お勧めの修道院ホテル / Hotel Monasterio de Leyre(レイレ修道院ホテル)

JUGEMテーマ:旅行

ホテル

ナバラ地方はザビエル城(ハビエル城)ばかりではありません。

レイレ修道院も目玉の観光地の1つで、修道院付属のホテルです。

意外とホテルはモダンで新しい造りでした。

■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING
■ホテルの滞在時期  -------- 2010年。滞在レポートはCarmenより。





<左>ホテルの玄関。小さい入口です。
玄関の左手に小さなバル。カウンター程度。右手に大きなレストランがあります。レセプションがいない時はバルの人に声を掛けると、アテンドしてくれます。
<右>左がレイレ修道院、右手がホテルの建物。

レイレ修道院ホテルの外観


ホテルの入口から真反対。ぐるっとホテルを逆から回ったところの写真です。



左の新しそうな建物がホテル。
レセプションの大きさなどからこじんまりしていると思いましたが、意外と大きいです。でも地上階はすべてレストランなので、2階と3階だけが宿泊施設でしょう。

真右手に見える古そうなのがレイレ修道院の教会部分。ここで夜はミサが行われます。

ホテルの部屋
意外や意外。モダンな設備で、新しそうなホテルでした。

まったく古い趣を残した造りではないので、全面改築したというよりも、新建築のような感じがしました。

モダンだし、ちょっと安っぽいです。



修道院のホテルに泊まれる!と思うと、がっかりするかもしれません。
ルエダ修道院ピエドラ修道院のような雰囲気はありません。
この2つの修道院ほど大きな修道院じゃないからかもしれません。

修道院の方は古くてこじんまり。立派な修道院よりも、そのつつましさに惹かれる人はいると思います。


バスルームは新しくて清潔です!シャワーなところが惜しい、、。






アメニティはほとんどなし。石鹸とシャワージェルぐらい。





<左>クローゼットのドアだったかな?あまりに立派な木の扉が好みでした。
<右>中には毛布が入っています。


ホテル設備
レストラン。

写真がないですが、食事は本当に美味しかったです!お値段もそこそこで、ランチメニューもあったと思います。サービスも素晴らしく、メニューのチョイスも多かった。郷土料理も食べれました。



週末のせいか、ものすごいにぎわいで、車もたくさん泊まっていました。


レイレ修道院の観光のためというより、食事目当てに来ている人たちも多いのでは?レストランのおかげで、このホテルのイメージが良いと言っても過言ではありません!



朝食も期待しましたが、こちらは普通。
まあ、スペイン人はもともと朝食はあまり食べませんからね。食べるなら昼食のランチメニューなどがお得です!


ホテルのレセプションとロビー

レセプションはとても狭く、ほとんど人がいません。(笑)


冬の季節だったので、ほとんど泊まり客がいなかったのかもしれません。


レセプションの目の前か、中2階か、個室のようなところに、ソファーのたくさんある、ロビーのような空間がありました。

貸し切りで過ごしました。いろんな椅子に座ってみたりして?



玄関隣のバルでビールを買って、そこに持ってきてもらったか自分たちで運んだか、の覚えがあります。1本にしておくか、2本飲むか、などと悩んだような気も、、。

たぶん、部屋にミニバーがなく、ソファーのところに自動販売機もなかったのだと思います。ホテル周りには何もないですから、車がない人は夜に飲み物が飲みたくても飲めません。

ビールなどの嗜好品が欲しい人は早めに確保しましょう。たしかバルもあまり遅くまではあいてなかったので、早めに確保しなくちゃだめでしたよ。


■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING

■ホテルの滞在時期  -------- 2010年。滞在レポートはCarmenより。
コメント