カタルーニャ問題 選挙結果 、選挙展望

JUGEMテーマ:海外生活




カタルーニャ問題。Facebookに出した記事を時々、まとめて記事にしています。


選挙結果の続き (12月27日)


カタルーニャ議会の選挙結果の続きです。
一番票を獲得したCiutadans党は反独立派の議席が過半数を超えてないため、すぐ翌日には政権を取ることを今のところ諦め、様子を見ると発表。

同じく反独立派のPP党やPSC党は思ったより票が取れなかったことから、選挙直後からCiutadans党に矛先を向けています。現在も交渉の様子を見せてないと批判。(しかし独立派がCiutadansと提携するとは思えないですが、、)

敗北のPP党のラホイ首相への責任を問う声も出始めています。カタルーニャPP党首は辞任を申し出ましたが、ラホイ首相は受け取らず。

マドリッド側や反独立派は、もっと票が取れると思っていたようで、根強いカタルーニャの独立意思の一部を分かっていないと感じます。

独立派の党も、プチデモン氏がどうなるかが不明のため、話がまとまっておらず、政治的には大きな発表はまだ、ありません。

一方、選挙結果からバルセロナ県とタラゴナ県の一部では反独立が勝ったのだから、カタルーニャから独立をしてスペインに残り、Tabarnia州(タラゴナ+バルセロナ+カタロニアを混ぜた造語)を作る案が市民の間で(半分ジョークで)現れ、ネット上で大騒ぎ。独立派が大多数を占めていないことの証明としてカタルーニャ議会でも取り上げられました。

「Tabarnia州は人口が600万人を超え、カタルーニャ国は140万人に満たない」「独立投票日は来年10月1日だ」「サッカーリーグはどうなるか? バルサもTabarniaに入っちゃうよ」「州の旗はバルセロナ旗とタラゴナ旗の混合?」とTシャツまで登場。最後の最後に、今年の流行語に選ばれそうな勢いです。(半分ジョークですが、実はカタルーニャの現実を表しているとシリアスな受けとめ方もあり)

新聞記事はこちらをどうぞ。


・・・・・・


選挙結果 (12月24日)

党としては女性議員アリマダス氏が擁するCiutadans党が勝利しました。力強い演説が人気の美人女性議員で、人々が「新しい時代」を望んでいる現れかもしれません。11議席も増加し、躍進しました。

ただし議員数は独立派が勝利。135議席のうち、独立派が70席獲得。68席が過半数でした。つまりアリマダス氏の党は政権を握れないとされます。

独立派の中ではプチデモン氏のJunts per Catalunya党が現与党のERCを抜き、2番目に議席を獲得しました。ただし「選挙に勝ったらカタルーニャに戻る作戦」は望めないかもしれません。

実は、投票数では独立反対派の方が勝っていて、過半数の52%です。ただし地方ごとに議員数が決まる選挙なので、人口が少ない田舎で独立派が票を集めたために、独立派が議員数としては再び過半数を占めました。(2015年も同じ状況でした)

独立派全体では2015年より2議席減らしました。感情的になってる人が多く、スペイン政府の対応でいっきに独立へ動いたとされていましたが、やはり独立派の動きをよくないと思ってる人もいるのでしょう。それでも根強く独立派が勝ったことは、スペイン政府側の対応が原因であるという見方も多いです。

過激独立派のCUPは議席数を減らしましたが、4議席獲得。テレビではそれでもCUPが重要なカギになっていると解説してました。CUPの4席がなければ、独立派の総議席は過半数に達しません。たった4議席ですが、重要です。地図を見ると、田舎でCUPが第一党の地区が複数あります。CUPは独立派の政党へ圧力を加えていくので、独立の動きは続くと予想されています。

テレビを見ると、独立派も、第一党になったCiutatans党も「自分たちが勝った」と喜んでいます。わざとではなく、本当に嬉しそうです。会場に来てる人達もそう。しかし市民はどちらも「負けた」と感じてる発言が多いです。本音は大っぴらに喜べない微妙な結果になったとも言え、まさに真っ二つのカタルーニャを表しているような結果でした。

(12月21日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


選挙前



明日は平日ですが選挙日です。独立するかどうかの投票ではないのですが、実質そう捉えられ、投票率は8割超えと予想されています。

投票権はカタルーニャに以前から住んでいるスペイン人や、スペイン各地や外国に住むカタルーニャ人も含まれます。
直前のアンケートでも半々で、どちらに動くのか本当にわかりません。ただ、投票総数で決まるわけではなく、田舎が比重が増す選挙区制です。その意味では田舎の方が独立派が多いので、独立派が若干有利とされます。


選挙の動きに興味ある方への続きです。最後の世論調査によると、独立派は一番政党のERC党と、これを超えるかの勢いでプチデモン氏を擁するJxCat党の勢いが増しています。政党としてはERC党だが、州知事としては亡命中のプチデモン氏を望む声が多いためです。

最も強硬な独立派Cup党はトップ政党とはほど遠い位置にいますが、独立反対派がよく「Cupが与党になったらどうするよ・・」と心配顔で語ります。どちらにしろ独立派3党は揺るぎない支持者がいて、票はよく取れるとされます。

独立反対派は人気のカリスマ女性議員アリマダス氏が率いるCiutatans党が台風の目とされますが、独立派を超えるほど票が取れるかは不明です。

PSC党の温厚な顔つきのイセタ氏は人柄が人気で、急上昇中。反対派の票もこの2党に分散するかもしれません。

中立派でバルセロナ女性市長が属するCec党は若者支持者を中心に期待されていましたが、党内で迷走が続き、支持率は落ちました。外から見ると「どっちもどっち」の気持ちがあるので中立派は多くの人の気持ちを代表してるように思いますが、政治不安のせいか、どっちかに決めない態度は不満に思う声が多いです。

ラホイ首相が属するスペイン政府与党で、カタルーニャでは勝つのは不可能とされるPP党は予想通り急降下です。しかし党としては絶対にありえないが、カタルーニャ党首のアルビオル氏は常に通りに出て人々と話し、態度が一貫しているところは政治家として評価していると言うカタルーニャ人の声を聞いたのは意外でした。

その他、自分が望む党ではないが、今回はここに投票すると言ってる人もいます。もう以前から独立したい政党がない、消去法で選んでいるだけと言ってる人も多いです。(それは日本でも聞きますね)

選挙結果どうなるか見守りたいと思います。

(12月20日)

サンパウ病院のクリスマス・マッピング情報

JUGEMテーマ:旅行



サンパウ病院でもクリスマスマッピングがスタートします。
すごーく楽しそうです。

12月23, 24, 25, 26, 30,31日と、1月 1, 5 , 6日の、18−22時半。
30分ごとにスタートします。やってるのは10分程度。

サグラダファミリアのライトアップを見に来る人が多いですが、そのついでに訪れるのはいかがでしょうか?

DSC_0029.JPG
DSC_0034.JPGDSC_0036.JPG

クリスマスの頃のバルセロナの様子 いろいろ

JUGEMテーマ:旅行


クリスマスの季節にはベレン=
イエスご降誕の場面を箱庭型に再現した人形たちが飾られます。

今年一番素敵なのはフレデリック・マレー博物館。
fredericMares (1).JPG
中庭にあり、無料で見れます。
車椅子の方も、入り口で合図して待っていると、
警備員がミニエレベーターを動かしてくれます。

fredericMares (2).JPG
大きいです。この日私はコンタクトをしておらず、
うんち人形がどこにいるか見つけられませんでした。(必ず、いるはず)

fredericMares (3).JPG
イエスの生誕の場面。


fredericMares (6).JPG
圧巻。

fredericMares (4).JPG
細部までよくできています。

fredericMares (8).JPG
これは中庭の片隅のショーケース。
クリスマスの植物と赤い色の演出がカッコイイです!

///
カテドラル前のベレン。
ここ数年はモダン過ぎでハテナ?な演出なので、賛否両論あります。
今年も変わっている、、。

DSC_0060.JPG
もしかして真ん中は、溺れて助けを求めてる人に見えるが、
干し草でオギャーと生まれたイエスなんでしょうか?

DSC_0061.JPG
たぶんこれがウンチ人形。お約束です。

DSC_0062 - コピー.JPG
今年人気のウンチ人形は、プチデモン氏。
ラホイ首相と2つ並べて、睨み合わせてる姿も!?


12月23日までのクリスマス市で、うんち人形は大集合です。
それを過ぎたら、旧市街のあちこちのショップで買えます。

DSC_0136.JPG
うんちグッズが増えるのも、クリスマスのカタルーニャの風物詩!?
子供も釘づけ!
このあと、手を伸ばして、さわってました。
どうして子供はあんなにウンチ好きなんでしょうか。(大人も!?)


サグラダファミリアのクリスマスライトアップ♪ 20−23日のみ!

JUGEMテーマ:旅行



サグラダファミリアでクリスマスの特別マッピングが行われます。

12月20−23日。19−21時。15分毎の上映?です。
動画で事前に見ただけですが、ものすごおおく素敵ですよ!

この時期に行かれる方はぜひお勧めです。


マルベーリャのPuerto BanusにLoeweがオープン

JUGEMテーマ:海外生活



バルセロナではないんですが、ロエベから新店舗オープンの連絡をもらったので、こちらに書いておきます。

スペインでも一番の?豪華クルーザーが勢ぞろいする、マルベーリャのプエルト・バヌスにロエベがお店をオープンしました。以前はエルコルテイングレスにあっただけだったよう。

以前にもアンダルシアのガイドさんから聞いて驚いたことがあるのですが、スペインで一番のブランドで、マドリッドやバルセロナには数店舗ずつあるのに、意外と南にはロエベの店が少ないのですよね。

【ショップ情報】 Loewe
Calle Muelle Ribera, 16 apto. F Puerto Banús, 29660 Marbella

クリスマス付近や年末年始のオープンクローズ&1月に閉まってしまう観光地(注意!)

JUGEMテーマ:旅行



毎日開いてるのはカサ・バトリョとグエル公園です。

<2017年>
●12月24日に早めに閉まる観光地(バルセロナはほとんど通常通り。早めに閉まるところだけ紹介)
ピカソ美術館 14時まで。



●12月25日にあく観光地(25日はほとんど全滅.あいているところだけ紹介)
・サグラダファミリア 14時まで
・グエル公園
・カサ・バトリョ

(カサ・ミラも、カンプノウツアーも、閉まります。2017年)

●12月26日 (あくところも、閉まるところもあるので、どちらも調べたところだけ紹介)
・サグラダファミリアは14時までオープン。
・グエル公園オープン。
・カサミラは12月26日から1月3日まで 9時〜20時30分オープン。
・美術館は通常通り祝日スケジュールでオープン

閉まるのは
・グエル邸、


●12月31日に早めに閉まる観光地 (ほとんど通常通り。早めに閉まるところを紹介)

・ピカソ美術館 14時まで。
(Camp Nouは例年早く閉まってましたが、2017年は通常通り)


●1月1日にあく観光地 (クリスマスとともに、ほとんど全滅。あくところだけ紹介)
・サグラダファミリア 14時までオープン。
・カサミラ  11時〜20時半まで。遅くスタートです。
・カサ・バトリョ  最終入場20時まで。通常通り9−21時
・グエル公園 最終入場17時30分

(カンプノウツアーも、閉まります。2017年)


●1月5日に早めに閉まる観光地 (ほとんど通常通り。早めに閉まるところを紹介)

・ピカソ美術館 17時まで。




●1月6日閉まる観光地 
・サグラダファミリア、14時までオープン。
・グエル邸
(美術館は通常通り祝日スケジュールでオープン)



● 例年1月の閑散期に閉まる観光地
・グエル邸 1週間 2017年1月16-23日 休館
・カサミラ 1週間  2018年1月8−14日 休館(2017年1月9-15日休館)


郊外では、ダリ関連の観光地がこの時期、休みます。

・Portlligaのダリの家 2017年1月9日-2月11日 お休み
・Pubolのガラの家 2017年1月9日ー3月14日 お休み




・・

サグラダファミリア近くのレストラン Els Porxos(エルス・ポルショス)

JUGEMテーマ:海外生活



サグラダファミリアのすぐ脇のレストラン Els Porxosです。


店内はとてーも広いです。

ど観光地のせいか、サグラダファミリアの周辺には美味しいお店がほとんどありません。
よく「このへんで食べたい、疲れて歩きたくない」と言われることもありますが、美味しいものを食べたければ観光地からは離れましょう


今回はその中でも、まあまあ、というお店なので紹介してみます。

・・・
<2017年の写真>
DSC_0137.JPG
先日すごく美味しそうなカヴァのSangriaを見ました。
試してませんが、すごく美味しそうでした!

別の有名レストランで、残念なカヴァのサングリアを飲んだことがあるので、注文には慎重な私。しかし吸いつけられるぐらい美味しそうだったので、きっと美味しいに違いありません! 見た目と比例するはず。

しかもこのレストランのオーナー家族のテーブルへ運ばれていきました。
オーナーさんたちも気に入った味、ということですね。今度試してみたいです。




続きを読む >>

バルセロナお勧めレストラン Restaurante Angle

JUGEMテーマ:グルメ



Jordi Cruzが参加するミシュラン1つ星レストラン。

以前はSant Fructuos de BagesのSant Benet修道院のホテルに隣接したレストランでしたが、いつのまにかバルセロナに移転していました。(昔の情報はこちらをどうぞ

以前はGaigが入っていたホテル・クラン(Hotel Cram) に入っています。内装は真っ白でちょっと赤?私好みではないうえに、景色もないし、狭いし、閉塞感を感じました。

しかしランチメニュー(50ユーロぐらいだったかな?)と、ウェイータ―さんたちのサービスは良かったです。
まあまあ合格と思ったレストランです。

DSC_0173.JPG
DSC_0174.JPGmiravet200 - コピー.JPGDSC_0176.JPGDSC_0177.JPGDSC_0178.JPGDSC_0179.JPGDSC_0180.JPGmiravet201 - コピー.JPGDSC_0182.JPGDSC_0183.JPGmiravet202.JPG

写真は二人分。

【Restaurante Angle】
【住所】Arago 214 (Hotel Cramの中2階)

FC Barcelona バルサの試合サッカーチケット、残り具合の実態

JUGEMテーマ:スポーツ



当日でも意外とサッカーチケットは余っている」との記事を載せたことがあります。
チケット宣伝がすごく増えたので、余っているのだろうなと思ってました。

最近見た宣伝もこちら。


ショッピング通りあたりを、宣伝するバルサのチケット余ってる看板を漕ぎながら宣伝カーならぬ、宣伝自転車?が回ってます。


リーグが始まった頃。
先日乾選手の活躍するエイバルEibarとのバルサ試合を見に行ったお客様が、「観客数は半分程度だったと言っていて、びっくり。そんなに少ないのか?と調べてみました。

FC Barcelonaのオフィシャルページによると、次の通りです。試合の結果や観客人数が出るんです。
ちなみにスタジアムの総観客数は99.354 人。ほぼ10万人です。

2017年試合結果
・11月29日 国王杯のムルシア戦 68,775人
・11月4日 セビリア戦 69,069人
・10月21日 マラガ戦 69,872 人
・10月1日 ラス・パルマス戦 0人 無観客試合
・9月19日 エイバル戦 49,693人
・9月12日 チャンピョンズリーグのJuventus戦 78,656人
・9月9日 エスパニョール戦 72,857人
・8月20日 ベティス戦 54,560人
・8月13日 Supercopaのマドリッド戦 89,514人

エイバル戦はリーグが始まったばかりなのもあり、一番観客数が少なく、確かに半分程度。
その他の試合でも、7万弱がほとんどなので、毎回、3万シート近く、チケットが余っているというわけですね。宣伝が多いのもうなずけます。

これから強いチームとあたってくるので、レアル・マドリッド、エスパニョール(宿敵だし、地元)、その他、今リーグの上位のバレンシア、アトレティコマドリッドあたりは別にして。

上位チームでなければ高い手数料を払って事前に買わなくても良さそうです。
現地でFCバルセロナショップや観光案内所で買うと安いですよ!

サッカーチケットは日本よりもだいぶ高いので、地元の会員(ソシオ)でも全試合行く余裕はないのでしょう。
レアル・マドリッド戦だけは余らないと、バルサショップの方が言ってましたので、それだけは事前にゲットしましょう!!


現地のどこで買ったらいいの?という方は「当日でも意外とサッカーチケットは余っている(お客様が自分で買いに行きました)」の記事をご覧ください。

ついでに今後の数字も、調べてみようと思います。

・・・
ただし!
スタジアムの改築は2018年から始まる予定です。
使用しながら改築していくので、2018年は座席数が減るので、取りにくくなるかもしれません。







カタルーニャ州営鉄道でモンセラへ

JUGEMテーマ:旅行



モンセラへ行く電車。
スペイン広場が始発のカタルーニャ州営鉄道に乗ります。

DSC_0014.JPG

DSC_0013.JPG

この電車、充電ができます。
せっかくコンセントの近くに座っても、1つしかないと、争奪戦に。

でもちゃんと3人(か4人)の席に、3つコンセントがあるのですよ。
遠出の時は充電に困ってくるので、便利です。


カタルーニャ州営鉄道はカタルーニャ広場を始発とする別路線もあるのですが、そちらは充電設備は少ないです。
一番多い電車がこのモンセラ行きかもしれません。