Merry Christmas! バルセロナのショップのクリスマスウィンドー

JUGEMテーマ:海外生活


スペインのクリスマス飾りやイルミネーションは、パリや東京に比べると、さほどでもありません。しかし、ショップ(特にスイーツショップ)のウインドーは可愛いです。

特にバルセロナのお菓子屋さんは昔から、イースターの時期などにスイーツの彫刻?なるものを競って飾る習慣がありました。何十年の伝統でチョコ彫刻を続けているお店もあるので、クリスマスの時期も飾りが楽しめます。

2016年のクリスマスの雰囲気をどうぞ。



●ガイドブックにも紹介される、乾物屋さん Casa Gisper
2016-12-23 18.28.50.jpg

2016-12-23 18.29.15.jpg

●今年は東京にもお店を出した、Bubo
PC160626.JPG


●Pastisseria Hofmann ホフマンのスイーツショップ
2016-12-23 18.31.16.jpg
お菓子の家。全部チョコやお菓子でできています。




2016-12-23 18.36.39.jpg
こちらはおまけ。


●Escriba
blog22 - コピー.jpg

blog25 - コピー.jpg


blog23 - コピー.jpg
スイーツでできたサンタさんはベッドでお休み中。


・・・

ついでにウンチネタのチョコレートもどうぞ。

なぜウンチネタかというと、クリスマスの時期カタルーニャ地方ではCaganer(うんち人形)が登場するからです。

PC130528.JPG

PC130529.JPG


● レストランOpera Samfainaのショップ。もしかしたら通年置いているかも? 10月初旬に見ました。

PA050047.JPG

PA050046.JPG

他のショップではクリスマスの季節だけウンチチョコが登場します。

・・・


その他のBarcelonaのクリスマス飾りもどうぞ!

●サンジャウメ広場。市庁舎とカタルーニャ州地政府舎の前の広場。

PC160631.JPG

PC160644.JPG
昔はクラシックなベレン人形(イエスご生誕の場面)だったのに、ここ数年モダンな飾りで人々を驚かせます。以前は論議になってましたが、最近バルセロナの老人たちも慣れっこに。ここはモダンなのねって感じです。

PC160632.JPG

PC160638.JPG


PC160636.JPG

PC160642.JPG

PC160641.JPG

PC160643.JPG

PC160640.JPG
ここにもうんち人形ネタ。



●カテドラル前のクリスマス市。
PC130518.JPG
クリスマス市は12月23日に終了しました。
・・が、これらが各家庭で飾られるのは1月6日まで、です。

PC130516.JPG
もみの木などは本物を使う人もいます。終わると、「もみの木回収場所」が街角に立ちます。

PC130519.JPG
Muerdago ヤドリギ。ヒイラギとともにクリスマスの定番の植物です。

PC130521.JPG
Belenとはイエス生誕の場面を箱庭型につくったもの。
凝ってる人は、まず、馬小屋を買って、、。

PC130531.JPG

最初はイエス、マリア、ヨセフぐらい。
毎年ちょっとずつ買い足して、牛や、東方三博士など、登場人物がだんだん増えていきます。

PC130520.JPG
苔も本物を準備。
PC130530.JPG
凝ってるのは水車が動いたりします。


PC130523.JPG

PC130524.JPG
この箱庭になぜかカタルーニャで登場するのが、うんちをしている人形。


PC130525.JPG
有名人はみんなうんち人形。



PC130527.JPG
お相撲さんのうんち人形もあり。
PC130517.JPG
カタルーニャ独自のものは、この丸太ちゃんもあり。
コメント