バルセロナの空港での、免税手続きが自動化!

JUGEMテーマ:旅行

 


検索してくる人が多いので、最新情報に書き換えてます。↓

・・・

2016年秋から免税手続きの一部が自動化されました。

Global Blueの書類のうち、書類の一番上に小さくDIVAと書いてある書類です。

 

その書類があれば、税関に並ぶ必要がなく、機械で手続きをして、おしまいです。
機械には日本語もあり。緑が出たら、手続きOK!です。

本当にできたのかなと不安でもありますが、緑が出た =税関にスタンプをもらったのと同じです。
そのあとの返金の手続きはいつもの通り。(ガイドがついている方はガイドに聞きましょう)

赤が出たら、手続きは自動的にはできてません。エラーが出た状態です。何か不備があるが、お店によるか。税関係員によると、金額が高い人はエラーの出る可能性が高いそうです。
その場合は、税関のスタッフに直接スタンプをもらいにいかねばなりません。


・・・

機械で自動でできる人は、品物を見せる必要はありません。

しかし、上記のようにエラーが出れば、税関の係員へ並ばなくてはいけません。その際に品物を見せろといわれる可能性はあるので、やはり今まで通り、品物は手荷物でもっていきましょう。

品物を要求される回数は少ないですが、免税手続きのカウンターには、「荷物は見せるように!」との張り紙が大きくしてあります。手荷物は義務というのが原則です。もってない時に見せろといわれてもってないと、スタンプは押してくれません。

・・
機械手続きができるなんてと喜んでいましたが(ガイドもお客様の免税のために1時間並ぶハメになることもあるので、、。涙)、実際には、自動にできるDIVAの書類はかなり少なく、ほとんどのお客様は今まで通りの書類をお持ちです。(2017年春の記事)

時代も変わり、今はほとんどの会社が逆にDIVAの書類を持つようになりました。お客様もほとんどみなさんDIVAの書類をお持ちです。

 

今度は税関の係員が列がほとんどないのに、機械の前に並ぶ人の方が長蛇の列、、。機械でも40分並ぶことがあります。

やっぱりお金をもらうのは楽ではありませんね。

 

 

 

 

 

コメント