冬のグエル公園は詰め込みすぎツアーに参加してしまうと、真っ暗です。(暗闇ツアー)

 

最近よく担当している、ハードスケジュールツアー。

12-1月の冬季、グエル公園へ行く時間はすでに暗いです。。。

 

この写真を見ると、「きれい」という人がいますが、
もう一度、奥の柱あたりを見てください。真っ暗です。

グエル公園は玄関とバス駐車場あたり以外は、夜の明かりがありません

このツアーはバルセロナ到着が遅く、観光のスタートが15時〜15時半です。
遅く到着するのに、そのバルセロナの観光もハード。
2入場と1下車と2車窓が含まれています。

何度もこのページで紹介しているように、
2入場と1下車=つまり3回バスを降りるコースは大変ハードな内容です
せっかくのグエル公園がもう薄暗くあまり見れません。

12−1月頃は日の入りが17時半18時には完全に真っ暗になります。


このツアーはサグラダファミリアも入ってるんですが、
日暮れの頃にサグラダファミリアの予約が入っていると、中が薄暗くてそれも可哀想。。。。

しかもサグラダファミリアもグエル公園も公式ショップは15−30分前に閉まります

 


このツアーが渋滞で遅れてバルセロナに入ってきた時は・・・。

 

 

もう完全に夜。(時間は18時〜19時です)
写真が一番明るいところで、あとは真っ暗で足元も見えません。

写真の上部の奥を、見てください。

 


懐中電灯を持参する添乗員さんもいらっしゃるし、

きゃあーきゃーお客様が騒ぐほど暗くて、

階段を降りるのに足元が見えないので、

私はみなさんにスマホでライトをつけてもらい、 ご年配の方たちの足元を照らしてあげながら、誘導します。

 

たくさん観光が含まれる盛りだくさんツアーは嬉しいようで、
肝心のバルセロナ観光が残念。 日暮れまでの2時間半で3か所のハードな観光をします。 このツアー 、遅い時間に到着するんですから、サグラダファミリアをしっかり見学するコースでいいのに・・・。
美術館が主要観光のパリやマドリッドと違い、
バルセロナはサグラダファミリアもグエル公園も「野外」と認識しましょう。

 

 

これから12月下旬までは、まだもっと日の入りが早くなるので 要注意

1月中旬になると日の入りは少し遅くなり、2月はもっと遅くなります。

盛りだくさんツアーに申し込むお客様は、冬はできるだけ日の長い時期に申し込みましょう。
コメント