免税の手続きが受けれないケース

JUGEMテーマ:旅行



免税の手続き(Tax Free)ですが、去年ぐらいからスタンプを教えてもらえないケースが時々発生しています。
(正確には以前にもなかったわけではありません)


過去のケースでは、
・お店側のサインが入ってなかった
・お店が書くべき、金額が抜けていた。
・お客様の名前が違っていると判断された(在日韓国人の場合や、結婚してパスポートが新規だがクレジットカードの旧姓の名前をお店側が書いてしまった)
・寝坊したらしく、誰も出てこなかった
・EU入国のスタンプが確認できなかった


などなど。
といっても20年で、5回とかそんなもんですが。粘ったり、違う係員に再チャレンジしたりしてクリアし、結局本当にもらえなかったのは20年で2度です。(私自身のケース)

今は5人ほどのガイド仲間でLINEのようなものを使って情報を交換しているので、他の人の情報も回ってきます。

去年ですが、日本までは直行便がないので乗り継ぎになるのですが、乗り継ぎ時間が短いのに押してくれなかったケース。これは一時期混乱しましたが、今はおさまっています。(注・本当は最後のEU国での手続きです)

つい最近聞いたケースでは、免税の書類に書いてある商品番号と、お客様のレシートに書いてある商品番号が違っているので受けれない、とされたケース。しかも「無効」のスタンプを押されてしまったので、再度チャレンジなどもできません、、。


ただの意地悪じゃないかという話があったり。
他国民の人たちが不正しているから、厳しくなっているという話しもあります。


一応お知らせしてみました。


コメント