混雑時期に、サグラダファミリアの予約ができない場合、完売の時の裏技

JUGEMテーマ:旅行

 

事前予約制が進んでいるサグラダファミリア。

予約をした方が安いし、現在は予約する方がほとんどです。

 

長蛇の列だったのは過去の話。混雑期ほど列がガラガラ。

 

ある日の入場口。

オープン前ですが、「今日のチケットで取れるのは19時と19時15分のみ」です。

グレーになっているのは売り切れ。

今日の入場券が完売すれば、窓口は閉まります。

 

夏場は入場ゲートの方が、入場券を持った人(=購入済みの人)で行列です。

入場口は行列です。夏場の光景ですね。

 

ところで完売日に、うっかりしていてどうしてもチケットが必要になった場合。

サグラダファミリアでは旅行会社や公認ガイド用の当日券販売があります。(一般の個人客は買えません)

 

サグラダファミリアはグループ枠と個人枠を分けています。団体入場を制限していて、グループ枠は販売と同時にほぼ完売します。

個人ではたっぷり余っていて購入できるのに、旅行会社へ販売してくれず。ですから、普段は個人の方が予約がしやすいです。

 

ところがそのグループ枠は人数や予定の変更があるんでしょう。前日や当日に少し空きが生まれます。

私もグループ枠のチケット残高が見れる人間なのですが、2018年夏の連日売り切れ日でも、当日や前日、グループ枠は少人数のあきが毎日出ていますね。

 

またそれ以外に、グループ枠の当日券が存在します。

これも15分ごとに何人までと決められているのですが、公認ガイドであれば誰もが平等にその日の朝いちばんにいけば買える可能性のあるチケットです。急なVIPや予約をしていないお客様がいた場合に大変便利。

 

つまり個人用の入場チケットが完売してしまった場合の最後の手段は、グループ枠の直前券や当日券なんです。

 

ですので、サグラダファミリアのチケットが売り切れていてショックという方。

現地の旅行会社へチケット手配を頼んだり、現地の定期観光ツアーに申し込んでみるのも良いでしょう。

 

売り切れて絶望している外国人に、サグラダファミリアのスタッフが「公認ガイドをネットで探せ」とアドバイスしてるのをみたこともありますが、直前チケットは旅行会社以外にも、私たち公認ガイドの立場でも買うことができます。ただしグループ枠からの入場なのでチケットだけ買ってもらうわけにはいかず。あくまでも公認ガイドを雇い、公認ガイドと入場すれば、個人客でも団体枠から入れます。必殺裏技情報でした。

 

 

コメント