービスの場合)

JUGEMテーマ:旅行


先日同僚ガイドが担当したお客様のマドリッドでの話です。

ホテルから駅までの送迎サービスを依頼し、Ave(新幹線)にのる予定でしたが、、、、。

なんと!名前を言ったにもかかわらず、サービス間違いで、アトーチャ駅へ行くはずが空港へ連れていかれた、のそうです。なんとまあ!!!

しかもお客様は降りてから気づいたのだそうです。地下鉄の方が早いと言われ、地下鉄でアトーチャ駅まで移動して駆け込んでギリギリセーフ!乗り込んだ途端に発車だったそうですが、不幸中の幸いでしたね!


ところで名前を言ったにもかかわらず、間違える、、。
まれですが、何度か聞いたことがあります。

今回はお客様の方から名前を言ったケースですが、
ガイド側から名前を確認して、「はい」と言われたのに違ってることがあるんです。

1つは、名前を聞き間違えたか、聞いていないか
後者のような気もしますが、外国でちゃんとガイドさんやドライバーさんに会えるかなと不安だった時に。
日本人が近づいてきて日本語で話しかけてくると、すっかり安心して自分のお迎えだと早合点。「○○さんですか?」という名前が右から左へと抜けていって、ついつい、うなずいちゃうのかもしれません?

もう1つは、たまたま、名前が同じだったケース。
ですが、同じ飛行機に乗っていて、同じ旅行会社で、同じホテルへ向かう、同性の人という確率は少ないので、名前以外に、向かうホテルの名前や旅行会社の名前などを確認しましょう。

もしくは、そもそも聞いていた名前が違っていたケース。手配ミスってやつです。

まあ、いろんなケースがありますね。

サービスが違っていたとしても行き先が同じだったら結果オーライなので、連れていってくれるところがどのホテルであるか、もしくは空港なのか駅なのか、念のため確認をしてから乗りましょう。









日本とスペインの直行便が出たら、ツアー内容が変わる??

JUGEMテーマ:旅行


私がガイドになった頃は、スペインの地方間の移動は、飛行機でした。

ところが今は国内はバス移動が普通です。
高いツアーは飛行機や新幹線を使いますが、全部すべてをバス移動する格安ツアーがほとんどになりました。

一生に一度のようなお得なツアーよりも、お手頃に安く海外旅行する時代になっているので、ツアー代金が安くなるのは分かります。だから今後もあまり変わらないかもしれません。

何事も、安い方には動くものですが、一度安くなったものは高く戻りにくいのです。

ただバス移動が主要になった要因の1つに、イベリア航空が日本を撤退したことがあります。

イベリア航空は撤退前の最後の1か月だけ本当の直行便を出しましたが、それまではモスクワ乗り換えで飛行機を出していました。

サービスは悪い、料金も安くない、早朝出発+深夜到着の最悪の時間帯、と評判が悪かったですが、よかったのは国内便を網羅していたことです。日本からの長距離飛行機を予約したグループに、なんらかの利点があったのは確かです。

イベリアが日本から撤退してしまうと、急にグループ用の国内便予約に便宜がなくなったと言われていました。そして一気に国内便は使わないという方向に動いたのです。

当時はVuelingのような格安航空会社も存在しなかったので、飛行機だけで、ツアー代金が何万円もあがったでしょうね。

今は格安航空会社があり、飛行機代が激安になったにもかかわらず、ツアー内容は変わってないので、今後も変わらないかもしれません。

でもイベリア航空の復活した今!
現地ガイドの願いとして?お客様の便宜として?、イベリア航空が再開した暁には国内飛行機移動が増えないかな?と期待しています。さすがにこの広い領土(日本の1.3倍です)を全バス行程はお客様によってはハードですよ!


日本旅行 スペイン周遊学生さんツアー まるもりスペイン周遊8日 添乗員同行 燃油込

JUGEMテーマ:旅行


私が担当したツアー、もしくは実際に添乗員さんか同僚ガイドさんに聞いたツアーから、おすすめを紹介するコーナーです。


<客層>
学生さんツアーですので、卒業旅行生ばかりです。(在学者や、若手の同行者も参加できます)そして毎年どのツアーもそうですが、圧倒的に女子大生。2人組、3人組、4人組などで来てらっしゃいます。(ドライバーさんに、日本には男はいないのか?と聞かれます)

たまーに男性生徒グループが1組、2組混じるぐらい。全員女性のことが多いので、女子生徒さんたちは出会いに期待はしすぎぬよう・・。しかし男性生徒には絶対に出会いのチャンスですよーとおばさん丸出しのことを思っています・・。シャイで、しゃべらない男子学生さんも多いですが、せっかくだから毎日交流して楽しんでくださいね!(すみません。さらにおばさんな励ましで。ツアー評価とはまったく関係ありません!)


<料金>ずばり安いです! 1月は14万円ぐらいです。
飛行機、ホテル、添乗員、ガイド、バス、燃料費、全食事、すべて含まれています。
こんな値段でヨーロッパ旅行できちゃうんですね!衝撃です!



●詳細を知りたい方はお得な学生ツアー まるもりスペインツアー


続きを読む >>

クラブツーリズム おひとり様 スペイン7日間ツアー

JUGEMテーマ:旅行


<客層>クラブツーリズムが力を入れている、一人参加の人ばかりを集めたツアーです。
対象がはっきりしていて良いと思います。

ツアーには二人以上で参加する方の方が多いため、ひとり参加を気にする方もいらっしゃいます。
溶け込める方はいいのですが、周りがみんな夫婦や友達や家族だと、ぽつんとしてしまう、、と。

それに、いくらツアーで親しくなっても、フリータイムの時には別行動になるものです。ツアーでお友達になった複数連れの人と自由時間も一緒にしようというのは難しいのです。
同じ一人参加がいればちょうど良いです。しかしいるかどうかは賭け。それに、その人と気が合うとも限りません。

その意味では、全員が一人参加だと、みんなが誰とでもしゃべって仲良くなり、その中で自分と気があう人も見つけやすく、いいなあと思います。

クラブツーリズムは添乗員さんがフリータイムもがっつりケアをすることが多いのですが(フリーの夕食も自由時間も)、仲良く自分たちだけで相談してフリータイムも自分たちで動く人たちもいます。

ほとんど女性ということも多いですが、それも良い感じです。
年齢も中年層から高齢層まで分かれますが、若い人が極端に少ないです。ツアー代金がそこそこだから、でしょうか。コースにもよるんでしょうか。

若い女性一人旅同士で、わいわいできると思っていた人は間違えた、という感じもするかもしれません。
若い女性でも、年齢の離れた人たちと楽しくおしゃべりできる人向きですね。


<到着>
グラナダから飛行機で15時過ぎにバルセロナへ到着です。

飛行機で到着するところも、昼という時間帯もGoodです。

その日はそれだけでフリータイムなので、まだ町がわかっていない、という難点は出てくるかもしれません。
自分たちでいろいろ計画して、現地ガイドにもりもり質問しましょう。

<ホテル>
この日の手配はHotel Expoでした。(注・ホテルは手配会社により、日にちにより、変わることもあります)
交通の便が良いところです。町中心からは離れていますが、スペイン広場やモンジュイックの丘など観光地が近いですし、ホテル近辺に食事をする場所もたくさんあります。


<バルセロナ市内観光>
8時間の観光です。しっかり観光が入っています。
・サグラダファミリア(入場)
・グエル公園(入場)
・ピカソ美術館(月曜日は閉まっているのでカサミラ)(入場)
・旧市街(散策)スイーツショップのあるあたりも散策。

3か所も、予約の取りにくい一番人気の観光が入っているところが素晴らしいです。
終日バルセロナの市内観光が入るというのも、かなりの高額ツアー以外ほとんどありません。



● ツアー詳細を知りたい方は・・こちらから探してみてください!
私は実は探せませんでした、、。7日間ツアーが見つからないし、8日間ツアーは内容が違いますね。

でも割と続いているツアーなので、人気のコースの1つだと思います。

≪海外旅行≫ハイキング・美食・ひとり旅など、テーマ別人気ツアーが満載!

阪急交通社 人気コース、スペイン・ポルトガル10日間ツアー

JUGEMテーマ:旅行


《注》 同じ旅行会社の同じツアーでも、手配会社や時期や予約状況が違ってくると、
使うホテル、航空会社、レストラン、観光地の予約時間などががらっと変わります。
あくまでもこの時点での1例として参考程度にチェックしましょう。



阪急交通社の2番手人気といわれる、スペイン・ポルトガル周遊ツアーです。


ある時のレポートです。

続きを読む >>

新婚さんが圧倒的に好むツアーに参加してしまうと、つらい場合がある!?

JUGEMテーマ:旅行


JTBのお勧めスペインツアー(ハネムーンプランはいちおしです!)


圧倒的に新婚カップルの多いというツアーがあります。
パリとバルセロナ、ローマとバルセロナ、パリとローマとバルセロナなどの2都市もしくは3都市ツアーは新婚旅行に人気のコースになっています。

なぜこのツアーが新婚さんが多いか考えてみました。
・周遊型は疲れそう。結婚の準備で疲れていて、新婚さんはゆっくりしたい方が多い。
・たぶんご主人がバルセロナでサッカーとガウディが見たい(ガウディは奥さんも)、パリやローマは奥様が行きたいとおっしゃった
・ご主人がバリバリの現役なので新婚旅行ぐらしか休めない・・・。だが、滅多にない機会なのでせめて2−3か国回りたい。

ツアーは1国周遊が多いです。でも今年スペイン、来年イタリア、と毎年旅行に行ける人たち向けです。

学生ツアーもそうですが、もうしばらく滅多に海外旅行に行けない働き盛りの男性世代は、複数の国を回りたがります。

・お値段がそこそこいい(あまり安い格安ツアーは新婚さんは避ける。かといって熟年が好む高額ツアーまではいけない)


コース的にも例えばJTBのツアーではハネムーンプランというのがあり、
・バルセロナでカメラマンがつく!
・モンサンミッシェルで結婚証明書がもらえる!
・二人だけのディナーがある!

などなど、ハネムーナーが好むもの、新婚旅行の記念になるもの、が含まれています。
その分お値段があがっていますが、一生の思い出にしたい方にはお勧めです。


さてそのようなツアーで、20組の全員が新婚旅行のみなさんという中。
母娘で参加のお二人が、もしくは熟年夫婦が参加してらっしゃってしまうと、自分たちだけ浮いていると感じるお客様もいます。

「こんなに新婚さんばかりのツアーだと思わなかったわー」とおっしゃる方もよくいらっしゃいます。
(ツアーに申し込む前に教えてくれよ!と思っていらっしゃるかも?)
なんとなく場違いな気がして肩身が狭く感じるようです。

新婚さん限定ではないですし、私としてはそんなことは気にせずに、ご旅行は楽しんでほしいです。

ただし確かに、「他にも同じ世代のご夫婦がいたら話ができたのに」というのはあります。孫の話などでちょっと盛り上がったりしてみたいんですよね。他に今までどんなところにご旅行に行ったのかなど。新婚夫婦は2人の世界にいればよいでしょうが、熟年夫婦は夫以外の人ともおしゃべりしたい、という奥様だっていらっしゃるのはうなずけます。

ツアーは同じテーブルで食事中会話をする方も多いので、話が弾むかどうかは大きいのです。

かたや、新婚さん同士は、同じ環境なので式の話をしたりして、仲良くなるカップルも多いです。



・・ということで、もしも新婚さんばかりのツアーに参加してしまったら、、?
・幸せオーラが漂っているのでラッキーと思って?、気にせず楽しみましょう!!

新婚さんはクレームを言ったり、参加者同士で仲が悪くなったりはないので(新婚夫婦同士では喧嘩は見かけますが、、)和気あいあいと、穏やかに過ごせます。

新婚ツアーに混じるのを避けたければ、パリとバルセロナ、ローマとバルセロナ、パリとローマとバルセロナなどの2都市もしくは3都市ツアーは選ばない、というのが1案です。新婚旅行の定番コースになってますから。


JTBのお勧めスペインツアー(ハネムーンプランはいちおしです!)

JTBのお勧めツアー オーレエスパーニャ 添乗員がお勧め。値段も内容もそこそこ良いロングセラーの人気ツアーです

JUGEMテーマ:旅行


お勧めスペインツアー

JTBのルックの、ロングセラーのパッケージツアーで、いちおしです。

ツアー料金はそれなりにします。ツアーにある程度のレベルと質を求める人向きです。
現場の添乗員たちが「これは良い」と褒めるコース。
オーレエスパーニャは微妙に違う複数のコースがありますので、よく選びましょう。

ガイドから見ても良いと思われる点をあげると、、、。

・専属の添乗員が何度も同じコースを担当する。

添乗員さんは世界各地いろんなコースへ行かれるので、同じコースに続けて、、ということはあまりありません。ところが、オーレ・エスパーニャは同じコースに同じ添乗員さんが何度も何度もいらっしゃいます。

つまり添乗員はツアーについて知り尽くしています。
こういうツアーは私の知る限り、JtBではオーレエスパーニャ(成田発)だけです。
(JTB以外では日本旅行などもあります)


添乗員さんがすべてを知り尽くしているのは、お客さんには心強いです。評判の良い、厳選の添乗員さんが多いです。

新人添乗員さんが担当するってこともない。添乗員さんの質と経験が保証されたツアーなので、安心です。



・東京発のBコースはホテルがバルセロナのど真ん中
BコースではHOTEL CALDERONとパンフレットで謳っています。オーレエスパーニャでホテルカルデロンを指定にしてから数年。添乗員もガイドもお客さんも満足の立地です。

ホテルのレベルとしてはそう高いわけではなく、見た目も以前はビジネスマン用の雰囲気でしたが、最近改装して、モダンな雰囲気?になってきました。ちょっとどうしちゃったの?というぐらいモダンで若い人向きな感じです。

でも、半日フリータイムがあるコース。グアシア通りのすぐ隣の通りなのですが、あれだけ中心部にホテルがあるのは最高です。ロエベで買い物しても、デパート行っても、歩いて帰ってこれちゃうんですよ。グラシア通りで昼食後、昼寝がしたければすぐなんです。

大阪、名古屋発、それから東京発でもコースによっては違うホテルに滞在します。東京発のBコースだけがカルデロンなんです。もしあなたが地方出身で、関空発でも成田発でもどっちでもいいのなら、間違いなく成田発のツアーを選ぶことをお勧めします。

ホテルが高いバルセロナでは、なかなか良いホテルに泊まれません。JTBのツアーに限っていえば、これだけのど真ん中のホテルに泊まれるツアーは、他にありません。

大阪や名古屋の添乗員さんから「なぜ東京だけがカルデロンなのか、私達も泊まりたい!」という意見が出ますが、東京は集客数が違うのだそう。そういえば東京コースに比べ、他のツアーは人数が少ないです。関西のお客さんはもっと安いツアーの方を好むから、とも聞きました。

(注;バルセロナのホテルだけの話です。他の都市では東京や大阪の方がホテルが良いこともあるかもしれません)

Bコース以外が使う、H10 Casanovaなども、わりと悪くない立地です。
ホテルはやはりモダンです。


・バルセロナでグエル公園、サグラダファミリア、バトリョ邸(もしくはカサミラ)3カ所も入場観光が入っている。

東京、大阪、名古屋、のオーレエスパーニャのすべてそうですが、3カ所も入場観光が入っています!
半日観光で3カ所というのはオーレエスパーニャだけかもしれません。

注;ツアーによってはグエル公園がなく、サグラダファミリアの地下聖堂に入り、夕食前にカサミラのイブニング観光が入るものもあります。


バトリョ邸は屋上と屋根裏は含まれず、地上階とメインのフロアーという「一部のみ」というJTBの特別入場ですが、それでもありがたいです。だって普通に観光すれば入場料だけで21.50ユーロです。

それでいて、サグラダファミリアもちゃんとじっくり観光ができます。急ぎ足じゃないんです。
とっても充実のコースです。

カサミラのイブニングツアーが入っているツアーもありますが、カサミラのイブニングツアーは個人で入場すれば34ユーロ。通常のイブニングツアーよりも短い観光でcavaもつかないようですが、それでもそんな高い値段の観光が含まれているなんて!

サグラダファミリア、カサバトリョ、カサミラの3カ所の入場料だけで、約60ユーロ(2015年1月のレートで9000円)です!! ツアー料金が高いのにも納得です。

ツアーですから並ばずに効率よく見れます。ガイド付きで3カ所とも説明を聞きたい方にもぴったりのツアーです。



・飛行機とAVE(スペイン新幹線)を使う
主流の格安パッケージツアーでは、全行程がバス移動です。スペインは広いというのに。

このツアーではマドリッドからアンダルシアへ移動する時にAVE(新幹線)を使います。アンダルシアからバルセロナへ移動する時には飛行機です。
だったら料金が高くても納得ですね。

特に体力に自信のない方、ずっと座ってたくない方にはお勧めです。


その他、いいなあ、と思う点(コースによる)
・マドリッドで、プラド美術館と、ゲルニカのある国立ソフィア王妃芸術センターの入場を含む。
・カルモナかグラナダで、人気のパラドールに泊まれる。
・フラメンコと、アルハンブラの夜景が含まれている。
・人気の白い村、ミハスが含まれている。


・唯一の欠点は朝の出発が早いこと
添乗員さんたちが「オーレの唯一の欠点」と口を揃えるのが出発時間です。
使う航空会社は英国航空で、東京初が一番朝が早く、早朝4時半から5時にホテルを出発という場合もあります。
それさえ我慢すれば、、ですが、最終日なので飛行機で寝やすくて良いかもしれません!?

注・ 2015年11月現在、最近は8時ホテル出発など、早朝ではなくなってきました!!!
唯一の欠点がなくなれば、最強ツアーですね!


・客層
中高年のご夫婦が中心です。
新婚夫婦のハネムーンもいらっしゃいます。
全体におっとり、ゆったりしたお客様が多い印象です。


・延泊も可能
延泊が出来るコースなので、新婚夫婦はツアー終了後、延泊してふたりでゆっくりされていることも多いです。新婚旅行ぐらいしかたっぷり休みが取れない男性も多いでしょうから、最後にふたりだけで過ごすのも良いでしょうね。延泊される方はCalderon確約コースか、せめてCasanovaのホテルのツアーを選ぶことをお勧めします。立地が全然違います。




オーレはコースによって若干内容が変わります。(02015年夏現在)
違いをあげてみます。

●Bコース (成田発)クオリティ  カルモナのパラドールに泊まるコース オ−レ エスパーニャ Bコース<ロングセラーコースです>
・カルモナのパラドールに泊まります!カルモナはお勧めの町で、田舎でゆっくりできるところも良いです。
・バルセロナのホテルも上で紹介しているNH Calderon確定。
総合的に、この2点で、私としては、いちおしのツアーです。

●Cコース (成田発)クオリティ パラドール1泊&デラックスホテル4泊コース オ−レ エスパーニャ Cコース<ロングセラーコースです>
・カルモナのパラドールに泊まります!カルモナはお勧めの町で、田舎でゆっくりできるところも良いです。
・バルセロナのホテルはフィラセンターです。ホテルとしてはカルデロンよりもよく、部屋はコースの中で一番広々。ホテルのロビーも広々。ただし場所はスペイン広場の近くなので、中心部ではありません。

●Dコース (成田発)クオリティ  グラナダのパラドールに泊まるコース オーレ エスパーニャ Dコース<アルハンブラ宮殿敷地内のパラドールに宿泊!>

・グラナダでアルハンブラ宮殿敷地内のパラドールに宿泊できます!一番予約の取れにくいとされるパラドールです。
・カルモナにはいきません。
・バルセロナではサンツホテル宿泊です。ホテルとしても普通。場所もサンツ駅の上なので、中心部からは遠いです。本当は最終日が普通のホテルだと印象も普通になっちゃいますが、アルハンブラのパラドールが入っているのなら仕方がないのかもしれません。


**ここでお知らせした情報は変わることがあります。ツアー内容をよく読んでから申し込みましょう。
ツアー確定かどうかネットで調べることも可能です。

お勧めスペインツアー



ツアーに含まれているショッピングの指定店は、今のバルセロナではさほど無駄じゃありません。(その3)

JUGEMテーマ:旅行


バルセロナで指定店が時間の無駄ではない理由の1つに、観光内容の変化があります。

昔からそうだったわけではありませんが、何年も前の、某格安ツアーが大盛況の時代
バルセロナではピカソ美術館がツアーに含まれ始めました。

ピカソ美術館を含めて大成功を収めたため、他旅行会社も真似するようになり、格安ツアーなのにピカソ美術館へ行く!というのが流行ったのです。

当時の観光はどんな内容だったかというと。
・サグラダファミリア(まだ内部はできてないので内部の時間はさほどかかりませんでした)の入場

・グエル公園の入場(写真ストップとうたってましたが、実質、入場観光でした)

ピカソ美術館入場
の3入場が入り始めたのです。

もちろんそれ以外にカサバトリョ・カサミラの車窓もあります。

某格安ツアーがピカソを入れ始めた頃はこれに、モンジュイックの丘も入っていて、ショッピングの時間を40分入れることをマストにして、それを4時間でやりなさいと言われて、仰天しました。

当然4時間では無理なので、この頃から半日観光は4時間半ー5時間になりました。

ちなみにこの内容は昔は8時間観光でやっていた内容ですが、これを5時間でおさめるという超多忙ツアーになったんです。

観光内容をこなすのも大変でしたから、買い物の時間は余計なものに思えたものです。

ところが、今はどうなったかというと。
・ピカソ美術館は予約が困難になり、団体割引もなくなり、高くなった。
・グエル公園も予約制になり、有料になったため、含めないツアーが増えた。
などの変化があり、格安ツアーでこれらに入るツアーはほとんど皆無となりました。

代わりにどこかが入っているかといと、車窓や写真ストップが入ってるぐらいで、すかすかの内容です。
数年前と、雲泥の差!!

でもそれでちょうど良いぐらいです。
サグラダファミリアが内部の完成し、見どころが増えたし、ゆっくりしたい方も増えたので、時間がたくさん必要です。1時間半ー2時間あっても良いぐらい。

つまり、現在はツアーに余裕があるため、それほど無駄に思わなくなりました。


続けて、もう1つの大事な理由。

入場観光がなく、ショップにも入らないと、トイレに実は困るのです
ショッピングはお手洗い休憩を兼ねて、とよくご案内してますが、あれは本当。
ないと困るのです。

4時間の観光の間にサグラダファミリアのフリータイム1回だけのトイレのチャンスは厳しいんです。

それまでに一人、二人と、お客様に「そろそろトイレはありませんか」と聞かれちゃいます。



急いでトイレに行きたいけれど、サグラダファミリアは外から写真も撮りたい!入場にも時間がかかる!
入場してからもすぐにはフリータイムじゃない!

一刻も争うときに、トイレの数だけは揃っているショップにいけるのは悪くありません。

前はグエル公園でもトイレに行けたので、4時間の間に3回のトイレチャンスがあったのに、今は1度になってしまったんです。

お店に行かなくなって、トイレ休憩の重要さを知る、です。

ガイドならではの視点で解説してみました。(お客様はやっぱり無駄!と思ってる人もいるでしょうけれど)

ツアーに含まれているショッピングの指定店は、今のバルセロナではさほど無駄じゃありません。(その2)

JUGEMテーマ:旅行


他の町では知りませんが、バルセロナで指定店がそんなに悪くないと思うようになったのは、今ほとんど独占の指定店が、サグラダファミリアすぐ隣という抜群の立地だからです。

つまりすべてのツアーで必ず行く観光地にあるので、お店に行くまでの時間の無駄がないんです。

買い物に興味がない人はサグラダファミリアの写真でも撮ってればいいし、お客様が買い物している間に、ガイドはチケットを取りに行ったりの準備もできて、とても効率的です。

切符売り場ではガイドたちの優先窓口でもすごく待たされることがあり、
団体で外観から写真を撮ってらっしゃる間に窓口へ行くものの、写真が終わって皆さんが入場口へ戻ってきても、まだ団体窓口へ入ることもできない、という場合があります。

日本人は無駄に待たされることを嫌がりますので、買い物の時間でゆっくりチケット売り場に行けるのは無駄がないんです。

以前は一番多かった指定が、カテドラル横の旧市街にありました。
買わない人は別の観光地が見れる利点はありましたが、場所が悪かったです。

旧市街はバスが入らないため、大混雑の地区。交通渋滞も多かったし、中心部であり、政治の場所にも近いのでデモ行進やお祭りの通行止めも多かったです。

また30分の買い物の時間のためにも、そこに移動していたら、移動時間がかかります。
買い物が1か所入るだけで1時間を見なくてはいけなかったので、確かに時間のロスがありました。
このお店は一番長く日本人ツアーを支えてきましたが、日本人も買い物をしない時代になり、とうとう、閉店しました。


もう1か所よく入っていた指定店は、ロエベです。
ロエベは時々買いたいお客様がいるので良いのですが、なぜか場合によっては、格安ツアーでロエベが含まれていて、高額ツアーで別のお店が含まれていたりしました。どうせ手配するなら、ロエベに興味を持ちそうな客層を選べばよいのに。

ロエベはロエベを買いたいお客様には良いですが、万人向けのお店ではありません。ですからショッピングが必須の格安ツアーでは向いていない、、と思ってました。今はロエベは格安ツアーでは行かなくなりました。

ちなみに、前述のカテドラルも、ロエベも、今は目の前でバスを停めてはいけない地区に指定されているため、どちらも指定店から消えて、良かった、、と思います。

買い物だけのために、バスを降りて歩く時間を含めるとなると、もっと時間の無駄だったことでしょう。


某旅行会社で最近、デパートが指定店に入りました。
中心部ではなく、街のはずれにあるデパートです。
このデパート、中国人やロシア人で儲けており、日本人の買い物するのかと期待したようですが、現在指定されているツアーは格安ツアーです。

もともと日本人は今は買い物しなくなった、、と言われているのに、デパートに連れていく、しかも格安ツアーを、、??という気もしますが、このツアー、デパートで夕食を食べるのです。夕食ついでのお買い物の時間だし、デパート地下にはみなさんが行きたがるスーパーがあるので、まあ、このツアーも買い物に役立っている感じはしませんが、時間の無駄にはそれほどなってない、と思います。


バルセロナの指定店が時間の無駄ではない理由、まだ続きます。

ツアーに含まれているショッピングの指定店は、今のバルセロナではさほど無駄じゃありません。(その1)

JUGEMテーマ:旅行


つい最近知り合いに、「ツアーで入っているショッピング、時間の無駄じゃない?」と聞かれました。
ちょっと考えて、「うーん、以前はそう思っていたけれど、今はそうでもないな」と思ったんです。以前とは状況が変わったからです。(注・あくまでもバルセロナでの場合です)

ショッピングは格安ツアーほど含まれる可能性が高くなります。
しかし実際には格安ツアー参加者ほど、買い物されません。
「買わない買い物に30分も時間を費やすなんて、ガイドとしても苦痛だわ」と、昔は私も思ったものでした。買い物するお客様がいらっしゃれば救われますが、買い物ゼロという団体ツアーではお客様の冷たい雰囲気に耐えるのはガイドや添乗員だったからです。


ちなみに、ガイドや添乗員が勝手に連れていってると考えるお客様もいらっしゃいますが、バルセロナでは旅行会社から指定されている契約店で、よっぽどの事情がない限り、連れていかなくてはなりません。

しかし旅行会社はこの売り上げを見越してツアーを立てています。
つまり一見、「買わないから無駄」に思えても、お店が入っているからこそ、格安のツアーなのです。

ですから格安ツアーの人も不満に思わずに、お店の30分を我慢するおかげでツアー代金が安いんだなと、ポジティブに考えると良いかも???。これはバルセロナに限らず、どの町でも指定店ならばそうですね。

さて、買わなかったとしても、今のバルセロナでは指定店はそんなに悪くない、ってどういうことでしょうか?続きをどうぞ。
1