おばあちゃんの修復 ー 記事と、その続き(お菓子屋さん)

世界中でニュースになっっている、おばあちゃんの修復事件。
まずは記事のご紹介です。

(CNNより)
(左がオリジナル。中が修復前。右がおばあちゃんの手による修復?創作?画)

スペインの教会の柱に描かれていた120年前のフレスコ画が、高齢の一般信者の手で「修復」されて原画とは似ても似つかない状態になっているのが見つかり、地元で騒ぎになっている。
「修復」が行われたのは、スペイン20+ 件北東部ボルハの教会にある19世紀の画家エリアス・ガルシア・マルティネスの作品。いばらの冠をかぶったキリストの肖像が描かれていた。
ボルハの地域研究センター職員がこの作品を写真に収めようと教会を訪れて異変に気付き、「驚愕した」という。

「修復」を手掛けたのは教会員のセシリア・ヒメネスさん。地元メディアの取材に対し「頼まれたからやっただけ」と話している。作業は堂々とやっており、ほかの信者たちも見ていたが、誰も止めようとしなかったという。
変わり果てたその姿に、地元に住むガルシアの孫のテレサ・ガルシアさんは「作品が破壊されてしまった」とショックを受けている。
作品を元通りにできる手段があるかどうかは不明。地域研究センターは「この言語に絶する行為に解決策があるのかどうかは分からない。しかし再発防止のための対策が必要だ。意図はともかく、強く非難されるべき行為だ」と述べている。
今回の出来事について同センターのブログに寄せられたコメントの中には、英コメディアン、ローワン・アトキンソンが演じる「ミスター・ビーン」の1997年の映画版で、画家ホイスラーの母の肖像画が悲惨な目にあう一場面を思わすとの一文も見られた。
(CNNより)


・・
このおばあちゃんの修復した、猿みたいになってしまった絵を?、マドリッドのお菓子屋さんがクレープの柄として売り出しました。「セシリアおばあちゃんはちょっと落ち込んでいるのを知っている、お店から甘いものとともに愛情を送り、元気になるように」と店主談。

便乗商売かもしれないし、ただ単に「受けた」のかもしれないし、もしかしたら同じ地元の人がこのお菓子屋さんで働いているかもしれませんね。

El periodico より




ちなみにこの教会、急に注目を浴び、観光客が訪れるようになったそうです。

スペイン国王も減給 欧州危機で7%

JUGEMテーマ:地域/ローカル


スペイン王室は17日、欧州債務危機を受けた財政赤字削減のため、フアン・カルロス1世国王ら王室関係者の給与を7・1%減額すると発表した。各公務員の減給分と同率。

 年間の減給額は、国王が約2万ユーロ(約200万円)、フェリペ皇太子が約1万ユーロ。AP通信によると、減給後の給与は国王が年間で27万2千ユーロ(約2600万円)となる。

 国王らは12月に支払われるのが慣例の「ボーナス」も返上。王室によると、2012年の王室予算は11年より9万〜10万ユーロ削減される。

 スペインは経営難に陥った銀行救済のため欧州連合(EU)に支援を要請。今月11日には、日本の消費税に相当する付加価値税の引き上げなど追加の赤字削減策を発表しており、王室も削減努力を示した。(共同)

(Sankei BIZ より)

カトリック式の結婚式は44%のみ。

JUGEMテーマ:海外生活


スペインでは2010年にカトリック教会で結婚式をあげたカッププルは44%であり、前年度比18.8%も下がった。カトリック式のお葬式は64%で、残りは略式か他宗教。

毎週日曜日にミサへ参加するスペイン人は1000万人。
2010年に生まれた赤ちゃんで洗礼を受けたのは72%。


(El periodico 2012年6月17日より)

スペイン皇太子賞に任天堂の宮本氏=「マリオブラザーズ」など開発

JUGEMテーマ:趣味


スペインのアストゥリアス皇太子財団は23日、人類発展への貢献をたたえる2012年のアストゥリアス皇太子賞の「コミュニケーションおよびヒューマニズム」部門に、人気ゲーム「マリオブラザーズ」などの開発者として知られる任天堂の宮本茂専務が選ばれたと発表した。スペインのオビエドで10月に授賞式が催される。賞金は5万ユーロ(約500万円)。
 宮本氏は全世界で約2億7500万本を売り上げた「マリオブラザーズ」シリーズや「ゼルダの伝説」など人気ゲームを手掛けたほか、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」などの開発にも携わった。審査委員会は宮本氏について「新しいコミュニケーションの形を生み出した」とたたえた。(2012/05/24-00:46 時事ドットコムより)

・・
スペインの新聞でもネットで一面に掲載されています。

サムライ末裔?スペインのハポンさんDNA鑑定

江戸時代初期に渡欧したサムライの末裔
まつえい
ではないかと言われる「ハポン(Japo´n)」の姓を持つスペイン人のDNA鑑定を行い、日本との関係を探る研究プロジェクトが、近く始まる。

 スペイン語で「日本」を意味する「ハポン」姓を持つ人は、スペイン南部セビリア近郊の町コリア・デル・リオとその周辺に約800人が住んでいる。サムライの末裔と言われるのは、〈1〉1614年にスペインに到着した「慶長遣欧使節」一行が同町に一時滞在した〈2〉古文書に「ハポン」姓が出現するのは、一行が去ってから数十年後から――などの理由からだ。

 地元の郷土史家が「サムライの子孫」説を提起していることは、1992年のセビリア万博の数年前から日本でも知れ渡り、関心を集めるようになった。

(2012年4月11日16時18分 読売新聞)

・・

そういえば、コロンブスさんという名前の人たちのDNA を調べて、スペイン、イタリア、フランス各地で調査するって話はどうなったんでしょうね?コロンブス本人の骨の状態がわるいので難航している,,までは聞いてますが、、。

スペインの失業率、ますます悪化

JUGEMテーマ:海外生活


2012年2月のスペインの失業率は23,6%で、ヨーロッパの中でトップ。

ヨーロッパで失業率が少ないのは、オーストリア(4.2%)、オランダ(4.9%)、ルクセンブルグ(5.2%)。
多いのはスペインに続いて、ギリシャ(21%、ただし2011年12月の数字)、ポルトガル(15%)、アイルランド(14.7%)。

スペインの若者の失業率は50.5%を記録した。

(Vanguardia 4月2日記事より)

カタルーニャ州の外国人、人口減る

JUGEMテーマ:地域/ローカル


カタルーニャ州に2012年1月1日に住民登録している外国人の数は、118万5852人。
全人口の15.7%にあたり、去年より1.06%減少した。

2000年から外国人の登録数を調査し始めてから、減少したのは初めてのこと。


しかしながら全地域で減少したわけではなく、 Prioratでは4,5%、la Segarraでは3,7%の増加率で、いまだに21のコマルカで外国人数は増えている。

もっとも外国人の多いコマルカはl'Alt Empordàで、人口の27.7%を締める。2番目がla Segarraで26.3%。


最も人口の減った国はエクアドールで、特にバルセロナで減少。バルセロナだけでエクアドール人の50%が住んでいる。最も人口の増えた国はパキスタン人で、バルセロナだけで80%が居住。

カタルーニャで最も多い外国人は、相変わらずモロッコ人。外国人の20%を占める。

・・・

El Periodico。3月9日付けの記事より。

タワー式、スペイン太陽熱発電

JUGEMテーマ:地域/ローカル


太陽の光が降り注ぐスペイン南西部の大地は、巨大な太陽熱発電プロジェクトに最適の条件を備えている。政府から手厚い補助金も提供され、アンダルシア州やエストレマドゥーラ州などは太陽熱発電産業にとって天国のような土地だった。

 しかし、その状況は長続きしなかった。太陽熱発電市場が過熱する中、世界規模の金融危機が発生し、スペイン政府は再生可能エネルギーに対する補助金の大幅削減を決定。最盛期の2008年には、世界中の太陽熱発電施設の40%が同国内で導入されていたが、地中海の太陽を利用する発電ブームは突然“運命の逆転”を迎えることになった。

 しかし、イベリア半島で育まれた技術は新たな土地への広がりを見せている。スペイン企業は、これまでに培ってきたノウハウを、アメリカや中南米、ほかのEU諸国に向けて輸出しようと取り組み始めている。

 アメリカは1970年代のエネルギー危機の後、モハベ砂漠で試験的なタワー式太陽熱発電施設を開発していた。しかし30年後の現在、スペインとの差は歴然となった。2007年3月、スペイン南部セビリアの西方20キロの町サンルーカル・ラ・マヨールで、世界初の商用タワー式施設「PS10(Planta Solar 10)」(写真)の操業が開始されたのである。頂上部で太陽光を集光する中央タワーは高さ115メートル。5500世帯分の電力を生み出し、加圧水による蓄熱システムで最大半時間分のエネルギーを貯蔵することができる。

 集光型太陽熱発電(CSP)プラントは、水蒸気でタービンを回し発電する。反射鏡を円形に配置して太陽光を中央タワーに集めるタワー式は効率が良く、エネルギー貯蔵技術も組み込みやすいとされている。

 遠くからタワープラントを見ると、まるでハイテク版ミステリーサークルあるいは奇妙な円形劇場のようだ。間近まで行けば、中央の光り輝くタワーに向かって咲く巨大な“メカヒマワリ”の農場に見える。


。。。

National Geographic News
February 29, 2012 より。

負債返済のため、スペインの村が大麻栽培土地を提供?

JUGEMテーマ:地域/ローカル


こんなスペインニュースを見つけました。

・・・

[ラスケラ(スペイン) 7日 ロイター] スペイン北東部カタルーニャ自治州のラスケラ村で、130万ユーロ(約1億3900万円)に上る負債を返済するため、大麻栽培用に土地を貸し出すことが計画されている。
土地の大きさは15ヘクタール。1カ月当たり5万4000ユーロでバルセロナ大麻自家消費協会に貸し出される予定。

ラスケラ村の人口は900人。住民の1人は、同計画は「村の負債返済手段として可能な方法」だとし、「合法ならパーフェクト」と述べた。

同計画については、カタルーニャ自治州政府と司法当局が合法性を協議中だという。スペインでは個人使用目的の大麻栽培は合法だが、密売した場合は6年の禁錮刑が科される。


・・・

ロイターの3月7日の記事より。

アントニオ・タピエス死去

JUGEMテーマ:アート・デザイン


いつも毎日新聞をチェックしていますが、この2月は丸1ヶ月、ほとんどネットのない環境でバカンスを過ごしました。すると、大事件!なのに知らないスペインニュースがあったりするのですよね。浦島太郎な気分です。

今日知って、驚いたのがアントニオ・タピエス死去のニュースでした。
(もうご高齢でそんなうわさはありましたが、、)

・・

AFP通信によると、アントニ・タピエスさん(スペインの画家)が6日、バルセロナで死去、88歳。病気療養中だったが死因は不明。欧州現代美術を代表する芸術家の一人とされ、布など様々な素材を使った抽象画やオブジェで知られる。1960年代にはフランコ政権に対する反政府活動に参加し一時身柄を拘束された。

(朝日新聞デジタル・2月8日付)

スペイン ヤミ労働横行 GDPの4分の1に?

JUGEMテーマ:地域/ローカル


財政危機の中、約23%という記録的な失業率に悩むスペインで、正式な契約を結ばず、低賃金で違法に働くヤミ労働、ヤミ雇用が問題になっている。先月発足したラホイ首相の新政権は厳しい緊縮策を打ち出しており、雇用環境の一層の悪化を避けられそうにない。大勢の労働者に不安が募っている。

 スペイン最大の工業都市バルセロナで、昨年十一月に失業した元事務職バネッサ・サンチェスさん(28)は打ち明ける。「正規の職は全くなく、周囲にはヤミで働く人が多い。生活のため、みんな働かざるを得ないし、将来が不安で仕方ない」

 ヤミ労働は飲食関係や建設業に多い。正規雇用ではなく、税金や社会保険料などを納めない違法雇用だ。賃金は低く抑えられ、突然の解雇も。正社員の解雇にさまざまな規制があるスペインでは、二〇〇八年の不動産バブル崩壊後、違法な雇用が急増したという。

 主要労組・スペイン労働者委員会の広報担当者によると、ヤミ労働の市場規模は国内総生産(GDP)の四分の一にまで膨らんだとの試算もある。「貧困層の多くは、ヤミ労働で何とか生きている」と説明する。

 一方、ラホイ首相は就任と同時に財政赤字削減のため百六十五億ユーロ(約一兆六千五百億円)の歳出カットに乗り出した。景気の一層の冷え込みが懸念される中、バルセロナの車両部品工場を半年前に解雇されたマヌエル・ルイスさん(41)は「新政権は労働環境を悪化させているだけにしか見えない」と憤った。


東京新聞2012年1月1日より。

サグラダファミリア、入場者数40%増

JUGEMテーマ:旅行


ローマ法王が訪れてミサをおこなった2010年11月7日を記念し、今年11月7日(月曜日)、記念のイベントを行うそうです。午後。サグラダファミリアのwebを見たところ、今のところ何も書いていませんが、11月7日の午後は一般入場はないかもしれません。


今年は9月末までに前年比42%増の入場者数となっており、12月には320万人に達するだろうと予想されています。(去年は230万人)

新聞 EL PERIODICOより。

コスタドラダでロシア人観光客がトップへ

JUGEMテーマ:旅行


コスタドラダの海岸沿いで、ロシア人観光客が外国人観光客全体の30%を占め、長年トップの座であったイギリス人観光客を抜いてトップとなった。


去年の18%から飛躍して今年は30%。


理はロシアの14空港からバルセロナへ直行便が運行をスタートさせたこと。今までは国内で大きな移動をせねばならず、不便であった。


El periodico より。

・・

日本も1都市だけでいいから、直行便が出ないでしょうかねー。

世界一のレストラン El Bulli 最後の日

JUGEMテーマ:グルメ


「世界一のレストラン」と評されるスペイン北東部バルセロナ近郊の地中海料理店「エルブリ」が、30日を最後に休業
した。2014年に料理人育成に当たる料理研究所として再開する予定。AFP通信などが伝えた。

 この日は、経営者で料理長のフェラン・アドリア氏の友人や長年勤めた従業員ら約50人が招待客。ピスタチオのラビオリなどの料理に舌鼓を打った。

 アドリア氏は記者団に「きょうは悲しい日になるのが道理だが、その反対でうれしくて仕方がない。私たちのプロジェクトは続くのだから」と語った。(2011/07/31-07:33)
パリ時事通信より

牛追い祭りがバーチャル体験できる博物館誕生!(パンプローナ)

JUGEMテーマ:旅行


パンプローナに牛追い祭りがバーチャル体験できる牛追い祭り博物館(Museo de Encierro)がオープンしました。

以下はネット上のAFP BB Newsの7月15日付けの記事です。

・・


猛然と迫る牛の群れに追いかけられる度胸のない人でも、名高いスペインのサン・フェルミン祭(San Fermin Festival)の牛追いの熱狂と興奮を楽しめる「バーチャル牛追い」が、開催地パンプローナ(Pamplona)の「牛追い博物館(Museo del Encierro)」に登場した。バーチャルゴーグルとルームランナーを組み合わせたコンピューター・シミュレーションだ。

 博物館の創設者の1人、パウラ・ディアス(Paula Diaz)さんは、「世界で1つしかない、サン・フェルミンの牛追いシミュレーター。怖いとか、色々な理由で、牛追いをやってはみたいが、やったことがないという人はたくさんいます。そういう人たちに牛追いがどういうものか体験してもらえたら」と語っている。

 1万5000枚の実際の牛追いの画像を使用したこのシミュレーター、「どこに持って行っても、とても好評」だという。昨年マドリード(Madrid)で開かれた旅行フェアに出展した際には、訪れたフェリペ皇太子(Crown Prince Felipe)とレティシア皇太子妃(Princess Letizia)もゴーグルを試したが、ルームランナーの上に乗ることはやんわりと断っていた。

 スペイン北部ナバーラ(Navarra)自治州の街、パンプローナの聖人サン・フェルミンの祭りの牛追いは、スペインの牛追いの中でも最もよく知られ、毎年7月7日〜14日の間、毎日行われるが、今年は8回の牛追いで43人が負傷した。

 死者が出ることもあり、最近では2年前に27歳のスペイン人男性が大勢の観客の前で、牛に首や心臓、肺を突かれて亡くなっている。(c)AFP

バルセロナは全裸&セミヌード禁止に!

JUGEMテーマ:海外生活


バルセロナでは夏になると、ほとんど洋服を身に着けないような格好・・をよく見かけます。全裸の変態おじさん(とっても有名)はともかく、上半身裸の若者が歩いているのも多いし、女性も背中から見ると服を着ていないような、よだれかけタイプな服などなど。


できるだけ裸に近い服装・・というイメージがありましたが、やはり都会でこれはよくないということで、バルセロナでは禁止になるそうです。以下、新聞記事です。


・・・
バルセロナでは5月29日から、通りで全裸もしくは半裸になることが禁止される法律がスタートします。警官に注意されても服を身に着けることを拒否した場合の罰金は全裸か、全裸に近い格好だった場合に300-500ユーロ、半裸だった場合には120-300ユーロとなります。半裸とは水着だけか、それに近い服装の場合も含まれます。

しかしながらビーチに近い通り沿いはこの法律が適用されません。
また芸術表現などで許可が出た場合も例外とみなされます。

El Periodicoより。

スペインの名ゴルファー、セベ・バレステロス氏死去

JUGEMテーマ:海外生活




男子ゴルフのメジャー大会を5度制し、名ゴルファーと言われたセベ・バレステロス氏(本名セベリアノ・バレステロス)が7日、スペイン北部の自宅で死去した。

 ロイター通信が伝えた。54歳だった。2008年10月に脳腫瘍で倒れると、4回にわたる手術を受け、自宅で闘病生活を送っていた。

 スペイン出身。果敢にピンを狙っていく攻めのゴルフで、ファンを魅了した。1979年に22歳で全英オープンを制覇すると、80、83年にマスターズ、84、88年に全英オープンを次々と制し、通算5度のメジャータイトルを獲得した。また、77、78年には日本オープンでも連続優勝を果たした。全盛期には通算61週にわたって世界ランキング首位の座を守った。99年には世界ゴルフ殿堂入り。日本のビールのコマーシャルにも出演し、甘いマスクで女性ファンも多く、「セベ」の愛称で親しまれた。

(2011年5月7日19時04分 読売新聞)

2010年 バルセロナへの観光客が歴史的数字に!

2010年バルセロナを訪れた観光客は713万人で、過去にないほどの数字となりました。2011年もこの数字を更新する見込みがあるとのこと。

バルセロナを訪れたスペイン人は190万人で、2009年より1.8%の減少です。外国人旅行者の国別で最も多かったのはフランス人。続いてイタリア人、アメリカ人、イギリス人の順でした。

新聞El Paisより。

風力発電がスペインでトップの発電手段に。

風力発電がこの3月にスペインの電力の21%を占め、初めて原発(19%)を上回り、スペインでトップのエネルギー源となりました。


風力発電はこの3月に月間最高値の4738ギガワット時(GWh)を記録。水力発電の値も上回りましたが、水力発電とともに、主な、再生可能エネルギーとなっています。スペインでは2万676MWの風力発電が設置されています。

また風力発電のおかげで、外国へエネルギーを頼る額も、二酸化炭素の排出も、減らすことができると指摘されています。3月に風力発電が節約した二酸化炭素の排出は1億7000万トンに及び、85万本の樹木を植えるのと同様の効果を生み出しています。


新聞El Periodicoより。





三つ星レストランのシェフ Santi Santamaria 突然の死去

JUGEMテーマ:グルメ



Sant Celoni(サン・セローニ)のミシュラン三つ星レストランCan Faves(カン・ファバス)のシェフ、Santi Santamariaサンティ・サンタマリアが心臓発作のため,滞在先のシンガポールで急死しました。

彼のお葬式は生まれ故郷のサン・セロニの劇場(Teatre Municipal Ateneu de Sant Celoni)で行われ、料理業界の人々も駆けつけました。フェラン・アドリアへの批判と仲互いが知られることからテレビではフェランの言動ばかりが取り上げられていましたが、以下はお葬式の新聞記事の中のフェランの言葉です。 El periodicoより「意訳」しています。

・・・

ホアン・マリア・アルサックに伴われながら現れたフェラン・アドリアは劇場に入る前に、サンタマリア死去のニュースにショック状態となったと告白した。

フェランは「この非常につらい時にご家族のそばにいれることができてよかった。相違の違いがあったし、偽善者になることなく言うが、彼は世界の料理界の偉大なる人物であったし、そうあり続けるであろうと認めなくてはいけない」と語った。

彼は特に息子のPau Santamariaに言及し、8ー10年前から家族とEl Bulliに訪れていたし、彼自身にも小さい頃から料理を給仕した、と語った。(注・テレビでは、お葬式で非常に感情的な様子で息子さんと抱き合っている場面が報道されていました)

サンティ・サンタマリアはサンセローニは三つ星レストランのカンファバス、2つ星レストランのSant Celoni(マドリッド),1つ星レストランのEvo(バルセロナ郊外Hospitalet)と同じく1つ星の el Terra de Torrico (トレド)のオーナーである。

その他、ドゥバイに l'Ossiano(Hotel Atlantis The Palm)と、シンガポールにMarina Bay Sandsを開業していた。

・・

レストランは彼の家族が中心になって引き続いていくと発表されています。
ご冥福を祈ります。





スペインの禁煙法、さらに厳しくなりました!

JUGEMテーマ:地域/ローカル


2011年よりスペインの禁煙法がさらに厳しくなり、今までOKだった場所でも吸えなくなってきました。旅行中は気をつけましょう!新しい改正点は次の通りです。

*基本的にすべての公共施設で、野外でない場所(閉ざされた空間)は全面禁止となりました。
(今まではどちらか選ぶことができたり、喫煙コーナーを設けることができました)

バル、レストラン、カジノ、ゲームセンター、ビンゴ、パーティ会場、ディスコ。病院施設、大学以外の学校や教育機関と、その周辺も禁止。(カジノ、ゲームセンターなどでは喫煙コーナーを設けることも禁止)


*野外であれば許可されている場所 ー 大学や、大人が通う学校。ホテル、バル、レストラン。ただし出入り口付近は人の出入りが多いので野外でも禁止。

*野外であってもだめ。全面禁止 ー 病院施設、学校(大人の学校や大学を除く)、子供の公園(parques infantiles)、

*喫煙が許可されている場所(野外は許可、室内でも喫煙コーナーを設けることができる) ー 刑務所、精神病院、身体障害者施設、老人ホーム、ホテルの部屋、プライベートの煙草クラブ。

*新しく禁止された場所 ー アパ=トのブロッグの出入り口、

*テレビ出演者がタバコを吸いながら現れたり、たばこの銘柄について述べたり、ロゴを見せたりすることも禁止。


*ホテルでは部屋の3割を喫煙ルームとして準備できる。ホテル施設内の野外もOK。室内でも厳しく2枚の壁などで分ければ、喫煙コーナーを設けることができる。
* バル、レストランでは野外のみ。



(新聞El periodico, RTVEのweb, バルセロナ市のbcn.catなどの記事から抜粋しましたが、少し記事によって書かれていることが違っており、間違いもあるようです。たぶん?正しいと思われるべき点を抜粋しましたが、情報お持ちの方、お知らせください)

家長選手、スペイン・マヨルカへ移籍

サッカーのスペイン1部リーグ・マジョルカへ移籍する元日本代表MF家長昭博(24)が21日、大阪府吹田市内で記者会見し、「攻撃で個性的なプレーを見せて、最高峰のスペインリーグで日本人もやれるというのを証明したい」と抱負を語った。


 マジョルカと4年半の契約を結んだ家長は、来年1月1日付で完全移籍し、持ち味のドリブルと攻撃力でレギュラーを目指す。家長は、G大阪の下部組織から04年にトップチームに昇格し、今季はC大阪に期限付き移籍。保有権を持つG大阪は海外移籍を容認していた。J1通算成績は148試合10得点。

(2010年12月21日11時40分 読売新聞)


・・・・・
日本人選手は言葉の壁などもあるので、溶け込めるかどうか?が焦点ですが、マジョルカは以前,大久保選手がいたので、日本人を受け入れる土台や理解もあって、いいかもしれませんね。

期待が大きかったのに帰国となってしまった中村俊介選手はガッツを見せていないところが気になっていました。(自信がなく、ストレスもある、という状態だったのかもしれませんが・・)
よっぽど他選手より秀でているのなら別ですが、外国では俺様・俺様!ぐらいのアピールをし、俺を使え!とガッツを見せないと、なかなか使ってもらえません。

新しくやってくる家長選手。試合に出れるようになれればいいですね!

1/5 のスペイン人に貧困の可能性あり!?

JUGEMテーマ:地域/ローカル


Eurostatsが発表した記事によると、スペインの19.6%が貧困の可能性がある人達に分類されます。EU平均はでは16.5%の人々がこれに値します。

この場合の貧困の可能性がある人達とは、国の平均収入の40%以下の人々。886万人のスペイン人がこれにあたると発表されました。


しかしながら同統計によると、この数字は本当の貧困には遠く、実際に賃貸を払い、月々の光熱費を支払い、生活をまかなうことができない人々、定期的に肉や魚が食べれず、生活に必要な最低限の電化製品を持っていない人々として考えると、スペインの場合、2.5%のみ。EU平均の8.5%を大きく下回っています。この数字の最も低いのはルクセンブルグ(0.7%)。スイス(1.4%)、オランダ(1.5%)、デンマーク(2%)と続きます。

この実際の貧困率が高いのはブルガリアで、41.2%(!!)。ルーマニア(32.9%)、ラトビア(19%)、ハンガリー(17,9%)、リトアニア(15%)と続きます。

新聞El Periodicoのニュースでした。




スペインの新しい世界遺産

JUGEMテーマ:旅行


ユネスコの世界遺産リストに新しく仲間入りしたスペインの遺産は次の通りです。

・フラメンコ
・Castells カタルーニャの人間ピラミッド
・El Canto de Sibira シビラの歌(マヨルカ島に伝わるアラブの影響のある歌で、12月24日に歌うもの)
・地中海料理 (ギリシャ、イタリア、モロッコと共に)
・タカ狩り  (アラブ首長国連邦、ベルギー、チェコ、フランス、韓国、モンゴル、モロッコ、カタール、サンジアラビア、シリアと共に)



・・
シビラの歌というのは知りませんでした。テレビで聞きましたが、難しそうで美しい歌。

ところで地中海料理やフランス料理が今回ユネスコ世界遺産に入りましたが、日本食は?
世界中のお料理が仲間入りして良さそうなので、お料理が世界遺産に入るのは不思議です。

フラメンコは2005年に一度申請して却下されたそうですが、関係者の喜びは一層のようです!

バルセロナでの1人暮らしは30%以上!?



スペインではアパートも若者はシェアが普通だし、1人暮らしが少ないと思っていましたが、なんと1人暮らしが30%以上だという新聞記事が出ていました。

その紹介を。

バルセロナで、夫婦と子供2人で住んでいる家庭はたったの4,7%。
逆に1人暮らしの家庭は近年増え続けており、とうとう2009年の調査では30,2%となりました。65歳以上の老人(特に女性)に1人暮らしが増えています。

また最近の傾向として、30歳以上の子供が親元に住み、独立しないケースが増えています。これは不動産の異常な値上がりや、若者の失業率の高さが原因と思われています。

夫婦のどちらかが外国人というケースも増えており、今回初めて、夫婦共に外国人という家庭数を上回りました。


数字の詳細です。
・二人暮し(夫婦のどちらかが65歳以上が14,2%。16-64歳の夫婦が13,7%)
・1人暮らし(65歳以上の女性の1人暮らしが10,1%。16-64歳女性の1人暮らしが8,7%。16-64歳の男性の1人暮らしが8.5%。)
・親と子供(夫婦に子供1人が5,7%。夫婦に子供2人が4,7%。夫婦に子供が3人以上が0.9%)
など。


El PERIODICOより。

スペインの人口と移民の割合

JUGEMテーマ:地域/ローカル


2010年1月の調査によると、スペインの人口は4千695万1532人で、去年より0.4%増加しました。そのうち外国人数は12,2%。外国人の増加率は去年比の1.1%で、ここ5年で最も少ない増加率となりました。
過去には2005年に11,1%、2007年に15,5%を記録しました。

外国人の割合が最も高い州はバレアレス諸島で、人口の21,9%。続いてバレンシア(17,9%)、マドリッド(16,5%)。

カタルーニャ州の人口は750万人を超え、アンダルシア州に次いで2番目に人口の多い州となっています。そのうち15,9%が外国人。

2010年4月29日EL PERIODICOより。


EL BULII(エル・ブリ)が世界一レストランから転落!?

JUGEMテーマ:旅行


ロンドンの雑誌で、5年間、世界一のレストランに選ばれていたEl BULLIが第2位となりました。

1位はNoma(コペンハーゲン)。

その他のスペインのレストランとしては、
第4位にEl Celler de Can Roca、第5位にMugaritz、第9位にArzakが選ばれています。

一位から転落したFerran Adrianのコメントはユーモアに満ちたもので、「毎年一位だなんて、そっちの方がおかしい。そう思わないかい?」だったそうです。


以上新聞 El periodicoからの記事でした。

スペインの年金最低加入期間15年を改正へ!?

JUGEMテーマ:地域/ローカル


日本では年金の最低加入期間25年は長すぎるので短くしようという動きがあるそうですが、ヨーロッパの国々は短すぎた最低加入期間を大きく伸ばす方向に改正しています。その新聞ニュースをご紹介します。


続きを読む >>

スペインでの売春の実態

JUGEMテーマ:地域/ローカル


スペインでの売春婦の数は36万人。
カタルーニャでは75%が外国人と考えられています。内訳はルーマニア人が37.5%、21.7%が中南米人、7.8%がモロッコ人。

スペインでの売春産業は1日で5千万ユーロを動かしています。年間計算で180億ユーロ。

半数の売春婦が売春宿やクラブで働いており、スペインには4890軒以上存在します。カタルーニャ州には585軒あり、第3位。残りは通りで売春活動をしています。


90%以上の売春婦が売春組織の被害者。2003年から法律により、脅しや暴力で売春を強要した場合に6年から12年の刑に処すことができるようになりましたが、証拠が難しく立件されないのが普通です。

2月28日新聞 El periodicoより。

サンタさんの正体を知るのは何歳?

スペインではサンタさんも現在では現れますが、本来は、東方三博士がプレゼントを持って1月5日に現れます。1月6日はこの祝日。

さて、この東方三博士(3賢人)の正体を知るのは何歳か?というアンケート調査です。スペイン平均は8歳。

もっとも早く知るのはカタルーニャの子供達。6歳でもう現実を知っている数値が最も高く、3.6%、7歳で知っているのは45%。逆にもっとも長く信じるのがマドリッドの子供達。9歳で知っているのは72.1%と一番数値が低いそうです。


家ではサンタさんが来るか、三博士が来るかの調査では、10人に7人が三博士の伝統を維持。最も伝統に忠実なのはアンダルシアで、80.80%。最も少ないのがバレンシアで70.40%。


今年の予算は例年を上回るかの調査は、8%が肯定。特にマドリッドでは10%以上が、今年はさらにお金を使うと返答。逆に倹約派はアンダルシアで、今年は36.9%が例年より予算を下げると答えています。
(新聞記事 La Vanguardiaより)


・・
現実的なカタルーニャ人と、おぼっちゃん的マドリッド人の人の良さが、出たような調査ですね。