バルセロナの乗り物運休&ストライキ情報&デモ行進情報

JUGEMテーマ:旅行


スペインはお祭りやデモ行進で、通行止めが多いです。ストライキもよくやります。
デモ行進はみんなで平和に歩くだけです。しかし通行止めになるので、移動日には巻き込まれないようにチェック。ストライキは移動日にあたってしまうと、要注意です。


2018年

しばらくサボってましたが、情報発信、再開します。

デモ行進は多すぎて(1日に2−3か所)、特別に大きいものしかお知らせしません。

 

 


【11・12月のストライキや交通運休情報】

 

 

 

地下鉄4号線のJaumeI駅、片方のホームしかオープンしてません。

片方(山方面行き)のホームにはストップしないので、そのまま次の駅まで行き、乗り換えて戻ってくるように駅員が勧めています

 

駅の出口はまだまだ工事中ですが、Jaume I駅 ちゃんとストップするようになりました。

電車の乗り降りはどちらの方向行きも平常に戻りました。

 

このJaume I駅工事はいろいろ部分的にやるようですが、2019年夏まで続くそう。

いつもながら、スペインの工事は長すぎます。。。

 

その 他、ざっと数駅で駅の出入り口の工事をやっています。

 

 

・・・・

モンジュイックの丘のケーブルカーFunicular 11月5日より6か月運休です。

例年冬の時期運休しますが、今年は長いですね。

地下鉄パラレル駅から代替バスが運行します。

 

 


【10月のストライキや交通運休情報】

 

10月31日 Renfe(国鉄)がストライキ!

AVE(新幹線)も 地方路線もストライキで、すでに300近い電車がキャンセルされました。

最低運行だけ行うようです。

 

 

・・・

 

【7月のストライキや交通運休情報】

 

7月27日夜、タクシーが「永久」停止を発表しました!

ストライキが続く模様です。稼ぎ時なのでさすがに永久に全タクシーがストライキに参加するとは限りませんが、仕事すると、同業者から本気の嫌がらせでトラブルになるので、しばらく混乱が続くでしょう。

 

・7月26、27日 タクシーがストライキ

→ 嫌がらせを受け、Uber, Cabityはサービスをこの期間停止しました。交通機関を使うか、プライベートカーを雇うなどの対策を取りましょう。

 

・夏のバカンスシーズンに向けて、空港でのストライキがいくつも予定しています。

*7月20日、24日 ライアンエアーのパイロットストライキ

*7月25日、26日 ライエンエアーのキャビンアテンダントのストライキ

*7月27日、28日 イベリア航空の地上係員のストライキ →回避が発表されました

*7月29日 Aena 空港の地上係員のストライキ

*8月3、4日 イベリア航空の地上係員のストライキ →回避が発表されました

 

 

夏は地下鉄工事で一部運休が多いです。

*7月30日ー9月2日 地下鉄2号線のパラレル駅からUniversitat駅まで運休。代替バスが出ます。パラレル駅からは緑の3号線も利用できます。

その他、日本人旅行者は使いませんが、9・10号線のLa Sagrera駅からBon Pastor駅も運休です。

【3月のストライキや通行止め情報】
・3月11日 マラソン大会の通行止め。
8時半〜14時半。スペイン広場からスタート。ほぼ町中を網羅しています。

マラソンコースの地図はこちら。



・3月11日 17時からカタルーニャ独立問題関係のデモ行進を予定しています。海側です。
港ーコロンブスの塔ーバルセロナネタ近くの海岸沿いーシウダデラ公園の入り口まで。

・3月8日 国際女性デーの、デモ行進
18時半から。グラシア通り

・3月8日 Renfe(国鉄)のストライキ


・3月4日 Tabarnina(独立反対派)のデモ行進

《2017年の情報も参考程度にどうぞ》

 

多すぎて、アップできてません。
過去の例は、ストライキと、毎年同じ時期のデモ行進や交通運休だけ残しました。
時期を参考にして、避けれるものは避けましょう。


2017年
【12月のストライキ情報】

12月21−23日、イベリア航空がバルセロナの空港でのストライキ
時間は一部のみで、6−10時、12−19時、20−24時の15時間。


【11月のストライキや通行止め情報】

11月2日-2018年3月16日 モンセラのサンジョアンのケーブルカーが運休
毎年閑散期に閉めます。2017年は長かったです!

11月29-30日 スペイン全土でタクシーのストライキ
11月29日朝6時から30日朝6時まで、スペイン全土のタクシーが一斉ストライキ。

・11月15日ー12月5日 モンジュイックの丘のケーブルカーが運休

例年1−3月頃に運休しますが、今年は時期が違いました。

運休中は代替バスが出ます。
DSC_0012.JPG
地下鉄のパラレル駅に到着すると、こういう看板があります。
これに沿って、地下鉄の外へ。

地上に出たところで振り向くと?
DSC_0013.JPG
こういうバスがあります。
あくまでもケーブルカーの代替バスなので、ケーブルカーの駅と駅のあいだをつなぐだけです。
途中はストップしません。

地下鉄が一部運休の時期も、このようにその区間だけバスが出ます。


11月8日 カタルーニャでゼネスト
みんな、もう、やりたくないと言っていたゼネスト。
大きな労働組合も参加せず、前日夕方になるまで実行するか正式にも決まりませんでした。

結果、参加した人は少なかったのですが、道路、新幹線駅などを少人数でブロック。仕事に行くなというわけです。
私は朝6時45分に空港へ行く団体バスと一緒でしたが、道路が閉鎖され、本当に空港へ到着できず、飛行機に乗り遅れるかと思いました。

道路が5-7時間ブロックになった話、国鉄駅が占領された話も聞きました。
あまり参加のないゼネストでも、妨害されたら動けません。ゼネストは可能性が発表された時点で、可能なら、変更した方が良いです。もしくはデモがスタートする夜明け前に移動するのも手です。


【10月のストライキ情報】

10月10日〜16日 カタルーニャでストライキ?

再びストライキの情報が出ています。前回は3日以外のストライキは中止になりましたが、動きに注意しておきましょう。新聞記事


独立に関する動きは次の通りです。
・10月7日に対話を求める人達のデモ行進を予定しています(リンク
・10月8日にスペインの団結、もしくは落ち着きを取り戻そうというデモ行進を予定しています。(リンク
・10月9日にカタルーニャ独立宣言をする動きがあります。カタルーニャ議会の招集はスペイン憲法裁から差し止め命令が出ました。
・10月9日カタルーニャ独立宣言ができなければ、デモ行進が呼びかけられています。リンク


●10月3日ゼネストの様子●
観光客のために、次回の参考になるよう動きと結果をお知らせします。
私が耳にした情報ですが、裏付けの確認はしてません。


・タクシーはストライキをしました。しかし数は少ないが少し走っていたと聞いています。
(お客様はタクシーを見つけられず、長い距離を歩いた人がほとんどと聞いています)
・地下鉄、国鉄、州営鉄道などは朝と夕方の通勤時間は25%運行。あとは運休でした。
・観光地はサグラダファミリア、ラ・ペドレラ(カサミラ)、バルサ博物館やカンプノウ・ツアー、カタルーニャ美術館、ダリ美術館、などは閉鎖。(私が耳にしたケース) 
・モンセラ修道院は通常通り。しかしAeri(ループウェイ)もCremallera(登山電車)も運休のため、公共交通手段を利用しての個人客はモンセラへ行けず。
・バルセロナのレストランは比較的オープン。
・お店はクローズ。年中無休のBuboなども閉まりました。
・ジローナなど田舎に行った人は全部クローズ。(内陸の田舎の方が独立主義が多いので、田舎の方が巻き込まれないと思っていると大間違いです)


・10月3日 カタルーニャ地方全体でゼネスト
サグラダファミリアなどの観光地、年中無休のお店などもすべて閉まると言っています。
タクシーも同様。
地下鉄、バス、国鉄、州営鉄道などは、朝夕のラッシュアワーの時に少しサービスを予定し、あとは完全に閉まります。地下鉄とバスの情報は公式サイトよりどうぞ

ゼネストがあると、レストランもショップも全部閉まります。
買い物や観光地がある方は2日中に済ませておきましょう

*Renfeもバルセロナなどカタルーニャを含む行先の、Ave(新幹線)や長距離列車、中距離列車のキャンセルを発表しました。(新聞記事より

*サッカーチームのバルサとエスパニョールも3日は閉めると発表しました。


10月4日ー13日 さらに公共交通手段がストライキ
【NEW】地下鉄やバス、カタルーニャ州営鉄道、空港ターミナルのサービス部門や荷物ハンドリング部門なども1週間サービスを減らすと発表されてましたが、回避されました。


・10月6日 空港の荷物検査サービスのストライキ、再び
もうおさまったのかと思っていたら、まだ続いています。
1(新聞記事より

・・・・・・・・・・

もともとスペインは(イタリアやフランスも)ストライキが多い国ですが、今年は空港のストライキが(労働者にとって)強烈だったせいか、特に多いです。


【9月のストライキ情報】

・バルセロナの空港、セキュリティーコントロールのストライキ、再び
9月8日から毎週金曜日、10時半から11時半と、18時半から19時半に、1日2時間のストップを予定しています。
この時間にチェックインが重なる人は早めに空港へ行きましょう。

・バルセロナの空港のAENAは、9月25日以降、12月にかけて、25日間のストライキを発表しました。新聞記事(スペイン語)

今度はAenaなので安全検査場ではありません。
駐車場、インフォメーション、荷物、お店、などが影響しそうです。
発表されているのは次の日付けで、24時間です。
9月15, 17, 22, 24、29日。
10月 1, 6, 11, 15, 27, 30、31日
11月 3 、 5日。
12月 1, 4, 5, 7, 8, 10, 26, 27, 28, 29、30日。

旅行の日付が変更できる方は上記を避けた方が良いです。
スペインでは長期化します。

・・バルセロナの一部の博物館・美術館がストライキです。
9月7日、再び一部の博物館、美術館がストライキします。
日本人がいくところはミロ美術館、タピエス美術館などが含まれます。

・・・・

スペインでは観光シーズン真っ最中に、ストライキが行われます。大打撃。
真夏、クリスマス休暇、イースター休暇など。
(休暇の時期をずらせる人は、この時期避けた方がマシです)

この夏も多いです。

【8月のストライキ情報】
バルセロナの一部の博物館・美術館がストライキです。
新聞情報によると、ミロ美術館(特別展)、タピエス美術館、ペドラルベス修道院、デザイン博物館(一部のみ)
Macbaは1週間閉まったあと、今日は無料オープンしました(ストライキがおさまるまで無料公開すると言っています。数日前までは無料オープンも不可能だったらしいです)

CCCBと音楽博物館はオープン。
ミロ美術館も常備展の部分はオープンです。
デザイン博物館はデビッドボーイ展のところはオープン。常備展はしまっています。

・・

・バルセロナの空港で、安全検査の荷物セキュリティーが8月14日頃から、24時間の、期限なしストライキ

カルメンが見たり聞いたりした、空港での混み具合情報を、別記事で、時々アップします

・・・

・バルセロナの空港のセキュリティーコントロールのストライキが、8月4日から毎週金・日・月曜日に行われます。

時間帯は、5時30分ー6時30分、10時30分ー11時30分、16時30分―17時30分、18時30分ー19時30分の、4時間。
この時間帯は「完全にストップさせ」、混雑を起こさせる目的だそうです。(新聞記事 El Nacional


すでに7月現在、空港の荷物検査で大混雑が起きています。


・・・・・


【7月のストライキ情報】
・7月28日 Renfe(国鉄)のストライキが行われます。

・7月27日木曜日、タクシーのストライキが行われます。
空港などの混雑する場所でデモ行進や、ブーイングなどがある場合があるため、注意しましょう。

・地下鉄の、毎週月曜日のストライキ(間引き運転でした)は、合意に達し、終了しました。
2-3か月前からずーっと続いていました。

 

コメント

情報ありがとうございます!
11月スペインに行くので参考になります。
また来ます。

  • ay
  • 2017/10/09 17:57