お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
<< サンティアゴ・デ・コンポステラお勧めホテル Hotel Monumento San Francisco | main | ウィーンお手頃ホテル Hotel Europa >>
2016年新規ミシュランの星がついたレストラン Disfrutar
JUGEMテーマ:グルメ


絶対にミシュランの星がつくから、星つく前に行った方が良いよ、という噂の高かったレストラン。在住者数人のお褒めの言葉が高かったので、去年秋に行ってみました。

外観はいまいち。
写真がないですが、高そうなお店には見えない。

以前あったお店を改築したのだと思うのですが、そのまま残って想像できます。暗くてダサくて、バルっぽいです。

IMG_0003.JPG




入ったところも同じ。親父バルを改装した感じでちょっと暗いです。写真はきれいに見えますが、いまいちです。

その後、通路があり、そこのガラス張りの向こうがキッチン。

奥は広い空間があり、そちらはすごく良かったです。光も入り、白が基調になってたでしょうか。

予約をした時カウンターしかあいてないと言われましたが、私達はテーブルにこだわるほどの気合はなかったので、カウンターでOKとしました。

しかし雲泥の差で奥の方が良いので、日本からわざわざ来る人は奥のテーブルを予約した方が良いでしょう。
中庭もあると言われたような。食後のコーヒーはそこでもいいですよと言われました。

カウンターは見た目が悪いので?、カウンターの人は奥も紹介してくれるんでしょうかね。


IMG_0001.JPG

IMG_0002.JPG
2015年前半に行った人は2コースだったそうですが、私達が行った、同年秋には3コースになっていました。

せっかくだから一番高いコースにしちゃいました。
ちなみにカウンターには、左に3人組、右に二人組が座っていましたが、全員違うコースでした。つまり3コースのそれぞれが見れました。


カウンタ―ではデザートなど作ってるところが見れます。お菓子作りに興味があればカウンターも楽しいです。

IMG_0004.JPG
まず1品目。
いきなりですが、前菜から、デザートみたいなものが出てきました。


IMG_0006.JPG
これは楽しかった!
中から卵みたいに、コロコロと生まれてくるんですよ。

IMG_0007.JPG

IMG_0009.JPG
中身はこんな感じ。


IMG_0010.JPG
季節によると思いますが、秋の趣きがいっぱいで、ビジュアル的にはとても楽しめました。

IMG_0012.JPG

IMG_0013.JPG

IMG_0014.JPG
ただのオリーブオイルとパンが、一番ほっとしたりして?

IMG_0015.JPG

IMG_0016.JPG

IMG_0017.JPG

IMG_0018.JPG

IMG_0019.JPG



IMG_0020.JPG



IMG_0021.JPG
これはいたく普通で、なくても良かった。

IMG_0022.JPG
中からシュウマイみたいなものが出てきてました。
IMG_0024.JPG

IMG_0025.JPG
味が食べなれたものだったせいか、ひさしぶりにしっかり・がっつりしたものなので、美味しく感じました!
下に書いているように、実はかなり飽きてきていたので。。

IMG_0026.JPG

IMG_0027.JPG

IMG_0028.JPG

IMG_0029.JPG

IMG_0030.JPG

IMG_0031.JPG
これが最後の肉。

IMG_0032.JPG
ここから先はすべてデザートだったかな?

IMG_0034.JPG

IMG_0033.JPG


IMG_0035.JPG

IMG_0036.JPG

IMG_0037.JPG

ヨーロッパのミシュランって、デザートがまだ長いですよね。

改めて見るとすごい品数!
それからビジュアルと季節感という意味では、今まで経験したレストランで一番です!
El Bulliも大きく抜きます!

しかし、、。
すごく勧めている人が複数いたので期待をしすぎてしまったか、、。
ミシュランのレストランの中で一番だと思う!という在住者もいたのですが、私の中ではそうでもありませんでした。


断っておくと、もともと私は、変わった食材を使ったお料理、創作料理、< 地元の伝統郷土料理 が好きな人間です。

そうはいっても、星付きレストラン、創作料理、変わった食材を使うレストランでも、美味しく食べてきました。


今回は、、、。
最初のスタートからデザートっぽいもの、口の中で溶ける系などが多かった。それが多すぎて、あまり食事を食べてる気がしなかったのかもしれません。

日本人ってふわふわ、パリパリ、さくさく、コリコリなどいろんな食感が好きじゃないですか。それがずーっと同じ感じ。セロハンみたいに溶ける系か、ふわふわしたムース系。

コースが長すぎたのかも?
飽きたんでしょうね。途中から、普通のものが食べたい、、と思い始め、、、。メインの肉か魚ぐらいがっつり食べたかったのですが、上記の肉の写真を見ても分かるように、肉もセロハンみたいなのがぺランと出てきました。



絶賛してて一番!って言っていた友達がいた、ということは?
その時と変わってしまったか、、、、。今回もかなり秋のビジュアルになっていたので、季節によって大きく変わることはありえます。

それと人それぞれ、求めるものや味の好みも違うので、感想が違うのでしょうね。

ビジュアルではダントツ一番なので、そういうものを楽しみたい方はぜひ行ってみてください!!

違う村の姉妹店もすごい評判が良いです!

<レストラン名> Disfrutar
<住所> Villarroel, 163
2016.04.06 Wednesday | バルセロナ(レストラン) | comments(0)

このホテルへの口コミ&情報

クチコミ&情報提供する