バルセロナ2012年観光統計

JUGEMテーマ:旅行


バルセロナの観光局から2012年の観光統計のパンフレットをもらい、話を聞く機会もありました。
捨てる前に(笑?)、自分用の覚え書き代わりに、記録します。

・・

2012年1月1日時点のバルセロナの人口が162万943人。
カタルーニャ人口は750万908人。

2012年ホテルに宿泊した観光客数は約744万人。
(この数字は知ってましたが、ホテル宿泊者数だけと聞いて、驚きました!クルーズに泊まって寄港する人、オスタルやアパートメントに泊まっている人、海岸沿いに長期滞在して1日観光でバルセロナに来る人たちなどは含まれず。総合計はその4倍なのだそうです!!ええええ??)




ツーリストの国籍は、
・スペイン人(21,8%。内訳はカタルーニャ人が5.7%、マドリッドが4.7%、バスク地方が2%、アンダルシア地方が1.9%、その他が7.5%)。

・ヨーロッパ人が51.5%(内訳はイギリスが8%、フランスが7.7%、イタリアは6.6%、ドイツが5.6%など)*イギリス、フランス、イタリアの上位3国は毎年順番が入れ替わります。

・アメリカ人 8.5%
・中南米人  7.4%
・日本 2.2%

だそうです。

*日本はあまり多くないのに、いつも上位にいるイメージがあり、統計で発表されますが、2%強ですね。
去年はすごく忙しかったイメージがあり、領事館の統計では大幅増加と見た気がしますが、全体からすると、2010年2.1%、2011年も2.1%、2012年だけ2.2%ですね。
全体の観光客数に対しての割合ですので、実際には1%の増加でもすごい増加なんでしょう。


人気観光地トップ5は
1)サグラダファミリア 約323万人。
2)水族館  約165万
3)バルサ博物館 約154万
4)スペイン村 約122万
5)モンジュイック城 約116万


人気博物館・美術館 トップ5は
1)水族館
2)バルサ博物館
3)動物園
4)ピカソ美術館
5)コスモカイシャ
ちなみに、ミロ美術館は6位、カタルーニャ美術館は8位、意外に海洋博物館が9位(改装中で無料だから?)。

建築系の人気トップ8は
1)サグラダファミリア
2)モンジュイック城
3)カサバトリョ
4)グエル公園内のガウディ博物館
5)MUHBA
6)グエル邸
7)カタルーニャ音楽堂の見学ツアー
8)ミースのドイツ館


印象としては地元民が行くところも多いですね。家族連れ、学校の遠足、リピーターが多いのでしょう。
入場料が安いところや無料のところも多いですね。
やっぱり入場の高すぎるところはそうそう行けないってことでしょう。

ちなみにグエル公園は統計に含まれていません。
カサミラも含まれていないと感じました。バトリョ邸よりは混んでいると思うので。

ツーリストバス利用者は194万人。モンジュイックのロープウェイが139万人。
(そういえば、ツーリストバスは年間70億円近い収益を出すのだそうです。びっくり!!)

クルーズ客
・1990年に11.5万人
・2000年に57万人
・2010年235万人。

2011年は最高記録で265万人。
2012年は241万。





コメント

突然申し訳ないのですが、私は現在大学4年生で、バルセロナの観光について調べています。バルセロナの観光統計を探しているのですが、なかなか見つからず困っています。観光統計のパンフレットはどこで手に入るのでしょうか。教えて頂けると嬉しいです。

  • 吉澤朝子
  • 2014/11/29 09:09

ここに記載した内容は観光局もオフィスでもらった冊子に出ていました。

その他、スペインでは新聞に、よく観光統計が発表されます、それも観光局や市が発表したために、新聞で発表されるのだと思います。
私もよくこちらかもう1つのホームページで紹介してますが、スペイン語ができるならいくつか単語を入れて探せば、古い新聞記事もまだまだ出てくるはずです。

カタルーニャの統計をきちんと調べたいなら、idescatですべての統計が調べられます。観光についても探しにくいですが、毎年発表されますよ。

  • Carmen
  • 2014/11/29 15:36