お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
<< 子供の遊びコーナーがあるホテル | main | 詰め込みすぎ観光のいろんな例(バルセロナ) >>
ハビエルじゃなくてもプロポーズがしたくなる?バルセロナの高級ロマンチック・レストラン Torre de Alta Mar

JUGEMテーマ:グルメ



最近のカルメンのお勧め高級レストランです。

芸能人ご用達レストラン。
映画俳優のハビエル・バンデムがペネロペ・クルスにプロポーズしたレストラン、と言われています。

カルメンは、お勧めレストランに日本人ばかりが押し寄せるのが嫌で、このブログでは本当のお勧めは一切紹介していません。(ごめんなさい。実際にアテンドしたお客様にはお勧めを紹介しています)

しかし、このお店は高いので、そんなに人が来ないと思うので安心して(?)、逆に宣伝してみます。
カルメンもお客様にお勧めしてあげたいのだけど、やはりこの値段でもOKというお客様は少ないので、ほとんど勧める機会もないのです。

値段を問わないお客様は年に数回程度です。

このレストランは場所がどこにあるか?ということ、ビーチの端、バルセロネータのロープウェイ駅のところにあります。え?あんなところにレストランがあるの?と思われますが、ロープウェイ駅の窓口の隣に、レストランの受付があります。上るエレベーターは別です。(注・どっちかのエレベーターが故障した時は同じエレベーターを使います)


PC150560.JPG
エレベーターからの眺め。

・・・
PC150613.JPG
ちゃんとしたレストランになっています。

PC150607.JPG

PC150566.JPG

PC150563.JPG

PC150614.JPG

モンジュイックの丘も、サグラダファミリアなどの街並みも、ビーチも見えます。
この日は天気が悪かったのですが、それでも十分。快晴の日は素晴らしいでしょうね。

PC150565.JPG

PC150568.JPG

PC150567.JPG

PC150569.JPG


余談ですが、スペインは暗いレストランが多く、メニューの字が小さいです。
読めない、、と思うことがあるのですが、このレストランは、老眼用のメガネが数種類用意されていて、頼めば借りることができます。

高級レストランじゃなくても、持ってるレストランがあるようです。
見えない人は念のため、聞いてみるとよいかもしれませんね。

・・・
創作料理のレストランだと思っていました。ミシュランなどのレストランのように。
そして郷土料理は食べれないと。

でもこの日のスペイン人たちのチョイスは、まさに、ザ・スペイン料理!
そしてちゃんと皆さんが望むスペイン料理もあるし、それを食べればとても美味しいことも発見しました。

PC150575.JPG
パンコントマテと生ハム。

PC150574.JPGシンプルな、そして一番のスペインのおごちそうです。

PC150576.JPG
日本人は生ハムだけで食べがちですが、地元の人はパンと食べます。塩見も加減されて、美味しいのですよ。
食べたことない方はぜひ、と一緒に食べてみてください。
お店によっては生ハムを頼むと、自動的にパン・コン・トマテがつくこともあります。

PC150571.JPG
これはお通しだったかな?

PC150579.JPG
エビの鉄板焼き。美味すぎます、、。
日本人がスペイン滞在中に食べたがるお料理の1つ。


PC150582.JPG

PC150581.JPG

PC150577.JPG
フォアグラ。

PC150578.JPG
幸せ。

PC150589.JPG
魚、だったかな。

PC150585.JPG
お肉。


PC150588.JPG


PC150584.JPG
お米料理もあります。日本とお米の炊き方は違います。


PC150590.JPG
デザートにチーズの盛り合わせも。
(ここから下、写真が青いのは、設定を間違えたからです)

デザートのオンパレード。
スペイン人たちと食事をすると、甘いデザートは必須です。
日本人みたいに「いらない」「二人で半分する?」などにはならず、みなさん一皿食べます。

PC150593.JPG

PC150587.JPG


PC150588.JPG


PC150592.JPG

PC150591.JPG

ところで日本人はだいたい「ちょっとさっぱりしてる」ぐらいのデザートを頼まないと甘そうなデザートは日本人にとって最悪です。

ところが。この店は「さっぱり系かな?」と思うデザートを、スペイン人たちに「劇甘」と止められました。
スペイン人たちは甘すぎるぐらい甘いのが好きなのに、そんなスペイン人から「劇甘」と言われるデザートって、、。
甘いもの苦手な人は注意しましょう。

PC150615.JPG
コーヒーにプチフールがつきます。甘いもの苦手な方はこれぐらいで良いかも。

PC150601.JPG
遅いランチから長居していたら、夕方から夜になっていきました。

PC150598.JPG
日の入りや夕焼け時もきれいです。
PC150596.JPG


PC150605.JPG

PC150612.JPG

PC150611.JPG

PC150610.JPG

PC150609.JPG

PC150616.JPG

このお店では予算は1万円は見ないといけません。
1皿が20−30ユーロぐらいします。その代わり最高級の素材を使っているとは思いますが、、。

このお店はできてすぐの頃から大変評判になりました。
眺めが最高ですからね。
5つ星ホテルのコンシェルジェがお客様に勧めるトップ3のレストランにあがっていた、と思います。

また芸能人・有名人御用達と言われていました。
それほど人数も入らないので、他の人と一緒になる機会もそうないかもしれません。

上で紹介したペネロペ以外も、ここに来たことのある有名人と言えば、、、。
・建築家のノーマン・フォスター、
・映画監督のフランシスコ・コップラ、
・デザイナーのジャン・ポール・ゴルチエ
・スペインの映画俳優エドゥアルド・ノリエガ
・ハリウッドの女優達 ジュディ・フォスター
・画家のミゲル・バルセロ
・現在のスペイン国王夫妻(まだ皇太子夫妻だった頃)
(↑ネットで紹介されていたのをリストアップしました)


ただし、さほどお料理の評判は耳に入ってきませんでした。

お仕事でレストランまでお客様をお連れして眺めの良さをチラ見したことはあっても、自分が食べたことはなかったため、眺めだけで、味はさほどではないと勝手にイメージしてました。

また、日本人で1万円が払えるお客様はミシュランの星を求めます。

お料理も創作料理だとずっと思っていました。
日本人は典型的なスペイン料理を食べたがるので、創作料理はあまり求めません。
創作料理が食べたい人はミシュランの星付きレストランに行きます。

星もついていなくて、スペインの郷土料理がなくて、値段の高いレストランに、行きたい人はそうそういません。
(このレストランは星には興味ないと言ってました。星を取っちゃうとそれに評判が左右されちゃうので賢いかもしれませんね)

場所もバルセロネータ。日本人はビーチに行かないのでわざわざ行くには遠い場所です。
中心部にあるレストランで、、とお客様に言われることも多く、わざわざ勧めるレストランではなかったんですよね。

しかし今回食べてみて、普通に生ハムもパンコントマテもエビの鉄板焼もあるという発見が、一番ポイントが高かったです。スペインの典型的なお料理が食べれる高級店は逆に数が少ないですから。

日本でも高級和食店にいくと、懐石料理が増えるように、
スペインでも高級店になると、気取ったお料理が増えます。
フランス風お料理と化したり、最近ミシュランのレストランのコース料理では必ずといっていいほど和食の素材が入ります。

もちろんこのお店にもシェフの工夫を凝らした創作料理はありますが、同時にスペイン人のおじさんたちがふつうに食べたがるものが置いてあるところがよろしい、です。

それに、なんといっても眺めが最高。
眺めだけではダメなんですが、味も良しとなると、この眺めは他の高級レストランにない売りだと思いました。

お金を出せる方はぜひ行ってみてください。
結婚記念日にミシュランの星付きレストランを予約してほしいといわれることがあるのですが、記念日のロマンチックな日にはお勧めのレストランです。


<レストラン名> TOrre de Alta Mar
<住所> Passeig de Joan de Borbó, 88
ロープウェイ駅の切符売り場の隣に、スタッフがたっています。

世界のお得ガイドの割引店に含まれています。三井住友銀行系統のクレジットカードを使えば5−8%の割引があります。値段が高いので割引も大きいかも?

そうそう!ここはお得なランチメニューもあるのですよ。お勧めです!
こんなランチメニューがあるとは知りませんでした。
まだ試してみてはいないですが、35ユーロぐらいだったかな?
お値段的にお勧めです!
2017.04.03 Monday | バルセロナ(レストラン) | comments(0)

このホテルへの口コミ&情報

クチコミ&情報提供する