観光内容の少ないツアーは本当に損なのか?その2 / お客様のためにならない観光地を避けることができて好都合!

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

ゆったりツアーの時は少し時間が余ります。
せっかくのバルセロナもっと見たいのに少なすぎる!だからたくさん観光が書いてあるツアーを選んでしまうのは皆さんの大きな勘違いです。
 
なぜなら、余った時間は、その時間、その時の場所、お客様の好みや体力などの状況にあわせて、臨機応変に、別の観光を組み込めるからです。
 
つまりどこかで説明したような、パンフレットに書いてあるので行かなくてはならないが、全然、お客様のためにならない観光地
・雨や霧で見えないのに下車しなきゃいけない展望台
・車窓から見えにくいのに車窓になっている観光地
・体力がないのに、時間がないのに、バスが停めれないのに、写真を1枚撮るだけのために往復15分歩く下車観光
・その車窓が入ってるために道順が悪く、大回りをしなくてはいけない観光地
・お客様はサグラダファミリアでゆっくりしたいのに詰め込みすぎて絵葉書一枚買う時間がないケース
・なんでこんなおもしろくないところ入ってるんだろうねという観光地
を避けることができます。
 
本当にその場にあった観光を自由にガイドが組み込めまるので、ある意味、まったく無駄のない独自のコースが作れるんです。
 
パンフレットに書かれている観光が少なくても多くても、ガイド達の観光時間は3時間半ー4時間と決まっています。
書いてなくも、残りの時間は他のことをして楽しませることができるのです。
上に、お客様のためにならない観光地を避けることができると書きましたが、
余計なコースが含まれていない分、現地をよく知るガイドが観光を組み込むことできるんです。
  
その例を次のページでご案内します。
コメント