バルサ選手のベビーラッシュ

JUGEMテーマ:スポーツ


チャンピヨンズリーグのバルサーPSG戦の途中、セスク・ファブレガスの恋人で、レバノン人モデルであるダニエラが女児Liaを出産しました。

セスクは先発しましたが、後半でメッシと交代。試合が終了する前に、子供に会いに病院へ向かいました。


Liaはセスクの初めての子供で、ベビーラッシュの続くバルサファミリーへ仲間いりしました。
ピントが7月、メッシとバルデスが11月、ビケとビリャが1月、ペドロがもっとも最近で4月4日のことでした。

(新聞El Periodicoより)

・・

そういえば日本では試合途中に帰ったりすると、批判されたりするのですよね。
フィギュアスケートの浅田真央さんがグランプリファイナルのスタート直前に母の訃報を聞き、帰国したことに批判があったことを思い出します。その時に比較があったのが、プロ野球選手で試合を最後までやった選手で、彼の方があっぱれだと。

試合を最後までやって、親への弔いとしたいと思う人もいれば、間に合うなら近くにいたいと思う人もいます。親を亡くすというのは大変なことなのだから、帰りたいと思う人を批判などして欲しくないと思ったものです。

海外では試合や仕事よりも、私生活が大事。
子供が生まれたら、先に帰っちゃうのも当たり前?です。

コメント