9月13ー14日 大混雑。世界一大きなクルーズ船が到着します!

JUGEMテーマ:旅行


9月13日(土曜日) 世界一大きなクルーズ船が、バルセロナに初寄港します。
お客様がなんと6360人、クルーが2394人、合計約8500人が上陸する予定です。

これまではカリブ海にしかいなかったタイプのクルーズで、船を一目見ようと港に押し掛ける人もいるかもしれません。

また、13ー14日の週末だけで、14隻の船が到着します。
混雑が予想されることもあり、14日日曜日、商店やデパートは通常通りの時間帯で営業を許可されています。



クルーズ船が多い日はものすごい混雑します!
みなさん、土日の行動はよく考えて計画しましょう!

サグラダファミリア恒例の無料公開日 9月19−21日 16時から

JUGEMテーマ:旅行



メルセ祭にちなみ、今年もサグラダファミリアが無料公開します。
9月19−21日 16時から。

招待券をネットから要予約で、9月8日から配布を開始します。
早くしないとすぐなくなります。


ちなみにこういうイベント中は、混雑するので、売店は中止。
上にのぼるエレベーターは中止。オーディオガイド貸し代は禁止。
ガイド説明も禁止です。


そしてこういうイベントのスタートする2時間前後から、一般入場に制限が出てきます。

ということは、当日、窓口で入場チケットを買おうかと思っている人は、14時頃には入場できなくなったり、売店やエレベーターにのぼれなくなったりする可能性があるので、この期間中は午前の早いうちに入場されることをお勧めします。

注意点でした。

7月ー9月中旬、日曜日でもお店があきます!(バルセロナ)

日曜日は法律で店があけられないスペイン。

小さい店はあけていいのですが、スペイン人は働きたくないのであけません。移民の店は開いています。

さすがに不況で、自由化が叫ばれていましたが、とうとうバルセロナでは夏場(7月ー9月中旬)、日曜日にあけていいと決まりました。観光客には朗報!働いているスペイン人には悲報、、。

ただし場所は,旧市街、エシャンプラ地区、一部のサンツ地区、一部のラスコルツ地区、一部のグラシア地区、グエル公園付近のみです。つまり中心部か観光客が来る地区です。

時間は最大で、10時から18時まで。

店をあけるかどうかや、営業時間は、各店舗の判断となります。
全店舗が上記の時間帯であけるわけではありません。



参考までにデパートEl corte Inglesは早速次のように発表しました。

*もともと決まっていた、許可オープンの日曜日。これはすべての地区であり、営業時間もいつも通りです。

6月29日、7月6日、9月14日  9時半−21時半


*新しく許可された日曜日。デパートの中でもカタルーニャ広場、Portal de l’Àngel, ランブラス通り、 Francesc Macià広場の4店舗限定。
7月13日から9月7日までの   11時ー18時


他のお店に行きたい人も、こちらを参考に!





世界遺産のサンパウ病院 改築後オープン!

JUGEMテーマ:旅行


数年間の改築工事を経て、サンパウ病院がオープンしました。
まだ一部は工事中のところがありますが、それでも最後に見たときと比べて驚くスピード!!

無料公開日はたくさんのところが公開されていて、ものすごく見応えがありました!!
2時間ぐらいかかりました。

入場料も他の観光地の半分ぐらいだし、1番のお勧め観光地になりそうだ、と思ってました。
お客さん超喜びそう、、。

詳細はサンパウ病院観光webよりどうぞ!


ところが!!

有料化が始まった初日、早速見てきました。(すぐお客さんを連れていく予定があるため、、)

そして知りましたが、、。
無料公開日に公開してた時は、見れる限りのパビリオンを全部公開していました。
今現在、いろんな機関がオフィスを構えているところもすべて。
でもそこは見れませんでした。(オフィスだから、当然か、、)

パビリオンで内部を見学できるところは2つのみでした。
だから、さらっと見れば30分ぐらいで見れるでしょう。


それから重要な情報が!
入場は、自由見学コース(8ユーロ)とガイドツアー(14ユーロ)があります。
正面玄関にメインの建物があり、内部が一番豪華で素晴らしいところが見れるのですが、なんと自由見学の人はこの部分は見れません!以前、まだ病院だった頃に見れていたとこさえも見れないようになってます。
 病院だった頃に見れていた正面玄関の1階部分は昔同様に、見れるようになりました!!

ですので自由見学も良いですが、一番すごい部分を見たければ、ガイドツアーに参加すべしです。
30分おきにいろんな言語でツアーが出ています。

..
<追記情報>
有料初日に見学した時。正面玄関の部分は、自由見学の人はロープで囲まれた部分までしか入れず、実質ほとんど見れない、、という状況でした。天井さえほとんど見れない。これはひどい、、と思い、ガイドツアーに参加すべきと書きました。(私はガイドツアーに参加しましたが、自由見学の人は可哀想でした)

ところがその2日後にいってみると、ロープでの囲みははずされ、正面玄関の建物のも1階は見れるようになっていました。びっくり!!

たぶん自由見学の人が怒ったのでしょうね。あそこを見せてくれないなんてひどすぎる、、って感じでしたもん。正面玄関の美しい廊下や2階部分はガイドツアーに参加しないと見れません。でも1階が見れるようになったので、自由見学でも満足される人は多いと思います。

グエル邸もオンラインで、事前チケット販売!

JUGEMテーマ:旅行



人数制限のため、当日チケットを取る必要があったグエル邸ですが、オンラインでネット予約が数ヶ月前からできるようになりました。


チケット予約はグエル邸ホームページより!


また無料公開日は
・日曜日の17時−20時(4月から10月まで)
・第一日曜日(11月から3月)

冬場の第一日曜日は、2部制に分かれてチケットを配ります。
・10時から13時45分までに午前の部を
・13時半から16時半までに午後の部を
どちらも人数制限に達するまで、チケット配布は終了します。


ドメネク・イ・ムンタネールのCasa Lleo Morera 一般公開をスタート

JUGEMテーマ:旅行


最も内容の素晴らしいモデルニズム建築とされる、リェオ・モレラ邸が観光地として一般公開をスタートさせました。

グラシア通りのロエベが入っている建物です。

料金は15ユーロ。


また2014年2月ニュースとして、ガウディのビセンス邸が一般公開されると発表されました。
続々オープンしていて楽しみです!

(ガイドは勉強が大変ですが、、汗)

バトリョ邸 クローズ情報

JUGEMテーマ:旅行



バトリョ邸は基本、年間365日オープンと謳っています。
確かに、クリスマスさえ通常オープンというのはバルセロナ初!でした。

しかし実際には年間プライベートの貸し出しがあり、何度か終日もしくは午後に閉まることがあります。


毎月チェックしてないこともありますが、自分でチェックした時にはこちらでお知らせしておきます。

2014年,
3月31日 14時からクローズ。
4月8日、13日 14時からクローズ。
5月29日 14時からクローズ。
6月5日 14時からクローズ。

終日閉まることは少ないのですが、直前に変更もありますので、可能であれば午前までに見学することをお勧めします!


・・・


ちなみに、、、ガイドエピソードですが、某会社のツアーで団体予約をしていたのに、、。到着してみると、窓口が閉まっていたことがあります。会社が予約をしていたし、午後しまる日にあたるかどうか、、なんてチェックはしてなかったので、真っ青になりました。

もっと1時間以上遅い時間に予約が入っていたのですが、団体予約時間の厳守には厳しくないことと、ツアーの廻り方の都合から、勝手ながら14時前に訪れたのです。
そうしたら、閉まる寸前だが、まだ人が残っている状態。これが幸いしたのです!!
(予定通りに行っていたら、、。、残業しないスペインではみんな帰っちゃっていて、交渉できる人もいなかったでしょう、。)

もう窓口はクローズ。
入れてくれない、、というところ、大急ぎでオフィスへ電話を入れつつ、とりあえず入り口で顔見知りの係員に交渉に交渉を重ねて、ごねてごねて、地上階の一部までは入れてもらいました。そこで説明。

しかしこれで満足してくれるわけもないだろう、、と内心あせりつつ、、、、、。

その後、会社はちゃんと予約を入れていたのだが(会社が入れ忘れていたのかと疑っていました)、急に午後の休館が決まったことが判明、、。まだスタッフが残っていたこともあり、特別に私達だけ内部見学を許可してくれました!!! しかも、お詫びの品としてプレゼントまでバトリョ邸側からお客様に渡されて。。後にも先にも、プライベートで、誰もいない中の見学を許可されたのは初めてでした。


夕食時にお客様たちのあいだで、「やっぱりこの会社はすごい」という話になったそうです。
そりゃー、そうですよねー、閉まっていた観光地を開けさせちゃったんですから。

でもまあ、入場料が高いので他社はあまり入場しない中、定期的にバトリョ邸へお客様を送り込んでいたこともあるでしょうし、予約が入っていたから、、ということもあるでしょう。

まあ、とにかく。
そんな具合でツアーで予約確定後も、急に休館が決まることがあるわけなので、、。
私が書いている日付だけを鵜呑みにせず、ご自身でwebなどもチェックしていきましょう。

ちなみに、バトリョ邸へいけば、玄関にその月のスケジュールが張ってあります。
数日滞在する方は、一度早めにバトリョ邸にスケジュールを見に行ってもよいですね。

1月の閉館情報

JUGEMテーマ:旅行



1月の閑散期、観光地の一部は休みにするところがあります。

2014年情報では
・グエル邸が1月6−13日まで休み。

・ラ・ペドレラ(カサミラ)はここ数年1月に1週間休んでいましたが、2014年は閉めないのかも?
休むというふうに、webに記載されてません。
 1月13−19日がクローズと発表されました!!!

・グエル公園内のガウディ博物館が1月21日ー24日まで休館です。
・モンジュイックの噴水ショーは2月6日までおやすみです。

・カタルーニャ地方ですが、Port Lligatのダリの家は、1月7日から2月11日までクローズです。

2月9−11日は要確認しましょう。
というのはwebに2月11日までクローズと書きながら、2月10日からのオープン時間が書いてあるのです。
いったいどちらが本当?

モンセラまでカタルーニャ州営鉄道 

JUGEMテーマ:旅行


7月29日より、毎朝11時に、スペイン広場からモンセラのcremallera登山電車駅まで、FCG(カタルーニャ州営鉄道)特別電車が出ることとなりました。

観光客の多さにより、ということなので、夏場期間のみかもしれませんので、期間には注意。
今日(7月25日)現在は、まだFGCのホームページに、情報は発表されていませんので詳細は分からず。

新聞からの情報でした。

コロンブスの塔へのアクセス、オープン

JUGEMテーマ:旅行



コロンブスの塔にとじこめられ事件があってから1年。
ようやくコロンブスの塔へのアクセスがオープンしました。
(詳しくはコロンブスの塔から救出された日本人の記事をどうぞ)


昔は外に出れないようになっていたため、とじこめらた人を救出するのに何時間もかかりましたが、同じことが起きないように、救出しやすいようにするために工事をするため閉まってるという話でしたが、その後どうなったのかは知りません。部品などは新しくしたそうです。


笑ってしまったのは、新聞に「事前に何の発表もないまま、突然今日、オープンした」と書いてあったことですね。スペインではそれはある意味、当たり前!?


Casa Batllo値上げ

JUGEMテーマ:旅行


2012年9月1日からCasa Batllo入場料が値上げし、20.35ユーロとなります。



ちなみに、スペインではこのように、年次途中に突然値上げすることが、多々あります。
一番すごいのはカサミラ(ラ・ペドレラ)。2年の間に3回値上げし、2年前から50%ほどもアップしています。


しかしカサ・バトリョ、とうとう、20ユーロの大台になりましたね、、。
最近は15ユーロ近い入場箇所は当たり前になってきましたが、そのうち20ユーロも当たり前になったりして、、、。

2012年バルセロナの地下鉄代、大幅値上げ!

JUGEMテーマ:旅行


バルセロナの地下鉄、バス、トラムの公共料金は統一値段ですが、2012年の値段が発表されました。
スペインでは毎年値段が上がりますが、来年は衝撃的ともいえる大幅値上げです。


一回券・・ 1.45ユーロ→2ユーロ (38%アップ)
十回券・・ 8.25ユーロ→9.25ユーロ(12%アップ)


一回券はバカみたいに高いですね!
以前は十回券は6回乗ればモトを取ると勧めてましたが、今後は5回乗るのだったらモトを取る計算になります。
回数券を買い忘れてバスの運転手さんから買う・・ということもありましたが、今後は忘れずにしっかり十回券を用意しなくてはなりませんね。

マドリッドーバルセロナのAVE 大幅値下げへ!

JUGEMテーマ:旅行


マドリッドーバルセロナ間の新幹線AVEが新しい予約システムを導入。それにより料金は格安となると発表されました。

おそらく早く予約すれば、、でしょうが、航空会社やホテルと同じ予約システムだとのこと。片道35ユーロからということで、それは安くなりました!

今までは電車より飛行機の方がぐっと安い、、という状態でしたから。
2都市間の移動、楽しみですね!

カタルーニャ音楽堂 夏のスペシャルツアー

JUGEMテーマ:旅行


初の試みですが、Experience ツアーという夜のガイドツアーが開催されます。通常のガイドツアーとはひと味違い、8月限定のツアーです。

料金が18ユーロ。16時半から21時半まで毎時30分ずつのツアーです。通常のツアーと同様、英語、スペイン語、カタルーニャ語に分かれます。演奏者の視点からの見学などもあり、cava(カヴァ=発泡性ワイン)を飲んだりしてのアフタヌーン・ツアーです。


通常のツアーもいつも通りにやっていますので、8月は16時までのツアーを購入すれば、12ユーロのいつものガイドツアーに参加。16時半以降のツアーを購入すれば、自動的に18ユーロで上記ツアーに参加する形となります。


通常カタルーニャ音楽堂は1週間前からのチケット販売ですが、夏場8月は重要なコンサートがないため、すでに8月分前売りをスタートしています。チケットはカタルーニャ音楽堂の公式webから事前購入可能です。


夏場などの観光シーズンや、ヨーロッパの祝日が絡む連休などの時。前日までまだチケットが余っているからと購入せずに、翌日昼頃にいったらもう同日すべて売り切れで、絶対に見たかったのに見れなかったというお客様がいらっしゃいました。絶対に行くつもりのところは日程が決まり次第、予約をすることをお勧めします。

よっぽどの観光シーズン以外は、1週間前に購入しなくとも、数日前でも大丈夫です。スペイン人もそうですが、欧米人はあまり「事前購入」はしません。ただし数日前、もしくは当日に朝からばーっと売り切れてしまう、「駆け込み型」が多いです。前日余裕があったからといって当日も余裕で余っているとは限りません。ご注意を!











ザハ・ハディドの新建築 プロジェクトがとうとう中止に

JUGEMテーマ:建築



フランク・ゲリーの駅と同じ運命となりそうですが、楽しみにしていたザハ・ハディッドの建築がストップしたと発表されました。以下は新聞記事からの抜粋です。


2年前の2009年7月に礎石が置かれた、ザハ・ハディッドのTorre Espiral。
経済危機のために一時期中断していましたが、凍結していたこのプロジェクトをストップすると発表されました。

このプロジェクトは不動産バブルの最後の頃に決定したもの。
当時はジャン・ヌーベルのトーレ・アグバール、 ドメネック・イ・ペローのHotel Me, ヘルツォーク&ドゥ・ムーロンのフォーラムビル、バルセロナ出身のジョセップ・ルイス・マテオのフォーラム・コンベンション・センターなど、名だたる建築が次々と建てられた頃でした。

*新聞El Periodicoより



バイク博物館がオープン!

JUGEMテーマ:旅行


バルセロナにバイク博物館 El Museu de la Motoがオープンしました。
カタルーニャで1905年から2010年までに作られたバイクを展示した展覧会が行われています。

詳細はweb よりどうぞ!


グエル邸 ようやくオープンへ!

JUGEMテーマ:旅行


7年も改装工事のために休館していたグエル邸が、5月26日にオープンすることになりました。火曜日から日曜日の10時から20時まで。入場料は10ユーロ。1日1000人限定です。

詳細はwebページよりどうぞ。



バルセロナにロック博物館がオープン

JUGEMテーマ:旅行


闘牛場を改築して3月にオープンしたアレナス・ショッピングセンター内4階にMuseu del Rock(ロック博物館)がオープンしました。

ビートルズ部屋、ローリングストーンズ部屋などがあります。もちろんスペイン国内ロックのコーナーも。
今後イベントなども行われていく予定です。

公式webはこちらをどうぞ

スーツケースの新ルール登場 ANA, JAL, ルフトハンザ 

JUGEMテーマ:旅行


・ルフトハンザ航空は3月15日より日本ーヨーロッパ便で2個まで受託荷物をOKと変更しました。


・ANAとJALは4月1日より日本ーヨーロッパ便で23kgx2個まで受託荷物をOKと変更しました。3辺の合計が203cmとなります。個数超過の料金は1個あたり1,5万円。重量超過の場合は1kgあたりANAは3000円(32kgまで)、JALは6000円(32kgまで)を支払えばOKです。

**2個までOKとはありがたい仕組みです!!これから他の航空会社も続くかもしれませんね!ただし他会社との共同運航便やチケットの発効日によっては上記のルールが適用されないこともあります。チケット内に書いてありますので、各自確認しましょう。



4つ星以上のホテルの朝食に、カタルーニャ地元のものを!

JUGEMテーマ:旅行


カタルーニャ州では、4つ星上級以上のホテル(4つ星ホテルの中でもsuperiorのカテゴリー以上)に、カタルーニャの地元の料理か商品を出すことを義務付けとしました。たとえばパン・コン・トマテや地元のソーセージ類など。

今日の新聞Periodicoよりのニュースです。新聞にはパン・コン・トマテが義務に!という見出しだったのでびっくりしましたが、地元のものであれば何でもいいようです。しかしソーセージ類よりも安くて簡単なのはパン・コン・トマテ。これが一番出るかもしれません。


考えてみると、日本では日本食・洋食など朝食に力を入れているホテルも多いですが、スペインでは郷土料理なるものは朝食ではほとんどでてきませんね。地元のチーズなどが出てくると、それだけで嬉しいものですが。
これはスペインで朝食が簡素なことも関係します。地元の人はうちでクロワッサン、コーヒーぐらいが朝食。食べない人もいます。朝からチーズやハムをもりもり食べることもなし。朝食に野菜がないという不満も聞きますが、朝食で野菜なんてそもそも食べる習慣はないのです。

地元のものを出してあげよう・・というアイデアにさえ気づかないホテルが多かったかもしれませんが、これをきっかけに?、義務とされる4つ星上級クラス以外のホテルなどでも、地元のものを出そうかという動きが出るかもしれませんね!

格安航空会社ライアン・エアーがバルセロナの空港に就航!

JUGEMテーマ:旅行


今までジローナやレウスなどの地方空港発着だったライアンエアーが、とうとうバルセロナのプラット空港へ就航しました。ジローナやレウスは空港発着料を下げないと、客を失うであろうと脅されているそうです。

ブリュッセル、パリ、イタリア各都市、ダブリン、オスロなどの国際都市や、スペイン国内の都市や島へも就航します。詳細は公式WEBより。

バルサ見学ツアーでつまみ?

JUGEMテーマ:旅行



バルサことFCバルセロナでは、Llotja presidencialで、cava(カヴァ=発泡性ワイン)とカナッペを3ユーロで楽しめるというサービスを始めました。

欲しい方は、カンプノウツアーを買うときに、窓口で購入しましょう。

バルセロナの観光地で並ばずに入場する必殺技

JUGEMテーマ:旅行


観光シーズンになり、どこも混んできました。サグラダ・ファミリアは9時には長蛇の列。ピカソ美術館やカサ・ミラも同様。普段は「入場料が高いので」そんなに混まないカサ・バトリョさえも、この時期はちょっとした行列になります。


先日ピカソ美術館の自由時間中に話しかけてきた日本人のご家族がいらっしゃいました。おじいちゃんからお孫さんまで一緒に、クルーズ船でバルセロナに寄港したとのこと。しゃべった印象は「アメリカ在住かしら?」と思わせるような素敵な印象の女性でした。

クルーズはだいたい半日(長くて夕方まで)の滞在なので時間が限られています。
ところがサグラダ・ファミリアが長蛇の列だったのであきらめ、ピカソ美術館も同様であきらめ、「バルセロナは並ばないと入れないんでしょうか」とのこと。せっかく来たのにどこも見ずに帰りそうだ、というのです。それは残念ですよね!


確かにこの夏のハイシーズン、バルセロナを個人旅行で半日で見ようと思うのは無理があるかもしれません。本当に並ぶのです!時間の問題もありますし、年配の方、子供さんを連れて並ぶのも大変ですね。
その意味で夏場のシーズンは人気観光地だけでも、現地ツアーに参加したり、現地ガイドを雇ったりして、入場に便宜があるのは利点があるんだなと改めて実感しました。


並ばない方法として考えつくのは次の通りです。

続きを読む >>

スペインの新幹線AVE マドリッドとバルセロナ開通

JUGEMテーマ:旅行


問題続きで予定より何年も開通の遅れた首都マドリードとバルセロナ間の新幹線AVEがようやく開通しました!時間は約2時半40分。やはりタルゴとは速さが違います。

マドリッド・バルセロナ間はプエンテ・アエレオというビジネスマン御用達の飛行機のシャトル便があり1時間おきに発着しているのですが、移動やチェックインなどを含めるとほとんど飛行機に匹敵するぐらいの短縮となりました。


驚くのはこのAVEの開通を多くの人々がとても喜んでいるらしいこと。仲の悪いイメージのある2都市ですが、やはりスペイン第二の都市バルセロナと首都を結ぶ新幹線はスペインの誰もが望んでいたことなのでしょうか。切符の売り上げは上々。サンツ駅は新発売日は異常な混み様でした。切符販売もマドリッドから、バルセロナから、の双方も同じぐらいの割合で売れているとのこと。


それとも話題性でスペイン人が乗りたがっているだけ?
みんなそんなにマドリッド・バルセロナ間を移動する用事があるのかしらと思っちゃいました。でも2都市を近くに感じるのも確かです。電車で2時間40分ぐらいならひさしぶりにマドリッドの友達をたずねようかしらという気にもなりますね。


カタルーニャの七不思議

JUGEMテーマ:旅行


お知らせが遅れましたが、2007年に投票&審査によって決定したカタルーニャの七不思議は次の通りです。

1 – サグラダ・ファミリア
2 – レリダのセウ・ヴェリャのモヌメント群
3 – タラゴナの考古学遺跡群
4 – ビックの歴史地区
5 – ジローナのカテドラル
6 – サン・ミケル・デ・クシャ修道院
7 – ガンデサの酒造所


7不思議・と訳されていますが、実は7つの素晴らしい場所 Maravillas。
行ったことないわ、という方はぜひ観光リストに加えてみてください!

私的には、ビックの歴史地区はそんなにいいかしら・・と思いますが、たぶん勉強不足なんでしょう。あまり知らない場所については口を出さないのがベターですね!しかし見事に地区が分かれているし、住民の都合?も加わってそうな感じもしますが・・。