バルセロナの新監督にルイスエンリケ氏

サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナは19日、今季同リーグのセルタを率いたルイスエンリケ氏(44)の新監督就任を発表した。


 契約期間は2年。

 元スペイン代表のルイスエンリケ氏は現役時代、レアル・マドリードを経て1996年にバルセロナへ移籍し、数々のタイトル獲得に貢献した。2008年から3シーズン、バルセロナの2軍監督を務め、2季目に2部昇格を果たした。その後はローマ(イタリア)、セルタで監督を務めた。

 バルセロナは今季、連覇を狙ったリーグ戦で2位に終わり、スペイン国王杯は準優勝。欧州チャンピオンズリーグは7季ぶりに4強を逃し、シーズン終了後にマルティノ監督が辞任した。(時事)

(読売新聞 5月20日より)
コメント