お祭り時の電車の割引

JUGEMテーマ:旅行


今現在タラゴナでローマ時代のお祭り Tarraco Viva がおこなれています。
Renfe のページには出てこないですが、Tarraco Viva のホームページ内に、印刷できるRENFE 30%の割引があるのを発見しました。

Euromedも普通電車もすべてが30%引き。どこのレンフェの窓口でもできる、と書いてあります。30%って結構大きいですね!
人数分印刷して、それぞれの個人名を書きこむだけ。これを窓口へ持っていくと、30%割引してくれました。
この印刷用紙に行きも帰りも窓口でスタンプを押してもらわなくてはなりません。

注意点ですが、行きに窓口で料金を支払い、チケットをもらったのです。
しかし窓口では往復券で買ったものの、チケットはどうやら片道になっています。裏を見るとチケットは使用済みになっていて、往復とはどこにも書いてないし、チケットに書いてある金額も、私達が支払った分とは違うのです。

行きは気づいていませんでしたが、帰りにそれに気づき、窓口へ。
往復払ったと伝えると、そこに書いてある、番号を入力してくれて、「往復払ってあるわね」と確約?してくれました。
そして、印刷用紙にスタンプを押してくれます。
(そこで、ああ!スタンプを押してもらうのに、窓口へ行くのだった。忘れていた、ということを思い出しました)

でも今度はチケットをくれません。
このチケットは往復なの?と聞くと、そうとお姉さん。ほんと?
不安ながらも、なんか言われたら、お姉さんがコンピューターでチェックもしてくれたし、印刷用紙に帰りのスタンプ押してあるでしょう?と主張することにしました。


電車の中では・・・?この路線は必ず車掌さんがチケットのチェックに来ますが。
行きの使用済みのチケットを見て、チェックをしただけ。印刷用紙はたいして見もせず、何も言われませんでした。


ところでこれは初めての経験でしたが、お祭り時期の割引制度。知りませんでした!!!
お祭り好きの私はよく祭りに行ったりしますが、これからもチェックしてみたいと思います!!

コメント