Spanair 運行停止

JUGEMテーマ:旅行


スペインの航空会社Spanair(スパン・エアー)が運行を全面的に中止しました。

・・・

スパンエアー(JK)は1月28日、全便の運航停止を発表した。経営難によるものといい、BSPもすでに停止。JKでは日本時間1月30日現在、国際航空運送協会(IATA)との間でリファンドに関して調整中としており、合意できれば「旅行会社は、振込もしくは現金で航空券を購入した旅行者に全額を返金できるようになる」としている。カードで決済した場合はカード会社に問い合わせるよう求めた。また、数日内に旅行会社に対して今後の対応を案内するとしている。

 このほか、JKではイベリア航空(IB)、ブエリング航空(VY)、エア・ヨーロッパ(UX)など他の航空会社と接触中で、影響を受けた旅行者が利用可能な特別運賃の設定を働きかけているところ。IBとVYでは、すでに現地時間1月30日まで限定で60ユーロからの特別運賃を設定し、さらに一部路線について臨時増便することを案内している。

 JKが加盟するスターアライアンスなどによると、JKは1986年設立で、当初は国際線チャーターを運航。1994年から国内線定期便の運航を開始した後、直近では航空機31機、従業員2065人で、バルセロナを中心に年間750万人の旅客を輸送。2010年の総売上高は約6億800万米ドルであったという。路線は41都市で1日あたり180便を運航し、日本市場では主に国内線が利用されていた。

(Travelvision webより)

・・・

いろんな航空会社の厳しい経営難が伝えられていましたが、特にスパンエアーが突出して経営難だとの報道はなかったので、びっくりです。

全日空とSAS 18年ぶりに共同運航を再開

JUGEMテーマ:旅行


全日本空輸は27日、欧州のスカンジナビア航空(SAS)の成田―コペンハーゲン線と全日空の国内線3路線を対象に、自社の便名を付与して一部座席を販売するコードシェア(共同運航)を5月23日に始めると発表した。両社間で約18年ぶりの共同運航再開となる。

 全日空の対象路線は成田発着の新千歳、大阪(伊丹)、福岡各線で、SASの成田―コペンハーゲン線と乗り継ぐ客の利便性を確保する。今後、SASの欧州内の路線にも対象を順次広げる。 (4月27日付け、スポニチより)


・・・

北欧から日本は飛行時間が短いのですよね。最近、フィンランド航空が大人気ですが、そこにANAも目をつけたんでしょうか。国内便と利便性があるというのは地方出身者にとっては期待できます。

羽田からヨーロッパへ

羽田から就航する国際線。
アジアやハワイだけかと思っていたら、ヨーロッパからもあるそうで、
ヨーロッパ初就航はエールフランスと日航の共同運航便だそうです。

2010年10月31日から。

羽田を午前1時30分に出発だそうで、時間的にはハワイ便などに近い深夜便ですね。
しかし十分、仕事が終って、荷物を取りに帰ったり、多少の残業をしても、間に合うというスケジュール。



賛否両論ありますが、やっぱり便利ですよね。
私は友達が東京の中でも羽田寄りや、横浜方面に多く住むため、羽田がダントツ便利。
それに地方から飛行機を乗り継ぐには、成田まで行かなくていいのは本当に時間短縮になります。

ヨーロッパでも一都市に複数空港が国際線を飛ばしているところは多いですが、就航航空会社によって就航先が違い、上手に分散されています。成田が閑古鳥になるとは全く思いません。

バルセロナでも隣の県にあたり、ジローナやレウスなど遠くに格安航空会社が運行してますが、便利を選ぶのならバルセロナを選べばいいし、格安航空会社を選びたければどんなに遠くの空港へも皆さん移動していきますね。


ヨーロッパでも、どんどん、他の航空会社も羽田運行が増えていきますように!

海外旅行中の、火山噴火などの自然災害

JUGEMテーマ:旅行


火山噴火のために空港閉鎖が続いたヨーロッパですが、再び噴火が悪化し、その後も、2度、3度、場所を変えて、ヨーロッパ各地で閉鎖が起きています。


自然災害とは、台風、地震、津波、火山噴火など、いろいろありますね。突然降って沸くことの多い自然災害ですから、前もって防御手段が張れないのが普通ですが、今現在の噴火騒ぎは少し違います。「まだ沈静していない」「別の噴火が起きる可能性がる」「数ヶ月続くかもしれない」などと言われており、続く可能性が高いことを覚悟しましょう。


こういう時は、旅行をどう計画するか?が鍵となります。

続きを読む >>