Chinchon(チンチョン)のお勧めホテル Hotel Condesa de Chinchon

JUGEMテーマ:旅行



ホテル Hotel Condesa de Chinchón (コンデサ デ チンチョン)


田舎の小さい村の、伝統スタイルのホテルらしいホテル。

特に中庭側が素敵で、ホテルというより、村の観光の続きだっけ?という気持ちになります。


■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING





Hotel Condesa de Chinchon外観&立地


ホテル・コンデサ・デ・チンチョン。口コミが良かったので、泊まってみました。
あ。以前に「Besaluは小さい町で別に泊まらなくてよかった」という口コミをいただきましたが、チンチョンもグアダラハラも十分にマドリッドから日帰りできます。時間を持てあます人に小さい村への宿泊はお勧めしません。(笑)もっと大きな観光地トレドだって、普通に日帰りしている人が多いですからね。

小さな村は「何時間も観光する」というところじゃありません。
何もしないことができない人は、1時間後には手持ち無沙汰になっています。(笑)

私みたいに、小さい村に行って、ゆっくりしたい。
美味しいもの食べて、ゴロゴロして、お散歩して。
都会の喧噪から逃れて、何もしたくない怠惰な週末を過ごしたい!という人にだけ、近郊の小さい村で1泊をお勧めします。私にとってはストレス解消の1つです。

外観は小さな村のホテルらしく、普通。
場所はマヨール広場からすぐ。
パラドールの斜め前ぐらいの立地です。



Hotel Condesa de Chinchon部屋情報

写真が暗いですが、温かみのある内装。
広さも十分のお部屋です。






ツインベッド。
机と椅子もあります。




【左】荷物置き場と、大きな鏡。
【中】クローゼットには毛布と予備と、金庫。 
【右】テレビは部屋の隅にあるためか、ちゃんと向きが変えれます。





バスルーム



バスルームも広々。




【左】トイレとビデ。
【右】ジャグジー付きのバスタブ。このホテルを選んだ理由の1つです。

ただし、このジャグジー。
押してないのに勝手に作動したことが2度も・・。お湯が入っていないのに、危なくないのでしょうか?
幸いにして、2度とも、止めてみると止まったのですが、もしかしたら故障気味だったかもしれません!?






【左】アメニティもしっかりあります。どこかに書き留めたが、見つからず・・。
【中】ドライヤー
【右】シャワーは手にとれるタイプ。仕切りはカーテンではなく、ガラス扉タイプです。







【左】ミニバー。ビールや水など最低限もののみ。
【中】電話、メモ用紙。
【右】エアコンもあり。





お部屋の窓からの光景。
隣のアパートが見えますが、普通の村にやってきた、という感じがして、個人的には好みです。





ホテルの見取り図。
半分以上は私の泊まったのと同じ大きさのお部屋。左手にはもっと広いお部屋がありますね。
小さなシングルルームがありません。つまり最低でもこの部屋ぐらいの広さがある点はポイント高いですね!





ホテル・コンデサ・デ・チンチョンのホテル施設


レセプション周辺。
広いロビーがあるわけではありませんが、調度品も素敵で悪くありません。
この日ちょっと雨が降りましたが、貸してくれました。


朝食会場をガラス越しにパチリ。

食べてないので内容はわかりませんが、期待できそうですね。





【左】ホテル外観はぱっとしませんでしたが、中庭から見ると、こんな昔風の建物!!
【右】こーんなバルコニー付きのお部屋もあったんですね!




中庭でお茶するのも素敵。泊り客じゃなくても利用してはいかが??




【左】泊まった階のエレベータ近くの空間。
玄関のロビーは広くないですが、各階にこんな空間があります。玄関じゃなくてエレベーター前で待ち合わせしても良いですね。
【右】階段。




 

ちなみにお部屋の部屋番号表示は、絵になってるのも素敵なアイデアです!

プラド美術館にあるゴヤの絵など、おなじみの絵を見ながら廊下を歩くのも良し。最近数字が覚えられなくてーというおばさん(=私?)も絵を目指して部屋に戻って来れます。





こんなホールがあるのを発見して、遊びに行ってみました。





窓からの景色。中庭側からは屋根が、外側からは向かいの建物が見えます。


エレクトンやパソコンがありました。



中庭側へバルコニーがあり、眺めが良いです。




こんな眺め。


素敵ですね。


■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING
■ホテル宿泊レポート --------2012年12月情報 Carmenより。
コメント