お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
<< ロンドン格安ゲストハウス / London Malvern Road Rooms to Let(ロンドン マルバーン ロード ルームス トゥ レット) | main | よく言うことを聞くお客さんと、笑うお客さん >>
全然ガイドの話を聞いていないお客さんがやっぱり盗られる
スペイン南部のセビリアでパスポートの盗難にあったお客様がバルセロナで1人、3泊延泊されました。ツアーの皆さんと一緒に日本へ帰れずに、、。

よりによって、イースター(聖週間)のバカンスで、領事館は金曜日から月曜日まで閉まっています。普通は日曜日の領事館が閉まっている時にあたると1泊残るはめになるのですが、なんと3泊も宿泊代を払って残ることになってしまったのです。

バス旅行だったのでバルセロナまで他のお客様と一緒にいらっしゃって、バルセロナやモンセラ観光もされましたが、帰国できずにおひとりで残られました。

最終日はモンセラ観光して空港というスケジュール。そこで他の方とお別れされて、残りました。
ご本人はしっかりとご挨拶をされてらっしゃいましたが、他のお客様の方がウルウルされてました。

ガイドとしてもお客様の病気や怪我の次に、ショックな出来事です。

観光から空港だったので、他のお客様は皆さん、パスポートを貴重品袋などで身体の奥に隠してらっしゃいました。
空港でパスポートを出すのが大変、、なところに皆さん入っているのでその様子を見ながら、「いいことですね」とコメントしました。

そうすると皆さん、「盗られた方がいらっしゃいましたからねー」と。

そうなんです。
盗られた方には悪いですが、盗られた方がいらっしゃると、良い薬となり、他の方たちは盗られません。同じ日に2人盗られる方がいても、一度盗られてしまうと、同じツアーに2人は盗難はあらわれないのです。

ですから、他の方もしっかり貴重品対策をされてらっしゃいました。

さて。今回の盗られたお客様。
空港で両替を手伝ってからタクシーに乗せてお別れしました。

その両替時にびっくり。
銀行で5万円のお金を両替したあと、お客様はそのお金を、カバンの外側のポケットに入れたのです!!

お客様のカバンには、真ん中にチャック+外側にチャック+身体側にチャックがありました。
その中で、一番泥棒に盗られやすい場所はどこか??というと、もちろん外側のチャックです。そこにお客様はお金をしまったのです!ちょっと待ってください!

私が心底がっかりしたのは、このお客様と一緒にいた2日間の観光で、私がさんざん伝えていたことを全然このお客様は聞いていない、、と思ったからです。

私がツアー中に口うるさくいうことは、、。
・バルセロナはほとんどがスリ。気づいたらお財布が消えている。
・お金やパスポートは手の届くところに入れてはダメ。
・チャックをあけた時に、見えてたらダメ。
・見えない奥深くにしまう。
・自分が出しやすいのは泥棒にも出しやすい。
・自分にとっても、出しにくいところにしまうこと。お金を使うごとに奥に入れる癖をつける。
・お金はカバンの奥底に入れて、上にガイドブックやペットボトルを置く。


いろいろ言ってますが、何を指導しているかというと、お財布の置き場所です。
というのは日本の人は、お財布をぽんとカバンに入れるので、チャックの一番近いところにある。これはスリにとって一番出しやすいのです。(しかも歩きながらお財布をしまうので、しまった場所がチェックしやすいです)

スリの9割を防ぐには、上のことをちゃんとやっていれば盗られません。


ところが、この2日間あんなに何度も何度も言っていたのに、このお客様は何を聞いているのやら?
すでにパスポートもお財布も盗られたのにもかかわらず(この時は置き引きだったそうで、本当に全部盗られたと聞きました)、ウエストポートの外側のチャックですか??。一番盗られやすい場所に入れたので、ああ、このお客さんは全然話を聞いていないし、危機感がない、、と思いました。

つい先ほど、パスポートをおなかの中から苦労して取り出した、ツアーの他の方とは雲泥の差。やっぱり盗られる人と盗られない人の違いはそこなんだろうと思います。

ちなみに私が注意して、入れ直しをさせましたが、その時にカバンの真ん中のチャックから貴重品袋が出てきました。貴重品袋を持ってるならば、そこに入れるべきです!なのに貴重品袋にはホテルのカードなどが入っていて、しかも首から下げてない、、。今の5万円はどこに入っていたの?です。


もともと、このお客様は首から下げる貴重品袋(本来はもちろん衣類の下に身につける)をお持ちだったのに、そこには保険証書など盗られてたいして困らないものが入っていて、肝心のパスポートも現金もすべてカバンに入っていた、、と添乗員さんから聞いていました。

貴重品を貴重品袋に入れてなかったら、意味がありません。
でも最初の数日は入れていたのに、ちょっと気が緩んでいれなかった、、。そうした時に盗られる話は実は多いです。



このお客さん、貴重品袋に貴重品を入れてなければ意味がないと、添乗員にもひとこと言われたはず、、。なのにやっぱり今日もやってないんだと思って、一気に心配になっちゃいました。

後日パスポートの発行のために、領事館に同僚ガイドが同行すると聞いていたので、そのガイドに「パスポートを受け取ったら貴重品袋に入れてもらってください」とまでメールしちゃいました。盗られたパスポートをまた盗られる場面を想像してしまいましたので、、。同じ人が2度遭う、、ということが本当にあるんですよ。

その後は聞いていないので、
2014.04.21 Monday | ■最近の盗難情報 | comments(0)

このホテルへの口コミ&情報

クチコミ&情報提供する