バルセロナお手頃ホテル / ウィルソン ブティック ホテル(Wilson Boutique Hotel)

ホテル

格安ホテルのHUSA WILSON HOTELだったのに、いつのまにか、モダンなデザインのブティックホテルとなっていました。

清潔で朝食も美味しく、スタッフも素晴らしいと評判です。
高くなったかと思ったら、まだまだお値段はお手頃ホテルなところは嬉しいです。

注・滞在レポートは10年以上前だし、改装前でだいぶ違ってますが、笑えるネタ(びっくりするドア&トイレのペーパーの位置!)があるので、ぜひ笑ってください。もちろん今はまったく違って、清潔感のある素敵なホテルに生まれ変わりました。立地は変わらない情報ですね。

■お勧めホテルの詳細&予約 ----  BOOKINGS 
**2005年宿泊記録です。今とは全然違います!



ホテル WILSON 外観
外観はぱっとしないホテルです。しかも古そう。そこへ急きょお泊りをすることになりました。

折りしも夏の混雑期。しかも宿泊前日の22時頃にネットでホテル探しをするという緊急事態。その中でシングル宿泊でバルセロナ最安値がホテル・ウィルソンでした。

さてさて。格安ホテルの実体は?。外観は知ってましたが、建物のドアをくぐったことはなかったこのホテルへ初めて足を踏み入れてみました。


ホテルWILSON 立地
場所はDiagonal大通り沿いです。治安は良いほう。

近所はお買物街なので高級ブランド店まで歩いていけます。フランセスク・マシア広場のブランド街へ行くにも便利。買物が増えたら一度ホテルへ持ち帰るのもよし。

欠点は地下鉄の駅が遠いこと。最寄の駅はDiagonalかHospital Clinicということになるでしょうか。どちらからも距離があります。

でもバスの便はとてもいいです。大通りに面しているので、分からない通りへ入ってしまってオタオタということありません。ガウディのカサ・ミラあたりへも歩けます。



Husa Wilsonロビー

うーん、とてもロビーとは思えない”空間”。5つ椅子を置いたらもういっぱいです。




フロントも玄関も究極に狭いです。
フロントは1人分のスペースしかなく、銭湯の番台さん程度といえばイメージがつきますか?<



【左】どういう角度なのか自分でも分からないが、階段を下から撮ったところ。
昔は洒落たホテルだったんだなと、思わせる雰囲気があります。でも今は・・。

【右】廊下。素敵な雰囲気に見えますが実際はもっとお粗末です?写真って恐ろしいですね。意図せずともキレイに撮れてしまうのだから、キレイに見せようという意図のあるホテルwebの写真は信用してはいけません?



ホテル・ウィルソン お部屋へ

驚いたのはこの鍵。(部屋の内側からの写真です)

ドアの薄さもボロさも分かると思いますが、蹴れば誰にでも破れそうなドアと、そのついでに簡単に壊れてしまいそうな鍵です。




今どき、トイレでもこんな鍵は見ないぞ。いやー、こんなぼろホテルはひさしぶりっっ。
女性一人で泊まるには不安を感じる鍵なのではなかろうか。


ベッドリネンはかわいらしいです。カーテンも花柄。



でも写真では分からない実態が!

極の狭さなのです。あっと驚くほど。







【左】あまりの狭さに「バスルームあるの?」と思ってしまいましたが、よかった、ありました。

ベッドの横にバスルームのドア(白)とクローゼットのドア(こげ茶)。クローゼットのドアの内側には等身大鏡もついてます。でも全開はできません。狭いので(笑)。

【右】一応、壁には絵が飾ってあります。お部屋の模様は統一してあって、ホテルらしく見せる(?)工夫もあり?



窓の外

ベランダは2重窓になっています。寒さにも騒音にも良さそう。



治安のいい地区なだけあって窓からの景色はgood。 静かな住宅地が見えてバルセロナ住民になった気分?ベランダにも出れます。


バスルームへ
恐れていましたがちゃーんと清潔そうなバスタブと洗面台がついていました。
この日は急場しのぎに寝るだけだったので、お風呂とベッドがあれば満足。











アメニティは石鹸とボディ・ジェルのみ。籠に入れてかわいげを出そうという工夫があります。

種類はもちろん最低限。





ドライヤーもちゃんとついてました。




お粗末そうな小ささですが、どこかの高級ホテルの全くパワーのない、働く気のなさそうなドライヤーと比べると合格。



これを見せたくてページを作りました!!トイレットペーパーの場所に注目!




トイレに座るとペーパーまで手が届きにくい、これはスペインではよくあること。
ところが!

これってバスタブの上。シャワーカーテンの内側にあるんですよー。シャワー浴びると濡れるではありませんか!

湯船にゆっくり浸かりながらも、目の前のペーパーホルダーが気になってしまいました!

場所が狭いためだと思うのだけど反対側にはスペースがあるのに。いやーユニークです。シャワーカーテン内側にあるトイレットペーパー。しばらくネタにさせていただきました。


部屋備品
ダサダサのTVですがCANAL+も見れます。ピザも頼めるし、マッサージも頼める。これはホテルがHUSA HOTELSチェーンだからです。たしか統一されていたはず。











ミニバー(冷蔵庫)もちゃんとついてました。

必要なものは全部入ってます。チョコバーや氷も。

でも外観は!?







外観はこーんななんですねー。

ボロっ!


















おっ!?と思ったのはスポーツ新聞。
このホテルは格安ホテル狙いのサッカー好きの男の子にちょうどいいかもしれませんね。



さてさて。バルセロナに住む私がなぜこーんなホテルに泊まったかというと地区のお祭り騒ぎで眠れないから。この日は仕事で少ない睡眠時間になる予定だったので、寝れる安ホテルを急遽、探したのです。

料金は45ユーロ。8月のハイ・シーズンで、前夜に探した中では一番安いホテルでした。

前夜ネットで予約をし、当日朝7時にお泊りセットを持ってチェックインを済ませたものの、仕事を終えてようやくホテルへ戻ったのは夜中1時。

そして翌朝4時半のモーニングコールを頼む、バルセロナ在住の怪しげな日本人、、、だったと思います。睡眠時間は3時間ぐらいだったかな。(その合間に上の写真を撮りまくりました)



少ない睡眠+お風呂だけのためにこれ以上のお金を払いたくなかったし、かといってオスタルはちょっと、、、と思っていたので、ぐっすり寝れてバスタブがきれいに使えて、ミニ・バーもあって、とりあえず私としては満足でした。旅行で泊まればちょっと嫌だろうとは思いますが。

カップルでホテルに宿泊して満足そうな外国人もいましたから、他はもうちょっと良いつくりのお部屋もあるのかも??。ネットでも部屋がとても広いという口コミもありましたから、私の部屋とは雲泥かもしれません。ヨーロッパのホテルは部屋差があります。体験談がすべての人にあてはまるとは限りませんので要注意。





← ホテルの部屋はご覧の通り大きさ&形がバラバラ。私の泊まった安部屋はやはり一番小さな部屋で、ずっと広い部屋もあります。










レストラン

さんざん笑ったホテルでしたが、意外にも素敵そうな感じのレストラン。といっても外から覗いただけだしベールに包まれているので実体は不明。

私は深夜到着&早朝の出発だったので朝食もレストランもチェックできず







ホテルマン評価
そのへんのおばちゃん?風の年配女性と、若い男の子と、おじさんの3人が交代でフロントにいました。

共通するのはどの人もあまりプロ的ではないこと。ちょっとそっけないこと。でもしゃべってみると感じは悪くなく、つたない英語で一生懸命旅行者にアテンドしている。

不思議なことに私としては、まー合格点でした。安ホテルだからこんなものでしょっ。




■予約-----  BOOKINGS 
■滞在レポートはCarmenより。2005年8月
コメント