お勧めホテルはドドンデ・コム

お勧めホテルの紹介です。ホテル滞在情報や口コミもあり。


ホテル探しはドドンデ・コム dodonde.com − ゴロよく覚えてください。
DONDE とはスペイン語でどこ?の意味です。
モニュメントに落書きしてはいけません!!(イタリアは罰金スタート!?)
JUGEMテーマ:旅行


サグラダファミリアにの塔にのぼると、内部に落書きがあります。
残念ながら日本人の名前もあります。
(本名じゃない名前にわざと変えたな、、という確信犯もいます)

ペンもありますが、彫ったものも多いです。
どちらも遺産への「破壊行為」です。


グエル公園の柱やベンチに登ったりするのも、同様の破壊行為です。
重い体重がかかるようには作られていないので、壊れる可能性があります。みんながやってるからと言って、やってはいけません。

不思議なことにこういうことをしてる人って、人がやっているのを見て、やりたくなるんですよね。


博物館で、家具、彫刻、絵など、展示品に触ってはいけない。
当たり前のことだけれど、言わないと分からない人もいます。
作品に敬意があれば、言われなくても、やらないはずだと思いますが、、。


幸いにして、日本人のお客様は、やってはいけないと伝えると、だいたいはやりません。
ただ、日本人でも個人客ではマナーのなっていない人たちがたくさんいますね、、。団体客でも、ガイドやガードマンの注意を聞かない人はごく稀にいます、、、。

今日は新聞に、イタリアで逮捕されたというニュースがありました。
罰金されるから注意しましょう、というわけではありません。

してはいけない行為なので、やめましょう。


ーーー

今週末、ローマで、自分撮りをするために、コロッセオの壁に名前を彫った2人のアメリカ人観光客が現行犯逮捕されました。

イギリスの新聞 The Guardianによると、21歳と25歳のカリフォルニア出身の2人は、ツアーから離れてて、コインでそれぞれのイニシャルを彫り始めました。 8cmほどの大きさのJとNを彫ることに成功し、写真を撮ろうとしました。

2人の行為に気づいたローマ警察が2人を逮捕し、モニュメント破損の容疑で告訴しました。現在は裁判での証言を待っているところです。

3ヶ月前にも別のロシア人の観光客がコロッセオの別の場所に25cmの文字を彫った事件がありました。2万ユーロの罰金を科され、4ヶ月留置場の刑が下りています。



 (La Vanguardiaより)






2015.03.10 Tuesday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)
スペインの新世代は亭主関白?
JUGEMテーマ:海外生活


スペインの若者にマチスタ(男性優位主義者)が増えていると警告する新聞記事がありました。

一部抜粋して、ご紹介します。


ーーー
15ー29歳のスペイン若者の33%が、相手をコントロールしようとするのは避けられないか、しょうがない、と考えている。

例えば、相手が家族や友達に会おうとするのを阻止すること。
働かせない。勉強させない。
一日のスケジュールをコントロールする。
など。

こういう考えは女性を下に見ているか、服従させたい現れであり、将来は女性への暴力につながりかねないと心配されている。

去年、同じ質問をスペインの全世代にした数字よりも、かなり高い数字が出ており、驚いたことに、若者の方がその傾向がある。

これは最初、アンダルシアの大学で流行するテレビや映画を調べていた専門家たちが、ネオマチスタの高まりの傾向があると警告。

2012年イグアルダの調査で、若者の28.8%がコントロールしようとする束縛の被害に遭ったことがあり、若い女性の3人に1人が「彼から罵りのメッセージを受けたことがあり、その彼と今でも恋人関係を続けている」と答えている。この最後のケースは特に、危険である。


El periodico記事より。

ーーー


記事にも書いてありましたが、マチスタ=男性優位主義者というと、古い世代のイメージです。ところが若者の中に増えているとは!

しかし確かにスペインには愛情=束縛と考えている人がいます。

普段でも、スペインはカップルや夫婦間の関係が密接です。

お出かけはいつもカップル。(どちらかを置いて、あまり出掛けない)
ビジネスの場所でも夫婦同伴。
離れていてもしょっちゅう電話して、愛情をいつも示す。
旦那・彼との家族とも密接な関係を保つ。
残業しないので、夕方からずっと一緒。バカンスでは1ヶ月一緒。


仲が良くていいところもいっぱいあるけれど、日本人からすると、とても濃厚な関係なんです。


それを過ぎて、「束縛」までされてしまったら、すごそうです。

ドメスティックバイオレンスに発展しないようにするには、「教育」が重要と専門家の意見が記事に出ていました。
2015.01.29 Thursday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)
空のアパートへ罰金を課した市役所は200のうち、たった3市!
JUGEMテーマ:海外生活


不動産バブル崩壊で、銀行が差し押さえ、銀行の所有となってしまったアパートがスペインにはたくさんあります。

もちろんこれらを販売しようとネットに物件が出るし、一般物件よりは安いと言われますが、問題になっているのは銀行があまり値段を下げないことです。


日本のバブル崩壊後と違い、不動産があまり下がらない要因となっているともされます。スペインの田舎は下がっていますが、カタルーニャ、特にバルセロナは下がりが悪いと言われます。

銀行の破綻にならないので良いという意見もあれば、
不動産がバブル時代から、もとに戻らない、一般庶民にはまだまだ高い買い物であり続けるという問題もあります。


そこで、2年以上、空き家になっているアパートを持っている銀行に対して、罰金を科すという法律が産まれました。
あいているアパートを、公共住宅にしたりするなど、有効活用することを促進しようというものです。売れないなら賃貸として貸すのも方法です。


日本の、市街化調整区域内の土地は、所有してから何年後かに、駐車場でもなんでもいいので活用しなくてはいけない、という法律と似た考えのものです。


もともとスペインでは古い物件を所有しているが、売ったりもせず、使ったりもせず、安い時代に買ったものなのでそのまま、、というアパートも多いのです。使わないアパートが多いと、残りのアパートへの競争も増してしまうということで、カラのアパートはどうにかしようという意見はバブルの頃から出ていました。

この法律はこの問題も解決するものです。
町を活性化させることにもなります。


ところが今日の記事で、この法律が出来て1年、ほとんどどこの市町村も活用していないことが判明しました。
以下、記事を紹介します。

ーーーー
議会に出した166市町村のうち、120の市町村が承認したこの法律。
12ヶ月後の今、この法に従って罰金を課したのは、Santa Coloma de Gramenet, Terrassa 、Gironaの3市のみ。

2011年の調査では、住民が誰も住んでいない物件はカタルーニャ州で44万8356件。これに対して2014の調査では、23万1000家庭が公共住宅を必要としている。

罰金額は500ー1650ユーロ。

(La vanguardiaの記事の一部より。もっと訳そうかと思いましたが、長いのでやめました。笑。
しかしテラサの町は罰金は3件ほどだけだが、730件ほどの物件を手続きにかけたところ、半分ほどの物件で賃貸が決まったか、市役所に物件を譲歩した、ということで、がんばっていけば現実的に成功するとの担当者のコメントが書いてありました)

ーーーー

そういえば、ほとんどローンを支払い終わって、もうちょっとなのに、4回支払いが止まっただけで、銀行に差し押さえとなった家庭が最近の裁判で勝ったというのがありました。(すでに4回のうち3回は支払い済み)

このケースは稀なケースで、本当にローンも残りわずかなせいで譲歩が降りたようです。

しかしスペイン人の友人が言ってましたが、同じアパートに誰も住んでいなくて、銀行が所有しているアパートがあるそうですが、もう3年も管理費を払ってくれないそう。

「こっちが払わなかったらすぐに差し押さえるくせに、銀行が払わないと、集金もできない」と嘆いていました。3年分の管理費はかなりの金額にあがっていました。

2015.01.14 Wednesday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)
フィゲラスのダリ美術館に新しい作品が入りました!
JUGEMテーマ:アート・デザイン


フィゲラスのダリ美術館に新しい作品が入りました!
1938年の'Violetas Imperiales', です。
この頃彼は電話の出てくる、同じような雰囲気の絵を6枚ほど描いています。


詳細はel paisの記事(スペイン語)よりどうぞ!

2015.01.13 Tuesday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)
スペイン最新鋭施設「再エネだけで電力供給の8割」
JUGEMテーマ:地域/ローカル


固定価格買い取り制度(FIT)を積極的に活用し、再生可能エネルギー(再エネ)が充実しているスペイン。この国の再エネ比率は、ここ10年間で4倍以上に増加。2013年には約26%を占め、いまや原子力や石炭を上回り、首位をキープする。中でも風力発電が最も多く、設備容量で原発20基分を超えていた。

 特筆すべきは、再エネの普及で多様な電源構成を持つスペインでは、日本のような系統接続の保留問題が起きていないことだ。

 日本では14年9月、電力の安定供給が得られないとして、九州電力などが再エネの受け入れを保留した。スペインではこれだけ再エネを導入しているにもかかわらず、同様の事例は起きていない。

 すでに発送電分離したスペインで国内の送電業務を一手に任されるのは民間会社だ。

「我々は国内電力の細かな需給予測を日々行っています。その上で需給バランスを調整するため、火力と水力発電に関しては4秒ごとに出力調整を行うことができるのです」

 こう説明するのは、スペイン唯一の送電会社レッド・エレクトリカ・デ・エスパーニャ(REE)でシステム運営の責任者を務めるミゲール・ドゥビソン氏だ。

 マドリード郊外の本社内にある中央制御室を覗くと、国内のどの系統でどんな電源がどの程度発電しているのかリアルタイムでわかる巨大な表示盤があった。

 全国32カ所にある電力会社のコントロールセンターとこの場所を光ファイバーケーブルでつなぎ、すべての情報がオープンにされる。電力会社が情報を抱えてしまう日本とはだいぶ違う。

「太陽光や風力エネルギーは自然環境に左右される。そのため、スペイン気象庁のデータを使って綿密な発電予測を行っています。それでも電力需給の差は生まれます。そこで発電量の調整が容易な水力と火力発電にここから秒単位の指令を与えることで、可能な限り電力実需に合わせているのです」(ドゥビソン氏)

 既存の発電設備をいわば調整弁にして、再エネを無駄なく利用しているのだ。ドゥビソン氏によると、電力需給のリアルタイム処理ができるのは、世界でもここだけだという。

 さらに国全体の電力需要にも透明性を確保している。市場予測値、REEの予測値、実需の三つを折れ線グラフで単位時間ごとに表示。インターネットでも情報を公開している。

 訪問時、スペインの全電力供給のちょうど50%が再エネで賄われていた。「風力だけで65%、再エネ全体で80%を占めたこともある」(同)というから驚きだ。

 それ以上に増やすことも能力的には可能。だが、原子力発電など出力調整がすぐにできない電源のセキュリティーを保つ面から、再エネの供給を80%以上にすることは禁じられているという。

 REEは国の資本が20%入っているとはいえ民間企業だが、国家の電力供給を保障する責任を持たされている。ドゥビソン氏はこう言った。

「30年前にREEができる前はスペインも各電力会社がバラバラに送電をしていたため、電力供給に不安定な面がありました。ですが、発送電の分離が行われ、国主導で一元的に送電を管理する方針を打ち出したからこそ、ここまでできたのです」

(桐島 瞬/本誌・小泉耕平、上田耕司)

※週刊朝日 2015年1月16日号より抜粋 / dot.asahi.comより

2015.01.11 Sunday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)
95歳以上で一人暮らしの老人が1500人も!
JUGEMテーマ:海外生活


2014年6月30日付けの住民登録によると、20万3170人がバルセロナで一人暮らしをしています。住民の8人に1人が一人暮らしの計算です。
うち80歳以上の一人暮らしは4万2000人にのぼります。

しかしもっとも注目するのは95歳以上の一人暮らしが1547人もいることです。うち女性は1297人、男性は250人。


これは特に女性に多い傾向にあり、
12万6225人が女性で、7万6945 人が男性です。


95歳以上が住む場所はEixample地区, Sant Gervasi-Galvany地区、グラシア地区に集中しています。


95歳以上のバルセロナの住民は、4578 人。女性が3170人、男性が868人です。

24歳以下で一人暮らしをしている人は2995人。女性が1639人、男性が1356人。

(新聞La Vanguardiaより)



−ーーー
スペインではアパートのシェアが多く、一人暮らしを好まない傾向にあります。 日本人とは反対。わいわいやるのが楽しいという考えです。またワンルームのアパートが少なく,3部屋など部屋数が多いアパートも多いこと、一人暮らしするようなお金もないいこと、もあるでしょう。

その割には24歳以下の一人暮らしもずいぶんいるなと思いましたが、もしかしたら外国人かもしれません。スペイン以外の欧米の人たちはスペイン人よりも一人暮らしをする人がいます。

80歳以上、95歳以上の一人暮らしが多いですが、子供達と同居する家族は少ないです。
個人的には、年老いた親と一緒に住んでいる、、という話は一度も聞いたことがありません。
そのかわり、同じアパートや近所のアパートに住んでいて、よく顔を出す家族は多いです。

老人ホームも多いですが、やはり老人たちはホームにいくのを嫌がります。
友人が「老人ホームに入れたりするのも、入れられたりするのも、悪いこととする風潮がまだまだ残る」と言っていました。

年老いた老人が一人で住むのは心配で、どうにか老人ホームに入れたいけれど、、という話もよく聞きます。
活動的な母だったのに家をまったく出ない。老人ホームに入ったら他人としゃべったりして、本人も楽しく、家にいるより充実した時間を過ごせると思うんだけれど、、と子供達は言ってますが、老人たちは「絶対に拒否」の姿勢らしく、なかなか難しいようです。

家にお世話の人が入ることが多く、通いでお手伝いさんが来ることもあります。
中南米の人たちが多いです。
スペイン老人事情でした。

2014.11.25 Tuesday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)
スペインの若者の夜遊び内容は?
JUGEMテーマ:海外生活



新聞に、スペイン若者の夜遊び形態アンケート結果が発表されていましたので紹介します。
16歳から25歳のバルセロナの若者へのアンケートです。
複数回答Okもあります。


・毎週出掛けますか?
30%がYes, 70% がNo.


・何曜日に出掛けますか?
木曜日 12%
金曜日 74%
土曜日 75%
日曜日 2%
それ以外 1%

・どこへいくのが好きですか?
ディスコ     62%
ミュージックバー 33%
飲みバー 30%
コンサート会場 18%
その他      2%

・夜遊びの理由は?
友達と楽しむため 92%
何かのお祝いのため 47%
パーティーがあるから 21%
新しい人と知り合うため 20%
複雑な1日を忘れるため 14%
コンサートのため 10%

・お酒を飲みますか?
Yes 94%, No 6%

・道ばた(野外)で飲みますか?
Yes 65%, No 35%

・何を飲みますか?
ウォッカ44%、ビール38%、ロン35%、ジン29%、ウィスキー12%、テキーラ5%、その他4%


・夕食以外で、一晩でいくら使いますか?
15ユーロ以下 54%
15ー25ユーロ 39%
25ー40ユーロ 6%
40ユーロ以上 1%

・夕食でいくら使いますか?
10ユーロ以下 62%
10ー20ユーロ 37%


リンクはこちらです。

新聞El periodico記事より。バルセロナ市役所発表のアンケートからです。


ーーーー

アンケート結果、だいたい予想通りでしたが、驚いたのが、毎週出掛けない人の方が7割もいたことです。
昔はスペインでは若者が毎週夜遊びに出るのは普通で、みんな、金土曜日どちらも出掛けてたものです。
どちらも朝までディスコで踊るという人が多かったです。

(ちなみに日本ではディスコは死語で、今はクラブというそうですが、スペイン語ではディスコテカ。まだまだディスコという昭和な言葉がよーく似合う感じの場所が多いです)

踊れない私はディスコなんて嫌。しかも毎週2回も行くなんて!
でも夜遊びにしないと、「え?夜出掛けないの?若者なのに!」と近所のおばさんにまで言われたものでした。
スペイン在住2年目にはすでに私はディスコには行きません宣言をし、あわせて行くこともなくなりました。
でも誰かの誕生日で集まった時は、そのあとディスコへ、、がお決まりコース。そんな時はおつきあいしてました。
これは集まる人にもよりますが、もう若くなくなっても、スペイン人は踊りたい!と思う人たちが多いのです。田舎のお祭りでも同様です。

朝まで飲み物一杯だけで元気に踊りまくる女友達たちとは、もう人種の違いというか、肉食動物と草食動物の違いさえ、感じたものです。

友達はみんな金土と2度出掛けてました。夜中12時過ぎにディスコに繰り出し、朝帰り。
朝6時頃に帰っておなかすいたとキッチンでパンをかじり、寝てから、土日は昼過ぎまで寝てるのが普通という生活をアパートメイトたちは毎週続けてました。

数年前から、おじいちゃんおばあちゃんたちが「うちの孫息子は若者なのにネットばかりやっていて、夜遊びに出ない!」と嘆いてましたが、外にいかない若者が増えてるんですね。びっくりしました。ネットの影響でしょうね。

お金をかけないで遊ぶのは当たりまえですが、夕食にかけるお金が少なすぎて、日本の人はびっくりしちゃうかもしれませんね。スペインの若者は居酒屋にはいかないんですよ。夕食もサンドイッチぐらいで済ませます。

ちなみに65%がやると返答している、道ばた(野外)での飲み(botellónと言います)は、現在、法律上禁止です。瓶が転がって危ないし、声がうるさいスペイン人が野外で騒ぐことになるので近所の人が寝れないのです。でもみんなまだまだ、やっているってことですね。(笑)


お酒に関してはビール、ジン、ロンはスペイン人好きだなーと思っていましたが、一番のトップがウォッカとは思いませんでした。それはたまたま私の周りが飲まなかっただけ?





2014.11.17 Monday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)
カタルーニャ独立投票の結果
JUGEMテーマ:海外生活


非公式で行われたカタルーニャ独立を問う投票。
16歳以上の有権者540万人のうち、230万人強が投票し、80.76%が独立賛成という結果になりました。

(ただし投票権のない外国人も登録すれば投票ができたため、その票も結果に含まれていると思われます)

バルセロナは6-7割ぐらい、田舎は9割以上と予想されていましたが、バルセロナ市は思ったより高く78%。バルセロナ近郊や、アラン峡谷(フランス国境とアラゴン州境に近い)田舎村が意外に6割程度と、興味深い結果になりました。

投票結果を受けて今後も独立運動が活発化しそうですが、引続き見守っていきたいと思います。

ちなみにこの日は投票会場で行列を見かけたぐらいで、デモ行進も大騒ぎもなく、ただの静かな日曜日でした。
2014.11.11 Tuesday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)
グエル公園 入場者数大幅減少で、市役所も満足!
JUGEMテーマ:旅行


入場無料のため、観光客がよく訪れていたグエル公園。
ちょうど1年前の2013年秋からから入場が有料となり、かつ人数制限をしたことで、入場者数が少なくなりました。
新聞ニュースをどうぞ。

・・

グエル公園は劇的に入場者数激減を記録し、有料になっての1年間で、230万人だったと発表されました。
2012年は900万人でした。

近所の人は有料ゾーンも無料であり、12万人以上の近所の人が有料ゾーンを無料で訪れました。

9月30日までのデータでは、観光客の20.42%がグループでの観光。
4.85%が無料の人たちでした。(子供などの無料対象者)

(El periodicoより)


・・

観光客が減って喜ぶのはバルセロナぐらい?
本当に多いのですよ。
多すぎて問題が出て来ているためですね。

人気都市はつらい?


2014.10.26 Sunday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)
スペインへの観光客数 さらに増加中!
JUGEMテーマ:旅行


スペインは今年1月ー9月までの9ヶ月間で、5240万人の外国人観光客を受け入れました。
これは去年の同時期の7.4% 増にあたります。


この調子でいけば、今年は6200万人の外国人を受けたことになりそうです。
去年は6060万人で、最高記録を更新しました。

国別で一番多いのが、イギリス人。
続いて、フランス人、ドイツ人。
北欧の国々が4番目にあたり、続いてイタリア人。

地域別にはカタルーニャがトップ。
続いてバレアレス諸島、
カナリアス諸島が続きます。


(新聞La Vanguardiaの記事より)




2014.10.22 Wednesday | ■スペイン新聞ニュース | comments(0)