お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
年末年始のオープンクローズ&1月に閉まってしまう観光地(注意!)

JUGEMテーマ:旅行






● 例年1月の閑散期に閉まる観光地
・グエル邸 1週間 2017年1月16-23日 お休み
・カサミラ 1週間  2017年1月9-15日 お休み


郊外では、ダリ関連の観光地がこの時期、休みます。

・Portlligaのダリの家 1月9日-2月11日 お休み
・Pubolのガラの家 1月9日ー3月14日 お休み




・・

ちょっと早い(今は8月)ですが、たまたま観光地のオープンクローズを調べることがあり、ついでに年末年始の情報を自分の覚書のために、書いてみます。

ただし情報は急に変わることがありますので、参考程度にし、直前に念のため確認しましょう。

<2016年8月現在の情報>
●12月24日に早めに閉まる観光地(バルセロナはほとんど通常通り。早めに閉まるところだけ紹介)
ピカソ美術館 14時まで。

●12月25日にあく!お店。(25日はほとんど全滅.あいているところだけ紹介)
・サグラダファミリア 14時まで
・グエル公園
・カサ・バトリョ

●12月26日 (あくところも、閉まるところもあるので、どちらも調べたところだけ紹介)
・サグラダファミリアは14時までオープン。
・グエル公園オープン。

・通常通りオープンは
ピカソ、カサミラ(ラ・ペドレラ)、カタルーニャ美術館、アントニ・タピエス美術館

閉まるのは
・ミロ美術館、グエル邸、

●12月31日に早めに閉まる観光地 (ほとんど通常通り。早めに閉まるところを紹介)

・ピカソ美術館 14時まで。
・Camp Nouも例年早く閉まります。


●1月1日にあく観光地 (クリスマスとともに、ほとんど全滅。あくところだけ紹介)
・サグラダファミリア 14時クローズ。
・カサミラ  11時からオープン。最終入場19時まで。
・カサ・バトリョ  最終入場20時まで。
・グエル公園 最終入場17時30分


2017.01.11 Wednesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
グエル公園の代わりに、お勧めの建築物(ガウディその他)

JUGEMテーマ:旅行



グエル公園は要予約で、場所がちょっと不便です。

絶対にグエル公園へ行きたい!という人は別として、、。
グエル公園の代わりに行きたいならば、どの建築物がお勧めかの情報です。


ガウディに限らなくてもいいのなら、ドメネク建築のサンパウ病院
世界遺産。華やかですごい建築です。場所もサグラダファミリアから地下鉄1駅の距離で効率も良いです。人数制限もやってないし、予約も必要なし。

値段重視だったら、いやそうでなくても、勧めのモデルニスム建築です。
以前はガイドツアーでしか見れなかった一番の見どころが今は自由見学でも見れるようになりました!
(ただしイベントをやる時はその部分がクローズすることもあるので、入場前に聞いてみましょう)

(音楽堂と似ている点はあるので、どっちかでも良いかも)

ガウディ建築であれば、グエル邸だって負けてません。

初期の建物であり、ガウディっぽい曲線の感じがしないかもしれませんが、非常によく考えられた建築です。こちらも世界遺産。入場制限もありますが、無料公開日以外はほとんど行列しません。

ランブラス通りやサンジュセップ市場の近くなので、あのついでならば、交通費も、時間の無駄もありせん。


お金が出せるなら、カサバトリョ、ラ・ペドレラも、もちろんすごいガウディ建築です。カタルーニャ音楽堂のガイドツアーも。もちろん全部世界遺産。どれを見てもきっと満足します。どれも町の中心部です。

そもそも、
・タクシーでお金をかけてグエル公園に行く、
・市営バスで時間をかけてグエル公園に行く、
よりも、本当にそんなに高くつく観光地でしょうか? 20ユーロ前後という目先の入場料の高さで敬遠しがちですが、中心部という立地は時間やお金の両方の面で、お得です。


グエル公園は私も大好きで、とても楽しいところです。時間に余裕のある人は本当に全部見てゆっくり過ごしても良いです。

ただし、半日のフリータイムで事前予約もしていない人は、他にもいろんな観光地がありますよー、と大声で言いたくなってページを作りました。

2016.12.01 Thursday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
プッチ・イ・カダファルク建築のCasa de les Punxes 一般見学がスタート

JUGEMテーマ:旅行



一般公開の準備中だったCasa de les Punxesが見学をスタートさせました。
モデルニスム建築家のプッチ・イ・カダファルク代表作です。


予約はClorianから。
2016.08.09 Tuesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
祝! グエル公園の柱の天井のモザイク修復がようやく終わりました!

JUGEMテーマ:旅行



2013年から一部が有料化したグエル公園。

その当時から、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、
幕がかかったままの、天井モザイクの修復が終わりました!!

しかもずーっと幕がかかっていて、一切見れない状態になりつつ、
長いこと、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、
誰も働いてるのを見なかったです。

この3年で誰かいるのを見たのは3度ほど

2年ぐらい前に、グエル公園にいた警備員に「ほとんど見かけないけれど、工事をしているのか?」と聞いたことがあります。来てるのを見たことがあると言っていたので、私が見たよりは?回数は来てたのかもしれませんが、確かにほとんどいないよねとも同意していました。

一時期は階段のところの、一番美しい陸橋のところも工事をしていて、見れないことも。
これはすぐ終わりましたが、当時、私は不満だらけでした。

有料にしたくせに、工事ばかりとは何事だ!
2か所も見どころが見れないから、安くするべきだ!(海洋博物館は改装中は値段を下げてました)
などと。

あと何が納得いかないって、4つ天井のモザイクがあるんですが、4つとも幕がかかってるんです。
作業をしているのを見かけたとしても1か所だけ。4か所いっぺんにやるわけではない。
もしかして状態が悪くなりすぎてるのかもしれないけれど、修復前にはそうも見えなかった。
どうせ幕をかけて見えないようにするなら、1つずつにしてくれ!!って思ってました。
他の3つは見れるのに、と。

そしてこの1週間ぐらいの間に2度、ひさしぶりに!!(たぶん1年以上ぶり!!!)、修復士がいるのを見たのです。
おお!!ようやくやり始めたか、、と思ったら。。

突然、昨日完成してました!
しかも4つとも全部修復終わり!!

そんなにすぐに終わるなら、この3年はなんだったのか???と思わないでもないですが、
とにかくおめでとう!です。

今来た方はようやく綺麗な天井が見れますよ!



2016.08.03 Wednesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
モンセラの少年合唱団 夏の長期バカンス中(スケジュールはwebで確認できます)

JUGEMテーマ:旅行



モンセラの修道院付属の少年合唱団(La Escolania)は毎年恒例の夏休みに入りました。

6月25日から8月21日までお休みです。

いつ歌うか?は、少年合唱団のweb内のカレンダーで確認できます。
コンサート遠征の前後はスケジュールが突然変わることもありますので、前後も注意しておきましょう。


2016.07.11 Monday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
バルセロナで邸宅見学が大流行!?
JUGEMテーマ:旅行



ここのところどんどんモデルニスム建築を始めとして有名な邸宅が内部観光をオープンさせています。
新聞記事から、どんな建物が出てるか、ちょっと抜粋して紹介します。

ーーーー

アントニオ・ガウディのTorres Bellesguardは2013年から内部公開。
ジュセップ・プッチ・イ・カダファルク建築からは、Casa Amatllerが、そして今年の2月から、Palau Baró de Quadrasの2階と屋上が公開されている。

リュイス・ドメネク・イ・ムンタネール建築では、Casa Lleó i Moreraが2014年から内部公開。
Telm Fernández建築のCasa FelipとEduard María Balcellsla Casa Rocamoraが最近から公開。

ガウディ建築は年内か、来年初めにはCasaVicencが公開予定。
つまりもうちょっとすると、ガウディ建築で通常公開していないのはテレシアナ学院とCasa Calvetのみとなる。
(注・テレシアナ学院は休みの時期やイベント時に見学可能。カルベットは一部がレストラン)

プッチ・イ・カダファルクはCasa de les Punxesに博物館ができる予定で、今年6月が公開予定。

ーーーー

スペイン語の新聞記事はこちら。
上記はほとんどがガイドツアーや予約などのみ公開しています。毎日あいてないところもあります。

2016.04.22 Friday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
モンジュイックのケーブルカー(Funicular) 約4か月間運休
JUGEMテーマ:旅行


また?って感じですが。

地下鉄のパラレル駅直結で運行していたモンジュイック丘へのケーブルカーですが、
2015年11月4日から運休しています。

今回はなんと約4か月になる予定だそうです!!


以前の運休の時と同じであれば、パラレル駅のすぐそばから、代替バスがモンジュイック丘まで動くかもしれません。

2015.11.18 Wednesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
11月以降、冬の観光地、オープンクローズ時間にご注意!
JUGEMテーマ:旅行


10月末に夏時間が終わると、11月からは急に暗くなります。
夏は21時半でも明るいのに、11月初旬の日の入りはなんと17時40分。

18時には暗いですので、モンジュイック丘の展望台などへ行くなら、明るいうちにいきましょう。

観光地も同様に、早く閉まります。
10月まで20時でもオープンだったのに、11月から18時なんて場所もありますから、要注意です。


私もうっかりして、18時にサグラダファミリアが閉まることを失念してました。

自分の覚書も兼ねて、主な観光地のオープンクローズをご案内します。
最終入場が早い順に並べています。


(12月24、25日、26日、12月31日、1月1日、1月6日は、以下のスケジュールと違う場合がありますので要確認しましょう)


・グエル邸 10時ー17時半まで (最終入場 16時30分) 3月末まで

・グエル公園 8時半から18時15分まで (最終入場17時30分) 3月28日まで
しかしあまりギリギリにいくと薄暗くて、きれいな写真は撮れません。やっぱり太陽の光の強いうちに行きましょう!

・サグラダファミリア 18時まで。(最終入場17時45分まで)  2月末まで。

最終入場15分前と書いてありますが、早めに追い出されようとしたことがあるので、疑問です、。
しかも15分前には売店も閉まります。
詳細はガイドネタをどうぞ。


・カサミラ(ラ・ペドレラ)  18時30分まで(最終入場 18時まで) 2月26日まで。

ただし12月26日から1月3日までの冬休み期間は 20時30分まで(最終入場20時まで)


・ピカソ美術館 9−19時まで。木曜日は21時半まで。 年間変わらず。
・ミロ美術館 10−19時まで。木曜日は21時まで。日祝日は14時半まで。 夏場3か月以外。


・Casa Batllo 21時まで。 (最終入場20時まで)





2015.11.07 Saturday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
2015年メルセ祭≪バルセロナ)、聖テクラ祭(タラゴナ)のプログラムができました!
JUGEMテーマ:旅行


バルセロナのメルセ祭のプログラムはこちらのwebからどうぞ!


9月23日の夜21時と、22時半に、カサバトリョではMappingが行われます。
ユネスコ世界遺産に登録されて10年の記念イベントです。


ちなみに、メルセ祭の頃、サグラダファミリアで毎年Mappingが行われていると思ってるお客様が多いですが、サグラダファミリアでは毎年はやりません。去年はやりませんでしたし、今年もやるというニュースは聞いてません。

毎年やるのは市庁舎のファサードです。レベルはちょっと落ちますが、期間中長くやってます。
今年はバルセロナの顔というタイトルで、市民が自分の顔写真を応募できるようになっていました。
地元の知り合いがいる人の方が楽しいかもしれませんね。



タラゴナの聖テクラ祭のプログラムは、こちらのwebからどうぞ!

2015.09.16 Wednesday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)
モンセラへの乗り物、ストライキ情報!(2015年)
JUGEMテーマ:旅行


今週の土曜日、16時35分より、モンセラの登山電車とロープウェイがストライキに入ります。

降りてこれなくならないように?注意しましょう。


混雑も予想されるので、可能だったら別の日が良いですね!
しかし時間は迷惑になりにくい時間なので、観光客に多少は考慮しているような気もしますが、、。

(こちらは一番混む時に、がっつりと、飛行機がストライキしたりするのも普通ですからね、イースターの時期は多いです)
2015.05.31 Sunday | ■バルセロナ(観光情報) | comments(0)