お昼のランチメニュー(Menu del dia) 定食のことです

JUGEMテーマ:旅行



スペインでは平日のランチタイムで、Menu del diaというランチメニューがあります。昼の定食です。

・前菜(1皿目)
・メイン(2皿目)
・デザート
・飲み物
などがついて、バルセロナでは庶民的なレストランで10-12ユーロ。
ちょっと良さげな店だと、15−18ユーロ。
もっと高いお店では、25ユーロー。

飲物は別料金のこともあります。
コーヒーは別料金が一般的です。
デザートの代わりにコーヒーにしてもらうこともできます。

田舎にいくと、これにさらに1皿簡単なものがつくお店もあります。(コップサイズのガスパチョなど)

バブルがはじけた後は、もっと簡単なメニューを置くお店も増えました。
メイン1つ+デザート+飲み物で、6ユーロ、など。これらを1/2 Menu (ハーフメニュー)などと呼びます。


続きを読む >>

食べ物写真いろいろ

JUGEMテーマ:海外生活


最近の食べ記録。
・・・といっても、お客様と食べている時も、スペイン人と食べている時も、写真はほとんど、なし!

日本人のお友達と食べているとき(特に相手も写真を撮っている時)ぐらいしか、私も写真はありませんが、、。

写真だけ時々紹介します。

dalmecian2012 055.JPG
dalmecian2012 056.JPGdalmecian2012 057.JPGdalmecian2012 058.JPG

2016-04-26 13.41.39.jpg

・・・

2016-04-26 13.41.33.jpg
狭いが人気のお店。

2016-04-26 14.08.54.jpg

・・

2016-04-26 15.31.51.jpg
スイーツで美味しいカフェ!


ミシュランの星がついたレストラン Disfrutar

JUGEMテーマ:グルメ


絶対にミシュランの星がつくから、星つく前に行った方が良いよ、という噂の高かったレストラン。在住者数人のお褒めの言葉が高かったので、2015年秋に行ってみました。
そして2016年から予想通り、ミシュランの星付きに。

外観はいまいち。
写真がないですが、高そうなお店には見えない。
暗くてダサくて、バルっぽいお店を改装したんだなという感じです。

IMG_0003.JPG




続きを読む >>

レストラン会計の注意点 勝手にチップを足されてしまう?

JUGEMテーマ:旅行


イタリアの観光地で、何度か勝手にチップを足された会計を持ってこられた経験があります。

もちろん海外在住の長い私、(いや、最初の経験はまだ在住時じゃなく、日本から旅行時でしたが、、)。

チップはこっちが決める心づけでしょう?
なんであんたが決めるんかい!

と、会計をやり直させてもってきました。
しかもべらぼうに高かったです。絶対に騙されているか、泣き寝入りの日本人は多いはず。

ところが先日とうとう。
バルセロナでも遭遇しました!

しかも観光地のカフェでもなんでもなく、地元の上流階級の人も来るおしゃれカフェで。
気づかないで払おうとしてしまいました。

一緒にいた連れが(連れは先に会計済みだった)、小銭が足りないと探している私に、教えてくれて気づきました。
連れがいなかったら気づいてませんでした。

ちょっとぼけてますが、レシートを見てください。
2016-02-28 12.52.30.jpg

値段が2.50ユーロなんですが、その下に、
Sugerimos..「10%のチップをお勧めします」と書いてあります。

そして一番下に、一番大きく、
Total Sugerido(お勧めするトータル金額)と書いてあって 2.75ユーロと書いてあります。

私は上が本来の金額。
下が税金IVA(同じく10%)を含めた金額だと思ってしまいました。

そして、まじめな私はさらに、ここにチップを足そうとして、友人(同業者ガイド)に止められました。

ガイド仲間によると最近増えてるとのこと。
別のレストランで(やはり気づいておらず)、カードで払おうとしたら、
「それで、どっち?」って聞かれたそうです。

どっちって、どういうこと?と思ったら、金額が2つあることに気づいたそう。
「お勧めする金額」に気づいたそう。

カタルーニャの人は飲み物ぐらいならチップを置かない人もいるので、こういう仕組みが出たんでしょうか。
ぼったくりほどじゃないところが、イタリア人になり切れない、人の良いスペイン人らしい気もしますが、、。

レシートはよく見るようにしましょうね!(私だ!)

伊東豊雄さんのホテルが窓から見える、Hotel Renassance Firaのレストラン Palmer

JUGEMテーマ:海外生活


スペイン広場と空港を結ぶ、Gran Via沿いにあるホテルです。

外観は白くて、パームツリーの絵があります。ちょっと変わっていて、不評です。
しかし、ロビーやレストランは雰囲気が悪くありません。


IMG_0083.JPG
玄関。

IMG_0085.JPG
ロビー。
IMG_0084.JPG

IMG_0086.JPG
広々としています。建築や美術の本もあるので、よくロビーで読んでます。

<レストラン>
IMG_0098.JPG
レストランは何階か忘れましたが、上層階にあります。


IMG_0087.JPG
レストランの周りは、本物のパームツリーがたくさん!?
夏場はオープンスタイルになって解放できるようで、ヤシの木の合間にもテーブルがありました。

IMG_0097.JPG
伊東豊雄さんの建物がちょうど見えます!

IMG_0100.JPG

食事はスペイン人の友達の誕生日で行ったため、写真がゼロです。
・・しかし、ランチメニューがお得で、お勧めです!

値段は24ユーロ。普通のランチメニューより高い分、オシャレで凝ってます。
前菜、メイン、デザート、ワイングラス1杯かビールなどがついてます。

内容もみんなが注文したものも見ましたが、どれも美味しかったですよ。見た目も材料も良し。
何より値段がお得感あり。
ちょっと場所が市内じゃないが、なかなか良いねって評判になりました。

私達は週末にいきましたが、週末でもそのセットメニューがありましたよ。(平日だけが普通なので、変わってないか、ご確認くださいね!)

給仕もOK。
どっかで絶対知っている、、と思う、ちゃきちゃき働く女性給仕の人がいました。
長いこと住んでいると、どっかのホテルにいた人が違うホテル、、。どっかのレストランにいた人が違うレストランに、、てあるんですよね。

IMG_0102.JPG
食事が終わってから屋上へ。
室内のスパ空間もあります。
IMG_0101.JPG

IMG_0104.JPG
しかしもっと良いのは、屋上テラス!

IMG_0108.JPG

IMG_0106.JPG

IMG_0105.JPG

IMG_0109.JPG

IMG_0103.JPG

IMG_0107.JPG

眺めもよいし、プールもあるし、もちろんカクテルなども飲めるバーもあります。

写真には写ってませんが、私達は午後のバーを楽しみ、堪能しました!!
暑い、、という人のために、ちゃんとパラソルなどもあり、居心地が良いクッション付きの椅子、、(ゴロゴロしちゃいそう)もあります。


周りに背の高い建物がないので(あっても離れているので)、360度の眺めが楽しめます。
この日はお天気が良かったので、最高でしたよ。

宿泊しなくてもバーは楽しめるので(プールは非宿泊客は有料かもしれません?)、ぜひどうぞ。


●このホテル、いいじゃーん!と思った人。
実は部屋の中はびっくり仰天です!!勧めるかというと、うーん、です!??(笑)

泊まらない人も笑えるので、おもしろ添乗員さんによる、ホテルの口コミ情報をどうぞ!!
 


■ホテルの詳細&予約 --------BOOKING

バルセロナの2016年ミシュラン星付きレストランリスト

JUGEMテーマ:グルメ


2016年のミシュラン星付きレストランが発表されました。

早く行かないと星がついちゃうよー、と言われて、あわてていった? Disfrutarも早速入っていましたね!

【2つ星】
・Moments  Carme Ruscalledaの息子、Raül Balam

・Enoteca  Paco Pérez

・Lasarte  Martín Berasategui

・Abac    Jordi Cruz



【1つ星】
・Pakta  Albert Adrià  ペルー料理と日本料理のミックスです。

・Saüc  Xavier Franco

・Alkimia  今現在改装クローズ中です。

・Caelis  Romain Fornell

・Gaig   Carles Gaig

・Hoja Santa/ Niño Viejo  Paco Méndez メキシコ料理です。(新加入)

・Angle   Jordi Cruz

・Hoffman

・Dos cielos

・Via Venetto  Sergio Humada

・Roca Moo    Felip Llufriu

・Cinco Sentits Jordi Artal

・Dos palillos Albert Raurich

・Hisop 

・Koy Shunka

・Nectari   Jordi Esteve

・Disfrutar   Oriol Castro, Eduard Xatruch y Mateu Casañas(新加入)

・TIckts   Ferran and Albert Adria






海辺のレストラン Restaurante Xup,Xup / Restaurante Arenal

JUGEMテーマ:旅行


行ったお店はXup Xupです。
タイトルにレストラン名を2つ書いたのは、ホームページやメニューを見る限り、この2レストランはかなり似ているからです。

経営も同じですが、雰囲気も同じ、場所も近い、食べ物も同じような感じ。
だから、下に書いていることは、ほとんどどちらのレストランにも共通する、と思って大丈夫でしょう。

このレストランへ行ってみたのは、お客様から質問が来たからです。
「パエリャを食べたいけれど、①7 puertas( set portes) ,② Xup Xup, ③Arenalの3軒のうち、どこがお勧めでしょうか」と。

(注・ガイド依頼済のお客様に対してのみしか、このような質問には答えてませんので、ご了承くださいませ)

続きを読む >>

バルセロナのベルムット・バル / VERMUTERIA LOU

JUGEMテーマ:旅行


食前酒でよく飲まれる、Vermut 屋さんのことを、vermuteriaと言います。
この近くには、もっと飲み屋っぽいvermuteriaがあるのですが、Joanic地下鉄駅を出てすぐにある、このvermuteriaは食べ物もたくさんあって、バルレストランっぽい雰囲気です。

いつも混んでいます。

IMG_0068.JPG
もちろんvermutもあるでしょうが、普通のお酒もたくさん置いてあります。
カウンターには魚介類や肉が並んでいて、地元の人もムール貝などを食べてます。

この日はRuta de Tapa(タパルート)で1ビールとつまみを食べましたが。
ビールは協賛ビール会社を使うのですが、この店ではご覧のように冷やしているため、ビールの冷えは悪かったです。(笑)

店内も暑かったですが、入ってきた途端、「暑いわ、クーラーないの?」と言うスペイン人夫婦に、お店のおばさん、「暑くない!!!」と言い切ってました。ちょっとうっすら汗ばんでいるオデコを見せながら。

えー、暑くないと言っちゃうのか?と思いましたが、断言されて説得されてしまい、素直に老夫婦はテーブルに座って、もりもり食べてましたね。

思い込みは大事です?

IMG_0070.JPG

この日のグラシアのタパスルートでのメニューは、こちら。
目玉焼き、ジャガイモ、生ハム、フォアグラが入ってます。
タパスルートでは2番目に評価の点数が高かったです。

IMG_0069.JPG
さらに、アップで、どうぞ。


下にたっぷり、ジャガイモが入っていて、すごいボリュームでした。
タパス巡り2軒目にして、お腹いっぱいになってしまう、女子達。。

しかし、ジャガイモと、目玉焼きは、スペイン人の好きなメニューです。
さらに、単価の高い、生ハムとフォアグラですものね。高い点数がつくはずです。

このメニューはタパスルート用かな?いつもあるかどうかは、分かりません。

フォアグアは写真では大きいですが、食べてみると、どこへ行ったの?という量でしたが。いや、それ以外のボリュームが多すぎて、相対的に小さかったのかもしれません。


<店名> VERMUTERIA LOU
<住所> ESCORIAL, 3

バルセロナのレストラン いろいろ

JUGEMテーマ:グルメ

サグラダファミリア近くは観光地すぎて、美味しいお店があまりありません。
そこで時々、開拓します。

こちらはお勧めバルとしてよく紹介されているお店の隣にある姉妹店のレストラン。
バルが気に入っていたので、レストランも期待して出掛けました。

アラカルトにするかどうか迷いましたが、お昼に食べに来たし、とりあえず、どんなものかランチメニューを頼んでみました。

ランチメニューといっても、IVA込みで26.40ユーロです。

IMG_0094.JPG

IMG_0096.JPG

IMG_0095.JPG
上とこちらは御通しです。ランチメニューでもちゃんと出してくれるのは嬉しいですね。
美味しくて、私は気に入りました。どこかでも食べたなあ、という味でしたが。


IMG_0098.JPG
フォアグラ。私も、複数の友人たちも、フォアグラ好きなのでこのブログにはよく出てきます。

IMG_0097.JPG
分厚さが分かるでしょうか?
美味しかったです。フォアグラ好きとしてはたっぷりあるだけで満足。

IMG_0100.JPG
お米。こちらも美味しかったです。ただ、日本人には芯が固いタイプ。
1皿目は3人とも、満足でした。(2人がフォアグラにしたんで、2皿しかありませんが)


次はメインです。
IMG_0101.JPG
二人が肉。
IMG_0102.JPG
肉の店なのに一人が魚。

メインはどちらもパンチがなかったです。メインなのに、、。
前菜の方がよかったです。

肉はボリュームもあったし、味も普通でしたが、、、。
魚はボリュームがなく、料理も少ないし、味はもっと普通で、なんだ、、というがっかり料理でした。

まあ、肉料理の店なのに、魚を選んじゃうところが悪いんですが、、。この日は歯の問題で、食べやすい魚になったのです。

IMG_0103.JPG
店内は狭く、ビジネスマンなどで混んできました。
ウェイトレスさんは一人はよかったですが、1人はいまいち。気性の荒い感じの女性で、あまりサービス精神を感じられませんでした。

ランチが良ければ、次回はアラカルトに、、と思っていましたが、一度目がいまいちだと、二度目はなかなか回ってこないですね。ランチってお得感のあるものですが、全然その価値があったようには思えず、やる気がないお料理な感じがしました。

良い口コミもあるようなので、日によりけりかもしれません。
口コミが良すぎて、期待しすぎたせいかもしれません。

でも、私達は日本人女子3人でいきましたが、全員が「メインがいまいち」という印象で一致しました。

個人的にはこういう創作料理のお店はネタがつきるせいか?定番のレストランよりも失敗が多い気がします。
あたりはずれがある、ということですね。あとはウェイトレスさんの印象も出てきてしまいますね。

・・・
ガウディのCasa Calvet、レストランになっています。
写真が出てきたので紹介を。
PC050095.JPG

PC050096.JPG

PC050097.JPG

PC050098.JPG

・・・・・・


IMG_0004_4.JPG
こちらはカタルーニャ料理レストランです。店内は雰囲気があって素敵です。
個室サロンもあります。

最近は白い壁、白いテーブルというモダン内装のレストランが多いため、伝統一軒家スタイルは印象が良いです。


IMG_0005_4.JPG
右がパンコントマテ。
左はサービスのサラミ系のおつまみが出ますが、これが美味しいと評判です。


IMG_0006_4.JPG


IMG_0007_4.JPG

IMG_0008_4.JPG
揚げたてのブニュエロス。たらのすり身揚げです。

IMG_0009_4.JPG
見た目が美味しそうで、あつあつ!しかし食べると、やや塩辛かったです。


IMG_0010_4.JPG
カタルーニャ料理の1つ。ほうれん草にレーズンと松の実が入ります。

IMG_0011_4.JPG

IMG_0012_4.JPG
子牛の煮込み。これは塩辛かったです。
このお料理は他のレストランでも食べれます。

IMG_0013_4.JPG

IMG_0014_4.JPG


難点は、美味しいのだけれど、塩辛いこと。
一度それを伝えたら改善されたのですが、、、。
その半年後ぐらいに口コミを見たら、また塩辛いのコメントが。
「すべてが美味しいのに塩辛い」と、私と同じ感想を書いてる人もいました。

このお店にいったら、塩を控えるようにと注文前に伝えたり、塩辛くなさそうなものを注文しましょう。煮込み料理などはもう煮込んであるでしょうから、その場でさっと料理できるものを注文するのが良いでしょう。
口コミも英語で書くのも良いかもしれませんね。

店内の雰囲気も良いし、お料理も種類が豊富で郷土料理、ハーフサイズのお皿もあり、サービスも悪くないので、塩辛いところだけが惜しい!改善して欲しいと思っています。

一度ただシンプルに焼いただけの魚がいいと言ったお客様がいたのですが、
聞いてみたところ、その通りにしてくれました。その対応なども良かったです。

ちなみにこのレストランに限らず、スペインでは塩辛いことが多いですが。
最近、伝統レストランが苦戦してお客さんが減ってるようなので、残って欲しいレストランです。

<レストラン名> Casa Jordi


・・・
こちらは有名な炭火焼のお店です。
DSC_1361.jpg
典型的なタイルの飾り付けの店内も魅力的です。

DSC_1360.jpg

リーズナブルなお店で、ランチメニューもないのに、ランチタイムにはたくさんのスペイン人が食べに来て、びっくりしました。ビジネス街や上品な地区に近いので、稼いでるビジネスマンでしょうか?


DSC_1364.jpg
ビールとワインを注文。オリーブも来るし、ビールは冷や冷やのグラスに出てきました。私は赤ワインにしましたが、一瞬後悔したほど、ビールが美味しそうでした。

赤ワインですが、値段をみて、これはボトルなんだろうか?なんだろうか?と思い、聞いてみました。4ユーロだったかな?ボトルにしては安すぎ、グラスにしては高すぎの値段だったのです。

すると、グラスにしてあげるよと言ってくれたので、それで注文しました。
ところがグラスといっても、ミニピッチャー。写真のように2杯はある大きさで出てきたので、途端にニコニコ顔になってしまいました。しかも会計をして驚きましたが、このサイズで1.50ユーロだったんですよ。安いです!!

ということは4ユーロはもっと大きなボトルだったのか?
それとも、この大きさなんだけど、値段だけグラスにしてくれたのか?、不明です。

前菜も激安が多いので、どんなものか、頼んでみました。
DSC_1369.jpg
アーティチョーク 3.70ユーロ。ちょっと焦げ付きの感じでしたが、4つも入って、3.70ユーロです!


DSC_1365.jpg
グリーンサラダ Ensalada Verda 3.30 ユーロ。
私達が想像していた2倍の大きさのサラダでした。
しかも、ものすごく野菜が新鮮で、これまた美味しそうなサラダでしたよ。

DSC_1367.jpg
スープ Escudella 4ユーロ。
店の外にEscudellaありますよって張り紙を見た時から食べたいと思ってました。しかも4ユーロなんて安いです!
前菜がこの値段からあるのだったら、ランチメニューがなくても、食べに来ても良いですね。

DSC_1370.jpg
具だくさんでした。

Escudellaはカタルーニャの郷土料理にあたるスープ。
Escudella de Pagésや、クリスマスの頃に食べるLa escudella i carn d'olla (スペイン内陸部で食べるcocidoに似ていて、スープと具を別々に食べます)などがあります。


DSC_1371.jpg
豚足  5.60 ユーロ
私は豚足の煮込みの方が大好きで、焼いただけのはそれほど好みではないのですが、連れは逆に焼いただけのが好きといって、喜んで食べてました。
煮込んである方が好きすぎるのもありますが、このお店はどれも美味しいので、一度食べてみたいです。

DSC_1372.jpg
Entrañas de ternera 8.30ユーロ
子牛のentraña。ハラミに近い部位のお肉です。


バルセロナで観光客が食べるのは、パエリャ、魚介類.それとバルにいってみたい、、。
肉が食べたいひとは少ないし、田舎のシンプルな炭火焼レストランい行く機会がないと思いますが、お店によっては(季節によっては)カルソッツが出たり、かたつむりが出たり、意外と郷土料理もあるので、行ってみると面白くてお勧めです。

有名な炭火焼レストランはたくさんあり、どこもカジュアルレストランなので、リーズナブルに、わいわい、食べれます。


・・・・
こちらも炭火焼のお店。

IMG_0073.JPG
天井を撮ったのでお客さんがうつってませんが、お昼時いっぱいでした。

IMG_0064.JPG
こちらはリピートした時の写真。オープンしてすぐの第一号でした。

IMG_0077.JPG
バル巡りで点数が一番高かったので、楽しみにしていた、タラ(bacalao)。
隣の緑色のソースが美味しかったです!!!

IMG_0074.JPG
アップでどうぞ?

バルセロナのレストラン / Osmosis(オスモシス)

JUGEMテーマ:海外生活


今流行のDegustacion(いろいろ食べれるコース料理)を出すレストランです。
モダンな店内で、お料理もモダンな創作料理。

DSCF6802.JPG
美味しそうなオリーブ!

DSCF6804.JPG

DSCF6806.JPG
塩も種類があります。
続きを読む >>