革製品のお店 カプリチョ・デ・ムニャカ Capricho de Muñeca

JUGEMテーマ:旅行

 

 

バルセロナのおしゃれショッピング街であるボルン地区の小さな路地沿いの個人商店です。

 

ボルン地区は、革バッグ、革靴、アクセサリーなどデザイナーさんのユニークな店が多い地区。

街の雰囲気ともぴったりの素敵お店が多かったですが、この地区もとうとう、有名店が進出してきました。スターバックス、Desigual、Calzedonia, Camperなど。

 

お店の方たちによると、店舗の家賃が「とても払っていけない」値段に変わってきてるそう。人気の地区だから高騰は仕方ないんでしょうが、バルセロナはどこもかしこも、大型有名店ばかりが占めてきて、だんだんつまんなくなってきました。

 

ですからどこでも買えるお店ではなく、ここでしか買えない商品を売っているお店や、スペイン発祥のお店、個人デザイナーさんの商店などを時々、紹介していこうと思います。

 

・・・・

 

前置きが長くなりましたが、頑張って欲しいお店の1つ、カプリチョ・デ・ムニャカ 。

革製品です。商品はお値段によって作りもちょっと違います。

 

 

しっかりした革はお値段も良いんですが(150-250ユーロぐらいかな?)、子牛の肌触りの良い良質革。内部は布の二重張りになってしっかりしていて、ポケットがたくさんついていて日本人には便利な作りです。長持ちします。大き目の黒い鞄ですごく気に入っているのがあるんですが、仕事上でも自分があまり持つことはないのが残念だとさえ思ってしまいます。

 

 

 

一方でリーズナブルな革がよければ、50−80ユーロぐらいのバッグも。革の質は違いますが、これもしっかりしています。

内部は二重にはなっておらず、軽い分,形は崩れる気がしますが、普段使いには便利。

ガイド仲間にも評判がよくて、何人か持ってる人がいますね。私も鞄好きなのでいくつか持ってます。

 

最近はお財布、財布立て、など小物も増えてきました。

紐の穴をあけたりもその場でやってくれます。

 

手作りゆえに、品揃いやデザインは季節によって変わります。

 

<店名> Capricho de Muneca

<住所> Carrer del Brosolí, 1,

 

 

コメント