お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
<< バルセロナ5つ星ホテル Hotel Miramar | main | 「ユダヤ人殺し」という名の町、住民投票で改名へ スペイン >>
郊外のホテルで置き引き
JUGEMテーマ:旅行


時々、聞いた盗難のケースをブログに書くことにしました。

別ページで出しているように、盗難の対策をきちんとやっていれば、手口がどうであっても盗られることは少ないと思いますから、読みたくない人はとりあえず盗難対策を。

時間があって手口を読んでおこうという方向けに書いてみます。
だいたいポターンがあります。



郊外のホテルで置き引き
郊外のホテルから来るグループをバルセロナで待っていて、、「遅いなあ、、」と思っていたところ、。
バスが到着するなり、お客様がホテルでカバンを置き引きにあったと聞きました。

この日はよりによって日曜日。観光のあと、午後のフライトで帰国する予定でした。、、が、パスポートがカバンに入っていたため、帰国出来ず。ご主人も一緒に残られて、お二人は延泊して、翌日帰国されました。

実は長いガイド歴で、パスポート盗難で帰国できなかった私のお客様は初めてでした。ですから私としても大変ショックでした。

普段は領事館があいていれば、帰国証明を出してもらって、パスポートがなくても帰れます。

日曜日やあいてない時間でも昔はどうにかなったケースもあります。
航空会社のオフィスに詰め込み、日本の警察で犯罪証明みたいな連絡をしたり、いろんなことをして帰国するだけなら、ということで領事館に行かずにOKが出たこともあります。だから、本当に帰れなかった方は今回初めてでした。
(帰れなかった人のアテンドはありますが、私のお客様は皆さん全員帰国してたのです)

手口を聞くと、
ロビーで椅子に座っていて、ご主人と交代でトイレにいき、その時にソファーにカバンを置いてトイレに行ってしまった。よくあるケース。置き引きはホテルが一番多いです。皆さん、安心してそのへんに置いちゃうから。


お金だけ盗られてカバンはさっさと捨てられることがあるので(本当に見つかったケースも過去に何度かあります!)、ホテル周辺を探したそうですが、見つからなかったそうです。

郊外のホテルはよく「こんなところまで泥棒は来ないだろう」とおっしゃるのですが、郊外のホテルは多いです。車に乗って高速ですぐ逃げやすいから。日本人の姿を見るようになったら、郊外のどのホテルも一度は盗難騒ぎが起きます。そして盗難が起きるまではホテルのレセプションもポーターも「ここには来ないよ」と言います。(日本人が行きはじめるまでは泥棒も来ないということでしょうか?)スーツケースを外に置いたままポーターさんも離れたりするのですが、郊外のホテルも泥棒にあってから初めて、厳しく厳しく注意するようになります。

話は戻りますが、あとでご主人の両替に付き添った時。
ご主人が洋服の下にしまっていた、首から下げた貴重品袋を出しました。えっ??

「ご主人は貴重品袋をお持ちだったのに、奥様は??」と聞いたところ、ずっとご主人が2人分のパスポートを持っていたそうです。最後の頃に奥様が「もう自分で持つわ」と言って渡したところ、カバンに入れていて盗られてしまった。。

現金は悔しいですが、パスポートさえあれば、ツアーの皆さんと帰国できたんです。
パスポートだけでもご主人にずっと預かってもらってればよかったのに、、と思います。

これを読んだ皆さんは貴重品袋を持っているなら、そこのパスポートを入れて、首から下げて洋服の下にしまうようにしましょう!最後の日まで。




2014.05.24 Saturday | ■最近の盗難情報 | comments(0)

このホテルへの口コミ&情報

クチコミ&情報提供する