混雑時期に、サグラダファミリアの予約ができない場合、売り切れ時の裏技 丙膿掘

JUGEMテーマ:旅行

 

事前予約制が進んでいるサグラダファミリア。

予約をした方が安いし、現在は予約する方がほとんどです。

 

長蛇の列だったのは過去の話。混雑期ほど列がガラガラ。

 

ある日の入場口。

オープン前ですが、「今日のチケットで取れるのは19時と19時15分のみ」です。グレーになっているのは売り切れ。

今日の入場券が完売すれば、窓口は閉まります。

 

夏場は入場ゲートの方が、入場券を持った人(=購入済みの人)で行列です。

既にチケットを持ってる方が夏は行列します。。。

 

 

ところでうっかりしていて完売してしまった場合の裏技は・・?。

 

 

 

●サグラダファミリアでは旅行会社や公認ガイド用の当日券販売があります。(一般の個人客は買えません)

 

 

一般観光客用のチケットと、旅行会社や公認ガイドが仕事として使うプロ分のチケットは、それぞれ人数枠があります。

 

 

発売と同時に、プロ用の枠はほぼ完売になります。その代わりに当日券というのが販売されます。これも時間ごと人数に制限があり、朝一番に予約したい旅行会社やガイドが押し寄せて朝いちばんに売り切れることもあります。ただプロ用のチケットの方が当日は可能性があるんです。

 

また旅行会社が購入後キャンセルや予定変更が入る場合があり、1週間ほど前に予約にあきが出ます。この頃も狙い目なので、予約が取れなくてもこの時まで待つ旅行会社もあります。

 

 

一般客のチケットいったん売り切れてしまうと、キャンセルができないので2度とチケットが出てきません。グラナダのアルハンブラ宮殿のように「当日券が早朝から販売される」仕組みは一般客にはありませんので注意してください。

 

 

 

ですので、サグラダファミリアのチケットが売り切れていてショックという方。

私も急にガイドの依頼が来たことが何度かありますが、ガイドや旅行会社に頼ると良いでしょう。

 

たとえば、

 

・現地の旅行会社へチケット手配を頼む

・現地の定期観光ツアーに申し込んでみる。

・現地の公認ガイドに依頼する

 

私たちガイドは外で毎日仕事をしているので、急に連絡を取ることも難しいんですが、旅行会社なら余ったチケットをまだ持っていることもありえるかもしれません。

 

実際、売り切れの日に、サグラダファミリアすぐ近くのJULIAという旅行会社(はとバスみたいな定期観光の会社)で当日購入できた話をこちらのブログのコメントで頂きました。受難のファサードからやや山の手のオフィスです。

 

 

もう1つ。みなさん、売り切れと思っているけれど、チケットによる場合があります。

次のページをどうぞ。

 

 

コメント