お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
Miravetのお勧めレストラン Restaurante Moli de Xim
JUGEMテーマ:旅行


中世の村Miravetで見つけた、素敵なレストランです。

田舎のちょこっと良いレストランに行くと、25ユーロぐらい(だったかな?)で美味しいランチが食べれるのが嬉しいです。

mirave191.jpg

mirave192.jpg

mirave193.jpg

mirave194.jpg

mirave195.jpg

mirave196.jpg

mirave197.jpg

mirave198.jpg

mirave200.jpg

mirave200.jpg

mirave201.jpg

食べた後はもちろん、お昼寝です♪


<レストラン名> Moli de Xim (Miravet)
<村の情報> 中世の村Miravet
2017.02.20 Monday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)
Benifelletのお勧めレストラン Restaurante Xiringuito
JUGEMテーマ:旅行


私達はMiravetのホテルから、Blaiに立ち寄りながら、Benifalletの洞窟へタクシーで移動しました。
たしか日曜日で、Miravetの船など公共交通手段がまったくなかったか、時間がよくなかった、から。

そのタクシーのおじさんがBenifalletの村を通りすがりに、「あのレストラン、美味しいよ」と教えてくれました。
それは行かねばなりません!!

結果、大正解!
お店はすごく混んでいました。

お店の名前を忘れてしまい、ネットでさがして、たぶんこれ!という店名を紹介しています。
違ってたらごめんなさい。

mirave257.jpg
こちらはサービス。

mirave259.jpg
さすが田舎! 前菜2種類+メイン+デザートの、4コースでした!
その代わり大きさは小さいですが、ガスパチョ。

mirave258.jpg
ミニサラダ。日本人にはこれで十分。

mirave261.jpg
樽の味がする地酒みたいな濃厚な白ワインが出てきました。もちろんランチについています。

mirave263.jpg
2つめの前菜は二人ともフィデウアにしました。
バレンシアで食べるように、クルっとカールしたフィデウアで出てきました。しかもエビ付き!

mirave264.jpg
メインの1つ。ボケてすみません。
mirave265.jpg
こっちもボケていますが、様子が分かるかと思い、2枚とも載せています。


mirave266.jpg
パイ生地に包まれた、凝ったメインディッシュ。連れが食べたので料理は覚えていません。

mirave268.jpg
デザート。
mirave267.jpg
こちらもデザート。

たしかランチメニューで、お得なお値段でした。
田舎のちょっと美味しいレストラン、大好きです。
入口は2か所あり、空間もいろいろあるようでした。


<レストラン名> Xiringuito (Benifallet)
<村情報>  Benifallet郊外の洞窟観光についてはこちら。
2017.02.02 Thursday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)
モンセラ修道院周辺の、いろんなレストラン、カフェを、ご紹介。

JUGEMテーマ:旅行


半日観光がふつうなので、ガイドブックの情報も少なく、レストラン情報を知らない人が多いのもモンセラです。

たまーに、モンセラで食事をするツアーがあるのですが、ツアーを手配するマドリッドの旅行会社さえ「モンセラ修道院管轄内にレストランが何か所もある」のを知りません。

モンセラのレストランで食事、といわれると、どこのレストランか旅行会社でもわからず、当日たらいまわしになることさえ、あるんです。


どんなところがあるかというと?

一番目立つところにある、セルフサービスのカフェレストラン。

たぶん日本人はここで食べる人が一番多いですが、ここが食べ物は一番いまいちです。それに安くないです。(モンセラは全体に安くなく、観光地値段です。水さえ高いです)

PC040447.JPG
Botifarra ブティファラというソーセージと、Mongetes 白インゲン豆。

セルフサービスといっても、暖かい料理類はお店の人に伝えて、盛り付けてもらいます。
サラダ類、サンドイッチ(フランスパンのBocadillo)、デザート、飲み物などは自分で取りましょう。
置いてある中から、勝手に取り、取った分だけレジで払い、テーブルへ行きます。


写真のブティファラは、外国人にはポテトフライが添えて出てくることもありますが、ブティファラと白インゲン豆の煮込み添えは、典型的なカタルーニャ郷土料理です。どうせ食べるなら白インゲン豆と食べましょう。ポテトフライはいつでも食べれます。

お料理はぬるいこともあります。中二階にもテーブルがあり、そこにはレンジあって、勝手に温められます。


・食材屋さんQueviuresの隣にある、バル。
閑散期はしまっていますが、地元の人がよく朝ごはん食べるバルです。Bocadillo(フランスパンのサンドイッチ)になります。ソーセージやベーコンなど、その場で焼いてくれます。一番安くあげたければ、ここです。


・バス用駐車場近くのビュッフェレストラン。
悪くありません。地元の人はこっちで食べる人が一番多いです。
レポートはこちらをどうぞ。


上記ビュッフェレストランの近くのア・ラ・カルト用レストラン
部屋が何か所かありますが、全部あいているとは限りません。小さな部屋にいくつか分かれていて、団体ツアーの場合、どこで食べるのかわからず、たらい回しになることもあります(笑)。
ランチメニューは25ユーロぐらいのランチメニューがあります。わりと美味しいです。


・ホテル Abat Cisnero内のレストラン
PC040375.JPG
一番、美味しいです。ア・ラ・カルトだと高いです。

PC040374.JPG
週末でしたが、ランチに35ユーロの秋のガストロノミック・メニューというのがありました。
メインとデザートは1皿選び、前菜はここに書いてあるのが全部ちょっとずつ出てきます。
飲み物もついてます。

ウェイターさんもきちんとしています。

ちなみにレストランも2空間あり、1箇所はそうでもなく、もう1箇所は雰囲気も素敵♪です。
味はどちらもおいしくて同じです。お金を出して、美味しいものを食べたい人にはお勧めです。

ア・ラ・カルトの値段ほどの価値があるかというと疑問ですが、35ユーロのランチメニューはグルメな人も好評です。
2016.12.22 Thursday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)
モンセラ修道院のビュッフェレストラン

JUGEMテーマ:旅行


モンセラで一番目立つとこにもセルフサービスのレストランがりますが、山の端に、別の大きなレストランがあります。

バスの広い駐車場すぐそばの建物です。
(場所が分からなければ、Paking de autobusと売店の人に聞いてみてください)


建物には、売店、カフェ、ビュッフェレストラン、アラカルトレストラン、などあります。(地下3階まであります)

このページで紹介しているのは地下のビュッフェレストランです。
季節や曜日によりますが、12時頃からオープンしています。
(注・閑散期は週末しかオープンしていないこともあります)


PC030273.JPG
数年前から、きれいになりました。
眺めも良いです。(しかし,日差しが暑いです)

食べ放題・飲み放題で、値段が固定です。入口で最初にお金を払います。約16ユーロ。

PC030279.JPG
眺めはこんな感じ。
逆側は山の眺めが素晴らしいですが、この時は逆光なので撮ってません。

PC030274.JPG
なんでも食べ放題。

PC030275.JPG

PC030276.JPG
パエリャやフィデウアなど、米か麺料理がパエリャ鍋で出てきます。
オープンしてすぐなので、出来立てほやほやだし、一番乗りでお鍋から取ることができます。

PC030277.JPG

PC030278.JPG
奥のデザートも、スペインには珍しく甘すぎないので、ペロッと食べれましたよ。

飲み物も飲み放題!!!
ビール、ノンアルコールビール、赤ワイン、白ワインとありました。

お水もありましたが、あまり美味しくなかったです。
小学生ぐらいの子供も、「このお水、味がしない」と言っていました。

山の上はお水が貴重品なのかもしれませんね。


2016.12.20 Tuesday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)
ギメラGuimeraお勧めレストラン Hostal Sant Jordi
JUGEMテーマ:海外生活


ギメラ、という怪獣みたいな名前のついた、カタルーニャの田舎村。
フォトジェニックな村です。

guimera (7).JPG


写真アップはいつになることやら、、。dodonde.comの方は写真が追いつきません。
ので、ちらりと村の写真をご紹介。

guimera (20).JPG

絶対にここしかないと見つけてもらった、ギメラのレストラン。
実質、あんまりレストランがなく、バルが他に2軒ありましたが、ちゃんとしたレストランはここのみ、のようでした。

guimera (129).JPG

guimera (130).JPG

週末でどんどん混んでいきました。

guimera (133).JPG
タコのカルパッチョ Carpaccio pop

guimera (132).JPG
ボケてますが、うわー、美味しそうっ!てサラダでした。

しかもデカイ!
ミニトマトも食べてみるとあったかい!
ベーコンもあり、
大きな山羊チーズもあり、
生野菜もたっぷり。

あまりにもおいしそうだったので、旅行後すぐ、自分で作りました。

guimera (135).JPG

やはりボケていて、すみません。
イベリコ豚 Secret Iberic



guimera (136).JPG
手長エビと、かたつむり。
グラタン風のソースがけ。

パン、ワインを1杯ずつ。

合計で、2人で50ユーロ弱でした。


<レストラン名>Hostal Sant Jordi
<住所> C/Vallfogona,2 Guimera




2016.09.17 Saturday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)
ジローナのレストラン NUと、Blanc
JUGEMテーマ:海外生活


JUGEMテーマ:旅行


ジローナのレストランです。

2015-12-23 15.00.40.jpg
ランチの時間は地元民でいっぱいになるレストランです。

2015-12-23 15.00.34.jpg
値段とお料理のコストパフォーマンスの良い、庶民レストランの1つ。

<レストラン> Blanc
<住所> Carrer del Nord, 2, 17001 Girona

2015-12-23 14.47.24.jpg
こちらはもうちょっと高級なレストラン。Nu。

お高いですが、こちらもビジネスマンたちでランチの時間はいっぱいでした。

60ユーロぐらいのDegustacion (ちょっとずつ食べれるコース料理)のお店です。

<レストラン名> Nu
<住所> Carrer d'Abeuradors, 4,  Girona


お料理の写真が1つもなく、すみませんー!


2016.05.17 Tuesday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)
Santa Pau (サンタ・パウ)のお勧めレストラン Restaurant Cal Sastre
JUGEMテーマ:旅行


カタルーニャの田舎、サンタ・パウの村にあるレストラン Cal Sastre.

【注】東京やカタルーニャのミシュラン星付き高級レストラン、サン・パウ(Sant Pau)はカタルーニャ海岸沿いの町にあり、この村とは何の関係もありません。


サンタ・パウの旧市街地区(Casc Antic / la Vila Vella)の、中世のアーチ部分にレストランCal Sastreがあります。知る人ぞ知るという店です。




場所
Cal Sastreは3タイプの宿泊施設を持っています。メイン施設であるホテル Cal Sastre(L'Hotel)、田舎滞在型ホテル(Estances Rurals)、こじんまりしたオスタルタイプ(Casa de Poble)。レストランはこの3番目の宿泊施設の下にあり、サンタ・パウ旧市街地区のど真ん中でした。

レストランすぐ近くの広場まで乗用車では入れますが、道が分かりにくいので地元の人に聞きましょう。細くて急勾配の道なので、外国での運転に自信のある人にしかお勧めしませんが・・。平日はそこに駐車してもOKでした。私達と同様、このレストランを探しているご夫婦とともにウロウロ。


santapau100.jpg

santapau102.jpg

santapau103.jpg

santapau104.jpg

santapau101.jpg
美味しかったです!田舎でおいしいものを食べて帰ってくる、そういう旅にお勧め。


サンタ・パウは他のレストランも悪くなさそうです。リストアップしておきます。
・Restaurant Cal Fesol 新市街のようですが、看板がオロットでおいしかった店に似ているので気になっています。
・Restaurant Portal del Mar やはり旧市街地区。展望台ののすぐ近くにあります。

・野外バーベキュー施設もあります。【注】乾燥したスペインでは山火事被害が相次ぎ、現在は法律で決まった場所以外で勝手にバーベキューはできません。


<店名> Cal Sastre
<住所> Placeta dels Balls, 6,  Santa Pau

2016.05.14 Saturday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)
オロットお勧めレストラン
JUGEMテーマ:旅行



オロットの町では複数のレストランで食事をして、どこも外れなく、美味しかったです。

当時は食べ物の写真を撮ってなかったのですが、火山料理なるものを宣伝しています。
写真が残っていましたので、紹介します。

お店の名前は分かりません。(笑) まだ存在するかもわかりません。
肉屋のおばさんに紹介してもらったお店で、セルフサービスの郷土料理レストランです。存在するとしたら、小さな町なので聞けば誰でも知っているはずです。

セルフサービスだし、店構えも悪かったです。村の食堂という雰囲気。まったく期待しないで入りました。
食べ物と値段が置いてあって、店の人もあまりいない感じ(笑)。

ところが食べ物は美味しかったんです!そのうえ、食べたことのないお料理もありました!!!


olot 050.jpg

olot 049.jpg

olot 047.jpg

olot 046.jpg


これらは全部郷土料理。 キノコ、栗、猪、大根などを使った秋のお料理がいっぱいでした大根料理もおいしかったです!


olot 052.jpg
一番気に入ったのが写真の真ん中にあるデザート、Farinetes de Fajol。そば粉を使ったデザートです。モチモチして美味しかったです。 パリパリしたバージョンなど、見た目も触感も違うものもあるそうです。

olot 053.jpg

olot 055.jpg
もう一度食べたい。


当時は火山料理なるネーミングで地元のお料理をプロモーション始めた頃だったので、その一環でできたレストランだったかもしれません。 レストランの片隅には観光パンフレットが山ほど置いてありました。

オロットはどこのレストランも美味しかったので外れはないですが、郷土料理をまとめて食べてみたい人にはお勧めのレストランです。 (注・まだあれば)


こちらは別レストラン。マヨール広場沿いだったかな?
お料理もすべて美味しかったですが、写真がありません。唯一デザートはこちら。

olot 069.jpg
VOlcan(火山)というチョコレートのデザート。中からとろっと熱いチョコが出てきます♪
街のお菓子屋さんでも販売していました。(そのお店のオリジナルを、レストランでも出しているのかな?)




2016.05.11 Wednesday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)
ジローナのレストラン Restaurante Indigo (Hotel Carlemagno)
JUGEMテーマ:グルメ


ジローナで一度いってみたいと思っていたレストランへ行ってみました。
このホテルはもっと高級めのレストランもあるんですが、もうちょっとカジュアルなレストランがこちらのIndigoです。

観光名所のある川のあたりと、ジローナ駅の間ぐらいの立地です。
やや距離があるので、有名と知りつつ、観光中には旧市街で済ませちゃうので、ようやく訪れることができました。

アラカルトのメニューがとても豊富で、美味しそうなんです。
ですが、この時私達は大人数で、しかも時間がなかったので、手っ取り早いランチメニューにしてみました。


2016-02-17 13.54.10.jpg

2016-02-17 14.14.35.jpg

ボケてますが、パン。
数が足りないなと思ってウェイターさんに聞いてみると。
なんと4人で1つだったんです!!
ありえなくないですか?そんなパンの分け方聞いたことありません。(大きなパンでしたが)

せめて切ってくれてればいいのに、と不評。切り忘れたんでしょうか?
不満顔の私達でしたが、食べると温かくて美味しい 一転して好評となりました。

ランチメニューです。
2016-02-17 14.14.35.jpg
前菜はサラダか、
2016-02-17 14.11.32.jpg
スープ。

どちらも美味しく量も十分。スープは小さそうに見えましたが、底が深くて見た目よりも量がありました。
サラダは見た目も大きかったです。

2016-02-17 14.11.36.jpg
魚。びっくりする大きさ!
しかも黒いのでも分かるように、私のは生焼けっぽかった。生臭い匂いがしたし、味もいまいちだし、魚の身が取れない。途中でやっぱりこれは本当に生っぽいと思い、交換してもらうことにしました。この日は大勢いて、交換したのは私ともう一人。みんなが大丈夫というので途中まで我慢しちゃいました。別の人は美味しかったそうですが裏表逆だと言ってました。私のも逆で黒かったのかな。

・・と、ここまでは減点のようですが、、。

もうちょっと焼いてもらうように頼んだところ、交換を頼んだ二人とも、新たに新しい魚が来ました!
1匹丸ごと!!びっくり!!
連れはほとんど半分ぐらい我慢して食べてたのい。

お店も満席で混んでたのですが、まさかそんなことをしてくれるとは。
さすがホテルで、しかも評判の良いレストンなだけ、ありますね。

もしかしてたらシェフが良い、素材も良い、しかし盛り付けの人がいまいち?とかなのかもしれませんね。

やり直してもらった魚は生臭さもなく、本当に美味しかったです。
日本人ってついつい我慢しちゃいますが、ちゃんと言うべきですね。(注・私はお客様と一緒の時はガンガン言います。日本人は我慢しがちですが、こちらは焼けてる、焼けてない、ちゃんと対応してくれるので。しかし言わなくていいっていうお客様も多いです)

2016-02-17 14.51.45.jpg
肉の人もすごく美味しいって言ってました。
本当はジローナは肉が美味しくて有名なんです。内陸だし魚じゃなく、肉を食べましょう!

2016-02-17 14.51.45.jpg
デザートもとっても美味しかったです!!

2016-02-17 14.33.22.jpg
どちらのデザートも好評!


<レストラン名> Indigo
<住所> ホテル Carlomagno内。

2016.04.25 Monday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)
フィゲラスのレストラン
JUGEMテーマ:旅行


ツアーのお客様がどんなとこでどんなものを食べているか?紹介します。
普段の格安ツアーのお客様は、紹介できるようなお店やメニューじゃないんですが、。

ちょっと良いツアーに参加すると、特に田舎では美味しいものが食べれます。高いツアーと安いツアーの差はずばり、ホテルとレストランです。今回はダリ美術館のあるフィゲラスの町のレストランです。

IMG_0094.JPG
見た目はさほどでもないレストラン。レストランというよりバル風です。
フィゲラスは割と良いレストランをいくつか知っているので、ん?ここはやばいんじゃ?・と思いました、、。

IMG_0093.JPG
しかしカウンターにある、このお肉。果たして食べる人はそんなにいるんでしょうか、、。

いってみるとサービスも早くて、スタッフもきちんとしています。
写真がないですが、ワインだったか、リキュールだったか、何か飲み物のサーブが面白かったんですよね、、。

IMG_0100.JPG
料理も美味しかったです。

IMG_0102.JPG
こんなデザートがでてきて、盛り上がりました!

IMG_0101.JPG
中身はこう来たか!

もちろん前菜なども食べましたよ。写真がありませんが。

店内の写真は、グループがダリ美術館でフリータイムやってる最中に、予約とテーブルの確認に来た時に撮影しました。

田舎ではいける距離であれば、席の確認などに行くようにしています。
田舎のレストランではよく日本人団体さんが来る店でなければ、時間通りに来ると思わずに店が開いてない、なんて事件にも遭遇するんですよ。


バルセロナではいつも同じレストランが多いので、田舎のレストランは楽しいです。

2016.03.05 Saturday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)