ハードなスペインツアーの実態?(その4)到着後、ホテルで休めない

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

ハードな格安ツアーの条件の悪さ、続きます。

 

先ほどご案内したアジアや中近東を利用する飛行機。だいたい同じ時間ー朝6〜8時の朝一番か、昼12-14時の午後一番に到着します。これがネックです。まだ明るい時間帯なので、そのままホテルで休みたいところ、それからがんがん観光がスタートします。

 

明るい時間だから、というだけでなく、到着までにヨーロッパ便より多く時間がかかっているため、観光をスタートしないと普通のツアーの内容はこなせません。

 

・・・

これがヨーロッパ航空会社便であれば、普通は夕方か夜に到着します。早くて18時。遅くて23時。20-22時頃が一番多いでしょうか。

 

到着後はホテルへ送迎。ようやくベッドで眠れます。この日はこれでおしまいです。

(羽田空港を夜に出発し、バルセロナへ朝到着のヨーロッパ便もありますが、格安ツアーでは利用しません)

 

ここで1度体を休めてから翌日に観光するか、ヘロヘロ・ふらふらの眠れていない状態で観光するか。ヨーロッパ便と、アジア・中東航空会社との大きな違いはここです。

 

ただでさえ遠いのに、普通よりもっと長いフライトで旅をして、1ー2時間も入国審査で待たされ、本当に疲れ果ててるのに、ホテルに入れず、それから観光。その観光がまたまたびっくり仰天なんです。次をどうぞ。

 

 

・・・

・・・・

超ハードなスペインツアーの実態。詳細を知りたい方は下をクリック。

ハードなスペインツアー(その2)アジアや中近東経由はフライトが長い!

ハードなスペインツアー(その3)入国審査に2時間かかる!?

ハードなスペインツアー(その5)さらに東京-名古屋の距離を移動!?

ハードなスペインツアー(その6)さらに夜景まで拷問のよう!?

ハードなスペインツアー(その7)超ハードなツアーは体力ある方向き!

 

 

 

 

 

コメント