サンティアゴデコンポステーラのお勧めオスタル/ペンション PR Mafer B&B


JUGEMテーマ:旅行


駅や空港からも便利の良いガリシア広場沿いにある、ペンションMafer。
ネットがつながりにくいのが難点ですが、それ以外はとても気に入って、常宿にしても良いような?格安オスタルです。

特にチェックアウト後もサロンでゆっくりさせてもらえたは嬉しいサービスでした!


ホテル



■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING
■ホテルの滞在時期  -------- 2014年春。滞在レポートはCarmenより。

ペンションB&B Mafre 立地
交通の便利なガリシア広場に面しています。(部屋は広場に面していますが、玄関はRua do Horreo沿いにあります。ちょうどガリシア広場との角あたりです)

RUa do Horreoは鉄道駅から街へ入る時に必ず通ります。
駅をまっすぐくればこのペンションに到着です。

ガリシア広場からは空港行きのバスも出ていて便利です。


オスタルの建物の外観です。ガリシア広場に面しています。この建物の2階です。エレベーターもあります。

ガリシア通りからすぐ、旧市街へ入れて、観光にも不便はありません。
すぐ近くの大通りはお買い物通りで、バルセロナにもあるようなチェーンのショップなどがたくさん並びます。
でも旧市街を入ったところの方が個人経営の、ガリシアならでは面白い店が多いです。そこへもすぐ歩けます。

夜は玄関の鍵が閉められ、ペンションのスタッフがいないですが、鍵をくれるのでそれで出入りは自由です。

ペンションの窓際ではなく、その1階下だったかな?。かわいかったのでぱちり。


これはお掃除終わったあとにドアのあいていた、シングルの部屋


ツイン。



別のツイン。



なんか、かわいくて、ぱちり。部屋が広く見えそうな効果?


窓が大きくて、広場に面しています。
オスタルなのに、バスタブつき。



こちらは別のバスルーム。たくさん写真を撮りすぎて、どこの部屋だったのか覚えていません。


<左>仕切りはシャワーカーテン。シャワーは取り外しできます。

<右>アメニティも一応あったんですね。覚えてませんでした。


<左>薄型テレビつき。

<右>暖房はこれ。ちょっと真冬には寒いかも?


シンプルな家具。


狭い部屋にどんな家具をおくと、圧迫感がないか。インテリアの参考になります。




廊下&玄関


<左>玄関入ったところ。<右>廊下。


サロン。

朝食会場でもあるし、昼間もお茶やケーキがフリーで楽しめます。ゆっくりくつろげるスペース。




チャックアウト後、22時頃の飛行機だったのですが、オスタルの玄関の鍵もくれて、このサロンにいていいよ♩って。すごく親切でした。お茶はさすがに、、と思ってたけれど、お茶もケーキもどうぞと。

また帰ってきたいと思うぐらい、スタッフが親切でありがたかったです。
夜遅いフライトの人にはお勧め。
ネットがつながりにくいのが難点で、部屋よりこのサロンの方がつながりやすいですが、それでも時々全然ダメ。町中にはネットができるところがたくさんあるので、そちらでやろうと思った方が良いですね。


<左>電子レンジもあり。

<右>本もあって、読書したりゆっくりできます。




朝食の内容



<左>手作りケーキ。これは他の時間にもいつもサロンに置いてあって、食べれます。
<右>ちゃんとハムやチーズ類も。


トースト、フルーツ、ヨーグルト。


シリアル。紅茶類は引き出しをあけると、入っています。


オスタルの朝食つき、、にしては合格ではないでしょうか?!




欠点

欠点としてはネットがつながりにくいことです。オスタルでネットがあるなら、いい方なんですけどね。
ネットがつながりにくいのは口コミで読んでいたのですが、つながったりつながらなかったりします。みんながつなげてるとつながらないかも。部屋よりサロンの方がつながりやすいですが、サロンでもだめだったりします。

スタッフルームがあるのですが、そこはつながりに問題がないらしく、私達のためにそこのネットを使わせてくれたりしました。

町にはネットのよくつながるお洒落カフェもいくつもあるので、そのへんにいってもいいですね。
パラドールのカフェもすごくよくつながり、パスワードなしです。



■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING
■ホテルの滞在時期  -------- 2014年春。滞在レポートはCarmenより。
コメント