ウィーンのクリスマス市


12月のウィーンはクリスマス市が楽しいです!

クリスマスの雰囲気に満ち溢れ、クリスマスの飾りやプレゼントになるような出店が並びます。

でもなんといっても楽しいのは屋台!甘いものから軽食まで食べ物も出ますが、忘れてならないのはホットワインです。これを飲むためにぜひとも訪問を!




市庁舎前のクリスマス市
こ他の場所にも大小のクリスマス市が出まましたが、もっとも大きいのが市庁舎前でしょう。
子供用の移動遊園地もありました。




ウィーンクリスマス市
【左】木々の向こうに市庁舎が見えます。
【右】子供用の遊び場が多いことから、市庁舎前は親子連れも多かったです。





【左】出店はぬくもりを感じる木造り。気合もお金もかかっています!?
【右】ところ変わればクリスマス・グッズも違います。
バルセロナでは宗教色が強いですが、ウィーンではかわいらしいクリスマスの飾りも見つかりそう。




【左】飾りだけでなく、肉類やお菓子など食料品も販売しています。


【右】かっ、かわいい〜!







屋台の食べ物もたくさん種類があって、どれにするか迷ってしまいます〜。
写真はパンやお菓子屋さんだったかな?

ドイツでよく見かけるようなパンやスナックなどもあちこちで販売してました。







必ず試したいホットワイン
どこにでもあるのがホットワイン。ドイツや北欧などで飲む、温めたワインです。ちょっと風味があります。
味は伝統のものから、ビール味・オレンジ味・ノンアルコールなど何種理もありました。
写真がないのはホットワインを飲むときには手がふさがってしまったから?。


仕組みはこうです。まずホットワインを注文してお金(ワイン代とマグカップ代)を払います。ホットワインを飲んだ後マグカップを無事に返せばマグカップ代が戻ってきます。持って帰る人はそのまま何も言わずに立ち去ればOKです。

マグカップ持参の方はこれを差し出せば、中身のホットワインをついでくれて、料金もホットワイン分のみを支払います。

マグカップは同じウィーン市内でもクリスマス市の場所ごとに違うデザインですので、気に入ったマグカップのところで買うといいですね。また毎年デザインが変わるので、ウィーン在住者はこれを集めてコレクションしているそうです。

私達は市庁舎前でまずホットワインを注文。ちょっとダサイ、マグカップだったのですが
我慢できず飲んじゃいました。袋に入れてこれをマイカップとして滞在中持ち歩き、クリスマス市を見つければマグカップを差し出して、飲んでいました。




他の屋台もどうぞ!



【左】ポテト屋さん。ぶ厚くザク切りにしたポテトに塩をかけて食べます。味は普通でしたが、とにかくオーストリア人は芋をよく食べてました!丸ごとポテトみたいなやつも人気でしたが、あれを食べたら日本人は何も入らないんじゃ・・・。
ポテトは白い紙にメガホンみたいにつつんでくれるのですが、それを置く場所が鍋についてました!写真で分かりますか〜?

【右】手前はハッシュドポテト。これはおいしかったです〜。もう1つ食べたいっと思ったけれど、屋台がたくさんあるのでお腹を考えて我慢。





甘いものに戻ります。その場で揚げてくれたり、焼いてくれたりのブースがたくさんです。行列が出来ていて、揚げたてほやほやで、手際よく働くお姉さんたちの様子を見ると、ついつい並んでしまいます。




横からきゅっと、チョコやクリームを入れます。

おいしそうでしょ!?












最後にウィーン市庁舎の写真です。よ〜く目を凝らしてみると数字が読めるはず。
そうです!クリスマスまでに毎日1枚ずつめくっていくクリスマスカレンダー、ありますよね?

なんと!市庁舎が丸ごと、あのカレンダーになっていたのです!たくさんある窓のそれぞれに1から24までの数字が書いてあります。素晴らしく楽しいアイデアじゃありませんか〜。



この日は12月3日ぐらいだったかな?まだあいてるのは2-3枚でしたが、翌日再び訪れて新しい窓がめくられていると嬉しくなります。窓の下にはミニ窓があってお金を出したらしいスポンサー会社のマークが入っています。アイデアもいいし、町をあげてクリスマスを指折り数えてカウントダウンする気分ですね。


このカレンダー、実は私は日本にいる甥・姪に今年送ってみたのです。子供の時ならではの、夢のある習慣だな〜と思うので!
ただスペインのカレンダーはどうもダサイ。あまり習慣はないので種類もないし、絵がいけてなくて絶対にこれだけはイヤだと思うものも多い。(苦笑い)あれこれ探して奔走し気に入ったものを送りました。


ところがさすが、このあたりは本場!
この市庁舎前の出店で本屋さんが出ていたのですが、ここのおばさん。ちょっと眺めていた私達に声をかけてきて、静かな口調であれこれ勧めてくれたのですがちょっと感動する本やお話もあり、なかなかな体験でした。勧め方も感じもよくて、注意を引く方法といい、実はとても有能なおばさんだったと思います。

この本屋で私が素晴らしく高級感あふれた12月のアドベント・カレンダーを見つけたのです。
来年のために早速2つ購入。スペインで見るものとは天と地、宇宙と地下ぐらいの差ががあります!これに関してはそのうち写真をアップしましょう。


季節はずれのテーマで失礼しました!
1年半近く前の旅行のピサやリスボンの写真もまだ整理していません・・・。
コメント