バルセロナのアパートメント Dailyflats Sagrada Familia

JUGEMテーマ:旅行


ホテル


先日お客様のアテンドでアパートまで同行しました。Bookingの評判はとてもいいですが、チェックインが難しかったので、詳細レポートをどうぞ。

■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING


アパートメントホテルとアパートメントの違いは?の記事で説明していますが、アパートメントタイプは「滞在場所内に、あなたをケアしてくれる人が誰もいない」ところです。

今回このDailyflats を予約された方は、
・レセプションがない
・タクシーを頼めるスタッフがいない
・朝食がついていない

ということに驚いてらっしゃいました。
通常、普通のアパートタイプだと、この3点はついてない!と考えましょう。

ちなみにホテルの場合でも、日本の旅行会社に予約を依頼すれば朝食が含まれていますが、これはホテル代と朝食代を足して、日本のお客様に請求しているだけです。日本人が朝食がついているのが当たり前と思っているので、込みにしているだけ。
ホテルであっても自分で直接予約をすれば、朝食はついていないことの方が多いです。ホテルで朝食を食べたかったら、個別に現地で支払って食べましょう。

話は戻りますが、このアパートメント。
お客様の予約表には、Travesseria de Gracias 343 と出ていました。(お客様は違うサイトで予約されていましたが、住所はBookingCom でも同じものが表示されていますね)

到着してみるとここにレセプションはなく、ただのアパートです。ここまでは私の予想通りでした。入り口に電話番号が書いてあるので電話してみると、近くにあるオフィスは鍵をとりにこいと言われました。これは予想外。ようやく到着して荷物も降ろしたのに、また移動しなくちゃいけないなんて。

今までいろんなタイプを経験してきましたが、近くとはいえど、違うオフィスへ行かなくてはならないというのは面倒です。(鍵の受け取り方は様々。ネタはアパートメントで仰天の記事をどうぞ)(「そのままそこで待ってて!これから鍵を渡しに行くよ!と来てくれるタイプは多いです。ただし場合によっては30分ー1時間待つこともあるので、自分で取りに行く方が早いかもしれません)

ご家族は荷物を見張るのに残し、代表者1人と私でオフィスへチェックインをしに行きました。近くと言われつつ、2ブロックの距離でした。

オフィスとお話をすると、鍵の受け取り方についてメールが届いているはずだとのことでした。お客様は受け取っていないとおっしゃってましたが、鍵の受け取り方について直前にメールが届いたというアパートの話は別件で聞いたことがあったので、アパートタイプを予約する方は、必ず鍵の受け取り方について事前に問い合わせておきましょう!!

このオフィスは13時から21時までオープンとのこと。
ちょうど「洗濯機が動かない」と連絡が入り、スタッフが2人で移動してましたので、何かあった時に直接2ブロックと言えど、直接顔を見て、不具合を訴えることができるのは、他のアパートよりも有利です。普通アパートメント式ではオフィスが存在せず、すべて電話だけという対応も多いですから。


チェックインを済ませて驚きましたが、実際に泊まるアパートは上記の場所ではなく、また違う場所でした。
ちょうどオフィスと最初のアパートの間ぐらい。すべてが1ー2ブロッグの距離にあるのですが、えー、また移動??ッと思ってしまいました。なのでDailyFlats Sagrada familia と書いてあっても、その場所に泊まれるとは限らないので、とにかくまずオフィスへいきましょう。

(ちなみに、オフィスは他にもあると言ってました。もっと遠いアパートの場合はその近くに別のオフィスがあるのでしょう)

新しいアパートですが、どこにもdailyFlats とは書いていません。看板も出てなければ、オフィスの緊急連絡先などの張り紙も一切なし。一見何も分かりませんでした。


チェックアウトの仕方は様々ですが、ここのアパートはテーブルの上に鍵を置いていってくれ。鍵はかけずに自動でパタンと閉めるだけで出ていけばOKと言ってました。お金ももう払ってあるので、チェックアウトというものは存在しません。

タクシーですが、オフィスで頼んだらやってくれました。ドライバーさんが部屋を直接ピンポンすると言ってました。

さてお部屋ですが、ツインベッドのある寝室。シングルベッドのある小さな寝室。サロンは広々としていてテーブルとソファーもあります。その片隅にキッチンがあり、大きな冷蔵庫などが完備していました。
キッチンとシャワールームはきれいでしたが、シャワーはバスタブなしです。ここに洗濯機もあり。

アメニティはシャンプーとシャワージェル共通のものが人数分置いてありました。手を洗う石鹸もあり。このあたりは三つ星ホテルにあるような、最低限ですね。
タオルはベッドの上に置いてありました。


22時以降は静かにするようにと張り紙もありました。パーティーなどをして騒ぐと「出ていってもらいます」という張り紙が、オフィスにも部屋にも貼ってありました。騒ぐ人たちが多いせいでしょうか、そういう決まりを作ってくれているのなら、騒ぐ人は少ないかもしれません。


■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING
コメント