リスボンの街並みと、ユニークなカフェ

JUGEMテーマ:旅行


リスボンの街角写真


リスボンといえば路面電車。

”7つの丘”のリスボンは坂が多く道が狭いので、立派な市民の足として活躍しています。観光にも便利。しかもちょっとワクワクします。

内部はぬくもりのある木造り。








わざとボカして撮影しました。
・・なわけはなく、ただボケただけです。



リスボン出身の友達のお勧めはバイロ・アルトの夜の雰囲気と、アルファマ地区。アルファマへは便利な市電があって、ぜひ乗ってみよと勧められました。

バイロ・アルトはバルセロナと比べるせいか夜のにぎやかさには欠けました。「夜のリスボンは楽しいらしい」との噂を聞いた夜の帝王・女王たち(=友人)はみんながっかりして帰ってきますね。知る人ぞ知るゾーンがあるのでしょうか。全体に地味だし、どのお店も規模が小さいです。

夜遊びはとっくに卒業した私にとっては、こじんまりしたバー的お店の雰囲気など親しみがあって悪くありませんでした。お店人やお客さんとおしゃべりもしたり、アットホームです。






【右】
サン・ジョルジョ城へ向かう途中の教会。

この付近を市電やバスが走っています。










サン・ジョルジョ城付近はかわいらしい街並みでした。

なぜかそんな写真は手元に残っておらず、こんな壁の模様が。
ハートとニワトリっぽい形です。










ユニークなカフェバー

リスボン在住者たちに連れていかれたので住所や店名は全く覚えていません。
が、おもしろい場所。カフェバーのような雰囲気のところでした。






壁にぎっしりと人形などのコレクションがあるのです。兵隊さん。タンタン(Tin Tin)などもあったかな? 別にマニアックなコレクターが行くような感じではなく、店の雰囲気は一般的です。広々としていて薄暗い店内で、大人で談笑するに良い感じ。
ネクタイをしたスーツ姿のビジネスマンも来ています。







飲み物メニューもかなり種類がたくさんあった記憶あり。
安くはなかったと思います。
















【左】店内ぎっしり。
【右】こんなお顔も。内部は時計や内装なども変わっていました。
内部は数部屋あり、なかなかウェイターさんが呼べないのが難点です。(笑)
奥にはビリヤードもできるお部屋もありました。



たぶん地元では有名なお店なんじゃないでしょうか。行きたい方はリスボンで聞いてみてください。


コメント