お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
<< モンセラのCremallera(登山電話) 12月25、26日午後ストライキ情報 | main | クリスマスのカサバトリョ 2016年は雪化粧 >>
モンセラ修道院周辺の、いろんなレストラン、カフェを、ご紹介。

JUGEMテーマ:旅行


半日観光がふつうなので、ガイドブックの情報も少なく、レストラン情報を知らない人が多いのもモンセラです。

たまーに、モンセラで食事をするツアーがあるのですが、ツアーを手配するマドリッドの旅行会社さえ「モンセラ修道院管轄内にレストランが何か所もある」のを知りません。

モンセラのレストランで食事、といわれると、どこのレストランか旅行会社でもわからず、当日たらいまわしになることさえ、あるんです。


どんなところがあるかというと?

一番目立つところにある、セルフサービスのカフェレストラン。

たぶん日本人はここで食べる人が一番多いですが、ここが食べ物は一番いまいちです。それに安くないです。(モンセラは全体に安くなく、観光地値段です。水さえ高いです)

PC040447.JPG
Botifarra ブティファラというソーセージと、Mongetes 白インゲン豆。

セルフサービスといっても、暖かい料理類はお店の人に伝えて、盛り付けてもらいます。
サラダ類、サンドイッチ(フランスパンのBocadillo)、デザート、飲み物などは自分で取りましょう。
置いてある中から、勝手に取り、取った分だけレジで払い、テーブルへ行きます。


写真のブティファラは、外国人にはポテトフライが添えて出てくることもありますが、ブティファラと白インゲン豆の煮込み添えは、典型的なカタルーニャ郷土料理です。どうせ食べるなら白インゲン豆と食べましょう。ポテトフライはいつでも食べれます。

お料理はぬるいこともあります。中二階にもテーブルがあり、そこにはレンジあって、勝手に温められます。


・食材屋さんQueviuresの隣にある、バル。
閑散期はしまっていますが、地元の人がよく朝ごはん食べるバルです。Bocadillo(フランスパンのサンドイッチ)になります。ソーセージやベーコンなど、その場で焼いてくれます。一番安くあげたければ、ここです。


・バス用駐車場近くのビュッフェレストラン。
悪くありません。地元の人はこっちで食べる人が一番多いです。
レポートはこちらをどうぞ。


上記ビュッフェレストランの近くのア・ラ・カルト用レストラン
部屋が何か所かありますが、全部あいているとは限りません。小さな部屋にいくつか分かれていて、団体ツアーの場合、どこで食べるのかわからず、たらい回しになることもあります(笑)。
ランチメニューは25ユーロぐらいのランチメニューがあります。わりと美味しいです。


・ホテル Abat Cisnero内のレストラン
PC040375.JPG
一番、美味しいです。ア・ラ・カルトだと高いです。

PC040374.JPG
週末でしたが、ランチに35ユーロの秋のガストロノミック・メニューというのがありました。
メインとデザートは1皿選び、前菜はここに書いてあるのが全部ちょっとずつ出てきます。
飲み物もついてます。

ウェイターさんもきちんとしています。

ちなみにレストランも2空間あり、1箇所はそうでもなく、もう1箇所は雰囲気も素敵♪です。
味はどちらもおいしくて同じです。お金を出して、美味しいものを食べたい人にはお勧めです。

ア・ラ・カルトの値段ほどの価値があるかというと疑問ですが、35ユーロのランチメニューはグルメな人も好評です。
2016.12.22 Thursday | ■レストラン(カタルーニャ) | comments(0)

このホテルへの口コミ&情報

クチコミ&情報提供する