お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
バルセロナの空港のセキュリティーコントロールの混雑、最近の情報
バルセロナのプラット空港でセキュリティーコントロールですが、警察の介入のおかげで、沈静化しています

今回のテロを受け、セキュリティーコントロールのストライキは一時停止しています。

・・

ただしストライキは終了したわけではないため、各旅行会社は相変わらず早めのホテル出発をしています。
航空会社のチェックインカウンターはまだまだ早めに来る人が多く、いつもより並びます。


今の状況だと問題がないようなので、また混んで大変という情報が来ない限りは、この記事も終了します。ストライキの正式終了が発表されたらお知らせします。

【新情報】
バルセロナの空港のセキュリティーコントロールは、9月25日以降、12月にかけて、25日間のストライキを発表しました。新聞記事(スペイン語)

・・・
どれほど混雑なのか心配しての問い合わせもあるので、
私個人が見た情報や、新聞の情報を、アップしてみます。

私自身はバルセロナ最後のツアーが最近あまりないので、たまにの情報です。
・・

今後、バルセロナのストライキの成功?を受けて、スペインの他地方の空港もストライキ開始の動きを見せています。

・・・・・
【8月15日】
24時間ストライキの2日目。
・前日は早朝だけは1時間の混雑だったそうですが、この日は安全検査にほとんど並ばず。
・航空会社は少し列でしたが、30分前後。
・免税が一番並んだと、各ガイド談。

安全検査はほぼ通常通りで、すいすい進んでいます。私もこの日は早朝でしたが、安全検査の問題はほぼ解決されたかのようにスムーズでした。

・・・・・
【8月14日】
今日から24時間ストライキでしたが、警察の介入のおかげで、混雑が大改善。

早朝は混んでいて、チェックインに1時間+荷物検査に1時間だったとガイド情報。新聞によると、早朝は40分ほどの行列。そのあとは混雑がおさまっており、10分程度で落ち着いたそうです。


・・・・・
【8月13日】
航空会社はストライキ日には、3時間前にはチェックインを済ませるように伝えています。


1時間x4回のストライキの日にグループ出発があたりました。

飛行機はルフトハンザ空港の8時出発。
5時半ー6時半が安全検査の1時間ストライキにあたるため、5時半前には中に入りたいです。

航空会社からは3時間前にはチェックイン終了を勧めるメールが来たため、他のお客様も4時には空港へ来るかもしれません。グループは4時にホテル出発予定でしたが、3時45分に変更しました。

空港到着すると1時間はかかりそうな長蛇の列でしたが、さすがルフトハンザ航空。いつもはノンビリのスタッフもおしゃべりもせず(笑)機敏に働いていて、列の進み具合はものすごく早かったです。約30分でチェックインは終了。

安全検査も並んでいましたが、約40分で通過。空港着いてから安全検査通過まで、1時間15分でした。

しかしストライキに入るはずの5時半過ぎても、まだ安全検査場は少しずつ動いていました。
添乗員によると、一部のスタッフはいなくなったそうですが、残っている人もいたとのこと。警察が介入と発表されていたので、すでに介入していたかもしれません。

ちなみにルフトハンザは4時にカウンターがオープンと看板が出てました。
グループは事前チェックインを済ませてもらいましたが、バゲージドロップの優先レーンはありません。(しかしスムーズに行くためにやっておいた方が良いです)
車椅子と子供連れの方、ビジネスクラスやマイレージを持っている方の優先レーンはあります。
これらはいつものことです。


・別の航空会社の同僚ガイドはチェックインに1時間かかり、安全検査に20分だったそうです。安全検査は6時半以降で、ストライキが終わった時間帯でした。グループは4時間前にホテルを出発しています。

・・・・・

【8月8-10日】
公式ストライキではないですが、そうでない日も(わざとゆっくりやっているそうで)通常よりかなり時間がかかっています。

ホテル出発時間は通常3時間前の旅行会社が多いですが、4ー5時間前に変更している会社が多いです。
(3時間のままの会社もありますが、ガイドが事情を添乗員に伝えると、全添乗員が変更お願いをしています)

空港のチェックインスタート時間ですが、通常と同じ会社もあれば、ものすごく早くあけてくれている会社もあります。その航空会社の対応は完全にお国柄が反映しています。(笑)つまり北国の航空会社はオープンを異常に早くして対応し、南国の航空会社は相変わらずのんびりです。

・・・

【8月7日】
20時のスイス航空でスイスへ立つお客様の情報です。
2つ下の英国情報と同じく、ストライキの日&最悪の時間帯にあたっています。
今度はスーツケースを預ける必要があります。
ビジネスクラスなのでセキュリティーコントロールはファーストレーンが利用できますが、それでも5時間前に行かれたそうです。

15時45分頃チェックインを終了した時点では、16時半には閉まると言われていた通常のセキュリティーには、「かなりの行列」が出来ていたそうです。

優先入場ですが、ファーストレーンは10人ぐらいしか並んでおらず、。
ファミリーレーン(子連れの方も優先入場がある)は20分ぐらいの行列。

飛行機が遅れるかと想像していたが、どの会社も遅れることなく出発していた、とのことです。


・・・・・

【8月上旬のストライキの日】
現在、月・金・日曜日に行われている4時間のストライキ。
このストライキの日にあたったグループですが、チェックインと荷物通過を含めて、2時間半かかったそうです
(同僚ガイド情報)


・・
【8月5日】
ストライキの日ではないですが、荷物検査は長蛇の列で、ファーストレーンに1時間かかったとのこと。
Fast Laneは壁のある通路になっているので空気の通りも悪く、暑くて酸欠気味。
普通のLaneの方がまだ早く通過できた様子でした。
(スペイン探偵局という在住者の口コミサイトの書き込みより。5日さん、勝手ながら転載させていただきました。ありがとうございます)


・子供連れのようだったので、ファーストレーンではなく、ファミリーレーンだったかもしれません。(4日のお客様の口コミより)

・ファーストレーン&ファミリーレーンの方は数が少ないために、通常よりも現在は時間がかかっている話は、テレビでも耳にしました。


・・
【8月4日】
今日から1日4時間(1時間ずつ複数回に分けて)日、月、金曜日のストライキがスタートしました
時間帯は次の通りです。


これが正式なストライキですが、実際にはだいぶ前から、ノロノロ仕事をして、ストライキの前倒しとされてました。

航空会社は通常でも3時間前に空港へ来るように伝えています。



よりによって、この正式なストライキの初日に、お客様が飛行機をお持ちでした。
しかも最悪な時間帯です。

飛行機は英国航空のロンドン行き。BA482便。20時35分発。
ロンドンからの小旅行で、事前に混雑をお知らせしたため、預け荷物はなし。ネットで事前チェックインをし、空港到着したらすぐに荷物検査へ行けます。

ところが3時間前に空港へ到着と予想すると、ちょうど最悪の時間帯です。
(上の画像を見てください)

16時半ー17時半のストライキ。
18時半ー19時半のストライキ。

つまり、3時間のあいだに2回X1時間ストライキの時間帯の、ど真ん中
17時半から18時半にストライキが解除された間に、滑り込まなくてはなりませんが、1時間の行列だったら・・?

お客様は大変心配され、16時半からのストライキ前に荷物検査場を通過したいと、15時空港到着に変更されました。(時間はお客様の判断)つまり、5時間半前のホテル出発です。

私も空港まで同行しましたが、15時はたぶん一番すいている時間帯(11時半のストライキの後、しばらくない)ため、さほど並んでいなかったです。
20分ぐらいで通過。あとは空港の中で食事やショッピングをして過ごしたとのこと。


・新聞やテレビによると、混んでる時間帯は、1時間から1時間半の行列。
ターミナル2の方が悪かったそうで、2時間―3時間の行列だったそうです。(びっくりの写真はLa Vanguardiaの新聞記事


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【7月31日】
カルメン宛に、車の送迎を頼んだ個人のお客様。
飛行機はフィンランド航空の10時15分発です。AY3270便。

「3時間前にホテル出発」を予定していましたが、混雑を知らせたところ、7時の出発に変更。
「3時間前に空港へ到着」にされました。3時間前到着がちょうど良いと思うと、後でフィードバックいただきました。(ありがとうございます!)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【7月28日】
モンセラを観光して、そのまま空港へ行き、日本帰国という団体ツアーを担当しました。
旅行会社は空港到着を、3時間前到着で計算。これはいつも通りです。

モンセラも1時間渋滞の混雑になることもあるし、
カタール航空のため、荷物検査だけでなく、パスポート検査もあるし、
現在の空港の大混雑を考えて、
出発を早めた方がよいのでは、とガイドとして伝えましたが、大丈夫だろうと却下。

しかし添乗員さんも、早く出たいと言い出したため、現場で判断し、ホテル出発を早め、空港には3時間半前に到着しました。

通常、3時間半前はカタール空港はまだあいてません。
ところがカタール航空に見たことのないぐらいの長蛇の列がすでにあり、すでにカウンターはあいていました。

この騒動のために飛行機に乗り遅れる乗客も出ていると報道されていたため、大量の旅行者が大幅に早く空港到着して、チェックインカウンターに並んだ模様。そのため、カウンターも早く開けたようです

結果、カタール空港のチェックインの行列に1時間並びました。

荷物検査は通常より若干混んでいる程度で、思ったよりすいてました。20分強並んでツアー客全員入場。

添乗員さんがあとで情報をフィードバックしてくれましたが、飛行機出発は30分遅れだったそう。混雑のため、遅れ気味に出発したようだとのことでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【7月27日】
最近はバルセロナINのツアーが多く、バルセロナOutのツアーをあまり担当していません。

そこで、ガイド仲間や旅行会社に最近の情報を聞いたところ、
・いつもより混雑しているが30分ほどの行列で入れている

・1時間の行列もあったというガイドが二組(荷物検査に並んだ時点で帰宅したので、予想。結果は見届けず)

・新聞には1時間から2時間の行列の話が、まだ連日出ている。

・空港のポーターと、プライベートカーのドライバーによると「早朝が最悪。あとは混んでるが、そうでもない」。

以上の印象から、新聞で騒いでいた25-27日のあいだは、日による、時間帯による、という印象です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【7月25日】
パスポートコントロールで大変なカオスになってます。

バルセロナの空港ターミナル1で(朝の6時から)セキュリティーコントロールやパスポートコントロールで大変なカオスになってます。

8月4日から毎週金・日・月曜日にセキュリティーのストライキも発表されました。みなさん早めに空港へ行きましょう。


どれほどのカオスになっているか写真を見たい方はこちらをどうぞ

時間帯や曜日によりますが、30分ー2時間の行列という新聞情報です。(こちらをどうぞ

2時間半前に来たのに乗り遅れそうという人がテレビに映っていました。
5時間前に来たという人のインタビューも。
(あまり早く到着しても、チェックインできないこともあります)
2017.08.21 Monday | バルセロナ(交通情報) | comments(0)
バルセロナのストライキ情報

JUGEMテーマ:旅行



スペインでは観光シーズン真っ最中に、ストライキが行われます。大打撃。
真夏、クリスマス休暇、イースター休暇など。
(休暇の時期をずらせる人は、この時期避けた方がマシです)

この夏も多いです。

【8月のストライキ情報】
・バルセロナのプラット空港で、安全検査の荷物セキュリティーが8月14日頃から、24時間の、期限なしストライキをすると発表されました。(新聞記事 El Pais

つまり、1日4回(合計4時間)のストライキが、8月4日、6日、7日、11日、13日。
そのあと8月14日から、24時間ストライキに入ります。

これに対して空港側Aenaが、セキュリティーコントロールの会社に罰金を科すとも発表。
現在、大変混乱しています。

カルメンが見たり聞いたりした、空港での混み具合情報を、別記事で、時々アップします

・・・

・バルセロナの空港のセキュリティーコントロールのストライキが、8月4日から毎週金・日・月曜日に行われます。

時間帯は、5時30分ー6時30分、10時30分ー11時30分、16時30分―17時30分、18時30分ー19時30分の、4時間。
この時間帯は「完全にストップさせ」、混雑を起こさせる目的だそうです。(新聞記事 El Nacional


すでに7月現在、空港の荷物検査で大混雑が起きています。
一部ストライキを前倒ししているという噂もあります。
(セキュリティー側は、決まり通りにじっくり検査をしているだけと言っています)。




・・・・・


【7月のストライキ情報】

・7月28日 Renfe(国鉄)のストライキが行われます。

・7月27日木曜日、タクシーのストライキが行われます。
空港などの混雑する場所でデモ行進や、ブーイングなどがある場合があるため、注意しましょう。

・地下鉄の、毎週月曜日のストライキ(間引き運転でした)は、ようやく合意に達し、終了しました。
2-3か月前からずーっと続いていました。



2017.08.05 Saturday | バルセロナ(交通情報) | comments(0)
地下鉄工事情報 

JUGEMテーマ:旅行



夏休み中は工事ばかりです。

・7月29日ー8月14日
地下鉄3号線のVall d'Hebron駅から、Canyelles駅まで、途中駅が閉鎖します。
上記2つの駅のあいだはバスが代行します。





・8月22日ー9月3日
地下鉄3号線のLesseps駅からVall d'Hebron駅まで、途中駅が閉鎖します。
上記2つの駅の間はバスが代行します。




・7月31日ー8月31日
地下鉄1号線のTorras i Bages駅からFond駅まで、途中駅が閉鎖します。
上記2つの駅のあいだはバスが代行します。


2017.07.29 Saturday | バルセロナ(交通情報) | comments(0)
3月16日 バルセロナでタクシーのストライキ

JUGEMテーマ:旅行



3月16日タクシーのストライキを予定しています。
時間は8−20時。その時間にタクシーに乗って空港へ行くつもりだった旅行者はご注意ください。

また午前中10時頃、デモ行進も予定しています。
ルートは凱旋門、シウダデラ公園内の議会前、旧市街のサンジャウメ広場です。

2017.03.14 Tuesday | バルセロナ(交通情報) | comments(0)
モンセラのCremallera(登山電話) 12月25、26日午後ストライキ情報

JUGEMテーマ:旅行



モンセラ修道院へ行くCremallera(登山電車)が12月25、26日13時からストライキします。

バルセロナ市内が午後ほとんどすべての観光地が閉まってしまうので、モンセラへ行く観光客が多いのですが、交通手段がないので個人で行くつもりの人は注意しましょう。

Aeri(ロープウェイ)か、観光バスで行くか、ツアーで行くか、になります。

山の上のケーブルカー(Funicular)は終日すべて運休です。


2016.12.22 Thursday | バルセロナ(交通情報) | comments(0)
6月18日ー6月22日 バルセロナ地下鉄のストライキ再び!
JUGEMテーマ:海外生活


なかなか合意に達さない地下鉄の組合との話し合い。。

6月18日ー6月22日まで、再びバルセロナの地下鉄がストライキを予定しています。
詳細はだいたい前のストライキと同じなので、下を参考に。

5日間のストライキ、と大きいです。
しかしサンフアンの夜はあくのは、、。さすがにバルセロナ市民から大クレームになるからですかね。
ほとんど全市民が家族や友人と集まる日ですから。

働く人たちも、この日は楽しみたいから、というのもあるでしょう。




・・・・・・

5月30日ー6月2日まで、再びバルセロナの地下鉄がストライキを予定しています。

下の例と同じように、完全なストライキではなく、時間帯によったり、一部本数を少なくするぐらいです。

ただし激込みだったり、時間が読めないので、可能ならば地下鉄以外の手段で移動しましょう。
バスは動いています。


・・・・・・

4月26日、27日、食品の見本市開催にあわせて、再びバルセロナの地下鉄がストライキを予定しています。

ストライキは一部のみで、
火曜日は8-10時、17時45分ー21時。
水曜日は9-15時、22時以降。

27日は10時hじゃんからUrquinaona広場からSant Jaume広場までのデモ行進も予定しています。


新聞El PErioicoの記事より。

2016.06.16 Thursday | バルセロナ(交通情報) | comments(0)
地下鉄に続いて、バスもストライキ! → 回避されました
JUGEMテーマ:旅行


バスの方は未明に、仮の合意に達したそうで、ストライキが回避されました!!!
本当は今日月曜日からストライキの予定でした。




・・



おまえもか、という感じですが、
地下鉄に続いて、バスもストライキです。

同時にやらないだけマシ?

6月6-17日の平日。20-40%の間引きで運行。

詳細はネットでどうぞ






2016.06.06 Monday | バルセロナ(交通情報) | comments(0)