Sorrento(ソレント) アマルフィ海岸(伊)

JUGEMテーマ:旅行



Sorrento(ソレント)町並み

今回のイタリア滞在はわずかだったため、アマルフィ海岸のソレントとナポリのみの滞在にしました。そしてナポリ滞在中に日帰りでポンペイ遺跡を見に行くという日程です。
私も友人も何度もイタリアへ行っているくせに、なんとポンペイには行ったことがないことが判明し、いまさら誰とも行けない気がしていたので好都合だと目的地を決めました。

アマルフィ海岸は夏場はリゾート地と化すでしょうが、冬場の閑散期には交通の便はあまりありません。バスも便が悪く、本当はアマルフィ海岸沿いの他の町もまわりたかったけれど断念し、ソレントに絞って滞在しました。


ナポリからソレントまでの交通
そのソレントまでの移動はナポリの空港からのバスを使いました。一度ナポリに入るより、1つ移動が削れて時間の短縮になります。ナポリからは交通の便もバスや電車など多いようですが、到着してウロウロ乗り場を探すより空港からの方が簡単かと。
案の上、イタリア第3都市といえどナポリは見事なローカル空港で(スペインでもバレンシアの空港で皆が驚くのと一緒です)、こじんまり。ターミナルを出て目の前にソレント行きのバスがありました。簡単。






ナポリの空港からソレントへ行く途中の景色。バスから撮影しました。
すばらしい眺めが突然現れて感動。


バスは駅前に到着します。
帰りはこの駅からナポリまでローカルな電車で移動しました。
















ソレントの海の景色。残念ながらの曇り空でした。
マヨルカやペニスコラなど海の町を何度か訪問している私は、海辺の町の印象がどんなにお天気によって左右されるかを知っています。
この日はちょっと寂しげでしたが、お天気きらきらの日は素晴らしいに違いありません!









ソレント路地沿いの小さな教会。




ソレントのショッピング&お土産
sorrento
【左】レモンの町ソレントらしく、お土産屋は檸檬色に満ちています。
【中】有名なリモンチェッロだけでなく、レモン・クリーム、メロン・クリームなど。味見もさせてくれます。日本人には甘くてアルコール味も強いリキュールは苦手かも。
【右】オリーブオイルを使った手造り石鹸もあり。種類もたくさんです。
チョコレートなどのお土産もありました。





ソレントのお菓子
ソレントの観光案内所は広場に面し、旅行会社?みたいな中にありました。場所が分からず探しましたが、夏場にはもうちょっとちゃんとしたオフィスができるのか、それとも1年中こうなのでしょうか。
その観光案内所のすぐ近くに、おいしそうなお菓子屋さんがあります。



【左】店舗の外観。
【中】とーっても気になったのはマッシュルームみたいな形のお菓子です。お試し好きの私としては試さなかったことを後悔!
【右】私がナポリで食した名物スフォリアテッレもあります。おいしかったな〜。




上で紹介した教会の前のカフェでコーヒータイムしました。注文した甘いものはこれ。
スペインでも修道院のお菓子として販売されていそうな食べものですが、カフェに置いてあるところがイタリアはいいですね〜。







コメント