お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
<< 「てるみくらぶ」 海外旅行予約でトラブルか | main | 地下鉄駅で充電 (バルセロナでスマフォの充電ができるところ) >>
てるみくらぶ破産決定です

JUGEMテーマ:旅行




たくさんのニュースになっていますが、1つだけ抜粋して紹介します。
下にカルメンのコメントもあります。


・・
てるみくらぶ、破産手続き開始決定 負債151億円




 旅行会社の「てるみくらぶ」(東京)主催のツアーであった航空券の発券トラブルを巡り、同社は27日、東京地裁に自己破産を申請し破産手続き開始の決定を受けたと発表した。負債額は約151億円。

代金を支払い済みの顧客は8万〜9万人で、旅行が中止に追い込まれる可能性がある。

 同社は日本旅行業協会(同)と返金手続きを協議するが、大半が返還されない見通しという。

 同社の山田千賀子社長によると、一昨年春から新聞などへの広告費がかさみ経営が悪化。各国の航空会社などで構成される国際航空運送協会への航空券購入代金の支払いが期日の3月23日にできなかったという。

 既に旅行代金を支払った顧客数は8万〜9万人とみられ、旅行代金の債務は約99億円。同社の代理人弁護士は「ホテルや交通機関などへの債務を支払えず、サービスを提供できない可能性が極めて高いので渡航を控えてほしい」と呼びかけた。

 海外渡航中の顧客数は23日時点でハワイや韓国を中心に約3千人に上る。現地の手配業者を通じて、自己負担でホテルなどに再度代金を支払えば予約が成立し、利用できることを連絡するという。

 東京都内で記者会見した山田社長は「お客様、債権者の皆様に迷惑をかけ本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。破綻直前まで新聞に旅行広告を出したのは資金集めのためではないかと指摘されると、山田社長は「このような結果を招くことは全く考えていなかった」と否定した。

 てるみくらぶを巡っては24日以降、同社から予約客に対し「発券済みの航空券は利用いただけるか確認できておりません」などと記載されたメールが届き、観光庁に相談が寄せられていた。同庁は26日に旅行業法に基づき、同社に立ち入り検査を実施。海外渡航客の一覧表の提供を受けるほか、経営状況や航空券の販売方法に問題がなかったか調べている。

 てるみくらぶは「格安」をうたってインターネットによる予約を中心に海外ツアーを展開。東京商工リサーチによると、1998年に設立。2016年9月期の売上高は約195億円だった。
(日本経済新聞より)

・・・

てるみくらぶの話を添乗員さんたちから私が聞かされるようになったのはこの半年ぐらいです。
ここ1年ぐらいの新しい会社なのかと思っていましたが、98年に設立なんですね。

大々的な新聞広告の話は聞いていましたが、戦略を変えたのが最近なんでしょうか?
それとも激安値段になってきたのが最近?

2016年はてるみくらぶの「一人勝ち」と噂されてたほど、料金面でも集客面でも、業界を突然かき回していました。

もともと旅行会社の安いツアーは「儲けがほとんどない」とされます。
薄利多売なので、人数が集まってようやく、、なんです。
オプションのツアーを買ってもらったり、契約店のお土産屋さんで買い物をしてもらうのも、微々たる利益に含まれていました。

それをさらに上回る大幅に激安な、てるみくらぶ。
どんなテクニックがあったとしても絶対に無理という料金設定でした。
どう考えても赤字しかありえないツアーなので、いつか突然潰れるんじゃないかと噂されていました。

激安地中海クルーズ船の話を聞きましたが、ネットで今検索してみると、6万9000円でツアーで行った人の話も出ていますね。クルーズ代はいくらで?、日本からの飛行機代はいくら? どう考えてもおかしいと、皆さんも思いませんか?

徹底して南回りの格安航空会社を使っていましたが、最近になってその会社と料金の折り合いがつかなくなったらしいと言っていた添乗員さんがいました。「100円で仕入れていたらしいよ」と。

いくらなんでも100円で航空券を売るとは思えないので、それはにわかには信じられなかったし、100円で売ってたら航空会社が潰れます。しかし100円で航空券を買ってるとしか思えないような値段設定だったんでしょうか?

また料金で折り合いがつかなくなってきたという話はこうなってみると合ってたのかもしれませんね。噂を聞いて、すぐにこの倒産のニュースでした。

もしかすると最初の1年は激安で航空券を売ってくれていた航空会社も、それそろ普通の値段で売りたい、、いつまでも続けられない、、となったのかもしれません。


ところで、旅行者のみなさん。
それそろ、旅行には質を求めませんか?

値段競争や価格破壊って、質を求めない旅行者にとっては美味しい話ですが、
業界にとってはよくありません。

旅行業界の質がどんどん悪くなっていきます。
今回はてるみくらぶが最初に倒産しましたが、このまま、てるみくらぶが一人勝ちだと、他の旅行会社が潰れていくと噂されていました。

値段を下げるには限界がありますが、ツアーの質がどんどん悪くなります。
内容を悪くするしかないんです。

観光、ガイドさん、バスなどはあまり変わりませんが、一番大きく差が出るのはホテルと食べ物。
ホテルは「寝れればよい」「そこまで高くなくてもよい」という人もいます。
でも食べ物は・・・。

もうちょっと美味しいものを食べてほしいなあ、と思ってしまうこともあります。
しかし、今の格安ツアー主流の時代には、それなりのお料理しか提供できないのは、当然だし、仕方ないですね。

てるみくらぶに対抗するため、という名目で、添乗員さんたちの4月からの料金が大幅値下げされた話も聞きました。
「士気が下がる」「添乗員をやめることを考える」とそんな話も耳にしました。それほどの値下げだったようです。

今回てるみくらぶは破産申請しましたが、一度下がった料金は上がりません。
ツアー料金もさることながら、添乗員のお給料もです。

てるみくらぶ倒産を切っ掛けに、旅行者の意識が変わってくれればよいのですが、、。

(上記のてるみくらぶに関する話は、知り合いの添乗員さんたちのコメントです。本当の話かどうかは私にはわかりません。こんな噂が出ていた、程度にお読みください)



2017.03.27 Monday | ■業界ニュースお得情報 | comments(0)

このホテルへの口コミ&情報

クチコミ&情報提供する