フランス語会話とヒアリングの勉強

フランスの美しき村―コンプリート・ガイドブック昨夏日本に帰った時にNHK衛星放送でフランス紀行みたいな番組をやっていました。ひさしぶりにフランス旅行に行きたくなり、ついでに日本の本屋さんでぷらぷらしているうちに見つけたのが左の「フランスの美しき村」。これが大当たりでした!マイナーな村も含めて美しい写真が満載で、フランスの田舎に今すぐ旅したくなるような本です。旅好きの人には非常に危険?。

で、私のフランス熱が生まれてしまい、ついでにフランス語の学校にまで通い始めました!そしてずぶずぶとフランス語学習にハマってしまったのです。理由はずばり先生。教え方の上手なベテランのフランス人女性で、本当によく授業が理解できるから。おーっと思うポイントを教えてくれるのです。週に2度程度なのに宿題のプリントもミニテストも多いですが、私達に勉強させるため・・と先生が言う通り、テスト勉強のためだけでもずいぶんフランス語が身についた気がします。


ちなみにオーラルのテストはどんなだったかというと。これが大変でした。2人組みで会話を準備し、先生の前でしゃべるのですが、テーマは最初の試験で3つ、2度めは6つも与えられました! 授業でやった会話と似た場面(友達と会ってコーヒーに誘う、デパートで店員さんにアテンドしてもらう、など)がテーマなので教科書を参考にしてOKなのですが、6つも会話を考えて暗記するというのは大変な負担でした。オーラルの試験ではくじ(?)で引いてしまったテーマ1つをしゃべるのですが、たった1つのために6つ暗記なんてさすがに多すぎです。

ところが終わってみればこの6会話が身になったと感じたのも確か。文章を考えて暗記して発音を練習する・・ところまでは実はフランス人の友達に協力してもらったのですが、その後100万回繰り返してすらすらしゃべるようになり、かつ丸暗記すると身につくものなんですね〜。なんかその文章だけ異常に(?)流暢に口から出てきます。皆さんもテキストを決めてとにかくすらすらと発音しながら完全暗記というのをやってみては?NHKラジオ講座ぐらいの短い文章でOKです。


さて。話がそれましたが、先生から勧められて聴いているのがフランスのラジオ放送の番組です。ここにフランス語を学ぶ人たちのためのヒアリング(無料)があります。ヒアリングの後、内容に関する質問にも答え、最後にはすべての文章を目でも確認できます。
ヒアリングの「答え」が目で見えるというのは嬉しい仕組みですね。

内容はニュースなので「難しすぎる!」とギブアップするかもしれません。私も最初に聞いた時にはちんぷんかんぷんで、もっと簡単なヒアリングをするべきだ、初心者なのに!と思ったものです。ところが先生に相談するつもりだった日、彼女は授業の中でもこのニュースをヒアリングとして使ったのです!難しいニュースでもとにかく聴かせて聴かせて耳が慣れると、そのうちこっちの人は理解しちゃうのでしょうか。外国ではこういうやり方なのかもしれないと、私ももう一度挑戦することにしました。MP3に録音し、通学中に何度も繰り返し繰り返し聞いて、それでも3割分かるぐらいにしか上達しませんでしたが、2度目のヒアリング試験はよくできたので聞くことはやはり効果があるのでしょう。

このヒアリングの勉強はcomprendre l'Acutualité のLe fait du jourのところ。2-3分の短いニュースです。初心者は親しみやすいテーマを選びます。(トムとジェリーの作者や、ジェームズ・ブラウンについてなど。グラミー賞のはあまり分からず)
私はMP3に入れて繰り返し聞いて練習しましたが、もちろんパソコンで練習してもよし。聞き取れなくても辛抱強く繰り返していると、聞き取れる言葉が出てきます。でもう一度webへ戻り、質問に答えます。質問を見ながらまた何度も繰り返しヒアリング。もう何度聞いてもこれ以上の理解はできないなと断念するぐらいまでやったら、全文を読みます。最後は全文を目で追いながらヒアリングします。

これはある程度フランス語のレベルのある人にはおそらくいい勉強法になると思います。初心者の私もちょっと無理をしつつ、がんばって続けるつもりです。
もう1つ。中級以上の方にはLe journal en français facileも良さそうです。10分ぐらいのヒアリングですがその中で短いニュースがあれこれと出てきます。1日3回アップするのでたくさん聴きたい方にも便利。scriptをクリックすれば文章でも読めるので理解力を確かめたい人にもとてもいいですね。聴くだけではなく単語も覚えられます。私は最近パソコンをしながら(分かりもしないくせに)これをバック・ミュージックとして流しています。

ヒアリングの理解には耳だけでなく語彙力も重要のようです。何度も聞いていると「知っているフランス語」と「スペイン語や英語と似ている単語」などが耳に入ってきます。でも全く知らない言葉は発音は繰り返せても意味は分かりません。ヒアリングを上達させたいならボキャブラリーを増やす勉強も必要ですね。
コメント