お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
<< 高級エスパドリューのお店 Cristina Castañer | main | レストラン会計の注意点 勝手にチップを足されてしまう? >>
タコレストラン Pulpería A Gudiña
JUGEMテーマ:旅行


有名なタコ屋さん。
タコのことをプルポといいます。PULPO。響きが可愛い言葉ですよね。

タコ専門店?をPULPERIAと言います。

といってもタコだけではなく、魚介全般が食べられるバル・レストランです。
店内もスペイン北部の建物をイメージした内装です。入口は背の高いスツールタイプのバル。
隣の部屋や中2階みたいなところにはテーブルもあります。

昔は中年カップルや夫婦が多く、週末は本当に賑わっていました。
ここ数年は美味しいレストランが増えたせいか、時間帯によってはガランとしていることもあります。
私も何年も行ってません。魚介は他の店に食べに行っちゃいます。

でも古くから続いているので、味はそんなに落ちてないのでは?
しかしあまりガランが続くと味が落ちそうで心配です。

それに人が少ないと流行っていないバルという感じがしちゃうんですよね。
混んでいると美味しいレストランな気がしちゃう。

写真が出てきたので紹介します。

bcn 018.jpg
こういう器がガリシア地方っぽいですね。
店名のア・グディーニャもガリシアのある町の名前です。


bcn 020.jpg

bcn 021.jpg

bcn 022.jpg

bcn 023.jpg
肝心のタコの味は、普通です。

・・というか、私はバルセロナのどのレストランでも、ガリシア風タコはおいしいと思ったことがありません。
(ガリシア風じゃなく、別のタコ料理はバルセロナでも美味しいお店あります、、)

ところがガリシアでガリシア風タコを食べたら、「バルセロナのタコはなんだったのか??」と思うほど、美味しかったです!!

その経験から、バルセロナで特にガリシア風タコを食べて欲しいとは思いませんね、、。
ガイドブックに出ているので食べたがる人、多いですが、、。

しかしこのPulpería A Gudiñaのガリシア風タコは、下に敷いているジャガイモがとても美味しかったです。鮮明に覚えてるぐらいなので、よっぽどだったんでしょうね!

何度か行っててますが、すごくジャガイモにはまったのは一度だけです。あまりガリシア風タコを注文しないので他の時は食べなかったか、この時だけ美味しかったか、、ですね。

<レストラン名> Pulpería A Gudiña
<住所> Entença, 2

*ちなみにすぐ近くに、日本人がよく行く中華レストラン、鶴城飯店(だったかな?名前)があります。

2016.02.28 Sunday | バルセロナ(バル) | comments(0)

このホテルへの口コミ&情報

クチコミ&情報提供する