お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
<< 全然ガイドの話を聞いていないお客さんがやっぱり盗られる | main | 格安ゲストハウス / Boundary House(バウンダリー ハウス) >>
よく言うことを聞くお客さんと、笑うお客さん
JUGEMテーマ:旅行


昔、ホームページに書いたことと、同じことをしゃべっていて、
「ガイドさんはカルメンさんじゃないか?」と鋭く指摘してきたお客様がいらっしゃいます。(笑)


ですので、ホームページと同じことはしゃべらないようにしています。
、、が、例外はこの盗難のこと。

同じことをしゃべっていて、「ガイドさんはカルメンさんじゃないか?」とバレようがなんだろうが、これだけは構いません。

重要なことはお客様が泥棒にあわないことなんです!!


言ったおかげで、あわないなら、何度も言ったり、書いたりします。

私がツアー中に口うるさくいうことは、、。
・バルセロナはほとんどがスリ。気づいたらお財布が消えている。
・お金やパスポートは手の届くところに入れてはダメ。
・チャックをあけた時に、見えてたらダメ。
・見えない奥深くにしまう。
・自分が出しやすいのは泥棒にも出しやすい。
・自分にとっても、出しにくいところにしまうこと。お金を使うごとに奥に入れる癖をつける。
・お金はカバンの奥底に入れて、上にガイドブックやペットボトルを置く。

↑これはスリ対策。
観光中の盗難のほとんどがスリです。スリは上のことをちゃんとやっていれば99%は防げます。やってない人が盗られるんです。



置き引きもあります。
置き引きのほとんどがホテルのロビー。ホテルの朝食レストラン。
ホテルの外で写真を撮っている時に足下にカバンを置いていた。
たまーに、ありえんだろうと思いますが、観光中に野外で、カバンをベンチなどに置く人もいます。グエル公園のベンチやサグラダファミリアの写真ポイントで。


これを防ぐには
・当たり前のことだが、カバンを床に置かない。椅子やソファーに置いて離れない。
ロビーでこれをやってしまう人、本当に多いです。手から離れたものは消えると思いましょう!!
いつも肩からかける、手にもつ、常に持っていましょう!!
そしてカバンは前に! 後ろや横でプラプラ揺れしていてはだめです!
前に置いて、手で押さえましょう!

あとは置き引きではなく、置いてるもののスリ。
レストランの椅子にカバンをかけていた。
レストランの椅子の横に置いたケース。
外のテラスのマクドナルドでテーブルにカバンを置いていて、バイクのひったくりにあった方もいます。

対策は
・座っているとき、カバンは膝に乗せる。
・座っている時には椅子と背中の間に置いてしっかり背中で挟む。(挟むのを忘れて気が緩む人はこれをやってはだめ。意識が背中に常時おく自信がある人)
・通路側や人が通りやすいところにはカバンはおかず、壁側の人のところに置いてもらう。(でも隣席のすぐ隣はだめ)
・壁側の人の、仲間と仲間の間の、足下においてもらう。

とにかく、通りすがりや、横のテーブルの人が手を伸ばしても、手の届かないところに置くのです。
これらはやってれば防げます。




ところが!!
お客様にはよく話を聞く人と、聞かない人がいます。

カバンの奥底にお財布を入れるようにとバスの中で伝えると、だいたいは、チャックをあけている音があちこちで聞こえます。ちゃんと言う通りに、お財布を奥底にしまおうとしている証拠です。


しかし一部のツアーでは、音がなんにも聞こえない=つまり誰もその通りにお財布を奥にしまおうなんてことはやらない、ばかりか、続けて私が盗難について話していると、「笑う」人たちがいるのです。あれは不思議。

どうして笑うんだろうか?と考えてみましたが、やっぱり「そんなこと滅多にないだろう」「自分は盗難にはあわない」と思っているからだろうと思うのです。

あんまり笑うので、「笑い事じゃありませんよ」と厳しい口調で突っ込んでみましたが、それに対しても皆さん、どっと笑いました、、。ジョークではないんだけど、、。


ちなみに旅慣れている人も、甘く見ている人が多く、自分はあわないと思っている人が多く、いらっしゃいます。
また、ツアーによって、客層も違い、ガイドの話をちゃんときくかどうか、その傾向があります。

例えばJTBのルックのお客様はおっとりしている人が多く、よく話を聞いてくれます。
JTBでももっと高額商品になると、旅慣れているせいか、お金も気にしていないせいか、あまり心配されません。

男性ばかりのビジネスツアーも同様です。皆さん、お尻のポケットに分厚い財布を入れていたりします。こういう人も一度盗られてもそんなにショックを受けてませんね。

格安ツアーのお客さんも、あまり聞いてません。某格安旅行会社のツアー。笑うお客さんたちはこの人たちです。

学生さんツアーもみんなで楽しく気が緩んでます。床にカバンを置いて、写真を撮りにどこかにいっちゃったりしますね。ガイドの言ったことも全然気にしてない、、。そして学生ツアーではだいたい毎回ひとりは盗難にやられます。学生さんは盗られると本当に落ち込みます。かわいそうなぐらい。でも誰かが本当に盗まれるまで、わいわい盛り上がり過ぎて気が緩んでらっしゃいますね。


必要以上に盗難について心配する人も多いですが、上記のことをちゃんと守っていれば、99%あいません。
盗難対策はしっかりとやったうえで、心配しすぎることなく、楽しく旅行しましょう!





2014.04.21 Monday | ■最近の盗難情報 | comments(0)

このホテルへの口コミ&情報

クチコミ&情報提供する