ザルツブルグお勧め古城ホテル / Hotel Schloss Monchstein(ホテル シュロス メンヒシュタイン)

ザルツブルグ古城ホテル・シュロス・メンヒシュタイン

古城ホテルで素敵な滞在を。高台にあるのでザルツブルグも一望できます。

2014年から、屋外インフィニティプールと屋外ホットタブもできたよう。
滞在レポートもどうぞ!

■ホテルの詳細&予約 ---- BOOKING



schloss 古城ホテルらしい外観

ザルツブルグ市内にある有名な古城ホテル。

オーストリアにはこういうシュロスホテルがあちこちにありますから1度は宿泊をお勧めします!



さて。ホテルシュロス・メンヒシュタインですがまずは外観がご覧の通り絵本にでも出てきそうな古城ホテルの雰囲気たっぷりです。庭園も広く、お庭で優雅にカフェなんてこともできます。

メンヒスベルク丘に建っているので展望も良いのですが、市街地までは自然の木々の中を下っていきます。急いでいるときはタクシーがベターですが、お散歩しながら森を歩くようにして移動もできます。お散歩好きにも向いています。


ホテル内部はレセプションや階段あたりなど狭かったですが、アンティークで落ち着いた雰囲気がよかったです。





お部屋も素敵だった印象がありますが写真を見るとそれほどで写りがよくない(?)ですねー。私のイメージのウィーンらしい雰囲気の絵や色で飾ってありました。

デジカメではなく写真の時代でスキャンしてますので、画像が悪くてごめんなさい。





この時は両親と旅行中だったのでExtra Bedに寝たのですが、これが気に入りました!

窓辺のソファーがベッドになるので空間的には狭かったのですが、自分だけ別室にいるような空間だったのです。
目の前の窓は出窓になっていてザルツブルグの素晴らしい眺めが楽しめます。

窓の前には1輪の赤いバラが飾ってありました。写真奥に写っていますがお茶のセットもありました。

そうそう、しっかりしたステレオもありました。ラジオぐらいはどこにでもありますがステレオがあるホテルは当時としてはまだ、稀でした。

これらすべて(ステレオやお茶)がちょうど私のベッド周りにあったので本当に便利(笑)。まるで1人部屋にいるようでくつろげました。




バスルームについての記憶はありませんが、写真を見る限り金ぴかに輝く蛇口など、マリーアントワネット的雰囲気のよう。でも特に豪華という感じではないですね。





好印象で覚えているのはホテルのスタッフです。特にレストラン。

うちは両親が外出していて帰ってくるのが遅かったため夜のルームサービスを3人分頼んだのです。お部屋に運んでくれたスタッフが「あれ?3人分ですよね?」と聞くので「親がまだ戻ってこない」と伝えると二人の分が冷めないようにすぐにまた持ち帰ってくれました。そしてまた持ってきてくれたのです。

ルームサービスは24時間ではなかったのでレストランのスタッフが帰るまでの時間に間に合わなかったのですが、どうにかうちの親が暖かいものを食べれるようにと暖かい気配りを何度も受けました。

翌日は早朝だったので朝食ピクニックを頼みましたがこれも豪華でしたよ。





ホテルのお部屋からの眺め。きれいでした。

雪の季節もとてもきれいらしいです。





■ホテル滞在時期 ---- 2000年9月 Carmenより。
■ホテルの詳細&予約 ---- BOOKING
コメント